2024/04/18 更新

写真a

ワサ ヤスアキ
和佐 泰明
所属
理工学術院 先進理工学部
職名
准教授
学位
博士(工学) ( 2016年03月 東京工業大学 )
ホームページ

経歴

  • 2024年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   准教授

  • 2022年04月
    -
    2024年03月

    早稲田大学   理工学術院   講師(専任)

  • 2019年04月
    -
    2022年03月

    早稲田大学   理工学術院   講師(任期付)

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学   理工学術院 総合研究所   次席研究員(研究院講師)

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   理工学術院 総合研究所   次席研究員(研究院助教)

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会   特別研究員 PD

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    日本学術振興会   特別研究員 DC1

▼全件表示

学歴

  • 2013年10月
    -
    2016年03月

    東京工業大学   理工学研究科   機械制御システム専攻  

    博士後期課程

  • 2011年10月
    -
    2013年09月

    東京工業大学   理工学研究科   機械制御システム専攻  

    修士課程

  • 2008年04月
    -
    2011年09月

    東京工業大学   工学部   制御システム工学科  

委員歴

  • 2023年03月
    -
    継続中

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration  Associate Editor

  • 2022年08月
    -
    継続中

    Asian Journal of Control  Associate Editor

  • 2020年10月
    -
    継続中

    The International Federation of Automatic Control (IFAC) TC9.2 (Systems and Control for Societal Impact)  member

  • 2024年01月
    -
    2025年12月

    計測自動制御学会制御部門 人の理解/誘導で強化される制御システム調査研究会  副主査

  • 2023年11月
    -
    2024年12月

    第15回横幹連合コンファレンス  プログラム委員

  • 2022年01月
    -
    2023年12月

    SICE Annual Conference  International Program Committee Member

  • 2022年01月
    -
    2023年12月

    計測自動制御学会制御部門 人とつながる制御システム調査研究会  副主査・幹事

  • 2021年01月
    -
    2023年12月

    計測自動制御学会制御部門 機械学習で加速する制御理論調査研究会  委員

  • 2021年05月
    -
    2023年07月

    IFAC2023 Industry Group (Smart City Subgroup)  member

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    SICE International Symposium on Control Systems (ISCS)  Program Committee Member

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    計測自動制御学会 制御部門制御理論部会  委員

  • 2019年04月
    -
    2020年12月

    計測自動制御学会 Cyber-Physical&Human Systems 調査研究会  委員

  • 2019年01月
    -
    2020年12月

    計測自動制御学会 機械学習と調和する制御理論調査研究会  委員

  • 2019年08月
    -
    2020年11月

    第63回自動制御連合講演会実行委員会  委員

▼全件表示

所属学協会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    システム制御情報学会

  • 2014年03月
    -
    継続中

    IEEE

  • 2012年01月
    -
    継続中

    計測自動制御学会

研究分野

  • 制御、システム工学 / 数理情報学

研究キーワード

  • システム制御

  • 数理最適化

  • Cyber-Physical Human Systems

  • 制御工学

  • ゲーム理論

  • 分散学習

  • メカニズムデザイン

▼全件表示

受賞

  • 学会賞(論文賞)

    2023年09月   計測自動制御学会  

    受賞者: 山下駿野, 入舟広大, 畑中健志, 和佐泰明, 平田研二, 内田健康

  • Best Paper Award Finalist

    2022年05月   Asian Control Conference 2022  

    受賞者: Taichi Tanaka, Yasuaki Wasa, Tomohisa Hayakawa

  • 第10回WASEDA e-Teaching Award

    2022年03月   早稲田大学  

    受賞者: 和佐泰明

  • 2020年度船井研究奨励賞

    2021年05月   船井情報科学振興財団  

    受賞者: 和佐 泰明

  • Best Paper Award Finalist

    2019年07月   Asian Control Conference 2019  

    受賞者: Yasuaki Wasa, Kenko Uchida

  • 学術奨励賞(研究奨励賞)

    2019年02月   計測自動制御学会  

    受賞者: 和佐 泰明

  • 手島精一記念研究賞 博士論文賞

    2017年03月   東京工業大学  

    受賞者: 和佐 泰明

  • 研究奨励賞

    2016年03月   計測自動制御学会制御部門  

    受賞者: 和佐 泰明

  • 学会賞(論文賞)

    2015年09月   計測自動制御学会  

    受賞者: Yasuaki Wasa, Takeshi Hatanaka, Masayuki Fujita, Hideaki Takenaka

  • Best Student Paper Award Finalist at 2014 IEEE Multi-Conference on Systems and Control

    2014年10月   IEEE Control Systems Society  

    受賞者: 和佐 泰明

  • 三浦賞

    2013年03月   日本機械学会  

    受賞者: 和佐 泰明

  • 畠山賞

    2012年03月   日本機械学会  

    受賞者: 和佐 泰明

▼全件表示

 

