2022/08/11 更新

写真a

ウチダ マサト
内田 真人
所属
理工学術院 基幹理工学部
職名
教授
ホームページ

兼担

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    北海道大学   工学研究科   システム情報工学専攻  

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    北海道大学   工学部   情報工学科  

学位

  • 北海道大学   修士(工学)

  • 北海道大学   博士(工学)

経歴

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   基幹理工学部 情報理工学科   教授

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    千葉工業大学 工学部 情報通信システム工学科   教授

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    千葉工業大学   工学部 電気電子情報工学科   教授

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    千葉工業大学   工学部 電気電子情報工学科   准教授

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    九州工業大学   ネットワークデザイン研究センター   准教授

  • 2005年08月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   ネットワークデザイン研究センター   助教授

  • 2001年04月
    -
    2005年07月

    日本電信電話株式会社   NTT情報流通基盤総合研究所

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

  •  
     
     

    Association for Computing Machinery

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

 

研究分野

  • 情報ネットワーク

研究キーワード

  • データサイエンス/サイバーセキュリティ

論文

  • Exploration into Gray Area: Toward Efficient Labeling for Detecting Malicious Domain Names

    Naoki Fukushi, Daiki Chiba, Mitsuaki Akiyama, Masato Uchida

    IEICE Transactions on Communications   E103-B ( 4 )  2020年04月  [査読有り]

  • Welcome Message from WIND 2016 Workshop Chairs

    Masaki Aida, Mario Koeppen, Layth Sliman, Hiroyoshi Miwa, Neng-Fa Zhou, Masato Tsuru, Masato Uchida

    Proceedings - 2016 International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems, IEEE INCoS 2016     xxxix - xl  2016年10月  [査読有り]

    DOI

  • Human error tolerant anomaly detection based on time-periodic packet sampling

    Masato Uchida

    KNOWLEDGE-BASED SYSTEMS   106   242 - 250  2016年08月

     概要を見る

    This paper focuses on an anomaly detection method that uses a baseline model describing the normal behavior of network traffic as the basis for comparison with the audit network traffic. In the anomaly detection method, an alarm is raised if a pattern in the current network traffic deviates from the baseline model. The baseline model is often trained using normal traffic data extracted from traffic data for which all instances (i.e., packets) are manually labeled by human experts in advance as either normal or anomalous. However, since humans are fallible, some errors are inevitable in labeling traffic data. Therefore, in this paper, we propose an anomaly detection method that is tolerant to human errors in labeling traffic data. The fundamental idea behind the proposed method is to take advantage of the lossy nature of packet sampling for the purpose of correcting/preventing human errors in labeling traffic data. By using real traffic traces, we show that the proposed method can better detect anomalies regarding TCP SYN packets than the method that relies only on human labeling. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Unsupervised weight parameter estimation for exponential mixture distribution based on symmetric kullback-leibler divergence

    Masato Uchida

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E98A ( 11 ) 2349 - 2353  2015年11月  [査読有り]

     概要を見る

    When there are multiple component predictors, it is promising to integrate them into one predictor for advanced reasoning. If each component predictor is given as a stochastic model in the form of probability distribution, an exponential mixture of the component probability distributions provides a good way to integrate them. However, weight parameters used in the exponential mixture model are difficult to estimate if there is no training samples for performance evaluation. As a suboptimal way to solve this problem, weight parameters may be estimated so that the exponential mixture model should be a balance point that is defined as an equilibrium point with respect to the distance from/to all component probability distributions. In this paper, we propose a weight parameter estimation method that represents this concept using a symmetric Kullback-Leibler divergence and generalize this method.

