多湖 淳 (タゴ アツシ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

教授

ホームページ

https://a-tago.github.io/

プロフィール

専門:国際政治学(主たる関心はアメリカ外交、同盟・有志連合、計量手法)
多湖の個人ページ(https://a-tago.github.io/)のCV(英語)を最新情報としてご覧ください。

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2021年
    -
    2022年

    データ科学センター   兼任センター員

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学術院   教授

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    神戸大学   大学院法学研究科   教授

  • 2007年07月
    -
    2015年03月

    神戸大学 法学研究科   准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ヨーロッパ政治学会

  •  
     
     

    アメリカ国際関係学会

  •  
     
     

    日本国際政治学会

  •  
     
     

    Peace Science Society (International)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学

  • 国際関係論

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際政治と国際法

  • アメリカ

  • 有志連合

  • データセット構築

  • 援助

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Resistance to the six elements of political apologies: Who opposes which elements?

    Yohsuke Ohtsubo, Kazunori Inamasu, Shoko Kohama, Nobuhiro Mifune, Atsushi Tago

    Peace and Conflict: Journal of Peace Psychology    2020年03月  [査読有り]

    DOI

  • Social dominance orientation as an obstacle to intergroup apology

    Mifune Nobuhiro, Inamasu Kazunori, Kohama Shoko, Ohtsubo Yohsuke, Tago Atsushi

    PLOS ONE   14 ( 1 )  2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Information Sharing in Early Stage International Disputes: How China and Japan Communicate

    Shoko Kohama, Atsushi Tago, Kazunori Inamasu

    Suzuki M. and Okada A., eds. Games of Conflict and Cooperation in Asia     57 - 82  2017年

    DOI

  • To Denounce, or Not To Denounce: Survey Experiments on Diplomatic Quarrels

    Shoko Kohama, Kazunori Inamasu, Atsushi Tago

    POLITICAL COMMUNICATION   34 ( 2 ) 243 - 260  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    Despite widespread concern over heated diplomatic debates and growing interest in public diplomacy, it is still incompletely understood what type of message is more effective for gaining support from foreign public, or the international society, in situations where disputing countries compete in diplomatic campaigns. This study, through multiple survey experiments, uncovers the effect of being silent, issuing positive justification, and negative accusation, in interaction with the opponent's strategy. We demonstrate that negative verbal attacks work and undermine the target's popularity as they do in electoral campaigns. Unlike domestic electoral campaigns, however, negative diplomacy has little backlash and persuades people to support the attacker. Consequently, mutual verbal fights make neither party more popular than the other. Nevertheless, this does not discourage disputants from waging verbal fights due to the structure similar to the one-shot prisoner's dilemma. We also find that positive messages are highly context-dependentthat is, their effects greatly depend on the opponent's strategy and value proximity between the messenger and the receiver.

    DOI

  • Seeing the Lexus for the Olive Trees? Public Opinion, Economic Interdependence, and Interstate Conflict

    Seiki Tanaka, Atsushi Tago, Kristian Skrede Gleditsch

    INTERNATIONAL INTERACTIONS   43 ( 3 ) 375 - 396  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    Many scholars argue that economic interdependence and more extensive economic ties between countries decreases the risk of violent conflict between them. However, despite considerable research on the capitalist peace at the macro or dyadic level, there has been less attention to its possible individual-level microfoundations or underpinnings. We argue that public perceptions about economic ties with other states and the costs of conflict should influence the expected constraints on the use of force for leaders. Actual high interdependence and potential economic costs may not suffice to create political constraints on the use of force if people are unaware of the degree of interdependence or fail to understand the benefits of trade and the likely economic costs of disruptive conflict. We examine the linkages between individual perceptions about economic interdependence and their views on conflict and peace through a survey experiment, where we ask respondents in Japan about approval for belligerent actions in a territorial dispute with China and varying information about economic ties. Our findings indicate that greater knowledge and information about economic interdependence affects attitudes about territorial disputes and increases support for peaceful solutions with China.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 戦争とは何か : 国際政治学の挑戦