論文

  • Stochastic optimal investment strategy for net‐zero energy houses

    Mengmou Li, Taichi Tanaka, A. Daniel Carnerero, Yasuaki Wasa, Kenji Hirata, Yasumasa Fujisaki, Yoshiaki Ushifusa, Takeshi Hatanaka

    IET Renewable Power Generation    2024年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Abstract

    In this research, Net‐Zero Energy Houses (ZEHs) is investigated that harness regionally produced electricity from photovoltaic (PV) panels and fuel cells, integrating them into a local power system in pursuit of achieving carbon neutrality. This article examines the impact of electricity sharing among users who are working towards attaining ZEH status through the integration of PV panels and battery storage devices. Two potential scenarios are proposed: the first assumes that all users individually invest in storage devices, hence minimizing their costs on a local level without energy sharing; the second envisions cost minimization through the collective use of a shared storage device, managed by a central manager. These two scenarios are formulated as a stochastic convex optimization and a cooperative game, respectively. To tackle the stochastic challenges posed by multiple random variables, the Monte Carlo sample average approximation (SAA) is applied to obtain solvable deterministic convex problems. Last, to demonstrate the practical applicability of these models, the proposed scenarios are implemented in the Jono neighborhood in Kitakyushu, Japan.

    DOI

    Scopus

  • Incentivizing Control Design for Blockchain-Enabled Distributed Optimization in Electricity Market Systems

    Kansei Motoe, Yasuaki Wasa

    Proc. SICE International Symposium on Control Systems 2024     2M1-5  2024年03月  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

  • Passivity-based analysis and design for population dynamics with conformity biases

    Shunya Yamashita, Kodai Irifune, Takeshi Hatanaka, Yasuaki Wasa, Kenji Hirata, Kenko Uchida

    Automatica   158   111300 - 111300  2023年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Open‐loop equilibrium seeking in two‐agent noncooperative linear‐quadratic dynamic game with asymmetric horizon length

    Yasuaki Wasa, Taichi Tanaka, Tomohisa Hayakawa

    Asian Journal of Control    2023年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

  • Indoor Transportation System based on Human Cooperation with a Power-Assist Mobile Robot

    Tadashi Nishio, Shinya Yasuda, Taichi Kumagai, Hiroshi Yoshida, Yasuaki Wasa

    Proc. 22nd IFAC World Congress     2631 - 2634  2023年07月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • Economic optimization for dynamic cross-sector resilience design of energy and mobility via EVs: An emergency analysis

    Taito Watanabe, Yasuaki Wasa, Yoshihiko Susuki, Yuta Miwa, Kenji Hirata, Kenta Tanaka

    Proc. 22nd IFAC World Congress     736 - 341  2023年07月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

    Scopus

  • A Mathematical Modeling and Treatment Analysis of Dynamic Glucose Metabolism with Brain-based Regulatory Mechanism

    Hanae Ofuji, Yasuaki Wasa, Kenji Hirata, Hidenori Kimura, Kenko Uchida

    Proc. 22nd IFAC World Congress     4006 - 4011  2023年07月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

    Scopus

  • Information Transfer-based Topology Identification of Dynamic Multi-agent Systems

    Teruki Koizumi, Yasuaki Wasa, Masako Kishida

    Proc. 22nd IFAC World Congress     4341 - 4346  2023年07月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

    Scopus

  • 行動変容効果を考慮した電力·交通システムの動的最適化と環境負荷評価

    Taito WATANABE, Yasuaki WASA, Yoshihiko SUSUKI, Kenji HIRATA, Kenta TANAKA

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   59 ( 9 ) 410 - 417  2023年

    DOI

  • Dynamic Energy/Mobility Allocation with EV Consumer Behavior Coupling Transmission Power and Traffic Systems

    Taito Watanabe, Yasuaki Wasa, Yoshihiko Susuki, Kenji Hirata, Kenta Tanaka

    IFAC-PapersOnLine   55 ( 41 ) 26 - 31  2022年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • A Contract Theory Approach to Dynamic Incentive Mechanism and Control Synthesis for Moral Hazard in Power Grids

    Yasuaki Wasa, Kenji Hirata, Kenko Uchida

    IEEE Transactions on Control Systems Technology   30 ( 5 ) 2072 - 2083  2022年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Optimal Balancing Transaction Mechanism for Dynamic Storage Management in Smart Grid

    Takayuki Shimizu, Yasuaki Wasa, Kenko Uchida

    Proc. 6th IEEE Conference on Control Technology and Applications     213 - 218  2022年08月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