    DOI

  • Modeling User Behavior in P2P Data Storage System

    Masato Uchida, Hideaki Iiduka, Isao Sugino

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E98B ( 1 ) 33 - 41  2015年01月  [査読有り]

     概要を見る

    In recent years, there has been growing interest in systems for sharing resources, which were originally used for personal purposes by individual users, among many unspecified users via a network. An example of such systems is a peer-to-peer (P2P) data storage system that enables users to share a portion of unused space in their own storage devices among themselves. In a recent paper on a P2P data storage system, the user behavior model was defined based on supply and demand functions that depend only on the storage space unit price in a virtual marketplace. However, it was implicitly assumed that other factors, such as unused space of storage devices possessed by users and additional storage space asked by users, did not affect the characteristics of the supply and demand functions. In addition, it was not clear how the values of parameters used in the user behavior model were determined. Therefore, in this paper, we modify the supply and demand functions and determine the values of their parameters by taking the above mentioned factors as well as the price structure of storage devices in a real marketplace into account. Moreover, we provide a numerical example to evaluate the social welfare realized by the P2P data storage system as a typical application of the modified supply and demand functions.

    DOI

  • Statistical characteristics of serious network failures in Japan

    Masato Uchida

    RELIABILITY ENGINEERING & SYSTEM SAFETY   131   126 - 134  2014年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Due to significant environmental changes in the telecommunications market, network failures affect socioeconomic activities more than ever before. However, the health of public networks at a national level has not been investigated in detail. In this paper, we investigate the statistical characteristics of interval, duration, and the number of users affected for serious network failures, which are defined as network failures that last for more than two hours and affect more than 30,000 users, that occurred in Japan during Japanese fiscal years 2008-2012 (April 2008-March 2013). The results show that (i) the interval follows a Poisson process, (ii) the duration follows a Pareto distribution, (iii) the number of users affected follows a piecewise Pareto distribution, (iv) the product of duration and the number of users affected roughly follow a distribution that can be derived from a convolution of two distributions of duration and the number of users affected, and (v) the relationship between duration and the number of users affected differs from service to service. (C) 2014 Published by Elsevier Ltd.

    DOI

  • Node degree based routing metric for traffic load distribution in the internet

    Jun'Ichi Shimada, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Yuji Oie

    IEICE Transactions on Information and Systems   E96-D ( 2 ) 202 - 212  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    Congestion inherently occurs on the Internet due to traffic concentration on certain nodes or links of networks. The traffic concentration is caused by inefficient use of topological information of networks in existing routing protocols, which reduces to inefficient mapping between traffic demands and network resources. Actually, the route with minimum cost, i.e., number of hops, selected as a transmission route by existing routing protocols would pass through specific nodes with common topological characteristics that could contribute to a large improvement in minimizing the cost. However, this would result in traffic concentration on such specific nodes. Therefore, we propose a measure of the distance between two nodes that is suitable for reducing traffic concentration on specific nodes. To consider the topological characteristics of the congestion points of networks, we define node-to-node distance by using a generalized norm, pnorm, of a vector of which elements are degrees of intermediate nodes of the route. Simulation results show that both the maximum Stress Centrality (SC) and the coefficient of variation of the SC are minimized in some network topologies by selecting transmission routes based on the proposed measure of node-to-node distance. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI

  • Unsupervised Ensemble Anomaly Detection Using Time-Periodic Packet Sampling

    Masato Uchida, Shuichi Nawata, Yu Gu, Masato Tsuru, Yuji Oie

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 7 ) 2358 - 2367  2012年07月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose an anomaly detection method for finding patterns in network traffic that do not conform to legitimate (i.e., normal) behavior. The proposed method trains a baseline model describing the normal behavior of network traffic without using manually labeled traffic data. The trained baseline model is used as the basis for comparison with the audit network traffic. This anomaly detection works in an unsupervised manner through the use of time-periodic packet sampling, which is used in a manner that differs from its intended purpose the lossy nature of packet sampling is used to extract normal packets from the unlabeled original traffic data. Evaluation using actual traffic traces showed that the proposed method has false positive and false negative rates in the detection of anomalies regarding TCP SYN packets comparable to those of a conventional method that uses manually labeled traffic data to train the baseline model. Performance variation due to the probabilistic nature of sampled traffic data is mitigated by using ensemble anomaly detection that collectively exploits multiple baseline models in parallel. Alarm sensitivity is adjusted for the intended use by using maximum- and minimum-based anomaly detection that effectively take advantage of the performance variations among the multiple baseline models. Testing using actual traffic traces showed that the proposed anomaly detection method performs as well as one using manually labeled traffic data and better than one using randomly sampled (unlabeled) traffic data.

