神前 裕 (コウサキ ユタカ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

准教授

ホームページ

http://researchers.waseda.jp/profile/ja.f9878aeddcf167b1b90d7067a4738929.html

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2008年11月

    University of Cambridge,   Department of Experimental Psychology (PhD)  

学位 【 表示 / 非表示

  • University of Cambridge   PhD

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学部   准教授

  • 2015年12月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学   先導研究センター   特任助教

  • 2014年04月
    -
    2015年11月

    慶應義塾大学   先導研究センター   研究員

  • 2011年11月
    -
    2014年03月

    Cardiff University,   School of Psychology,   Research Associate

  • 2008年11月
    -
    2011年10月

    Durham University,   Department of Psychology,   Research Associate

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本神経科学学会

  •  
     
     

    日本動物心理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 実験心理学   学習理論

  • 神経科学一般   行動神経科学

  • 神経科学一般   行動神経科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • パヴロフ型条件づけ

  • 道具的条件づけ

  • 空間学習

  • 複数記憶システム

  • 刺激-反応習慣

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Spontaneous object-location memory based on environmental geometry is impaired by both hippocampal and dorsolateral striatal lesions

    Steven L. Poulter, Yutaka Kosaki, David J. Sanderson, Anthony McGregor

    Brain and Neuroscience Advances ( SAGE Publications )  4   239821282097259 - 239821282097259  2020年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We examined the role of the hippocampus and the dorsolateral striatum in the representation of environmental geometry using a spontaneous object recognition procedure. Rats were placed in a kite-shaped arena and allowed to explore two distinctive objects in each of the right-angled corners. In a different room, rats were then placed into a rectangular arena with two identical copies of one of the two objects from the exploration phase, one in each of the two adjacent right-angled corners that were separated by a long wall. Time spent exploring these two objects was recorded as a measure of recognition memory. Since both objects were in different locations with respect to the room (different between exploration and test phases) and the global geometry (also different between exploration and test phases), differential exploration of the objects must be a result of initial habituation to the object relative to its local geometric context. The results indicated an impairment in processing the local geometric features of the environment for both hippocampus and dorsolateral striatum lesioned rats compared with sham-operated controls, though a control experiment showed these rats were unimpaired in a standard object recognition task. The dorsolateral striatum has previously been implicated in egocentric route-learning, but the results indicate an unexpected role for the dorsolateral striatum in processing the spatial layout of the environment. The results provide the first evidence that lesions to the hippocampus and dorsolateral striatum impair spontaneous encoding of local environmental geometric features.

    DOI

  • Spatial inference without a cognitive map: the role of higher‐order path integration

    Youcef Bouchekioua, Aaron P. Blaisdell, Yutaka Kosaki, Iku Tsutsui‐Kimura, Paul Craddock, Masaru Mimura, Shigeru Watanabe

    Biological Reviews ( Wiley )   2020年09月  [査読有り]

    DOI

  • En route to delineating hippocampal roles in spatial learning.

    Poulter, S, Austen, J. M, Kosaki, Y, Dachtler, J, Lever, C, McGregor, A

    Behavioural Brain Research   369 ( online first publication )  2019年  [査読有り]

  • The response strategy and the place strategy in a plus‐maze have different sensitivities to devaluation of expected outcome.