  • Equilibrium Seeking in Two-agent Non-cooperative Dynamic Game with Asymmetric Horizon Length

    Taichi Tanaka, Yasuaki Wasa, Tomohisa Hayakawa

    Proc. 13th Asian Control Conference     2286 - 2291  2022年05月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

  • 同調バイアスを有する集団避難行動のモデル化と受動性に基づくナッジ設計

    山下駿野, 入舟広大, 畑中健志, 和佐泰明, 平田研二, 内田健康

    計測自動制御学会論文集   58 ( 3 ) 120 - 128  2022年03月  [査読有り]  [国内誌]

  • Path Integral Control for Stochastic Dynamic Traffic Routing Problems

    Michael Hibbard, Yasuaki Wasa, Takashi Tanaka

    2020 59th IEEE Conference on Decision and Control (CDC)     261 - 267  2020年12月  [査読有り]

    DOI

  • Passivity-Based Analysis and Nudging Design for Dynamic Social Model with Bounded Rationality

    Shunya Yamashita, Takeshi Hatanaka, Yasuaki Wasa, Naoki Hayashi, Kenji Hirata, Kenko Uchida

    IFAC-PapersOnLine   53 ( 5 ) 338 - 343  2020年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • Toward a Retail Market for Distribution Grids

    Rabab Haider, Stefanos Baros, Yasuaki Wasa, Jordan Romvary, Kenko Uchida, Anuradha M. Annaswamy

    IEEE Transactions on Smart Grid   11 ( 6 ) 4891 - 4905  2020年11月  [査読有り]  [国際誌]

    DOI

  • Strategic Bidding of Private Information for Dynamic LQ Networks under Moral Hazard

    Yasuaki Wasa, Kenko Uchida

    IFAC-PapersOnLine   53 ( 2 ) 6678 - 6684  2020年07月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • 実時間フィードバックおよび信号最適化機能を有する交通流シミュレーション環境の構築と検証

    檀隼人, 岡本僚太, 和佐泰明, 畑中健志, 向井正和, 飯野穣

    計測自動制御学会論文集   56 ( 7 ) 379 - 385  2020年07月  [査読有り]

    DOI

  • Optimal agency contract for incentive and control under moral hazard in dynamic electric power networks

    Y. Wasa, K. Hirata, K. Uchida

    IET Smart Grid   2 ( 4 ) 594 - 601  2019年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Strategic bidding of private information for principal-agent type dynamic LQ networks

    Y. Wasa, T. Murao, T. Tanaka, K. Uchida

    Proc. 17th European Control Conference     3383 - 3389  2019年06月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Path-Integral Control for Optimal Vehicle Routing over Nonlinear and Dynamic Traffic Systems

    Y. Wasa, T. Tanaka

    Proc. 17th European Control Conference     2189 - 2196  2019年06月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Optimal Dynamic Incentive and Control Contract among Principal and Agents with Moral Hazard and Long-Term Average Reward,

    Y. Wasa, K. Uchida

    Proc. 2019 12th Asian Control Conference     31 - 36  2019年06月  [査読有り]

  • ゲーム理論的トランザクティブ制御に基づく二階層電力調整力市場設計

    和佐 泰明, 平田 研二, 内田 健康

    計測自動制御学会論文集   55 ( 6 ) 401 - 410  2019年06月  [査読有り]

    DOI

  • A lane-change maneuver of automated vehicles for improving traffic flow on highways with multiple lanes

    Yuko Shiomi, Yasuaki Wasa, Kenko Uchida

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017   2018-   473 - 478  2018年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper investigates a smart lane-change mechanism of automated vehicles with intelligent driver model on highways with multiple lanes. In particular, we propose an autonomous lane-change maneuver to improve traffic flow. The key technique of the proposed maneuver is to consider not only selfish conditions to track individual velocity tracking performance but also altruistic conditions to improve the driving performance of the succeeding vehicles by using vehicle-to-vehicle communications. To realize the conditions, this paper presents cost functions and criteria mathematically. We also demonstrate through simulation that the proposed algorithm enhances heterogeneous traffic flow efficiency while avoiding collisions and wasteful traffic congestion in dense traffic. As a result, each vehicle with the proposed maneuver can travel about 1 minute per 10 km faster than only the conventionally selfish condition on average.