    DOI

  • Discrete Modeling of the Worm Spread with Random Scanning

    Masato Uchida

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 5 ) 1575 - 1579  2012年05月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we derive a set of discrete time difference equations that models the spreading process of computer worms such as Code-Red and Slammer, which uses a common strategy called "random scanning" to spread through the Internet. We show that the derived set of discrete time difference equations has an exact relationship with the Kermack and McKendrick susceptible-infectious-removed (SIR) model, which is known as a standard continuous time model for worm spreading.

    DOI

  • A generalised diffusion-based file replication scheme for load balancing in P2P file-sharing networks

    Masanori Takaoka, Masato Uchida, Kei Ohnishi, Yuji Oie

    International Journal of Grid and Utility Computing   3 ( 4 ) 242 - 252  2012年  [査読有り]

     概要を見る

    We propose a generalised diffusion-based file replication scheme for load balancing in unstructured P2P file-sharing networks. The generalised method is derived by replacing the replication probability of a peer used in our previous study with a new expression. In the previous expression, the replication probability is defined to be proportional to the difference between its own load and the average load of its neighbour peers. We show here that the replication probability can instead be expressed as a simple average of one defined to be negatively proportional to its own load and one defined to be proportional to the average load of its neighbour peers. The generalised method (a) includes the above three methods as special cases, (b) can control the trade-off between search and load balancing performances, (c) has a physical analogy to diffusion phenomena, and (d) achieves a good balance in the trade-off differently from our previous method. Copyright © 2012 Inderscience Enterprises Ltd.

    DOI

  • Unsupervised Weight Parameter Estimation Method for Ensemble Learning

    Masato Uchida, Yousuke Maehara, Hiroyuki Shioya

    Journal of Mathematical Modelling and Algorithms   10 ( 4 ) 307 - 322  2011年12月  [査読有り]

     概要を見る

    When there are multiple trained predictors, one may want to integrate them into one predictor. However, this is challenging if the performances of the trained predictors are unknown and labeled data for evaluating their performances are not given. In this paper, a method is described that uses unlabeled data to estimate the weight parameters needed to build an ensemble predictor integrating multiple trained component predictors. It is readily derived from a mathematical model of ensemble learning based on a generalized mixture of probability density functions and corresponding information divergence measures. Numerical experiments demonstrated that the performance of our method is much better than that of simple average-based ensemble learning, even when the assumption placed on the performances of the component predictors does not hold exactly. © 2011 Springer Science+Business Media B.V.

    DOI

  • Query-Trail-Mediated Cooperative Behaviors of Peers in Unstructured P2P File Sharing Networks

    Kei Ohnishi, Hiroshi Yamamoto, Masato Uchida, Yuji Oie

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E94D ( 10 ) 1966 - 1980  2011年10月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose two types of autonomic and distributed cooperative behaviors of peers for peer-to-peer (P2P) file-sharing networks. Cooperative behaviors of peers are mediated by query trails, and allows the exploration of better trade-off points between file search and storage load balancing performance. Query trails represent previous successful search paths and indicate which peers contributed to previous file searches and were at the same time exposed to the storage load. The first type of cooperative behavior is to determine the locations of replicas of files through the medium of query trails. Placement of replicas of files on strong query trails contributes to improvement of search performance, but a heavy load is generated due to writing files in storage to peers on the strong query trails. Therefore, we attempt to achieve storage load balancing between. peers, while avoiding significant degradation of the search performance by creating replicas of files in peers adjacent to peers on strong query trails. The second type of cooperative behavior is to determine whether peers provide requested files through the medium of query trails. Provision of files by peers holding requested files on strong query trails contributes to better search performance, but such provision of files generates a heavy load for reading files from storage to peers on the strong query trails. Therefore, we attempt to achieve storage load balancing while making only small sacrifices in search performance by having peers on strong query trails refuse to provide files. Simulation results show that the first type of cooperative behavior provides equal or improved ability to explore trade-off points between storage load balancing and search performance in a static and nearly homogeneous P2P environment, without the need for fine tuning parameter values, compared to replication methods that require fine tuning of their parameters values. In addition, the combination of the second type and the first type of cooperative behavior yields better storage load balancing performance with little degradation of search performance. Moreover, even in a dynamic and heterogeneous P2P environment, the two types of cooperative behaviors yield good ability to explore trade-off points between storage load balancing and search performance.

