IGAWA, Kenji

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Education 【 display / non-display

  • 1999.04
    -
    2003.03

    The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology   Doctor Course, The Division of Japanese Studies  

  • 1997.04
    -
    1999.03

    The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology   Master Course, The Division of Japanese Studies  

  • 1995.04
    -
    1997.03

    The University of Tokyo   Faculty of Letters   Japanese History  

  • 1993.04
    -
    1995.03

    The University of Tokyo   College of Arts and Sciences   Human Sciences III  

Degree 【 display / non-display

  • 2006.04   The University of Tokyo   Doctor of Arts

  • 1999.03   The University of Tokyo   Master of Arts

  • 1997.03   The University of Tokyo   Bachelor of Arts

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    International Research Center for Japanese Studies   Team Researcher

  • 2013.09
    -
    2017.03

    Seijo University   Center for General Education   Lecturer

  • 2011.09
    -
    2012.08

    University of London   School of Oriental and African Studies   Visiting Scholar

  • 2009.08
    -
    2011.08

    Osaka University   Graduate School of Letters   Associate Professor

  • 2011.02
    -
    2011.03

    University of Groningen   Guest Associate Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 2005.04
    -
    Now

    Sociedad Japonesa de Historia de Espana

  • 1999.11
    -
    Now

    Society for the Study of Diplomatics in Japan

  • 1994.11
    -
    2020.05

    the Historical Science Society of Japan

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Japanese history

Research Interests 【 display / non-display

  • Namban

  • The First Japanese Mission to Europe

  • Interregional Relations centering Japan in the 13-17th Century

Papers 【 display / non-display

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Cruces y áncoras : la influencia de Japón y España en un Siglo de Oro global

    折井, 善果, Zamora Calvo, María Jesús( Part: Joint author, LA «OBEDIENCIA≫ DE LA PRIMERA EMBAJADA DE JAPÓN EN EUROPA)

    Abada Editores  2020.10 ISBN: 9788417301743

  • 東西中世のさまざまな地平 : フランスと日本の交差するまなざし

    江川, 温, Smith, Marc H, 田邉, めぐみ, Wijsman, Henri Willem( Part: Joint author, 中世日本人の異国観)

    知泉書館  2020.06 ISBN: 9784862853172

  • 東アジア海域から眺望する世界史 : ネットワークと海域

    鈴木, 英明( Part: Joint author, 16世紀前半における中国島嶼部交易の不安と安定)

    明石書店  2019.10 ISBN: 9784750349077

  • 近代人文学はいかに形成されたか : 学知・翻訳・蔵書

    甚野, 尚志, 河野, 貴美子, 陣野, 英則( Part: Joint author, 近代における天正遣欧使節の再発見)

    勉誠出版  2019.02 ISBN: 9784585200680

  • The First Japanese Mission to Rome from Viewpoint of Global Intellectual History

    IGAWA Kenji( Part: Sole author)

    Yoshikawa kobunkan  2017.10 ISBN: 9784642083256

display all >>

Misc 【 display / non-display

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Prize of the Society of Japanese History

    2001.07  

Research Projects 【 display / non-display

  • Comprehensive Research about Luis Frois's descriptions concerning Japan

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    Authorship: Principal investigator

  • Review of the image of Japan in the sixteenth and seventeenth centuryfrom perspective of Italian sources

    Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    Project Year :

    2010
    -
    2012
     

    IGAWA Kenji

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    This project had focused on Italian historical sources concerning Japan in sixteenth and seventeenth century. The documental research had been realizedin some libraries, and archives of Rome (including Vatican City), Florence, Venice, and Milan, and some unknown information had been confirmed. In addition to them, the report of the project includes the same kind of data in the British Library in London.

  • 中近世日朝交流史の学際的研究

    Project Year :

    2010.07
    -
    2011.03
     

    伊川 健二

    Authorship: Principal investigator

  • 15-17世紀の日本における使節・商人・宣教師と国際交渉

    特別研究員奨励費

    Project Year :