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • A dynamic contract mechanism for risk-sharing management on interdependent electric power and gas supply networks

    Yasuaki Wasa, Kenji Hirata, Kenko Uchida

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017   2018-   1222 - 1227  2018年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper considers interdependent electric power and gas supply networks and investigates a dynamic contract mechanism between risk-averse prosumers and a risk-neutral aggregator. The aggregator tries to manage not only financial risks but also power energy and gas energy generated by the prosumers in the presence of uncertain and volatile risk of energy generation processes. The aggregator will determine an incentive condition required of the prosumers so as to indirectly control their actions preferable for the aggregator. We first formulate a novel dynamic contract problem, where each prosumer minimizes an exponential-type cost functional with risk aversion under energy dynamical systems. The problem is regarded as a principal-agent problem in contract theory and the prosumers' optimization problem can be reduced to a Linear Exponential Quadratic Gaussian dynamic game problem. Most part of the solution to the problem considered here can be obtained analytically, while we need to employ a numerical optimization technique to determine the aggregator's action. The effectiveness of the risk-sharing between aggregator and prosumers induced by the proposed mechanism is demonstrated through a simulation.

    DOI

    Scopus

    7
    被引用数
    (Scopus)
  • Modeling and Identification of Data Center HVAC System with Super-multipoint Temperature Sensing System

    Y. Wasa, T. Kasajima, T. Hatanaka, M. Fujita

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   11 ( 3 ) 221 - 229  2018年  [査読有り]

    DOI

  • Differential game-based load frequency control for power networks and its integration with electricity market mechanisms

    Yasuaki Wasa, Kengo Sakata, Kenji Hirata, Kenko Uchida

    1st Annual IEEE Conference on Control Technology and Applications, CCTA 2017   2017-   1044 - 1049  2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper proposes a novel load frequency control architecture based on differential games in energy supply-demand network integrating power networks and real-time electricity regulation markets. In order to establish the control architecture that each area minimizes his own cost independently on not only the electricity market layer but also the physical layer, we first present a novel load frequency control in power networks, where set-point signals from electricity markets depend on competitive bidding among utilities in each area and they are regarded as stationary disturbances in power networks. Then, we show that the control problem can be reduced to a finite-horizon differential game and the solution of the differential game control problem is analytically given by a feedback Nash equilibrium. The effectiveness of the proposed control mechanism is finally demonstrated through simulations with two-area power and electricity market network model.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • A Payoff-Based Learning Approach to Cooperative Environmental Monitoring for PTZ Visual Sensor Networks

    Takeshi Hatanaka, Yasuaki Wasa, Riku Funada, Alexandros G. Charalambides, Masayuki Fujita

    IEEE TRANSACTIONS ON AUTOMATIC CONTROL   61 ( 3 ) 709 - 724  2016年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper addresses cooperative environmental monitoring for Pan-Tilt-Zoom (PTZ) visual sensor networks. In particular, we investigate the optimal monitoring problem whose objective function value is intertwined with the uncertain state of the physical world. In addition, due to the large volume of vision data, it is desired for each sensor to execute processing through local computation and communication. To address these issues, we present a distributed solution to the problem based on game theoretic cooperative control and payoff-based learning. At the first stage, a utility function is designed so that the resulting game constitutes a potential game with potential function equal to the group objective function, where the designed utility is shown to be computable through local image processing and communication. Then, we present a payoff-based learning algorithm so that the sensors are led to the global objective function maximizers without using any prior information on the environmental state. Finally, we run experiments to demonstrate the effectiveness of the present approach.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Modeling of HVAC system in data center with super-multipoint temperature sensing technology

    Wasa Y, Makihara F, Kato A, Kasajima T, Hatanaka T, Fujita M

    2014 IEEE Conference on Control Applications     304 - 309  2014年10月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Application of Irrational Decisions to Simple Experimentation to Guarantee Welfare Maximization

    Y. Wasa, T. Hatanaka, M. Fujita

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   7 ( 4 ) 199 - 204  2014年  [査読有り]

    DOI

  • Game theoretic cooperative control of PTZ visual sensor networks for environmental change monitoring

    Hatanaka T, Wasa Y, Fujita M

    Proceedings of the 52nd IEEE Conference on Decision and Control     7634 - 7640  2013年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • Game Theoretic Receding Horizon Cooperative Network Formation for Distributed Microgrids: Variability Reduction of Photovoltaics

    Y. Wasa, T. Hatanaka, M. Fujita, H. Takenaka

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   6 ( 4 ) 281 - 289  2013年  [査読有り]

    DOI

  • Game theoretic cooperative control of PTZ visual sensor networks for environmental change monitoring

    Takeshi Hatanaka, Yasuaki Wasa, Masayuki Fujita

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     7634 - 7640  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we investigate cooperative environmental monitoring for Pan-Tilt-Zoom(PTZ) visual sensor networks based on game theoretic cooperative control. In particular, we focus on one of the key goals of the monitoring task, i.e. monitoring environmental changes from a normal state. For this purpose, this paper first presents a novel formulation of the optimal environmental monitoring problem reflecting the above objective and characteristics of vision sensors. Then, the optimization problem is reduced to a potential game with potential function equal to the formulated objective function through an existing utility design technique, where the designed utility is shown to be computable through local computation and communication. We finally present a payoff-based learning algorithm, which refines [18] so that the sensors eventually take the potential function maximizes with high probability and local action constraints are dealt with. Finally, we run experiments on a testbed in order to demonstrate the effectiveness of the presented approach. © 2013 IEEE.

