2022/01/20 更新

写真a

ミヤタ ヒロミツ
宮田 裕光
所属
文学学術院 文化構想学部
職名
教授
プロフィール

心理学の調査、実験、介入研究の方法を用いて、ヨーガ・瞑想、武道、笑いヨガ、速読、養生法、伝統芸能、マインドフルネスといった、主に東洋の伝統的な実践による心身変容とその機序について研究しています。具体的には、こうした実践とマインドフルネス傾向や内受容感覚への気づき、心理的健康度といった、心理的、生理的機能との関連の研究などが挙げられます。研究方法としては、心理測定尺度、自律神経活動計測、行動実験、臨床的介入などとそれらの組み合わせを、目的に応じて用いています。

またこれまでには、鳥類 (ハト、ミヤマオウム) やヒト幼児、成人のプランニング (計画立案) 能力を、PC画面上のナビゲーション行動を用いた迷路課題や巡回セールスマン課題、鍵開け課題などによる行動実験で検討する研究も行ってきました。ヒトの洞察的問題解決における無意識的過程に関する実験研究も行いました。近赤外線分光法 (NIRS) による脳機能計測や視線計測 (Tobii eye-tracker) も用いています。

学歴

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    京都大学   大学院文学研究科   行動文化学専攻 心理学専修 博士後期課程  

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    京都大学   大学院文学研究科   行動文化学専攻 心理学専修 修士課程  

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    京都大学   文学部   人文学科 行動・環境文化学系 心理学専修  

学位

  • 2009年03月   京都大学   博士(文学)

  • 2006年03月   京都大学   修士(文学)

  • 2004年03月   京都大学   学士(文学)

経歴

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   教授

  • 2016年09月
    -
    継続中

    一般財団法人日本生涯学習総合研究所   客員研究員

  • 2014年04月
    -
    継続中

    青山学院大学   教育人間科学部   非常勤講師

  • 2017年
    -
    2019年

    早稲田大学   文学学術院   准教授

  • 2014年
    -
    2017年

    青山学院大学   ヒューマン・イノベーション研究センター   客員研究員

  • 2014年
    -
    2016年

    東京大学   大学総合教育研究センター   准教授

  • 2013年
    -
    2014年

    青山学院大学   ヒューマン・イノベーション研究センター   助教

  • 2013年
    -
    2014年

    名古屋大学   大学院情報科学研究科   客員准教授

  • 2012年
    -
    2013年

    国立研究開発法人科学技術振興機構   ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクト   研究員 (名古屋大学 大学院情報科学研究科)

  • 2009年
    -
    2012年

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員PD (慶應義塾大学 大学院社会学研究科)

  • 2006年
    -
    2009年

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員DC1 (京都大学 大学院文学研究科)

  • 2004年
    -
    2005年

    京都大学   大学院文学研究科   ティーチングアシスタント

▼全件表示

所属学協会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本健康心理学会

  • 2015年09月
    -
    継続中

    日本情動学会

  • 2014年10月
    -
    継続中

    日本マインドフルネス学会

  • 2013年05月
    -
    継続中

    日本認知科学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    認知神経科学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    日本神経科学学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    北米神経科学学会

  • 2004年04月
    -
    継続中

    日本動物心理学会

  • 2004年04月
    -
    継続中

    日本心理学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 認知脳科学

  • 臨床心理学

  • 実験心理学

  • 認知科学

研究キーワード

  • 内受容感覚

  • ソマティック心理学

  • 思考

  • 瞑想

  • 神経可塑性

  • 熟達

  • 問題解決

  • 自律神経

  • 迷路

  • 巡回セールスマン問題

  • プランニング

  • ハト

  • 幼児

  • ミヤマオウム

  • 身体心理学

  • 心身論

  • 東洋的実践

  • マインドフルネス

  • ヨガ

  • 武道

  • 笑い

  • 速読

▼全件表示

論文

  • 剣術実践者におけるマインドフルネス特性と内受容感覚への気づき──予備的検討──

    宮田 裕光, 田野 真那佳, 金 法龍, 董 子玉, ロア 万莉

    マインドフルネス研究   6 ( 1 )  2021年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 東洋的心身観と心理学をめぐって

    宮田 裕光

    VOSS: Voice of Somatics & Somatic Psyhology   7   28 - 29  2021年03月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Mindfulness and psychological health in practitioners of Japanese martial arts: A cross-sectional study

    Hiromitsu Miyata, Daisuke Kobayashi, Akifumi Sonoda, Hibiki Motoike, Saki Akatsuka

    BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation   12 ( 1 ) 75  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Empirical data have suggested that mind-body practices that originated in Eastern traditions can cause desirable changes to psychological traits, the brain, somatic physiological functions, etc. Martial arts in Japan refer to the physical/mental practices that were developed based on historical combat techniques. Today, martial arts are considered activities that seek embodiment and/or mind-body unity, as well as sports. Empirical studies involving practitioners of Japanese martial arts to date remain scarce.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    We conducted a questionnaire survey using a cross-sectional design to examine whether the practice of martial arts based on Japanese traditions are associated with mindfulness and psychological health. Participants included a population of practitioners of martial arts with a practice period of 0.6–35.0 years, and non-practitioners matched for demographic variables.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    Compared with the non-practitioners, the practitioners of martial arts had significantly higher scores for mindfulness and subjective well-being and lower scores for depression. Among the practitioners of martial arts, a longer period of practice or a higher frequency of daily practice significantly predicted higher mindfulness and psychological health.


