伊川 健二 (イガワ ケンジ)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年

    東京大学   Graduate School, Division of Humanities and Social Sciences   Japanese Culture  

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    東京大学   大学院人文社会系研究科   日本文化研究専攻 博士課程  

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京大学   大学院人文社会系研究科   日本文化研究専攻 修士課程  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    東京大学   文学部   歴史文化学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   学士(文学)

  • 東京大学   修士(文学)

  • 東京大学   博士(文学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    2017年03月

    成城大学 共通教育研究センター   非常勤講師

  • 2011年09月
    -
    2012年08月

    ロンドン大学   東洋アフリカ研究学院   客員研究員

  • 2009年08月
    -
    2011年08月

    大阪大学   文学研究科   准教授

  • 2011年02月
    -
    2011年03月

    グローニンゲン大学   客員准教授

  • 2003年04月
    -
    2006年03月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員(PD)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    スペイン史学会

  • 1999年11月
    -
    継続中

    日本古文書学会

  • 1994年11月
    -
    継続中

    歴史学研究会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本中近世対外関係史

  • 南蛮

  • 天正遣欧使節

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 東アジア海域から眺望する世界史 : ネットワークと海域

    鈴木, 英明( 担当: 共著,  担当範囲: 16世紀前半における中国島嶼部交易の不安と安定)

    明石書店  2019年10月 ISBN: 9784750349077

  • 世界史のなかの天正遣欧使節

    伊川, 健二( 担当: 単著)

    吉川弘文館  2017年10月 ISBN: 9784642083256

  • 日本銃砲の歴史と技術

    宇田川, 武久( 担当: 共著,  担当範囲: 鉄砲伝来伝説の系譜(29-50))

    雄山閣  2013年09月 ISBN: 9784639022763

  • イタリア史料の収集および整理による中近世移行期日本史像の再検討

    伊川 健二( 担当: 単著)

    平成22年~24年度 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B、課題番号:22720244)  2013年03月

  • 大航海時代の東アジア : 日欧通交の歴史的前提

    伊川, 健二( 担当: 単著)

    吉川弘文館  2007年12月 ISBN: 9784642028714

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 講演会等報告

    伊川 健二

    多元文化   ( 10 ) 99 - 102  2021年03月

    会議報告等  

  • はがき通信

    伊川健二

    日本歴史   ( 870 ) 127 - 128  2020年11月

  • 国際シンポジウム 南蛮史料研究の新地平

    伊川健二

    WASEDA RILAS JOURNAL   ( 8 ) 313  2020年10月

    会議報告等  

  • 編集後記

    伊川健二

    史観   ( 183 )  2020年09月

  • 令和2年度の幕開けにあたって

    伊川健二

    多元文化論系 ニューズレター   ( 5 ) 7 - 8  2020年07月

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 南欧史料調査

    2006年10月
    -
     

  • 南欧史料調査

    2005年12月
    -
    2006年01月

  • Document Search in South Europe

    2006年
    -
     

  • Document Search in South Europe

    2005年
    -
     

  • インド史料調査・踏査

    2004年11月
    -
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本歴史学会賞

    2001年07月   日本歴史学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ルイス・フロイスによる日本情報に関する総合的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    伊川 健二, 岡本 真

    担当区分: 研究代表者

  • 最新の研究成果にもとづく大学教養課程用世界史教科書の作成

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    桃木至朗

  • 前近代東アジアの外交と異文化接触

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2014年03月
     

    村井章介

  • 都市社会構造と観光活動

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    三枝暁子

  • イタリア史料の収集および整理による中近世移行期日本史像の再検討

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    伊川 健二

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 国性爺合戦にみる異国観

    伊川健二  [招待有り]

    第十二屆東亞人文學論壇   (國立臺灣大學(遠隔開催))  國立臺灣大學文學院  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     

     概要を見る

    『国性爺合戦(Kokusen’ya kassen)』は、正徳5年(1715)に大坂竹本座で初演された浄瑠璃、すなわち人形劇の名称である。その主人公は、国姓爺(Koxinja)とも呼ばれた鄭成功(ZHENG Chenggong)である。本報告では、この作品にみられる異国観について、テキストから読み取れる像と、中国側の歴史史料などとの比較の観点から検討する。従来、ナショナリズムに近い印象で捉えられたこともある世界観は、作品を詳細に読み解くことで、それとは違ったものにみえてくるのではないだろうか。東アジアの激動を、それに近い時期の日本がどのように受け止めたのかについて考えてみたい。

  • 天正遣欧使節の史料学

    伊川 健二

    国際シンポジウム 南蛮史料研究の新地平   (早稲田大学戸山キャンパス33号館3階 第1会議室)  早稲田大学総合人文学研究センター「トランスナショナル社会と日本文化」研究部門  

    発表年月: 2020年01月

  • 寧波とリャンポー

    伊川 健二  [招待有り]

    全球视野下的浙江与日本文化交流史国际学术研讨会   (寧波大学人文与伝媒学院104室)  寧波大学人文与伝媒学院、寧波大学浙東文化研究院、寧波大学浙東文化与海外華人研究院、スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点、早稲田大学総合人文科学研究センター 角田柳作記念国際日本学研究所  

    発表年月: 2019年09月

  • 西村天囚と南蛮の時代

    伊川 健二  [招待有り]

    歴史シンポジウム 種子島と東アジア海域   (種子島あらきホテル)  名桜大学総合研究所, 西之表市  

    発表年月: 2019年03月

  • 地域に生き世界に伸びる 天正遣欧使節

    伊川 健二  [招待有り]