    2003
    -
    2005
     

    伊川 健二

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    平成17年度は、前2年間における研究情報の蓄積を前提として、その公表にむけた作業を中心に研究作業をおこなった。
    下記11「研究発表」に記載のほか、スペイン史学会月例会、対外史研究会などにおいて口頭報告をおこなった。12月にはリスボン国立古美術館(Museu Nacional Arte Antiga)における「日本に関するポルトガルシンポジウム(Presenca no Japao)」に出席をし、報告をおこなった。その概要は「研究発表」図書欄に記載の「A Presenca Portuguesano Japao nos seculos XVI e XVII」において英文で公表をしている。
    上記シンポジウム出席のため、ポルトガルに渡航をし、リスボンのトーレ・ド・トンボ国立文書館、ヴィラ・ヴィソーザ(Vila Vicosa)のドン・マヌエル2世図書館において文献調査をおこなった。前者においては香料貿易・初期中葡関係史料の複写、後者においてはイエズス会士書簡の古刊本を閲覧した。このほかミラノにおいても文献調査を予定していたが、調査予定機関がすべて休業中であったため、実施には至らず、関係書籍の購入、ジェノヴァ・パヴィアの踏査に終止した。
    本年度は博士学位申請論文『大航海時代の三国世界』を執筆、提出した。従前から作成を継続してきたアジア関係欧文史料データベースのうち、日本に関係する既刊史料を「日本関係既刊欧文書簡一覧」として末尾に付した。

  • 信仰の世界地図――長崎26聖人信仰の視覚化とその伝播をめぐって――

    Project Year :

    2020.08
    -
    2022.07
     

    Authorship: Other

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Views on Foreign Countries seen in Kokusen’ya kassen

    IGAWA Kenji  [Invited]

    the Twelfth East Asia Forum on Humanities 

    Presentation date: 2020.11

    Event date:
    2020.11
     
     

     View Summary

    Kokusen’ya kassen国性爺合戦 is a playbook for jōruri浄瑠璃, or puppet show played in Takemoto za theater 竹本座, Osaka, 1715 for the first time. The protagonist is ZHENG Chenggong 鄭成功 (1624-1662), who was also called Koxinja国姓爺. This presentation intends to consider the views on foreign countries seen in the playbook from viewpoint of comparison with Chinese historical sources. The image has sometimes been understood as an expression of nationalism. However is it impossible to rethink this understanding with reading the text more concretely? I would like to look up and share the new image how the Japanese comprehended the contemporary dynamist in the East Asian region.

  • Classification of Historical Sources about the First Japanese Mission to Rome

    IGAWA Kenji

    International Symposium: Newer Stage for Namban Historical Source Studies  (Conference Room 1, 3rd floor, Bldg.33, Toyama Campus, Waseda University)  Transnational Society and Japanese Culture, Waseda RILAS

    Presentation date: 2020.01

  • 寧波とリャンポー

    伊川 健二  [Invited]

    全球视野下的浙江与日本文化交流史国际学术研讨会  (寧波大学人文与伝媒学院104室)  寧波大学人文与伝媒学院、寧波大学浙東文化研究院、寧波大学浙東文化与海外華人研究院、スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点、早稲田大学総合人文科学研究センター 角田柳作記念国際日本学研究所

    Presentation date: 2019.09

  • 西村天囚と南蛮の時代

    伊川 健二  [Invited]

    歴史シンポジウム 種子島と東アジア海域  (種子島あらきホテル)  名桜大学総合研究所, 西之表市

    Presentation date: 2019.03

  • 地域に生き世界に伸びる 天正遣欧使節

    伊川 健二  [Invited]

    大阪大学歴史教育研究会 第118回例会  (大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館2階会議室)  大阪大学歴史教育研究会

    Presentation date: 2019.01

     View Summary

    天正遣欧使節は、日本の出身者でありながら16世紀のヨーロッパを訪れ、じつはその任をインドで終えた、伊東マンショを中心とした一団である。彼らがはじめてヨーロッパを訪れた日本人であるとの説明があるが、事実ではない。彼らの歴史的意義ははじめてであることではなく、日欧文化の対話の記録をヨーロッパにとどめたことにあるだろう。また、彼らが持ち帰った知識は、当時の日本に若干の影響を与えるとともに、明治以降に南蛮ブームを引き起こすことになる。また、その記憶は禁教の時を経て、各地域の関心を醸成することになる。限られた時間ではあるが、天正遣欧使節のグローバルな側面とローカルな側面を具体的な素材に即して概観し、日本史と世界史の接続について考えてみたい。

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 天正遣欧使節のパンフレット情報収集にむけての基礎的研究