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    The results obtained are consistent with those previously obtained for other populations of Japanese contemplatives, and support the view that practice of multiple Eastern mind-body practices might be associated with similar desirable psychological outcomes. A cross-sectional design has limitations in that it is difficult to determine the effect of continued practice, so that a longitudinal study that follows the same practitioners over time is desired in the future enquiry.


    </sec>

    DOI

  • Impacts of reading habits on mindfulness and psychological status: A further analysis

    Hiromitsu Miyata

    WASEDA RILAS JOURNAL   8   207 - 218  2020年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 講義の冒頭における5分間瞑想が大学生の心理状態におよぼす効果

    石川遥至, 内川あかね, 風間菜帆, 鈴木美保, 宮田裕光

    マインドフルネス研究   5 ( 1 ) 1 - 12  2020年08月  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

  • 音楽知覚と運動主体感の生成過程との関連に関する一考察

    園田章文, 宮田裕光

    日本認知科学会テクニカルレポート   JCSS-TR-83   1 - 18  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

  • 痛みと心理的健康──6因子マインドフルネス尺度による調整効果の検討──

    宮田裕光

    青山心理学研究   20   印刷中  2020年  [国内誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • The Park-Sasaki method of speed-reading and mindfulness: A cross-sectional study

    Hiromitsu Miyata, Toyofumi Sasaki

    WASEDA RILAS JOURNAL   7   235 - 248  2019年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Short-term contemplative practices with vocalization alter psychological states in an unexperienced student sample

    宮田裕光

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   64   65 - 79  2019年03月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • A preliminary analysis on the autonomic nervous system activities during meditation by a yoga expert

    Hiromitsu Miyata

    Technical Report of the Japanese Cognitive Science Society   JCSS-TR-77   1 - 9  2018年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • How reading habits and smartphone usage relate to mindfulness and psychological status in a student sample: A pilot study

    宮田裕光

    青山心理学研究   18   9 - 18  2018年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Do subliminal hints facilitate sequential planning when solving a spatial insight problem?

    宮田裕光, 小田切史士, 鈴木宏昭

    青山心理学研究   17   47 - 56  2017年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Enhanced visual form and visuo-spatial processes in Japanese speed-reading experts: A preliminary analysis

    Hiromitsu Miyata, Shigeru Watanabe, Kazuhiro Ueda, Toyofumi Sasaki, Yasuyo Minagawa

    Technical Report of the Japanese Cognitive Science Society   JCSS-TR-74   1 - 13  2016年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Effects of reading time and speed on mindfulness and psychological status: Evidence from a Japanese sample

    宮田裕光

    青山心理学研究   16   45 - 54  2016年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Mindfulness and psychological status of Japanese yoga practitioners: A cross-sectional study

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Okanoya, Nobuyuki Kawai

    Mindfulness   6 ( 3 ) 560 - 571  2015年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Problem solving during infancy and early childhood, Development of

    Hiromitsu Miyata

    International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences, 2nd Edition   19   68 - 72  2015年03月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Psychological studies of speed-reading as a contemplative training method

    宮田裕光

    青山心理学研究   15   77 - 90  2015年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Performance of young children on ‘‘traveling salesperson’’ navigation tasks presented on a touch screen

    Hiromitsu Miyata, Shigeru Watanabe, Yasuyo Minagawa

    PLoS ONE   9 ( 12 ) e115292 - e115292  2014年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Comparative navigation studies: Testing pigeons (Columba livia) and humans (Homo sapiens) on computerized problems

    宮田裕光

    青山心理学研究   14   17 - 28  2014年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Exploring the unconscious nature of insight using continuous flash suppression and a dual task

    Hiroaki Suzuki, Haruaki Fukuda, Hiromitsu Miyata, Keiji Tsuchiya

    Proceedings of the Annual Meeting of the Cognitive Science Society   36   2955 - 2960  2014年  [査読有り]

  • 至高体験の行動学的解析

    宮田裕光, 川合伸幸

    生物の科学 遺伝   67 ( 6 ) 679 - 684  2013年11月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Shadows alter facial expressions of Noh masks

    Nobuyuki Kawai, Hiromitsu Miyata, Ritsuko Nishimura, Kazuo Okanoya

    PLoS ONE   8 ( 8 ) e71389 - e71389  2013年08月  [査読有り]

    DOI

  • The mysterious Noh mask: Contribution of multiple facial parts to the recognition of emotional expressions

    Hiromitsu Miyata, Ritsuko Nishimura, Kazuo Okanoya, Nobuyuki Kawai

    PLoS ONE   7 ( 11 ) e50280 - e50280  2012年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Further tests of pigeons’ (Columba livia) planning behavior using a computerized plus-shaped maze task