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • 被覆ゲームに対する最適均衡解の探索 : 利得に基づく学習アルゴリズム設計

    和佐 泰明, 後藤 達彦, 畑中 健志, 藤田 政之

    システム制御情報学会論文誌   25 ( 9 ) 247 - 255  2012年09月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we investigate the game theoretic coverage control whose objective is to lead agents to optimal configurations over a mission space. In particular, the objective of this paper is to achieve the control objective (i) in the absense of the perfect prior knowledge on importance of each point and (ii) in the presence of the action constraints. For this purpose, we first formulate coverage problems with two different global objective functions as so-called potential games. Then, we present a payoff-based learning algorithm determining actions based only on the past actual outcomes. The feature of the present algorithm is to allow an agent to take an irrational action. We also clarify a relation between a design parameter of the algorithm and theprobability which agents take the optimal actions and prove that the probability can be arbitrarily increased. Then, we demonstrate the effectiveness of the present algorithm through experiments on a testbed.

    DOI CiNii

▼全件表示

書籍等出版物

  • ロボット工学ハンドブック(第3版)

    日本ロボット学会( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第V編 ロボット工学の基礎理論 6 計画と解探索 6.1 数理計画問題, 6.2 意思決定の数理)

    コロナ社  2023年03月 ISBN: 9784339046793

  • Economically enabled energy management : interplay between control engineering and economics

    Yasuaki Wasa, Toshiyuki Murao, Ken-Ichi Akao( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Incentive-based Economic and Physical Integration for Dynamic Power Networks)

    Springer Nature  2020年04月 ISBN: 9789811535758

    DOI

  • Economically enabled energy management : interplay between control engineering and economics

    Yasuaki Wasa, Kenta Tanaka, Takao Tsuji, Shunsuke Managi, Kenko Uchida( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Economically Enabled Energy Management: Overview and Research Opportunities)

    Springer Nature  2020年04月 ISBN: 9789811535758

    DOI

  • Economically enabled energy management : interplay between control engineering and economics

    畑中, 健志, 和佐, 泰明, 内田, 健康( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer Nature  2020年04月 ISBN: 9789811535758

  • Smart Gird Control: Overview and Research Opprtunities

    K. Uchida, K. Hirata, Y. Wasa( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Incentivizing Market and Control for Ancillary Services in Dynamic Power Grids)

    Springer International Publishing  2018年 ISBN: 9783319983097

    DOI

講演・口頭発表等

  • 地域エネルギー管理システムにお ける太陽光発電・需要予測に基づく蓄電池運用計画

    清水健至, 立川健介, A. Daniel Carnerero, 和佐泰明, 平田研二

    SICE 第11回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • 切り換えシステムを含む非線形グル コース–インスリン動態モデルのパラメータ推定に関する考察

    三輪雄太, 平田研二, Tam W. Nguyen, 和佐泰明, 内田健康

    SICE 第11回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • RICEモデルを用いた多地域間非協力ゲームの気候変動政策分析

    加藤波輝, 和佐泰明, 赤尾健一

    SICE 第11回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • メカニズムデザインに基づく人―ネットワークロボティクス協調制御

    和佐泰明, 平田研二

    SICE 第11回制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • SICE における Cyber Physical Human Systems 調査研究

    平田研二, 和佐泰明

    第14回横幹連合コンファレンス  

    発表年月: 2023年12月

    開催年月:
    2023年12月
     
     
  • VR環境内での人―ドローン群協調制御のための運動錯覚を応用した視野制御

    東山龍之介, 和佐泰明

    第66回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • 塩素多点注入動的配水網システムの数理モデリングと実時間塩素濃度制御

    三好健太, 和佐泰明, 岸田昌子

    第66回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • 計画値同時同量を考慮した地域エネルギー管理システムの実時間分散協調制御

    清水健至, 立川健介, 和佐泰明, 畑中健志, 平田研二

    第66回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • Dynamic Incentive and Control Mechanism in a Principal-Agent Problem: A Stability Analysis in Long-Term Risk-Sensitive Case

    Yasuaki Wasa, Ken-Ichi Akao, Kenko Uchida

    12th Congress of the Asian Association of Environmental and Resource Economics  

    発表年月: 2023年08月

    開催年月:
    2023年08月
     
     
  • Optimal transaction mechanism for dynamic storage management game in smart grid