    2018  

     View Summary

    2018年8月26日から9月6日におこなわれたヴェネツィアおよびミラノ出張に際しては、関連パンフレットの調査を実施し、複写を入手した。ヴェネツィアでは、8月27日から29日の3日間、マルチャーナ国立図書館(Biblioteca Nazionale Marciana)およびコッレール美術館(Museo Correr)(図書館部門)においてパンフレットの調査をおこない、8月30日、31日の両日はヴェネツィア国立公文書館(Archivio di Stato di Venezia)において天正・慶長両遣欧使節関係の古文書の調査を実施した。同館での調査成果の一部は、論文「近代における天正遣欧使節の再発見」、とりわけ68頁の図版などに反映させた。ミラノでは、9月3日にミラノ国立公文書館(Archivio di Stato di Milano)で天正遣欧使節に関する古文書調査を、ブライデンセ国立図書館(Biblioteca Nazionale Braidense)ではパンフレットの調査をおこなった。9月4日にはトリヴルツィアーナ図書館(Biblioteca Trivulziana)において1件のパンフレットの調査をおこなった。

  • 16-17世紀日本に関する南欧語書籍情報の系統化にむけての研究

    2018  

     View Summary

    2018年7月7日の研究発表「フロイス史料研究事始」(多元文化学会)では、先行研究、あるいはポルトガルなどで刊行された目録などの関係情報を整理し、写本、翻刻、邦訳を対照させる際の問題点を指摘した。2018年8月16日から8月26日におこなわれたリスボン出張に際しては、ルイス・フロイス『日本史』の写本を所蔵するポルトガル国立図書館(Biblioteca Nacional de Portugal)、アジュダ図書館(Biblioteca da Ajuda)、海外領土史文書館(Arquivo Historico Ultramarino)における調査を実施し、複写を入手した。また、ポルトガル国立図書館では、上記のほか2冊の天正遣欧使節に関わるパンフレットを調査し、複写を入手した。論文「フロイス史料研究事始」(『多元文化』8)は、上記の現地調査の内容を踏まえ、リスボン所在の6件の写本と翻刻本、そして邦訳の対応関係を表にして、多くの研究者に理解可能な形式で提示したはじめての成果とすることができた。

  • グローバリゼーションの史的起源に関する国際的研究

    2017  

     View Summary

    The main purpose of this research was toattend 15th International Conference of the European Association for JapaneseStudies at the New University of Lisbon (30 Aug. – 2 Sep. 2017,) and exchangeopinion about the origin of ‘globalization.’ My topic was ‘Simplifieddiscussion about “Tanegashima”, where is the place of the encounter between thePortuguese and the Japanese,’ in a panel entitled ‘Interconnecting (hi)stories:Reconsidering Japan and Maritime Asia in Sixteenth and Seventeenth Centuries,’organised by KAWATO Takashi. The ‘the encounter between the Portuguese and theJapanese’ happened in the middle of 1550’s. The Portuguese maritime expansion tothe Orient confronted the final stage with this connection. In this sense, itcan be considered as the origin of ‘globalization.’ However some problems arestill left without solving. Can we really interprete it in this way? How wasthe concrete image of their encounter? As issues for the future, I intended toshare knowldge about this topic.A small literature search at ArquivoNacional Torre do Tombo followed the attendance to the Conference. Althoughthis archives open great amout of document in public on their internet site,some documents about the seedtime of Macao are not yet.

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 文化構想学部 選択基礎演習 2 南蛮史料学へのいざない

    早稲田大学・文化構想学部  

    2021.09
    -
    Now
     

  • 日本文化史ゼミ

    早稲田大学・文化構想学部  

    2017.04
    -
    Now
     

  • 日本史学演習1-1 近世日本と対外交流

    早稲田大学・大学院文学研究科  

    2020.05
    -
    2020.07
     

  • 日本列島の人類史 天正遣欧使節とその時代

    早稲田大学・文学部  

    2018.10
    -
    2019.01
     

  • 多元文化論系演習(海域文化交流史) ルイス・フロイス『日本史』を日本語でよむ・第1期

    早稲田大学・文化構想学部  

    2018.06
    -
    2018.07
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Society for the Study of Diplomatics in Japan  Director, Secretary General

  • 2020.03
    -
    Now

    Nishinoomote City History Compilation Committee  Sectional member for Medieval History

  • 2012.10
    -
    2014.09

    Sociedad Japonesa de Historia de Espana  Committee Member

  • 2001.05
    -
    2002.05

    the Historical Science Society of Japan  Vice Chairperson, section of medieval ages of Japan

  • 2000.04
    -
    2002.03

    Ina Town, Ibaraki Prefecture  Assistant, Expert Committee of Ina Town History Compilation

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

display all >>

Academic Activities 【 display / non-display

display all >>