    DOI

  • An Information-Theoretic Characterization of Weighted α-Proportional Fairness in Network Resource Allocation

    Masato Uchida, Jim Kurose

    Information Sciences   181 ( 18 ) 4009 - 4023  2011年09月  [査読有り]

    DOI

  • Fixed Point Optimization Algorithms for Network Bandwidth Allocation Problems with Compoundable Constraints

    Hideaki Iiduka, Masato Uchida

    IEEE COMMUNICATIONS LETTERS   15 ( 6 ) 596 - 598  2011年06月  [査読有り]

     概要を見る

    In this letter, we develop a novel computational approach for network bandwidth allocation problems in which the compoundable constraints about the preferable transmission rate fall in the infeasible region. The approach is based on an iterative technique for non-convex optimization over the fixed point set of a certain nonexpansive mapping. The realized allocation maximizes a predefined utility and is closest to the preferable transmission rate with respect to the norm. Numerical examples show that our approach is an efficient way to solve the non-concave utility maximization problem.

    DOI

  • Node degree-aware link cost for traffic load-distribution in large-scale networks

    Hitomi Tamura, Mario Köppen, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    Proceedings - 3rd IEEE International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems, INCoS 2011     299 - 304  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    Traffic Engineering (TE) is required for reducing highly-loaded links / nodes in parts of a network, thereby distributing the traffic load in the network. For efficient use of network resources, it is important to efficiently map traffic demands to network resources. Therefore, we should consider an appropriate definition of "distance" in networks with the topological features of the network instead of traffic demands. Recent studies have demonstrated a scale-free property of network topology, and node outbound degree distribution is an important factor in the scale-free networks. This paper proposes a new definition of "distance" between two arbitrary communication nodes in the Internet by using node degree information for avoiding congestion in the network. Some simulation results show that the proposed scheme can distribute traffic load from high degree nodes to other nodes, and thus provides robustness of networks. © 2011 IEEE.

    DOI

  • Routing metric based on node degree for load-balancing in large-scale networks

    Hitomi Tamura, Masato Uchida, Masato Tsuru, Jun'Ichi Shimada, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie

    Proceedings - 11th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet, SAINT 2011     519 - 523  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    Traffic Engineering (TE) is required for reducing highly-loaded links/nodes in a part of networks, thereby reducing the traffic concentration in a part of network. For efficient use of network resources, it is important to efficiently map traffic demands to network resources. However, most of the existing TE schemes are not aware of underlying network topology, Indeed, they try to dynamically map traffic demands to network resources in response to traffic trends in a short period of time. The paper addresses the issue of network congestion due to inefficient mapping between traffic demand and network resources. We propose a new routing metric to allocate forwarding route from source node to its destinations for effective use of network resources in scale-free networks. We show that the best routing metric is p-norm based on node degrees along a path to destination node. Furthermore, we investigate the impact of the parameter, p, on congestion level of each link, and show the best parameter p to minimize the maximum stress centrality in a network. © 2011 IEEE.

    DOI

  • Access Load Balancing with Analogy to Thermal Diffusion for Dynamic P2P File-Sharing Environments

    Masanori Takaoka, Masato Uchida, Kei Ohnishi, Yuji Oie

    IEICE Transactions on Communications   E93-B ( 5 ) 1140-1150  2010年05月  [査読有り]

    DOI

  • Dynamic and Decentralized Storage Load Balancing with Analogy to Thermal Diffusion for P2P File Sharing

    Masato Uchida, Kei Ohnishi, Kento Ichikawa, Masato Tsuru, Yuji Oie

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E93B ( 3 ) 525 - 535  2010年03月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper we propose a file replication scheme inspired by a thermal diffusion phenomenon for storage load balancing in unstructured peer-to-peer (P2P) file sharing networks The proposed scheme is designed such that the storage utilization ratios of peers will be uniform, in the same way that the temperature in a field becomes uniform in a thermal diffusion phenomenon The proposed scheme creates replicas of files in peers probabilistically, where the probability is controlled by using parameters that can be used to find the trade-off between storage load balancing and search performance in unstructured P2P file sharing networks First we show through theoretical analysis that the statistical behavior of the storage load balancing cannoned by the proposed scheme has an analogy with the thermal diffusion phenomenon We then show through simulation that the proposed scheme not only has superior performance with respect to balancing the storage load among peers (the primary objective of the present proposal) hut also allows the performance trade-off to be widely found Finally, we qualitatively discuss a guideline for setting the parameter values in order to widely find the performance trade-off from the simulation results.