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Fujita

    Perceptual and Motor Skills   115 ( 1 ) 27 - 42  2012年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Reading speed, comprehension and eye movements while reading Japanese novels: Evidence from untrained readers and cases of speed-reading trainees

    Hiromitsu Miyata, Yasuyo Minagawa-Kawai, Shigeru Watanabe, Toyofumi Sasaki, Kazuhiro Ueda

    PLoS ONE   7 ( 5 ) e36091 - e36091  2012年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Acquisition of a same-different discrimination task by pigeons (Columba livia)

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Fujita

    Psychological Reports   110 ( 1 ) 251 - 262  2012年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Four homing pigeons were trained to discriminate two figures simultaneously presented on an LCD screen. The figure was either a rectangle (A) or a square (B), and four combinations of the two figures, AA, AB, BA, BB, appeared in a pseudo-randomized order. The pigeons' task was to peck one of these figures based upon whether the two figures were identical or not. One pigeon successfully learned this discrimination, with proportions of correct responses above 90% in two consecutive sessions. Of the other birds, two performed above chance level but had difficulty meeting a learning criterion of above 80% in two consecutive sessions. All birds achieved this criterion when the combinations of figures presented were reduced to two. Results suggested that learning the present same-different discrimination is within the capacity of pigeons to a certain extent, although there exists considerable individual variation in the pigeons' skills to acquire complex discrimination.

    DOI

  • Flexible route selection by pigeons (Columba livia) on a computerized multi-goal navigation task with and without an “obstacle”

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Fujita

    Journal of Comparative Psychology   125 ( 4 ) 431 - 435  2011年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • ヒト以外の動物におけるプランニング能力──霊長類と鳥類を中心に──

    宮田裕光, 藤田和生

    動物心理学研究   61 ( 1 ) 69 - 82  2011年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Two successive neurocognitive processes captured by near-infrared spectroscopy: Prefrontal activation during a computerized plus-shaped maze task

    Hiromitsu Miyata, Shigeru Watanabe, Yasuyo Minagawa-Kawai

    Brain Research   1374   90 - 99  2011年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • How do keas (Nestor notabilis) solve artificial-fruit problems with multiple locks?

    Hiromitsu Miyata, Gyula K. Gajdon, Ludwig Huber, Kazuo Fujita

    Animal Cognition   14 ( 1 ) 45 - 58  2011年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Route selection by pigeons (Columba livia) in “traveling salesperson” navigation tasks presented on an LCD screen

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Fujita

    Journal of Comparative Psychology   124 ( 4 ) 433 - 446  2010年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Navigation tasks using the traveling salesperson problem (TSP) were presented to pigeons (Columba livia) to determine their strategy on spatial tasks with 2 to 3 goals In Experiment 1 a simple TSP task with 2;oats awls presented In Experiment 2 3 goals were presented so that each of the goals and the starting location of the target held each corner of a square In Experiment 3 3 goals were aligned along a straight line In Experiment 4 3 goals were placed so that the 2 of them were in close proximity to each other to form a group In all of these experiments the pigeons showed tendencies to visit the nearest goal first which may suggest that the pigeons mainly used local or inflexible strategies in determining the routes to take However further evidence was also found that in Experiment 2 the pigeons frequently selected routes with short traveling distances while traveling either counterclockwise or clockwise not necessarily relying on the nearest neighbor algorithm Results from these experiments are discussed in relation to the pigeons foraging ecology and adaptation

    DOI

  • Prefrontal activation during and before solution of an eight-arm shuriken-shaped maze task presented on a touch screen: A near-infrared spectroscopy study

    宮田裕光, 渡辺茂, 皆川泰代

    慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要: 社会学心理学教育学: 人間と社会の探究   70   125 - 140  2010年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 思考能力の進化的起源──ハト・ヒト幼児・kea (ミヤマオウム) を対象とした比較研究──

    宮田裕光

    京都大学大学院文学研究科 課程博士論文     1 - 200  2009年03月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Planning in human children (Homo sapiens) assessed by maze problems on the touch screen

    Hiromitsu Miyata, Shoji Itakura, Kazuo Fujita

    Journal of Comparative Psychology   123 ( 1 ) 69 - 78  2009年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    The authors examined how human children perform on maze tasks on the touch screen and whether the children plan the solution of the mazes. In Experiment 1, the authors exposed children around 3 years of age to a maze having an L-shaped line as a barrier that can be solved by moving an illustration of a dog (the target) to that of a bone (the goal) with their fingers. The participants successfully solved the maze by taking efficient routes more frequently than chance, although the authors found no evidence that a preview of the maze before starting to solve the task facilitated their performance. In Experiment 2, using a plus-shaped maze, the authors found that 3- and 4-year-old children plan and adjust their moves while solving the maze, with 4-year-olds showing more advanced and higher-level planning than 3-year-olds. Similarity of these results to what the authors previously found in pigeons tested in the same tasks may suggest an analogy for planning capacity in the behavioral level across taxa and developmental stages.