    Kosaki, Y, Pearce, J. M, McGregor, A

    Hippocampus ( John Wiley and Sons Inc. )  28 ( 7 ) 484 - 496  2018年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Previous studies have suggested that spatial navigation can be achieved with at least two distinct learning processes, involving either cognitive map-like representations of the local environment, referred to as the “place strategy”, or simple stimulus-response (S-R) associations, the “response strategy”. A similar distinction between cognitive/behavioral processes has been made in the context of non-spatial, instrumental conditioning, with the definition of two processes concerning the sensitivity of a given behavior to the expected value of its outcome as well as to the response-outcome contingency (“goal-directed action” and “S-R habit”). Here we investigated whether these two versions of dichotomist definitions of learned behavior, one spatial and the other non-spatial, correspond to each other in a formal way. Specifically, we assessed the goal-directed nature of two navigational strategies, using a combination of an outcome devaluation procedure and a spatial probe trial frequently used to dissociate the two navigational strategies. In Experiment 1, rats trained in a dual-solution T-maze task were subjected to an extinction probe trial from the opposite start arm, with or without prefeeding-induced devaluation of the expected outcome. We found that a non-significant preference for the place strategy in the non-devalued condition was completely reversed after devaluation, such that significantly more animals displayed the use of the response strategy. The result suggests that the place strategy is sensitive to the expected value of the outcome, while the response strategy is not. In Experiment 2, rats with hippocampal lesions showed significant reliance on the response strategy, regardless of whether the expected outcome was devalued or not. The result thus offers further evidence that the response strategy conforms to the definition of an outcome-insensitive, habitual form of instrumental behavior. These results together attest a formal correspondence between two types of dual-process accounts of animal learning and behavior.

    DOI

  • Striatonigral direct pathway activation is sufficient to induce repetitive behaviors

    Youcef Bouchekioua, Iku Tsutsui-Kimura, Hiromi Sano, Miwako Koizumi, Kenji F. Tanaka, Keitaro Yoshida, Yutaka Kosaki, Shigeru Watanabe, Masaru Mimura

    Neuroscience Research ( Elsevier Ireland Ltd )  132   53 - 57  2018年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Pharmacological intervention in the substantia nigra is known to induce repetitive behaviors in rodents, but a direct causal relationship between a specific neural circuit and repetitive behavior has not yet been established. Here we demonstrate that optogenetic activation of dopamine D1 receptor-expressing MSNs terminals in the substantia nigra pars reticulata resulted in sustained and chronic repetitive behaviors. These data show for the first time that activation of the striatonigral direct pathway is sufficient to generate motor stereotypies.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Evolutionary Origin of Empathy and Inequality Aversion. In S. Watanabe, M. Hofman, & T. Shimizu (Eds.), Evolution of the Brain, Cognition, and Emotion in Vertebrates

    Shigeru Watanabe, Yutaka Kosaki( 担当: 分担執筆,  担当範囲: pp. 273-299)

    Springer, Tokyo  2017年

  • Cognitive functions of the medial prefrontal cortex in rats. In S. Watanabe (Ed.), Comparative Analysis of Mind.

    Yutaka Kosaki( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Chapter 4. (pp. 73-98))

    Keio University Press (Tokyo)  2004年

Misc 【 表示 / 非表示

  • IP005 レバー位置弁別の連続獲得におけるラット海馬 : 内側前頭前野系の役割

    神前 裕, 渡辺 茂

    動物心理学研究 ( 日本動物心理学会 )  53 ( 2 )  2003年12月

    CiNii

  • P-2-4 空間弁別学習の反復獲得課題におけるラット内側前頭前野,帯状皮質吻側部,および帯状皮質尾側部損傷の効果

    神前 裕, 渡辺 茂

    動物心理学研究 ( 日本動物心理学会 )  52 ( 2 )  2002年12月

    CiNii

  • メタンフェタミン条件性場所選好の獲得および表出に対する側坐核および前頭前野内ハロペリドール投与の効果

    神前 裕, 池田 元子, 渡辺 茂

    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   22 ( 6 )  2002年12月

    CiNii

受賞 【 表示 / 非表示

  • 印東太郎賞

    2018年  

    受賞者: 神前裕

  • 早稲田リサーチアワード(国際研究発信力)

    2018年  

    受賞者: 神前裕

  • 日本基礎心理学会優秀論文賞

    2016年  

    受賞者: 藤巻峻, 新保彰大, 松井大, 時暁聴, 神前裕

  • 中島記念国際交流財団 日本人留学生奨学金

    2004年  

    受賞者: 神前裕

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 随意行動の消去に関する連合学習およびシステム神経科学的検証

    研究期間:

    2019年
    -
    2021年
     

    神前裕

    担当区分: 研究代表者

  • 負の強化メカニズムを通じた薬物依存形成の行動神経薬理学的検討

    研究期間:

    2018年
    -
    2021年
     

    神前裕

    担当区分: 研究代表者

  • 目的的行動から習慣行動への遷移を支える微視的理論と依存研究への応用

    研究期間:

    2018年
    -
    2021年
     

    澤幸祐

  • 事象間の随伴性と接近性に依存する学習の行動神経薬理学的メカニズムの検討

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    神前裕

    担当区分: 研究代表者

  • 目的的行動におけるラット前帯状皮質の役割の検討

    研究期間:

    2014年08月
    -
    2016年03月
     

    神前裕

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • What we talk about when we talk about conditioning

    神前裕  [招待有り]

    第5回 印東太郎賞 受賞記念講演  

    発表年月: 2018年10月

  • 薬物依存と連合過程の変容について

    神前裕  [招待有り]

    薬物・精神・行動の会  

    発表年月: 2018年10月

  • マウスにおける薬物条件づけ:メタンフェタミンをUSとした複合条件づけにおける場所選好と匂い嫌悪の並立獲得

    神前裕  [招待有り]

    日本心理学会第82回大会  

    発表年月: 2018年09月

  • メタンフェタミンをUSとした複合条件づにおいて同時に獲得される場所選好と匂い嫌悪: 薬物依存の心理学的プロセスに対する考察

    神前裕  [招待有り]

    平成30年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会  

    発表年月: 2018年09月

  • 空間的学習と非空間的学習の接点:学習理論の一般性について

    神前裕  [招待有り]

    第23回CAPS研究会(関西学院大学)  

    発表年月: 2018年01月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • ラットを用いた依存形成の行動メカニズムについての実験的検討

    2018年  

     概要を見る

    薬物やギャンブルへの依存の行動メカニズムを検証するためラット・マウスを用いて実験を行なった。実験1では、レバー押し行動と報酬との間の随伴性を変化させた際に、覚せい剤を慢性事前投与された群では随伴性追従の程度が低下することを示した。実験2では、マウスを用いて覚せい剤またはニコチンの投与がギャンブル用行動に与える影響をオペラント課題において検証した。反応に対して報酬が一定の割合で与えられる選択肢よりも、反応に対して変動する割合で報酬が与えられる選択肢に対する選好がニコチン投与により増加することが確認された。本研究課題により、依存形成のメカニズム解明に向けて重要なデータを得ることができた。

  • 自閉症モデル系統マウスにおける随意行動と結果との随伴性に対する感受性の検討

    2017年  

     概要を見る

    自閉症スペクトラム障害の基礎的メカニズムとして、事象間の随伴性判断に障害が見られるか、マウスモデルを用いて検討した。道具的条件づけ手続きを用い、レバー押し行動と餌報酬との間の随伴性を操作し、随伴性操作に対する行動の感受性を自閉症モデル系統のBTBT T+/tfマウスと標準的なC57BL/6マウスにて比較した。実験1・2において、異なる種類の強化子を用いてレバー押しを訓練したが、いずれにおいても、 C57系統に比べ、BTBR系統では 訓練に用いた間欠強化スケジュールでの要求反応比率を上昇させると反応が維持されなくなり、安定した反応率を維持する事が出来なかった。実験3ではFR3での最小限の訓練後、強化子低価値化手続きを用いて、行動に伴う結果表象の有無を検証した。BTBR系統では低価値化の効果が傾向として認められたが、統制群であるC57系統で低価値化効果が見られなかった。いずれの実験においても、実験手続きの更なる改良が必要であることが明らかになった。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 心理学演習(実習)

    早稲田大学  

  • 学習心理学

    早稲田大学  

  • 学習と記憶

    国立障害者リハビリテーションセンター学院  

  • Biological Basis of Mind and Behaviour (in English)

    国際基督教大学(ICU)  

  • 心理学概論

    早稲田大学  

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
    -
    継続中

    日本動物心理学会  「動物心理学研究」編集幹事