    DOI

  • Universal power laws in the threshold network model: A theoretical analysis based on extreme value theory

    A. Fujihara, M. Uchida, H. Miwa

    PHYSICA A-STATISTICAL MECHANICS AND ITS APPLICATIONS   389 ( 5 ) 1124 - 1130  2010年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We theoretically and numerically investigated the threshold network model with a generic weight function where there were a large number of nodes and a high threshold. Our analysis was based on extreme value theory, which gave us a theoretical understanding of the distribution of independent and identically distributed random variables within a sufficiently high range. Specifically, the distribution could be generally expressed by a generalized Pareto distribution, which enabled us to formulate the generic weight distribution function. By using the theorem, we obtained the exact expressions of degree distribution and clustering coefficient which behaved as universal power laws within certain ranges of degrees. We also compared the theoretical predictions with numerical results and found that they were extremely consistent. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Limit Theorems for the Average Distance and the Degree Distribution of the Threshold Network Model

    Akihiro Fujihara, Yusuke Ide, Norio Konno, Naoki Masuda, Hiroyoshi Miwa, Masato Uchida

    Interdisciplinary Information Sciences   15 ( 3 ) 361-366  2009年11月  [査読有り]

    DOI

  • Impact of Censoring on Estimation of Flow Duration Distribution and Its Mitigation Using Kaplan-Meier-Based Method

    Yuki Sakai, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E92D ( 10 ) 1949 - 1952  2009年10月  [査読有り]

     概要を見る

    A basic and inevitable problem in estimating flow duration distribution arises from "censoring" (i.e., cutting off) the observed flow duration because of a finite measurement period. We extended the Kaplan-Meier method, which is used in the Survival analysis field, and applied it to recover information on the flow duration distribution that was lost due to censoring. We show that the flow duration distribution from a short period of actual traffic data with censoring that was estimated using a Kaplan-Meier-based method can approximate well the flow duration distribution calculated from a sufficiently long period of actual traffic data.

    DOI

  • An Information-Theoretic Characterization of Weighted alpha-Proportional Fairness

    Masato Uchida, Jim Kurose

    IEEE INFOCOM 2009 - IEEE CONFERENCE ON COMPUTER COMMUNICATIONS, VOLS 1-5     1053 - +  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    This paper provides a novel characterization of fairness concepts in network resource allocation problems from the viewpoint of information theory. The fundamental idea adopted in this paper is to characterize the utility functions used in optimization problems, which motivate fairness concepts, based on a trade-off between user and system satisfaction. Here, user satisfaction is evaluated using information divergence measures that were originally used in information theory to evaluate the difference between two probability distributions. In this paper, information divergence measures are applied to evaluate the difference between the implemented resource allocation and a requested resource allocation. The requested resource allocation is assumed to be ideal in some sense from the user's point of view. Also, system satisfaction is evaluated based on the efficiency of the implemented resource utilization, which is defined as the total amount of resources allocated to each user. The results discussed in this paper indicate that the well-known fairness concept called weighted a-proportional fairness can be characterized using the a-divergence measure, which is a general class of information divergence measures, as an equilibrium of the trade-off described above. In the process of obtaining these results, we also obtained a new utility function that has a parameter to control the trade-off. This new function is then applied to typical examples to solve resource allocation problems in simple network models such as those for two-link networks and wireless LANs.