    DOI

  • Pigeons (Columba livia) plan future moves on computerized maze tasks

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Fujita

    Animal Cognition   11 ( 3 ) 505 - 516  2008年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Performance of pigeons (Columba livia) on maze problems presented on the LCD screen: In search for preplanning ability in an avian species.

    Hiromitsu Miyata, Tomokazu Ushitani, Ikuma Adachi, Kazuo Fujita

    Journal of Comparative Psychology   120 ( 4 ) 358 - 366  2006年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Perception of the standard and the reversed Muller-Lyer figures in pigeons (Columba livia) and humans (Homo sapiens)

    Noriyuki Nakamura, Kazuo Fujita, Tomokazu Ushitani, Hiromitsu Miyata

    Journal of Comparative Psychology   120 ( 3 ) 252 - 261  2006年08月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

     概要を見る

    The authors compared perception of the standard and reversed Muller-Lyer figures between pigeons (Columbia livia) and humans (Homo sapiens). In Experiment 1, pigeons learned to classify 6 lengths of target lines into "long" and "short" categories by pecking 2 keys on the monitor, ignoring the 2 brackets so placed that they would not induce an illusion. In the test that followed, all 3 birds chose the "long" key more frequently for the standard Muller-Lyer figures with inward-pointing brackets (&gt;&lt;) than for the figures with outward-pointing brackets (&lt;&gt;). The subjects' responses were accountable by neither overall lengths of the figures nor horizontal gaps between the 2 brackets. For the reversed figures, effects of the brackets were absent. These results suggested that the pigeons perceived the standard Muller-Lyer illusion but not the reversed one. Experiment 2 confirmed that humans perceived both types of the illusion. Pigeons and humans may perceive the same illusory figures in different ways.

    DOI

  • 心的表象操作能力に関する比較認知科学的研究

    宮田裕光

    京都大学大学院文学研究科 修士論文     1 - 91  2006年03月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 迷路課題を用いた、メンタル・リハーサルの比較認知科学的研究

    宮田裕光

    京都大学文学部 卒業論文     1 - 67  2004年03月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

▼全件表示

書籍等出版物

  • 健康ファミリー 2021年秋号

    宮田 裕光, 寺島 秀雄( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 食から紐解くマインドフルネス)

    文理書院  2021年09月

  • Comparative cognition: Commonalities and diversity

    J. R. Anderson, H. Kuroshima( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Planning abilities in nonhuman animals: In search of the evolutionary origins of “thought”)

    Springer Naturte Singapore  2021年08月

  • 大法輪 2019年11月号. 特集 「心」を探る──仏教と心理学からのアプローチ──

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: マインドフルネスが説く「心」(Pp. 126-130))

    大法輪閣  2019年11月

  • 動物たちは何を考えている?──動物心理学の挑戦──

    藤田, 和生, 日本動物心理学会( 担当: 分担執筆,  担当範囲: こうやって、ああやって……。動物に先読みはできる? (Pp. 148-152))

    技術評論社  2015年05月 ISBN: 9784774172583

  • 動物の計画能力──「思考」の進化を探る──

    宮田, 裕光( 担当: 単著)

    京都大学学術出版会  2014年03月 ISBN: 9784876983971

     概要を見る

    動物の思考能力はどのように進化したのだろうか。この謎を解く鍵となるのが、系統位置や脳構造がヒトと大きく異なる鳥類の「思考」である。綿密な行動実験に基づき、鳥類の行動計画能力の存在とその特徴を解き明かす。

Misc

  • メンタルトレーニングによる身体内外環境への気づきの統合

    宮田 裕光

    科学研究費助成事業 研究成果報告書 (2018~2020年度科学研究費補助金 基盤研究 (C))     1 - 13  2021年06月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    その他  

  • 「高等教育機関における人材育成」に関する実態調査 《2017年 (平成29年) 9月~11月実施》 報告書

    一般財団法人日本生涯学習総合研究所 (助言協力)

        1 - 74  2018年06月   [ 国内誌 ]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 「非認知能力」の概念に関する考察

    一般財団法人日本生涯学習総合研究所 (助言協力)

        1 - 11  2018年03月   [ 国内誌 ]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • マインドフルネスと情報処理過程の変容に関する研究

    宮田裕光

    科学研究費助成事業 研究成果報告書 (2014~2016年度科学研究費補助金 若手研究 (B))     1 - 4  2017年05月   [ 国内誌 ]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    その他  

  • 創造性を高める訓練──瞑想による情報処理過程の変容──

    宮田裕光

    NPO法人ニューロクリアティブ研究会 2015年度創造性研究奨励賞 研究報告書     1 - 3  2017年05月   [ 国内誌 ]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 「創発学習環境デザイン」教育・研究プロジェクト活動成果報告

    鈴木宏昭, 杉谷祐美子, 寺尾敦, 繁桝江里, 宮田裕光, 鈴木聡

    青山学院大学社会連携機構ヒューマン・イノベーション研究センター (HiRC) 2015年度の成果     5 - 15  2016年   [ 国内誌 ]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 問題解決において用いられる無意識的情報の表象形式と機能についての研究