    多湖, 淳

    中央公論新社  2020年01月 ISBN: 9784121025746

  • 国際紛争と協調のゲーム

    鈴木, 基史, 岡田, 章( 経済学), 岩波, 由香里, 多湖, 淳, 飯田, 敬輔, 石黒, 馨, 林, 光, 石田, 淳, 栗崎, 周平

    有斐閣  2013年03月 ISBN: 9784641149045

  • 国際政治哲学

    小田川, 大典, 五野井, 郁夫, 高橋, 良輔, 上原, 賢司, 清水, 耕介, 多湖, 淳, 芝崎, 厚士, 春名, 展生, 西, 平等

    ナカニシヤ出版  2011年05月 ISBN: 9784779505607

  • 武力行使の政治学 : 単独と多角をめぐる国際政治とアメリカ国内政治

    多湖, 淳

    千倉書房  2010年01月 ISBN: 9784805109373

Misc 【 表示 / 非表示

  • 座談会 政治学をどう教えるか : 『政治学の第一歩』をもとに考える(下)

    伊藤 武, 多湖 淳, 砂原 庸介, 稗田 健志

    書斎の窓 = The window of author's study   ( 645 ) 4 - 15  2016年05月

    CiNii

  • 座談会 政治学をどう教えるか : 『政治学の第一歩』をもとに考える(上)

    伊藤 武, 多湖 淳, 砂原 庸介

    書斎の窓 = The window of author's study   ( 644 ) 4 - 14  2016年03月

    CiNii

  • 書評 加害者としての大衆,被害者としての民間人 : 奈良岡聰智著『対華二十一ヵ条要求とは何だったのか 第一次世界大戦と日中対立の原点』 奈良岡聰智著『「八月の砲声」を聞いた日本人 第一次世界大戦と植村尚清「ドイツ幽閉記」』

    多湖 淳

    レヴァイアサン   ( 59 ) 195 - 198  2016年

    CiNii

  • 経済的相互依存に関する理解と納得がもたらす国民融和効果の研究 : サーベイ実験による検証

    多湖 淳

    旭硝子財団助成研究成果報告 Reports of research assisted by the Asahi Glass Foundation     1 - 6  2016年

    CiNii

  • 民主的平和論

    多湖淳

    『国際政治哲学』   ナカニシヤ出版  2011年05月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 包括的な金融・財政政策のリスクマネジメント:金融危機から国際関係・災害リスクまで

    基盤研究(S)

    研究期間:

    2020年08月
    -
    2025年03月
     

    上東 貴志, 西村 和雄, C Y.Horioka, 高橋 亘, 北野 重人, 敦賀 貴之, 堀井 亮, 関 和広, 多湖 淳, 小林 照義, 柴本 昌彦

  • サーベイ実験による政治情報伝達現象の国際協働研究

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2018年10月
    -
    2024年03月
     

    多湖 淳, 松村 尚子, 小浜 祥子

     概要を見る

    本研究は「サーベイ実験による政治情報伝達現象の国際協働研究」という大きなテーマ設定の下で、①国際組織の授権による対世論説得効果の分析、②見えない危機における政府声明の対世論情報効果の分析という二つの研究を行い、社会科学引用インデックス(Social Science Citation Index: SSCI)で評判の高い雑誌よりから複数の論文を刊行しようとするものである。①と②について、既に日本人との共著でSSCI論文を有するPIの多湖淳が統括をし、北海道大学の小濵祥子、神戸大学の松村尚子がそれぞれテーマを分担して、米国のDuke大学のGrieco教授、中国の香港大学のQuek助教授との協働を進めた。①国際組織の授権による対世論説得効果の分析については松村とGrieco、②見えない危機における政府声明の対世論情報効果の分析については小濵とQuekの組が協働を主導し、多湖が両者をさらにネットワーク化して相互の刺激し合いを促進し、政治情報伝達現象における国際比較実験研究の意義をまとめる研究を進めた。2019年度は、松村がDuke大学へ赴き共同研究の打ち合わせとともにファカルティに対するワークショップでの発表を通じてコメントを得たほか、多湖と小濵が香港大学に赴いて共同研究の打ち合わせとともにファカルティに対するワークショップでの発表を行った。国際的に著名なグリエコ教授とケック准教授とのコラボレーションは順調に進んでおり、今後は論文化を効率的に行うことだと考えている。