  • On the quality of triangle inequality violation aware routing overlay architecture

    Ryoichi Kawahara, Eng Keong Lua, Masato Uchida, Satoshi Kamei, Hideaki Yoshino

    Proceedings - IEEE INFOCOM     2761 - 2765  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    It is known that Internet routing policies for both intra- and inter-domain routing can naturally give rise to Triangle Inequality Violations (TIVs) with respect to Quality of Service (QoS) network metrics such as latencies between nodes. This motivates the exploitation of such TIVs phenomenon in network metrics to design TlV-aware routing overlay architecture which is capable of choosing quality overlay routing paths to improve end-to-end QoS without changing the underlying network architecture. Our idea is to find quality overlay routes between node pairs based on TIV optimization in terms of the latency and packet loss ratio, and that can offer near optimal routing quality in cost-effective and scalable manner. Our intuition to do this is to choose these overlay routes from a small set of transit nodes. We propose to assign nodes with transit selection frequency scores that are computed based on previous node usage for transit, and consolidate a small set of highly ranked transit nodes. For every node pair, we choose the best transit node in this small set for overlay routing, based on TIV optimization in latency and packet loss ratio. We analyze the quality of our TlV-aware routing overlay algorithm analytically and using real Internet measurements on latency and packet loss ratio. Our results show good quality performance in improving end-to-end QoS routing. © 2009 IEEE.

    DOI

  • Virtual Segment: Segmentation Method for Store-carry-forward Routing Schemes

    Shinya Yamamura, Akira Nagata, Masato Uchida, Masato Tsuru

    1st Workshop on Wireless Broadband Access for Communities and Rural Developing Regions (WIRELESS4D 2008)    2008年12月  [査読有り]

  • Mixture Model based Representation of Information Integration

    Masato Uchida, Hiroyuki Shioya, Yousuke Maehara

    Proceedings of SCIS&ISIS 2008   CD-ROM version ( CD-ROM version ) 1020 - 1025  2008年09月  [査読有り]

  • TCP flow level performance evaluation on error rate aware scheduling algorithms in Evolved UTRA and UTRAN networks

    Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 3 ) 761 - 771  2008年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We present a TCP flow level performance evaluation on error rate aware scheduling algorithms in Evolved UTRA and UTRAN networks. With the introduction of the error rate, which is the probability of transmission failure under a given wireless condition and the instantaneous transmission rate, the transmission efficiency can be improved without sacrificing the balance between system performance and user fairness. The performance comparison with and without error rate awareness is carried out dependant on various TCP traffic models, user channel conditions, schedulers with different fairness constraints, and automatic repeat request (ARQ) types. The results indicate that error rate awareness can make the resource allocation more reasonable and effectively improve the system and individual performance, especially for poor channel condition users.

    DOI

  • Design of an unsupervised weight parameter estimation method in ensemble learning

    Masato Uchida, Yousuke Maehara, Hiroyuki Shioya

    NEURAL INFORMATION PROCESSING, PART I   4984   771 - +  2008年  [査読有り]

     概要を見る

    A learning method using an integration of multiple component predictors as an ultimate predictor is generically referred to as ensemble learning. The present paper proposes a weight parameter estimation method for ensemble learning under the constraint that we do not have any information of the desirable (true) output. The proposed method is naturally derived from a mathematical model of ensemble learning, which is based on an exponential mixture type probabilistic model and Kullback divergence. The proposed method provides a legitimate strategy for weight parameter estimation under the abovementioned constraint if it is assumed that the accuracy of all multiple predictors are the same. We verify the effectiveness of the proposed method through numerical experiments.

  • Proxy data transfer system with a stable control channel and dynamically changing data channels

    Akira Nagata, Shinya Yamamura, Masato Uchida, Masato Tsuru

    Proceedings of the Annual International Conference on Mobile Computing and Networking, MOBICOM     121 - 123  2008年  [査読有り]

     概要を見る

    The present paper introduces the Proxy Data Transfer system, which enables file transfer applications to work over long delays and leaky or frequently disconnecting networks (referred to hereinafter as a "challenged environment"), in which traditional end-to-end communication does not work well. An important feature is that the satellite link is applied to the control channel with a low data rate in order to achieve sustainability over a very large area. We developed a prototype and conducted an experiment using the Japanese engineering testing satellite "KIKU no.8" in May of 2008. An experiment using KIKU no.8 will be described and a live demonstration in an emulated network environment will be given at CHANTS2008.