    Yasuaki Wasa

    10th International Congress on Industrial and Applied Mathematics  

    発表年月: 2023年08月

    開催年月:
    2023年08月
     
     
  • 蓄電容量共有投資計画の均衡解に関する定量的解析

    山上智志, 和佐泰明, 平田研二, 畑中健志

    SICE 第10回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2023年03月

    開催年月:
    2023年03月
     
     
  • 実需要データを利用した蓄電池シェアリングの効用推定に関する考察

    梶原拓真, 平田研二, 和佐泰明, Mengmou Li, Tam Nguyen, 畑中健志

    SICE 第10回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2023年03月

    開催年月:
    2023年03月
     
     
  • マルチエージェントシステムの制御性能改善のための移動情報量を用いたネットワーク構造推定

    小泉輝起, 和佐泰明, 岸田昌子

    SICE 第10回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2023年03月

    開催年月:
    2023年03月
     
     
  • ZEHを前提とした蓄電池およびPVの確率的最適投資戦略:蓄電池シェアリングの観点から

    田中大地, Mengmou Li, 畑中健志, 和佐泰明, 平田研二, 藤崎泰正

    第65回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • 1 型糖尿患者を対象としたグルコース-インスリン動態モデルの簡略化に関する考察

    三輪雄太, Tam W. Nguyen, 平田研二, 和佐泰明, 内田健康

    第65回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • 脳による調節機構を含めた糖代謝動態数理モデルの精緻化

    大藤花恵, 和佐泰明, 平田研二, 木村英紀, 内田健康

    第65回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • 環境・エネルギー・電力システムの最新技術と将来ビジョン

    飯野穣, 石塚諒一, 橋爪宗信, 川本大輔, 和佐泰明, 薄良彦

    第65回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • エネルギー・モビリティ動的最適化による需給バランス制御への応用

    渡邊泰斗, 和佐泰明, 薄良彦, 三輪雄太, 平田研二, 田中健太

    第65回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • 予測区間非対称な二人非協調動的ゲームにおける均衡探索

    田中大地, 和佐泰明, 早川朋久

    SICE 第9回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2022年03月

  • 二人非協調微分ゲームにおける予測区間非対称性が与える影響

    和佐泰明, 田中大地, 早川朋久

    第64回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2021年11月

  • 電力市場取引におけるリスク回避的な市場参加者の入札行動の模擬に関する考察

    梶原拓真, 平田研二, 和佐泰明

    第64回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2021年11月

  • 環状型送電網・交通網上におけるエネルギーモビリティ併用運用の最適化

    渡邊泰斗, 山上智志, 和佐泰明, 薄良彦, 平田研二, 田中健太

    第64回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2021年11月

  • 個人の避難行動選択における同調性バイアスのマクロ視点に基づく考察

    入舟広大, 山下駿野, 畑中健志, 和佐泰明, 平田研二, 内田健康

    計測自動制御学会 第8回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2021年03月

  • 電力市場取引におけるプロスペクト理論に基づく入札者の行動戦略に関する考察

    梶原拓真, 平田研二, 和佐泰明

    計測自動制御学会 第8回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2021年03月

  • SEIRモデルを用いたモデル予測制御に基づく経済的感染抑制政策の考察

    和佐泰明, 上野択真, 赤尾健一

    計測自動制御学会 第8回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2021年03月

  • バイアスを含む離散選択ダイナミクスの受動性的解釈

    山下駿野, 畑中健志, 和佐泰明, 林直樹, 平田研二, 内田健康

    第63回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2020年11月

  • 情報インセンティブによる分散Q学習の効果と市場動向の一検討

    渡邊泰斗, 和佐泰明, 平田研二

    第63回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2020年11月

  • プリンシパルエージェント型LQ問題における私的情報の戦略的入札と社会厚生への影響

    和佐泰明, 内田健康

    SICE 第7回 制御部門マルチシンポジウム  

    発表年月: 2020年03月

  • ダブルオークション型電力市場取引における市場参加者の入札戦略集合と社会余剰の最大化に関する考察

    東上里望夢, 平田研二, 和佐泰明, 澤田英司

    計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM)  

    発表年月: 2019年03月

  • 都市部高速道路上の交通流適正化のための車線変更ミクロモデルとインセンティブ設計の提案

    山岡実夢, 和佐泰明, 内田健康

    計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM)  

    発表年月: 2019年03月

  • 電力スポット市場におけるインバランス精算を考慮した風力発電者の計画量決定方策

    伊東倫明, 和佐泰明, 内田健康

    計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM)  

    発表年月: 2019年03月

  • ダブルオークション型電力市場取引における入札戦略学習と社会余剰の最大化に関する考察

    東上里望夢, 平田研二, 澤田英司, 和佐泰明

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2018年11月

  • 契約理論に基づく動的電力ネットワークの最適制御とアンシラリーサービスの分析

    中島知己, 和佐泰明, 内田健康

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2018年11月

  • Dynamic pricing and consumers' adaptive behavior: Energy demand-supply balance when consumers update their lifestyles in the long-run