  • Communicating Security Threat: Newspaper Coverage of North Korean and Iranian Nuclear Programs

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    渡辺 耕平, 多湖 淳

     概要を見る

    We have made significant contribution to the development of quantitative text analysis in Japan through our research project about North Korean and Iranian nuclear programs and organization of the first international conference on the methodology and its social science applications in Asia.
    We have established a methodology for multi-lingual analysis, created lexical resources in Japanese, Hebrew and English, and improved handling of Unicode characters by open-source software programs as part of our research project in FY2019. The methodological development made quantitative text analysis in Asian languages accessible to political scientists without technological expertise.
    The international conference on quantitative text analysis (POLTEXT) held in Tokyo attracted one hundred international participants. It introduced Japanese political scientists to the methodology through participation in tutorial events and cutting-edge research presentation. We expect that many of the Japanese participants at the conference will employ the methodology in their future research projects, and further promote the methodology in Japan and other Asian countries.
    We have already written a research paper on latent semantic scaling (LSS), and a book chapter on semantic network analysis. These pieces will be published in peer-reviewed journal and a book, along with upcoming two substantive papers on the content analysis and survey experiment in the coming years.

  • 国際制度の衰微と再生の政治経済分析

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    鈴木 基史, 飯田 敬輔, 石黒 馨, 岩波 由香里, 栗崎 周平, 多湖 淳, 石田 淳, 小浜 祥子, 中山 裕美

     概要を見る

    主な実績として以下の3つを挙げる。最も重要な成果は、本研究計画に即して初年度から進めてきた分析をまとめあげるため、代表者・分担者が下記の題目の論文の作成に着手し、進めたことである。その過程として、9月に研究会を開催して代表者が方向性を提示し、その後、調整を経て各論文の題目と構成の決定を行った。いずれの論文も科研題目「国際制度の衰微と再生の政治経済分析」に合致し、研究計画で予定されている方法を駆使して作成されるものである。
    石黒馨「貿易協定と貿易戦争の緩衝」、石田淳「事前協議制度と同盟ディレンマの緩和」、岩波由香里「国連平和維持活動と部隊派遣」、鈴木基史「国際開発援助制度の危機とポピュリズムの台頭」、栗崎周平「外交使節制度の進化と国際システムの形成」、飯田敬輔「グローバル貿易レジームと米国リーダーシップの言説」、中山裕美(土井翔平との共著)「 国際難民制度の危機のテキスト分析」、鈴木基史(松尾晃隆・宇治梓紗との共著)「国際金融サーベイランス制度の比較テキスト分析」、多湖淳「非核三原則と国民の認識変化」、小濵祥子(大槻一統との共著)「核抑止制度と第二撃」
    第二の実績として、2019年6月28日に京都大学において日本学術会議の主催、本科研研究共催の学術フォーラム「グローバル政策ネットワークと国際機関」を主導した。同フォーラムは、本研究課題と合致し、代表者の鈴木が責任者として趣旨説明を行い、分担者の飯田敬輔教授が本科研課題に関連する研究報告を行った。
    第三に、研究協力者の宇治梓紗京都大学講師が、本科研研究の方法として掲げているサーベイ実験を気候変動制度を対象として実施した。
    これらの研究の進捗状況の確認と関連研究報告を行うことを趣旨とした研究会の開催を2020年3月に予定していたが、感染問題で中止とせざるを得なかった。その後、メール審議によって進捗状況の確認を行った。