    DOI

  • Identifying heavy-hitter flows from sampled flow statistics

    Tatsuya Mori, Tetsuya Takine, Jianping Pan, Ryoichi Kawahara, Masato Uchida, Shigeki Goto

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E90B ( 11 ) 3061 - 3072  2007年11月  [査読有り]

     概要を見る

    With the rapid increase of link speed in recent years, packet sampling has become a very attractive and scalable means in collecting flow statistics; however, it also makes inferring original flow characteristics much more difficult. In this paper, we develop techniques and schemes to identify flows with a very large number of packets (also known as heavy-hitter flows) from sampled flow statistics. Our approach follows a two-stage strategy: We first parametrically estimate the original flow length distribution from sampled flows. We then identify heavy-hitter flows with Bayes' theorem, where the flow length distribution estimated at the first stage is used as an a priori distribution. Our approach is validated and evaluated with publicly available packet traces. We show that our approach provides a very flexible framework in striking an appropriate balance between false positives and false negatives when sampling frequency is given.

    DOI

  • TCP Flow level Performance evaluation on packet combining Hybrid ARQ inevolved UTRA and UTRAN network

    張艶, 内田真人, 鶴正人, 尾家祐二

    the 8th World Wireless Congress (WWC2007)    2007年05月  [査読有り]

  • Can error rate considered scheduling support TCP performance comparable to packet combining HARQ in evolved UTRA and UTRAN networks?

    張艶, 内田真人, 鶴正人, 尾家祐二

    Proc. 4th European Conference on Universal Multiservice Networks    2007年02月  [査読有り]

  • Estimating scale of peer-to-peer file sharing applications using multilayer partial measurement

    Satoshi Kamei, Masato Uchida, Tatsuya Mori, Yutaka Takahashi

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS   90 ( 3 ) 54 - 63  2007年  [査読有り]

     概要を見る

    Autonomous distributed systems comprising an overlay network on the Internet are proliferating as a new technology responsible for the next-generation Web. Due to the properties of such a large-scale system, it is difficult to measure the characteristics of the entire system without modifying the internal protocol of the applications. In this paper, by using a measurement method applicable to P2P applications and measured results obtained by applying this measurement method in part, a general-purpose method for estimating the size and behavior of the entire P2P network is proposed. Further, the present method is applied to a real P2P network and its effectiveness is presented by a specific example. (C) 2006 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI

  • Evolution and Learning Mediated by Difference in Developmental Timing

    Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII)   11 ( 8 ) 905-913  2007年  [査読有り]

  • Effect of Introducing Predictive CIR on Throughput Performance in HSDPA Networks

    張艶, 内田真人, 鶴正人, 尾家祐二

    The 17th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications(PIMRC 2006)    2006年09月  [査読有り]

  • QoS-aware overlay routing with limited number of alternative route candidates and its evaluation

    Masato Uchida, Satoshi Kamei, Ryoichi Kawahara, Takeo Abe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E89B ( 9 ) 2361 - 2374  2006年09月  [査読有り]

     概要を見る

    A recent trend in routing research is the use of overlay routing to improve end-to-end QoS without changing the network-level architecture. The key of this technology is to find an alternative route that can avoid congested routes, using an overlay network. Developing cost-efficient overlay routing in terms of calculation cost and information distribution cost needed to find an alternative route is important for deploying QoS-aware overlay routing. Thus, this paper evaluates how effective overlay routing can be when the number of alternative route candidates is limited to reduce costs. Evaluation results using actual measurement data indicate that overlay routing is still effective even if alternative route candidates are limited to 1/4 of all possible alternative routes. We also discuss an overlay routing algorithm to enable us to find an appropriate route under the constraint that the number of alternative route candidates is limited.