    鈴木宏昭, 福田玄明, 鈴木聡, 宮田裕光

    科学研究費助成事業 研究成果報告書 (2012~2014年度科学研究費補助金 基盤研究 (C))     1 - 4  2015年06月   [ 国内誌 ]

    担当区分:最終著者

    その他  

  • 至高体験

    宮田裕光

    戦略的創造研究推進事業ERATO型研究 研究終了報告書. プロジェクト名 「岡ノ谷情動情報プロジェクト」     110 - 112  2015年   [ 国内誌 ]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 能面が伝える情動

    宮田裕光

    戦略的創造研究推進事業ERATO型研究 研究終了報告書. プロジェクト名 「岡ノ谷情動情報プロジェクト」     100 - 102  2015年   [ 国内誌 ]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 「創発学習環境デザイン」教育・研究プロジェクト活動成果報告

    鈴木宏昭, 小田光宏, 杉谷祐美子, 寺尾敦, 繁桝江里, 宮田裕光, 鈴木聡, 福田玄明

    青山学院大学社会連携機構ヒューマン・イノベーション研究センター (HiRC) 2014年度の成果     4 - 14  2015年   [ 国内誌 ]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 「創発学習環境デザイン」教育・研究プロジェクト活動成果報告

    鈴木宏昭, 小田光宏, 杉谷祐美子, 寺尾敦, 宮田裕光, 鈴木聡

    青山学院大学社会連携機構ヒューマン・イノベーション研究センター (HiRC) 2013年度の成果     4 - 17  2014年   [ 国内誌 ]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 訓練による情動制御

    宮田裕光

    戦略的創造研究推進事業ERATO型研究 研究実施進捗報告. プロジェクト名 「岡ノ谷情動情報プロジェクト」     103 - 105  2012年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 伝統芸能における情動伝達

    宮田裕光

    戦略的創造研究推進事業ERATO型研究 研究実施進捗報告. プロジェクト名 「岡ノ谷情動情報プロジェクト」     102 - 103  2012年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

▼全件表示

受賞

  • 日本マインドフルネス学会第8回大会 最優秀ポスター賞

    2021年12月   日本マインドフルネス学会   大学のフルオンデマンド講義への集中瞑想・慈悲の瞑想・観察瞑想の導入──学期を通した3分間実践による心理的効果および性格特性との関連──  

    受賞者: 宮田 裕光, 久保田 勇魚, 及川 伊織, 岡本 珠実, 今野 雄太

  • 第11回 日本心理学会国際賞奨励賞

    2016年03月   公益社団法人日本心理学会  

    受賞者: 宮田裕光

  • 2015年度 創造性研究奨励賞

    2016年03月   NPO法人ニューロクリアティブ研究会   創造性を高める訓練: 瞑想による情報処理過程の変容  

    受賞者: 宮田裕光

  • 第17回認知神経科学会若手奨励賞 (優秀ポスター賞)

    2012年09月   認知神経科学会   日本語小説の読みにおける視空間的処理と眼球運動──速読訓練者と非訓練者の比較──  

    受賞者: 宮田裕光, 渡辺茂, 植田一博, 佐々木豊文, 皆川泰代

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • メンタルトレーニングによる身体内外環境への気づきの統合

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    宮田 裕光

     概要を見る

    メンタルトレーニングないし瞑想的訓練が、ヒト成人の心理および身体生理状態、脳機能などに望ましい効果をもたらすことについては、心理学および脳神経科学の立場から多くの実証的知見が得られている。また近年では、マインドフルネスや瞑想への学術的および社会的注目も大きく高まっている。しかしながら、日本国内で伝統的に実践されている心身修養を対象とした実証的知見の蓄積は、いまだ少ない。ヨーガのような実践では、訓練を通して身体内部および外部環境に対する気づきや注意が統合、調和されることで、ネガティヴ情動の低減や主観的幸福感の増大といった、心理状態の望ましい方向への変容がもたらされる可能性がある。本研究では、日本におけるヨーガなどの実践を対象として、実践の継続による身体内外環境への気づきや注意、および心理状態の変容について、質問紙調査および自律神経活動計測を用いて量的に検証することを目的とした。
    平成30年度には、ヨーガ、瞑想の非実践者である大学生、およびヨーガの長期実践者1人を対象として、内受容感覚への気づきの鋭敏さの測定課題である心拍検出課題、一定時間の間の自身の呼吸回数を報告させる呼吸計数課題、およびマインドフルネス傾向についての質問紙を課した。その結果、予想とは逆に、ヨーガ熟達者の方が心拍および呼吸の自己報告値と計測値とのずれが大きかった。またマインドフルネス得点は、ヨーガ実践者の方が非実践者よりも高かった。実践者の自己報告から、日常における瞑想場面と異なるこれらの課題を持続的に遂行することが困難だった可能性が示唆された。
    また、メンタルトレーニングないし瞑想的実践に関する最新の研究成果を、日本マインドフルネス学会、北米神経科学学会を含む国内外の学会年次大会等で発表した。さらに、日本発達心理学会において、マインドフルネスの発達に関するシンポジウムを共同企画、実施した。