  • 集団謝罪をめぐる挑戦的学際研究

    挑戦的研究(開拓)

    研究期間:

    2017年06月
    -
    2022年03月
     

    多湖 淳, 三船 恒裕, 稲増 一憲, 大坪 庸介, 日道 俊之, 小浜 祥子

     概要を見る

    本研究プロジェクトの目的は、「集団間の謝罪と赦し」をテーマとして、心理学・政治学の若手研究者が協働し、今までにない分野横断・融合研究を実施することにある。心理学と政治学の壁を取り払い、心理学におけるメタ理論と研究室実験による検証結果の蓄積を、サーベイ実験手法を重視して研究を行ってきた政治学に応用する(心理学から政治学へのベクトルの融合)ほか、政治学での応用がもたらす知見は心理学におけるメタ理論の修正につなげ(政治学から心理学へのベクトルの融合)、特に集団の抱える歴史的文脈(コンテクスト)がいかに一般的な心理学的予測を阻害するのかを総合的に解き明かすことを課題としてきた。2019年度は、①日本政府がさまざまなシナリオで集団謝罪することに対する「抵抗感」の調査についてクラウドサービスを使った本実験の結果を論文化して公刊した。また、②重要な先行研究であるLong and Brecke (2002) War and Reconciliationの議論に基づく実験結果を論文化したほか、追加で実験を行い、結果の頑健性を確かめた。このほか、③集団謝罪を否定するような「スポイラー」のいた事例をもとに実験を行ったがその結果をまとめて論文化した。このほか、④謝罪が「社会的望ましさバイアス」によって左右されてしまう可能性を踏まえ、事案について「悲しみ」をもって謝罪を支持しているか否かの見極めを行うため、心拍実験を実施した。上記の計画は政治学者と心理学者の協働で進め、その過程において、神戸および東京において研究ミーティングを実施した。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • パワートランジションをめぐる実験研究

    2020年   三船恒裕

     概要を見る

    高知工科大学の三船准教授とともに、国際政治学におけるパワートランジション理論に紐づけられた経済ゲーム実験(その中でも最後通牒ゲームとして知られる設定)をオンライン上で行うという、分野横断的な挑戦的な研究に取り組んだ。科研の集団謝罪研究のグループで培った協力関係をうまく活かし、社会心理学と国際政治学の理論と分析手法をそれぞれ意識した、かつ、従来実験室でしかできなかった経済ゲーム実験をオンラインで行うという取り組みであった。70秒間に自分の能力が相対的に下がる場合、または上がる場合において、相手を攻撃するボタンを押すまでの時間を計測し、その違いを群間で観察した。さらに追加の実験をし、その上で英語で成果を刊行する予定である。

  • インターネットサーベイ実験調査における自己検閲の国際共同研究

    2018年   Kristine Eck, Sophia Hatz, Charles Crabtree

     概要を見る

    政治や社会に対する態度を表明するにあたって、市民は国家の監視を気にするのだろうか。この問いはサーベイ実験という手法が政治学で多用される今日、重要なものである。というのも、実験で表明された意見が監視されていないという保証はないわけで、どのようなタイプの人が監視の目を気にし、どのように意見を表明しなくなるのか、または表明しても真実を語りにくくなるのかを理解しなくてはどのように調査をデザインしていいのかがわからない。われわれは日本において調査を複数回行い、一般市民が監視の可能性にどのように反応するのかを検討した。本調査はウプサラ大学やミシガン大学所属の研究者との共同研究である。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年02月
    -
    継続中

    Peace Research Institute, Oslo  Global Fellow

  • 2012年08月
    -
    継続中

    Political Science Research and Methods,  Member of the Editorial Board

  • 2009年01月
    -
    2018年01月

    International Relations of the Asia-Pacific 編集委員