    Eiji Sawada, Yasuaki Wasa

    19th Global Conference on Environmental Taxation  

    発表年月: 2018年09月

  • International Environmental Agreements as an Equilibrium Choice in a Differential Game

    Ken-Ichi Akao, Kenko Uchida, Yasuaki Wasa

    6th World Congress of Environmental and Resource Economists  

    発表年月: 2018年06月

  • 電力市場取引における利得関数の経済学的定義と入札戦略学習への利用

    大屋秀顕, 平田研二, 和佐泰明, 澤田英司

    計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM)  

    発表年月: 2018年03月

  • うつ病の数理モデルの構築とその解析

    辻仁望, 和佐泰明, 内田健康

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2017年11月

  • 異種意思決定者の参加を可能とする大規模電力市場シミュレーション環境構築に関する研究

    大屋秀顕, 平田研二, 和佐泰明, 内田健康

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2017年11月

  • 消費者の学習と受給バランスのダイナミクス

    澤田英司, 澤田英司, 和佐泰明, 和佐泰明

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2017年11月

  • 電力取引システムにおけるプリンシパル・エージェント間の最適動的契約設計

    和佐泰明, 赤尾健一, 内田健康

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2017年11月

  • International Environmental Negotiations and Agreements: A Differential Game Interpretation

    赤尾健一, 内田健康, 和佐泰明

    環境経済・政策学会2017年大会  

    発表年月: 2017年09月

  • International Environmental Negotiations and Agreements: A Differential Game Interpretation

    Ken-Ichi Akao, Kenko Uchida, Yasuaki Wasa

    7th Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics  

    発表年月: 2017年08月

  • 動的ゲームに基づく電力網制御と実時間電力市場の統合

    坂田健吾, 和佐泰明, 平田研二, 内田健康

    計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM)  

    発表年月: 2017年03月

  • 一日前市場を考慮した先物市場における電力供給戦略の学習

    洪元, 和佐泰明, 平田研二, 内田健康

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2016年

  • 超多点温度計測技術を用いたデータセンタにおけるHVACシステムのモデリングと同定

    和佐泰明, 牧原史弥, LIM J, 笠嶋丈夫, 畑中健志, 藤田政之

    計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM)  

    発表年月: 2015年03月

  • エネルギーマネジメントのための最適化とゲーム:システム制御分野の動向

    畑中健志, 和佐泰明

    第25回RAMPシンポジウム  

    発表年月: 2013年10月

  • 太陽光発電パネルの最適配置による効用解析

    加藤輝人, 和佐泰明, 畑中健志, 藤田政之

    計測自動制御学会第13回制御部門大会  

    発表年月: 2013年03月

  • 分散マイクログリッドにおける電力融通ネットワークの協調最適化:ゲーム理論的アプローチ

    和佐泰明, 畑中健志, 藤田政之, 竹中栄晶

    計測自動制御学会制御部門大会(CD-ROM)  

    発表年月: 2013年03月

  • 分散協調型エネルギー管理とゲーム理論的協調制御

    畑中健志, 和佐泰明, 藤田政之

    第55回自動制御連合講演会  

    発表年月: 2012年11月

  • 制御実験の授業を作ってみて―教えておきたい3項目―

    畑中健志, 和佐泰明, 難波結人

    自動制御連合講演会(CD-ROM)  

    発表年月: 2012年11月

  • ポテンシャルゲームに対する非合理的選択を含む学習アルゴリズムの設計と被覆制御問題への適用

    和佐泰明, 後藤達彦, 畑中健志, 藤田政之

    計測自動制御学会第12回制御部門大会  

    発表年月: 2012年03月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 動的社会システム運用理論構築のための可用性と信頼性を担保する制御系設計

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2026年03月
     

    和佐 泰明

  • 国際環境協定の動学ゲーム分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    赤尾 健一, 上東 貴志, 西村 和雄, 和佐 泰明, 石井 仁司, 内田 健康, 阪本 浩章, 鈴木 詩衣菜

  • 次世代都市インフラシステム構築のための動的インセンティブ設計・制御法

    日本学術振興会  科学研究費補助金 若手研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    和佐 泰明

  • ゲーム理論的学習に基づく分散協調型エネルギー管理システム構築に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    和佐 泰明

Misc

  • 人の意思決定を考慮したネットワークロボティクス制御のためのメカニズムデザイン

    和佐泰明, 平田研二

    日本ロボット学会誌   42 ( 2 ) 105 - 110  2024年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI

