石岡 良治 (イシオカ ヨシハル)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2007年03月

    東京大学   総合文化研究科   超域文化科学専攻(表象文化論)  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    東京都立大学   人文学部   仏文学専修  

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    早稲田大学   第一文学部  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    立教大学   文学部   兼任講師

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   文化構想学部   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    青山学院大学   文学部   兼任講師

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    跡見学園女子大学   文学部   非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    表象文化論学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 芸術実践論

  • 美学、芸術論

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 映画

  • 現代美術

  • アニメーション

  • マンガ

  • アニメ

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 対談 石岡良治×土居伸彰 (2018年 アニメーション映画のゆくえ)

    石岡 良治, 土居 伸彰, 高瀬 司

    キネマ旬報   ( 1788 ) 21 - 28  2018年09月

    CiNii

  • 高畑勲と思考の演出術(ミザンセヌ) (総特集 高畑勲の世界 : 『太陽の王子ホルスの大冒険』『アルプスの少女ハイジ』『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』『かぐや姫の物語』 アニメーション監督の軌跡)

    石岡 良治

    ユリイカ   50 ( 10 ) 208 - 218  2018年07月

    CiNii

  • カタルシスの向こう側 : 『心が叫びたがってるんだ。』におけるミュージカル場面の寓意 (総特集 岡田麿里 : 『true tears』から『とらドラ!』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』…そして『さよならの朝に約束の花をかざろう』)

    石岡 良治

    ユリイカ   50 ( 3 ) 126 - 133  2018年03月

    CiNii

  • アニメーション表現の「向こう側」を志向する実践の書 : 土居伸彰『個人的なハーモニー : ノルシュテインと現代アニメーション論』書評

    石岡 良治

    表象   ( 12 ) 290 - 293  2018年

    CiNii

  • 宮崎駿『On Your Mark』とアニメの系列的読解 (特集 アニメーション「超」講義! : 現代アニメーション論の先端に学ぶ)

    石岡 良治

    美学芸術学論集 = The journal of aesthethics and art theory   ( 13 ) 56 - 108  2017年

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 現代アニメ「超」講義

    石岡, 良治

    Planets : 第二次惑星開発委員会  2019年 ISBN: 9784905325130

  • オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議

    石岡良治, 三浦哲哉, 平倉圭, 土居伸彰, 入江哲朗, 畠山宗明( 担当: 共著)

    フィルムアート社  2018年03月 ISBN: 4845915871

    ASIN

  • 芸術新潮 2017年 09月号

    石岡良治( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 日本アニメベスト10参加)

    新潮社  2017年08月

    ASIN

  • 1990年代論 (河出ブックス)

    大澤聡, 大澤 聡( 担当: 共著,  担当範囲: 一九九〇年代アニメ、複数形の記述で)

    河出書房新社  2017年08月 ISBN: 4309625061

    ASIN

  • マンガ視覚文化論 : 見る、聞く、語る

    鈴木 雅雄, 中田 健太郎, 夏目 房之介, 三輪 健太朗, 岩下 朋世, 細馬 宏通, 泉 信行, 佐々木 果, 森田 直子, 宮本 大人, 伊藤 剛, 石岡 良治

    水声社  2017年 ISBN: 9784801001831

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 結晶、機械、芸術作品―ジル・ドゥルーズ「非有機的生命」概念の対象における差異と反復

    石岡良治

    表象文化論学会 第12回大会研究発表  

    発表年月: 2017年07月

  • 石岡良治『視覚文化「超」講義』を読む――マンガ研究との接合

    石岡良治  [招待有り]

    表象文化論学会 第9回研究発表集会  

    発表年月: 2014年11月

  • テレビアニメの構成要素とコンポジティング−TVシリーズ『魔法少女まどか☆マギカ』から考察する

    石岡良治  [招待有り]

    表象文化論学会 第7回研究発表集会  

    発表年月: 2012年07月

  • 欲動イメージとその運命:ジル・ドゥルーズ『シネマ』における部分対象の問題系

    石岡良治

    表象文化論学会 第5回研究発表集会  

    発表年月: 2010年11月

  • 楳図かずおとホラーの目撃者- 主人公の不死性と可死性をめぐって

    石岡良治

    表象文化論学会 第2回大会研究発表  

    発表年月: 2007年07月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 日本のアニメーションおよび「アニメ」に関する理論的言説についての歴史的研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究は、日本のアニメーションおよび「アニメ」に関する理論的言説を、歴史的に解明していくことを⽬的としている。日本語文献のみならず、主として英語圏における「ANIME」をめぐる文献を調査しつつ、とりわけ今世紀のアニメをめぐる情報環境の変動に注目した。映画研究におけるジャンル論を手がかりにすることで、数々の「サブジャンル」の変遷を追跡するという方針を得ることができた。「〜年代」すなわちディケイド単位のグルーピングの利点と欠点を認識しつつ、同時代のアニメ作品をどう把握していくのかという課題が生じたが、一定の成果を得たため、論考や著作、談話などを刊行することができた。

  • テレビアニメーションのイメージ理論的研究

    2018年  

     概要を見る

    本研究は、テレビアニメーションという媒体をアニメーション映画と比較しながら、その独自の特性をイメージ理論やメディア理論の観点から解明していくことを目的とする。過去のアニメ雑誌などを調査しつつ、テレビアニメ史上の主要作品の分析・分類を進めていった。スタッフやスタジオの系譜と「~年代」という尺度の両面からアプローチしつつ、とりわけOVA(オリジナルビデオアニメ)が媒体として成立した後の「平成期」の作品を集中的に検討した。理論的解明はやや不十分であり、今後に課題を残すものとなったが、膨大な作品群をグルーピングするための手がかりを観客研究などを参照しつつ得て、成果を論考や雑誌談話などの形で示した。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>