  • 創造性を高める訓練──瞑想による情報処理過程の変容──

    NPO法人ニューロクリアティブ研究会  2015年度研究者支援 (創造性研究奨励賞)

    研究期間:

    2016年03月
    -
    2017年03月
     

    宮田裕光

  • マインドフルネスと情報処理過程の変容に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 (B)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    宮田 裕光

     概要を見る

    マインドフルネス、ないし瞑想的実践に関連する心理および生理機能の変容を検討した。第1に、瞑想的方法に基づく読書法 (速読法) 訓練者の心理状態を、質問紙調査によって検討した。その結果、訓練の継続に対応した心理状態の望ましい方向への変容が示唆された。また瞑想の非実践者でも、読書習慣が望ましい心理状態に対応していた。第2に、ヨーガ熟達者の異なるテーマでの瞑想中における自律神経活動を計測した。その結果、呼吸に注意集中する瞑想と、「愛しています」というマントラを唱える瞑想との間で自律神経活動の差異が見られ、身体生理状態の能動的な切り替えが示唆された。

  • 問題解決において用いられる無意識的情報の表象形式と機能についての研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    鈴木 宏昭, 福田 玄明, 鈴木 聡, 宮田 裕光, 山田 歩

     概要を見る

    洞察問題解決においては閾下ヒント呈示が促進効果を持つという知見が積み重ねられてきている。本研究は事前に提示された閾下情報の所在、および問題解決におけるその機能をより明確にすることを目的としている。
    連続フラッシュ抑制と二重課題を組み合わせて行われた実験の結果は、二重課題の実施は被験者のパフォーマンスを低下させないというものであった。このことは閾下情報が通常のワーキングメモリとは異なる貯蔵庫に保持されている可能性を示唆している。また閾下ヒント情報の順次呈示を行った実験では、促進効果が全く見られなかった。このことは保持された閾下情報は操作可能性を持たない、静的な表象であることを示唆している。

  • 平成25年度総長裁量経費 若手研究者に係る出版助成事業

    京都大学 

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

    宮田裕光

  • 思考能力の進化的起源に関する意識科学的アプローチ

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

    宮田 裕光

     概要を見る

    ヒトの高次な思考や意識の起源に行動的、神経科学的観点からアプローチするために、以下の実験研究を行った。第1に、ヒト3,4,5歳児および成人を対象に、タッチモニター上で2-3個の目標を順に回る巡回セールスマン課題を課し、経路選択方略を検討した。その結果、成人は最適経路をほぼすべての試行で選択したのに対し、幼児の経路選択方略には刺激配列ごとの特徴がみられた。すなわち、2個の目標が提示された課題では、近い方の目標に最初に到達する割合が年齢とともに高くなった。一方、3個の目標がダイヤモンド形に提示された課題では、効率的な課題解決よりも、課題遂行そのものに興じる傾向が示唆された。第2に、速読技能の熟達者を対象として、読書中の文章理解、眼球運動および脳活動を検討する実験研究を実施した。コンピュータ画面上で現代語短編小説を読ませ、内容質問に解答させる理解度テストを行った。その結果、一部の高度熟達者では、高速で非速読者に匹敵する理解成績を示す事例がえられた。またアイカメラによる計測から、速読熟達者はほぼ水平に視線を移動させていたことが示唆された。これについて、視線等の詳細な解析を加え、成果が国際誌PLoS ONEに印刷中となっている。また、非訓練者および速読訓練を対象に、読書中の後頭-頭頂葉の脳活動と眼球運動を、近赤外線分光法とアイカメラの同時計測によって検討した。非訓練者の結果から、高速での読書中に後頭-右下頭頂小葉に活動がみられ、視空間的処理が示唆された。また、読みが遅く戻り読みの多い読者ほど、ブロック初期における中後頭回の活動が大きいことも示唆され、同時計測の有効性も示された。速読訓練者でのデータの解析も継続している。総合して、複数の観点による研究から、ヒトが持つ認知的意識の心理学的、神経科学的基盤に関する新知見を得たといえ、今後の神経可塑性等をテーマとした研究の基盤をも形成したと考えられる。

  • 心的表象操作能力に関する比較認知科学的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2009年03月
     

    宮田 裕光

     概要を見る

    筆者は、鳥類およびヒト幼児において、問題解決行動にかかおる表象操作能力について検討を続けてきた。平成20年度には、まず前年度に引き続け、ハトにおいて標的刺激をつつき反応によって誘導させることで、複数の目標刺激に順に到達させる、コンピュータ画面上の巡回セールスマン問題における経路選択方略を検討した。3個の目標を四角形の辺上に配置したテストで、ハトは右回りまたは左回りに順に目標に到達していく戦略を取り、最短の経路を取った割合が他の経路にくらべて有意に高かった。3個の目標を直線上に配置したテストでは、ハトは最も距離の近い目標に最初に到達した。3個の目標のうち2個が近接する群を形成した課題では、ハトは群を最初に選好した。これらは、ハトが各課題において、偶然レベルよりも効率のよい方略で課題を解く心的方略を用いている可能性を示唆する、重要な知見だといえる。さらに前年度に引き続き、オーストリア共和国ウィーン市のコンラートローレンツ動物行動学研究所に滞在し、G.Gajdon博士およびL.Huber准教授と共同でkea(和名:ミヤマオウム)のプランニング能力を検討した。正方形のふたの周囲に複数の鍵が設置され、keaは鍵を取り外すことで、中の報酬を手に入れることができた。種々の鍵の配置を用いた一連の課題で、keaは試行錯誤的な解決方略を優勢に示したが、2段階の鍵の操作が必要な複雑な課題では、事前に鍵を観察していた条件で誤反応を早く修正する傾向を示した。これは、天敵がおらず食物の乏しい野生環境下で試行錯誤的に食物を探索する本種の生態と、プランニング能力に対する種間に共通の選択圧が共に作用した結果である可能性がある。