  • VPP計画・運用につながるゲーム理論の活用法

    和佐泰明

    計測と制御   63 ( 1 ) 36 - 42  2024年01月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI

  • 需要者の意志を反映する小売電力市場メカニズムの開発:スマートシティ実現に向けたシステム思考型イノベーション

    和佐泰明, 飯野穣, 内田健康

    日本工業出版 クリーンエネルギー   29 ( 10 ) 5 - 10  2020年10月  [招待有り]   [ 国内誌 ]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Optimal Dynamic Incentive Contracts between a Principal and Multiple Agents in Controlled Markov Processes: A Constructive Approach

    Yasuaki Wasa, Ken-Ichi Akao, Kenko Uchida

    RIEEM Discussion Paper Series   ( 2001 )  2020年02月

    担当区分:筆頭著者

  • システム制御の知見に基づく小売電力市場メカニズムの開発

    和佐泰明, 内田健康

    電気総合誌 OHM   107 ( 9 ) 38 - 41  2019年09月  [招待有り]   [ 国内誌 ]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 制御の立場から見た動的市場メカニズム設計

    和佐 泰明

    計測と制御   58 ( 9 ) 726  2019年09月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 制御系設計論

    早稲田大学  

    2024年04月
    -
    継続中
     

  • 生命の情報と進化

    早稲田大学  

    2023年04月
    -
    継続中
     

  • 電気・情報生命工学実験C

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 電気・情報生命工学実験B

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 回路理論A

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • システム解析

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 最適化の理論と応用

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験1B

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • Advanced Electrical Engineering

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

  • 理工学基礎実験1A

    早稲田大学  

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

▼全件表示

 

他学部・他研究科等兼任情報

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所・附属機関兼任歴

  • 2022年
    -
    2024年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2022年
    -
    2024年

    カーボンニュートラル社会研究教育センター   兼任センター員

特定課題制度(学内資金)

  • 人と複数ロボット群の実時間共創システムのための制御系設計

    2023年  

     概要を見る

    本研究では、人と複数ロボット群の協調制御を行うための制御系設計について2つの研究手法で分析した。1つ目は、ヘッドマウントディスプレイを装着したリアル空間の一人が、バーチャルリアリティ環境内で広域の協調運動するドローン群を誘導する協調制御の性能改善を行う。具体的には、認知科学で研究が進められているRedirected Walking技術を用いた運動錯覚技術を用いて、人の回転移動量の低減と共にロボット群の速度制御の時間遷移の変化量抑制する方法を提案した。高精細な都市モデルを再現できるUnreal Engine 4を用いた実時間制御を可能とする実験環境を構築し、提案手法の精度検証を行った。2つ目はネットワーク化されたロボット群の操縦者が複数存在する場合、全体目的実現の阻害要因として操縦者間の相互干渉が存在する。この課題解決にあたり、経済学で進められているメカニズムデザイン・契約理論が動的システムの制御系設計に応用できることを提案した。提案手法は操縦者の意思決定の自由度が担保される一方で、全体目的を実現できない個人最適化の行動を選択すると間接的損失を被ることが理論的に保障されている。また、数値シミュレーションにより提案手法の有効性について検証を行った。

  • 次世代都市交通システム構築に向けた動的インセンティブ設計・制御法と検証実験

    2020年  

     概要を見る

    本研究では次世代交通システムの最適均衡を実現するための2つの理論成果を示した。一つ目は配車サービスの経路選択最適化による交通流適正化である。交通流モデルを表現する非線形偏微分方程式に対する最適制御問題に対して、経路積分制御とモンテカルロ法を適用することで実時間最適配分を可能とした。また、確率的な流入車両と動特性の存在下でのWardrop均衡との関連を数値例により分析した。二つ目は分権化を担保する動的線形制御システムの最適制御を実現するためのメカニズムである。契約理論に基づく最適インセンティブ設計を理論的に明らかにした。また、上記の研究成果を研究室規模での実験検証するための環境整備を行った。

  • 契約理論に基づくインセティブ設計とエージェント群の戦略的行動に対する影響解析

    2020年  

     概要を見る

    本研究では、エージェント群の戦略的行動がシステム全体に与える影響とその改善方策に関して2つの研究手法で分析した。1つ目は動的線形制御システムに契約理論を導入する枠組みを提案した。提案するインセンティブ設計法はエージェントの最適行動(制御入力)の耐戦略性の保証を与えるが、正確な私的モデル情報の事前提出を前提とする。そこで、エージェント群がモデル情報の戦略的提供した場合の社会システム全体への悪影響を理論と数値例の両面で分析した。2つ目は強化学習に基づく戦略的行動に着目し、約定市場価格とその時得られる余剰だけでなく、追加の情報インセンティブを付与したときのエージェントの行動変容を定量的に分析した。