    大阪大学歴史教育研究会 第118回例会   (大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館2階会議室)  大阪大学歴史教育研究会  

    発表年月: 2019年01月

     概要を見る

    天正遣欧使節は、日本の出身者でありながら16世紀のヨーロッパを訪れ、じつはその任をインドで終えた、伊東マンショを中心とした一団である。彼らがはじめてヨーロッパを訪れた日本人であるとの説明があるが、事実ではない。彼らの歴史的意義ははじめてであることではなく、日欧文化の対話の記録をヨーロッパにとどめたことにあるだろう。また、彼らが持ち帰った知識は、当時の日本に若干の影響を与えるとともに、明治以降に南蛮ブームを引き起こすことになる。また、その記憶は禁教の時を経て、各地域の関心を醸成することになる。限られた時間ではあるが、天正遣欧使節のグローバルな側面とローカルな側面を具体的な素材に即して概観し、日本史と世界史の接続について考えてみたい。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 天正遣欧使節のパンフレット情報収集にむけての基礎的研究

    2018年  

     概要を見る

    2018年8月26日から9月6日におこなわれたヴェネツィアおよびミラノ出張に際しては、関連パンフレットの調査を実施し、複写を入手した。ヴェネツィアでは、8月27日から29日の3日間、マルチャーナ国立図書館(Biblioteca Nazionale Marciana)およびコッレール美術館(Museo Correr)(図書館部門)においてパンフレットの調査をおこない、8月30日、31日の両日はヴェネツィア国立公文書館(Archivio di Stato di Venezia)において天正・慶長両遣欧使節関係の古文書の調査を実施した。同館での調査成果の一部は、論文「近代における天正遣欧使節の再発見」、とりわけ68頁の図版などに反映させた。ミラノでは、9月3日にミラノ国立公文書館(Archivio di Stato di Milano)で天正遣欧使節に関する古文書調査を、ブライデンセ国立図書館(Biblioteca Nazionale Braidense)ではパンフレットの調査をおこなった。9月4日にはトリヴルツィアーナ図書館(Biblioteca Trivulziana)において1件のパンフレットの調査をおこなった。

  • 16-17世紀日本に関する南欧語書籍情報の系統化にむけての研究

    2018年  

     概要を見る

    2018年7月7日の研究発表「フロイス史料研究事始」(多元文化学会)では、先行研究、あるいはポルトガルなどで刊行された目録などの関係情報を整理し、写本、翻刻、邦訳を対照させる際の問題点を指摘した。2018年8月16日から8月26日におこなわれたリスボン出張に際しては、ルイス・フロイス『日本史』の写本を所蔵するポルトガル国立図書館(Biblioteca Nacional de Portugal)、アジュダ図書館(Biblioteca da Ajuda)、海外領土史文書館(Arquivo Historico Ultramarino)における調査を実施し、複写を入手した。また、ポルトガル国立図書館では、上記のほか2冊の天正遣欧使節に関わるパンフレットを調査し、複写を入手した。論文「フロイス史料研究事始」(『多元文化』8)は、上記の現地調査の内容を踏まえ、リスボン所在の6件の写本と翻刻本、そして邦訳の対応関係を表にして、多くの研究者に理解可能な形式で提示したはじめての成果とすることができた。

  • グローバリゼーションの史的起源に関する国際的研究

    2017年  

     概要を見る

    The main purpose of this research was toattend 15th International Conference of the European Association for JapaneseStudies at the New University of Lisbon (30 Aug. – 2 Sep. 2017,) and exchangeopinion about the origin of ‘globalization.’ My topic was ‘Simplifieddiscussion about “Tanegashima”, where is the place of the encounter between thePortuguese and the Japanese,’ in a panel entitled ‘Interconnecting (hi)stories:Reconsidering Japan and Maritime Asia in Sixteenth and Seventeenth Centuries,’organised by KAWATO Takashi. The ‘the encounter between the Portuguese and theJapanese’ happened in the middle of 1550’s. The Portuguese maritime expansion tothe Orient confronted the final stage with this connection. In this sense, itcan be considered as the origin of ‘globalization.’ However some problems arestill left without solving. Can we really interprete it in this way? How wasthe concrete image of their encounter? As issues for the future, I intended toshare knowldge about this topic.A small literature search at ArquivoNacional Torre do Tombo followed the attendance to the Conference. Althoughthis archives open great amout of document in public on their internet site,some documents about the seedtime of Macao are not yet.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本古文書学会  理事・運営委員長(事務局長)

  • 2012年10月
    -
    2014年09月

    スペイン史学会  委員

  • 2001年05月
    -
    2002年05月

    歴史学研究会  中世史部会運営委員会 副委員長

  • 2000年05月
    -
    2001年03月

    歴史学研究会  中世史部会運営委員会 会計

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • ワールドワイド オブ タカラヅカ

    新聞・雑誌

    宝塚クリエイティブアーツ   歌劇1130号  

    pp.148-151  

    2019年11月

  • 史書を訪ねて

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    読売新聞社   夕刊 読売新聞  

    p.5  

    2019年06月

  • この著者に注目!

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    歴史街道通巻357号  

    p.114  

    2017年12月

  • 西方見聞録

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    朝日新聞社   朝日新聞 第2長崎版  

    p.34  

    2006年12月

  • 友の会会員プロフィール

    会誌・広報誌

    執筆者: 本人以外  

    科学博物館後援会   国立科学博物館ニュース第200号  

    p.11  

    1985年11月