倉片 憲治 (クラカタ ケンジ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

ホームページ

https://w-rdb.waseda.jp/html/100001484_ja.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1994年03月

    大阪大学大学院   人間科学研究科   行動学専攻  

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    早稲田大学   第一文学部   心理学専修  

  • 1982年04月
    -
    1985年03月

    早稲田大学高等学院  

学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月   大阪大学   博士(人間科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   教授

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    国立研究開発法人産業技術総合研究所   情報・人間工学領域 人間情報研究部門   総括研究主幹

  • 2007年10月
    -
    2017年03月

    上智大学   大学院理工学研究科   客員教授

  • 2015年04月
    -
    2016年09月

    国立研究開発法人産業技術総合研究所   イノベーション推進本部 知的財産・標準化推進部   審議役

  • 2014年10月
    -
    2015年03月

    国立研究開発法人産業技術総合研究所   イノベーション推進本部 国際標準推進部   標準企画室長

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本騒音制御工学会

  •  
     
     

    日本人間工学会

  •  
     
     

    日本音響学会

  •  
     
     

    日本聴覚医学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • 耳鼻咽喉科学

  • 実験心理学

  • リハビリテーション科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 聴覚心理学 高齢者 報知音 音質評価 騒音

  • psychology of music

  • human interfaces

  • evaluation of timbre

  • auditory signals

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Loudness estimation of sounds perceived by older adults based on their equal-loudness-level characteristics

    Kurakata Kenji, Mizunami Tazu

    ACOUSTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   40 ( 4 ) 283 - 284  2019年  [査読有り]

    DOI

  • Accessible-Design Standards for Consumer Products Developed in ISO/TC 159/SC 4/WG 10

    Kurakata Kenji

    PROCEEDINGS OF THE 20TH CONGRESS OF THE INTERNATIONAL ERGONOMICS ASSOCIATION (IEA 2018), VOL VII: ERGONOMICS IN DESIGN, DESIGN FOR ALL, ACTIVITY THEORIES FOR WORK ANALYSIS AND DESIGN, AFFECTIVE DESIGN   824   1553 - 1557  2019年  [査読有り]

    DOI

  • Development of an on-site system for measuring the low-frequency noise and complainant's responses

    Sato Hiroshi, Ryu Jongkwan, Kurakata Kenji

    JOURNAL OF LOW FREQUENCY NOISE VIBRATION AND ACTIVE CONTROL   37 ( 2 ) 373 - 384  2018年06月  [査読有り]

    DOI

  • Time Reduction Design Method for Cognitive Assist Technology

    Junji Ohyama, Nana Itoh, Kenji Kurakata, Ken Sagawa

    Human Aspects of IT for the Aged Population. Design for Aging   9193   94 - 103  2015年  [査読有り]

    DOI

  • Database of sensory characteristics of older persons and persons with disabilities

    K. Kurakata, N. Itoh, J. Ohyama, H. Sato, K. Sagawa

    Gerontechnology   13 ( 2 ) 126 - 127  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Purpose: It has long been common practice to design consumer products, living spaces, services, etc., with the assumption that the main users are healthy young people. However, when products are designed for older persons or persons with disabilities, the designers need to consider the sensory characteristics and abilities of these groups of users. The authors have constructed the 'Database of sensory characteristics of older persons and persons with disabilities'. Referring to the database will make it easier for designers to design products that accommodate various people who differ in their sensory characteristics and abilities&lt
    sup&gt
    1&lt
    /sup&gt
    . Method: The database displays sensory characteristics of vision, hearing, and touch measured at Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Japan, by the authors from more than 3,000 young and older persons as well as persons with disabilities. These data for sensory characteristics have been adopted for establishing the Japanese Industrial Standards (JISs) 'Guidelines for older persons and persons with disabilities'. The database graphically presents the JIS contents described by equations and tables. Results &amp
    Discussion Japanese and English versions of the database have been released on the web free of charge to the public (Figure 3). Anyone can access and use the data as long as they comply with the terms of use. In addition to contact information, the database has a questionnaire page to gather opinions and requests from users. Data released at this time are limited to 16 items, but the authors plan further expansion, including refinement of unreleased data and addition of new items in response to feedback from users through the questionnaires.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 聴覚障害を考慮した音の測定方法およびシステム

    特許第3448586号

    倉片 憲治, 口ノ町康夫

    特許権

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 色彩検定,UC級

  • 心理学検定,特1級

  • 環境計量士(騒音・振動関係)(第2176号)

  • 騒音関係公害防止管理者(第45895号)

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度研究功績賞(著書)

    2016年05月   (公社)日本騒音制御工学会  

    受賞者: 船場ひさお, 太田篤史, 倉片憲治, 武田真樹

  • 平成20年度工業標準化事業表彰 産業技術環境局長表彰

    2008年10月   経済産業省   (貢献者表彰)  

    受賞者: 倉片 憲治

  • 第47回 佐藤論文賞(共著論文)

    2007年03月   日本音響学会  

    受賞者: 蘆原 郁, 倉片憲治, 水浪田鶴, 松下一馬

  • 第13回 粟屋潔学術奨励賞

    1996年03月   日本音響学会  

    受賞者: 倉片憲治

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 拡張高周波聴力検査法の改良によるイヤホン難聴の早期発見とリスク要因の同定

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

    倉片 憲治

    担当区分: 研究代表者

  • アクセシブルデザイン(AD)製品及びその認証に関する国際標準化・普及基盤構築

    研究期間:

    2014年06月
    -
    2017年03月
     

    倉片 憲治

    担当区分: 研究代表者

  • アクセシブルデザイン(AD)に関するJIS開発

    研究期間:

    2014年05月
    -
    2017年02月
     

    倉片 憲治

    担当区分: 研究代表者

  • 加齢変化を考慮した騒音評価方法の開発に向けた聴覚モデルの構築

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    倉片 憲治

    担当区分: 研究代表者

  • アクセシブルデザイン及びその適合性評価に関する国際標準化

    研究期間:

    2012年07月
    -
    2014年03月
     

    倉片 憲治

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の感覚・身体特性データ及び製品等の改善ニーズの体系的収集

    2017年  

     概要を見る

    The aim of this study was to collect literature data on various human abilities for young and older adults. The human abilities here included sensory (e.g., seeing, hearing, and touching), physical (both static and dynamic characteristics), and cognitive ones (e.g., memory, attention, and reaction time). After being sorted and organized properly, the collected data will be used effectively by designers when they design products, services, and environments that are suitable for all people including senior citizens. Part of the study will continue another five years, supported by a Grant-in-Aid for Scientific Research, JSPS.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 障がいの理解と支援

    早稲田大学グローバルエデュケーションセンター  

  • 加齢人間工学

    早稲田大学 人間科学学術院  

  • 人間特性の計測と応用

    東京大学 文学部  

  • 福祉情報学

    上智大学大学院 理工学研究科  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年01月
    -
    継続中

    ISO/TC 173/SC 7, Assistive products for persons with impaired sensory functions(感覚機能障害のある人のための福祉用具)  議長 (Chair)

  • 2015年06月
    -
    継続中

    日本音響学会  評議員・元理事

  • 2014年06月
    -
    継続中

    日本騒音制御工学会  元評議員

  • 2010年10月
    -
    継続中

    総務省 公害等調整委員会  専門委員

  • 2010年10月
    -
    継続中

    ISO/TC 159/SC 4/WG 10, Accessible design for consumer products(消費生活用製品のアクセシブルデザイン)  主査(コンビーナ,Convenor)

全件表示 >>