▼全件表示

特定課題研究

  • 大学生のマインドフルネスと心理に関する基礎的研究

    2020年   石川 遥至

     概要を見る

    (This abstract is tantatively undisclosed)

  • 武道の実践による生理心理過程の変容

    2019年  

     概要を見る

    Martial arts refer to physical and mental practices based on historical combat techniques, and have been suggested to involve components parallel to those of Zen Buddhism and mindfulness. Empirical studies involving Japanese experts on traditional martial arts to date remain scarce. The present study involved a highly advanced expert on martial arts as well as non-practitioners to examine practice-induced differences in interoceptive awareness. In order to examine interoceptive accuracy, i.e., sensitivity to one’s own bodily sensations, a heartbeat detection task and an original task to estimate respiratory rate were introduced. A multisensor physiological measurement system NeXus-4 wad used to measure autonomic nervous system activities during these tasks. Compared with the non-practitioners, the expert on martial arts performed significantly better on the heartbeat detection task. The expert also performed better than non-practitioners on the respiratory rate estimation task, although the data were not supported by statistical significance. These case data seem to preliminarily support the idea that long-term practice of traditional marital arts can improve at least some dimensions of interoceptive awareness. The data may also be associated with the enhanced dispositional mindfulness and psychological health outcomes that were previously suggested in the population of practitioners of Japanese traditional martial arts.

  • メンタルトレーニングによる身体内部環境への気づきの変容

    2019年  

     概要を見る

    The present study aimed to elucidate whether and how meditation-based mental training would alter interoceptive awareness, i.e., sensitivity to one’s own bodily sensations. In Study 1, an advanced expert on contemplative practices and control participants naïve to meditation completed psychological scales on interoceptive awareness, trait mindfulness, subjective well-being, and trait anxiety. Compared with the control participants, the meditator self-reported significantly higher scores on multiple dimensions of interoceptive awareness including noticing, attention regulation, body listening, and trusting. The expert also reported higher scores on mindfulness and well-being and lower scores on anxiety. These case data are consistent with the notion that enhanced sensitivity to one’s own bodily states are associated with higher psychological well-being among contemplatives. Study 2 preliminarily examined whether interoceptive awareness may be deteriorated when staying in a microgravity environment. Participants who were not habitual meditators stayed either in a pool or on the ground for an hour, and performed on a heartbeat detection task before and after each stay. Significant changes in performance on heartbeat detection were not observed, although time-domain heart rate variability (RMSSD) increased after staying in the water. These data could be used in a future study to examine potential differences between meditators and non-meditators.

  • 武道の熟達による心身変容の心理学的基礎

    2018年   村松 聡, 小村 優太, 石川 遥至, 丸山 貴彦

     概要を見る

    Martial arts refer to the physical/mental practices based on the historical combat techniques of Japan. The present study examined psychological status and interoceptive awareness (preliminary experiments) in practitioners of martial arts based on Japan’s traditions. In Study 1, a questionnaire survey was conducted to assess whether practitioners of martial arts show enhanced mindfulness and relevant psychological traits. Participants included thirty-three practitioners of martial arts whose practice period ranged from 0.6 to 35.0 years, and 66 non-practitioners as controls. Compared with the non-practitioners, the practitioners self-reported significantly higher scores on mindfulness and subjective well-being and significantly lower scores on depression. Among the practitioners, period of practice was significantly correlated positively with scores of mindfulness and well-being and negatively with those of depression. These data are consistent with those previously obtained for Japanese yoga practitioners (Miyata et al., 2015), and support the view that continued training in various Eastern traditional mind-body practices can cause desirable changes to the psychological status. In Study 2, a preliminary investigation of interoceptive awareness was conducted by involving university students. Heartbeat detection task and an original breath counting task were introduced, which could be used in the forthcoming experiments to compare practitioners and non-practitioners of martial arts.

  • 瞑想的実践による自律神経機能の制御

    2017年  

     概要を見る

    Contemplative training has been suggested to cause plastic changes to the brain. How can somatic physiological functions change through long-term meditative practice? The present study examined control of autonomic nervous system activities during yoga sitting meditation. A Japanese yoga expert (female, 50 years) with 25 years of yoga practice and two university students participated. During each session, a two-minute resting period was followed by a four-minute meditation period, which was repeated four times. Participants engaged in two types of traditional yoga meditation in a pseudorandomized order. Breath meditation involved sustaining attention on the breath. Mantra meditation involved covertly repeating a common mantra phrase Om Namah Shivaya. Cardiovascular activities (photoplethysmogram) and skin conductance were measured by using a multisensor measurement system NeXus-4. For the expert, heart rate decreased by 2.05 bpm and 0.45 bpm from the resting to the meditation periods, for the breath and mantra meditation respectively. For all the measures and groups, statistically significant outcomes failed to be observed. These results seem consistent with the notion that at least breath meditation can elicit increase in parasympathetic nervous system activities. I made multiple oral and poster presentations on relevant topics, and published a technical report on a preceding study.

  • 読書とマインドフルネスに関する研究

    2017年  

     概要を見る

    Although contemplative practices have been suggested to alter information processing, little empirical data have demonstrated relationships between higher daily cognitive activities such as reading and psychological functions. The present study examined habits of reading in university students, and how reading activities may be associated with mindfulness and psychological status. 52 students (mean age: 20.2 years) participated in a questionnaire survey that included mindfulness, subjective well-being, depression, and anxiety. Participants also reported time and amount of reading different types of text, and types of media when reading. Mean reading time was 45.3 min per day (6.1 books per month), of which novels and critical essays accounted for 15.6 min and 10.2 min, respectively. Reading with paper books and smartphones each accounted for 35.8 min and 8.6 min. Duration of reading paper books was significantly correlated with lower scores of well-being, and higher scores of depression and anxiety. By contrast, reading on PCs/tablets and playing games on smartphones showed significant correlations with higher scores of well-being. These results may reflect the fact that students often read books for obligatory studies, and use PCs/tablets and play games for pleasure. I made and plan multiple oral and poster presentations on this and related topics.

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 心理学演習4-2

    早稲田大学 大学院文学研究科  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 心理学演習4-1

    早稲田大学 大学院文学研究科  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 心理学研究指導4-2

    早稲田大学 大学院文学研究科  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 心理学研究指導4-1

    早稲田大学 大学院文学研究科  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 卒業研究

    早稲田大学 文化構想学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 「心身を生きる人間」論ゼミ(心身論)B

    早稲田大学 文化構想学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 「心身を生きる人間」論ゼミ(心身論)A

    早稲田大学 文化構想学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 現代人間論系総合講座2

    早稲田大学 文化構想学部/文学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 現代人間論系総合講座1

    早稲田大学 文化構想学部/文学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 心理学応用演習/心理学演習ⅠB

    青山学院大学 教育人間科学部  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 心理学概論2

    早稲田大学 文学部/文化構想学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 基礎講義2 (再履)

    早稲田大学 文化構想学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 基礎講義1

    早稲田大学 文化構想学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 現代人間論系演習 (こころとからだの関係を考える)

    早稲田大学 文化構想学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 現代人間論系演習 (他者と身体、身体から見た人間)

    早稲田大学 文化構想学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 現代人間論系演習 (生活世界・社会と身体)

    早稲田大学 文化構想学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 生活世界と身体

    早稲田大学 文化構想学部/文学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 心身論

    早稲田大学 文化構想学部/文学部  

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 必修基礎演習28

    早稲田大学 文化構想学部  

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

  • 心理学研究法

    青山学院大学 教育人間科学部  

    2014年04月
    -
    2020年03月
     

  • 文化構想学部 選択基礎演習14

    早稲田大学 文化構想学部  

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

  • 必修基礎演習25

    早稲田大学 文化構想学部  

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

  • 「心身を生きる人間」論ゼミ(心身論)

    早稲田大学 文化構想学部  

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

  • 現代人間論系総合講座2(生命の尊厳と生活の質)

    早稲田大学 文化構想学部/文学部  

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • 現代人間論系総合講座1(現代人の精神構造)

    早稲田大学 文化構想学部/文学部  

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • 心理学演習ⅠB

    青山学院大学 教育人間科学部  

    2014年04月
    -
    2019年03月
     

  • 心理学特講B

    青山学院大学 教育人間科学部  

    2014年04月
    -
    2019年03月
     

  • 関係構成論ゼミ (心身論)

    早稲田大学 文化構想学部  

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

  • 心理学専攻第17回コロキアム(速読熟達者における文章理解、眼球運動、脳活動––メンタル・トレーニングが高次認知におよぼす効果)

    慶應義塾大学 大学院社会学研究科  

    2012年01月
     
     
     

  • Invited lecture at Dr. Gyula Gajdon’s course (Do pigeons plan an action?––Evidence from maze tasks on the LCD monitor

    ウィーン大学 神経生物学・行動科学部  

    2007年06月
     
     
     

  • 心理学実習Ⅰ(ティーチングアシスタント)

    京都大学 大学院文学研究科  

    2004年04月
    -
    2005年03月
     

▼全件表示

 

委員歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本ソマティック心理学協会  運営委員

学術貢献活動

  • 日本ソマティック心理学協会 第8回記念大会 2021 大会長

    学会・研究会等

    日本ソマティック心理学協会  

    2021年10月