    DOI

  • Scheduling algorithms with error rate consideration in HSDPA networks

    Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    IWCMC 2006 - Proceedings of the 2006 International Wireless Communications and Mobile Computing Conference   2006   1241 - 1246  2006年  [査読有り]

     概要を見る

    The probability of transmission failure under a given wireless condition and instantaneous transmission rate is introduced as a new scheduling metric to improve the performance of existing scheduling algorithms. Scheduling algorithms for high-speed downlink packet access (HSDPA) in wideband code division multiple access (WCDMA) networks generally deal with the instantaneous transmission rate of each user as a key parameter reflecting the time-varying and location-dependent characteristics of the wireless channel. As a more detailed measure of the wireless condition of each user, the error rate metric improves the effectiveness of sharing resources without sacrificing a good balance between system performance and user fairness. Simulation results demonstrate that a performance gain of approximately 20% can be achieved for several well-known scheduling algorithms when the error rate is taken into account. Copyright 2006 ACM.

    DOI

  • Performance Evaluation of QoS-Aware Routing in Overlay Network.

    Masato Uchida, Satoshi Kamei, Ryoichi Kawahara

    Information Networking, Advances in Data Communications and Wireless Networks, International Conference, ICOIN 2006, Sendai, Japan, January 16-19, 2006, Revised Selected Papers     925 - 934  2006年  [査読有り]

    DOI

  • アンサンブル学習における符号を保つ重み正規化手法に関する検討

    前原 洋祐, 内田 真人, 塩谷 浩之, 大森 隆司

    電子情報通信学会論文誌   J89-D ( 10 ) 2370-2375  2006年  [査読有り]

  • Hop-value-based query-packet forwarding for pure P2P

    M Uchida, S Nogami

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E88B ( 12 ) 4517 - 4522  2005年12月  [査読有り]

     概要を見る

    In pure peer-to-peer (P2P) file sharing applications and protocols using a flooding-based query algorithm, a large number of control packets (query packets) are transmitted on the network to search for target files. This clearly leads to a degradation of communication quality on the network and terminals as the number of users of the application increases. To solve such problems, this paper proposes: (1) a unified framework to describe a wide variety of query algorithms for pure P2P and (2) a new query algorithm based on this framework. Our framework determines the number of destinations for query packets based on the hop value recorded in received query packets. Simulation results revealed that the proposed query algorithm can reduce the overhead in the flooding-based query algorithm and k-random walks without decreasing the success rate of retrieval regardless of the density of target files in the network.

    DOI

  • Flow analysis of internet traffic: World wide web versus peer-to-peer

    Tatsuya Mori, Masato Uchida, Shigeki Goto

    Systems and Computers in Japan   36 ( 11 ) 70 - 81  2005年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Peer-to-peer (P2P) applications have been expanding rapidly in recent years, and the contribution of P2P to present Internet traffic is close to that of the World Wide Web (WWW). In this study, the flow of WWW and P2P traffic is analyzed by network measurement. The characteristics of WWW and P2P are examined, especially in terms of the flow arrival interval, flow duration, flow size, and flow rate. Based on the results of the analysis, the effect of a P2P flow increase on the overall traffic characteristics is investigated. The results of this study will be utilized in network design, proposals for control procedures, and traffic modeling, considering the traffic characteristics of particular applications. © 2005 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI

  • An extended formula for divergence measures using invariance

    Masato Uchida, Hiroyuki Shioya

    Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   88 ( 4 ) 35 - 42  2005年04月  [査読有り]

     概要を見る

    The f-divergence, which is defined by using a class of convex functions, is used as a generalized phenotype of discriminant measures between two probability distributions. In this paper, we derive a new class of discriminant measures defined on the set of all positive finite measures using the invariance of the f-divergence. This is a class of discriminant measures different from ones which have often been used. We mention some aspects of its effectiveness concerning the extension of discriminant measures by showing that the proposed class includes measures that facilitate statistical data processing and are suitable for the explicit formulation and analysis of the ensemble learning method. © 2004 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI

  • Replication scheme for traffic load balancing and its parameter tuning in pure P2P communication

    Shinya Nogami, Masato Uchida, Takeo Abe

    Proceedings - 2005 International Symposium on Autonomous Decentralized Systems, ISADS 2005   2005   701 - 706  2005年  [査読有り]

     概要を見る

    A replication scheme is an effective method for maintaining a high hit rate for target files. This paper proposes a new replication scheme that scatters 'replicas ' of files to other servents on a P2P network for the purpose of dispersing query and download traffic. First, the details of this proposed scheme are described and its parameter tuning is discussed by introducing rating functions. Second, the effectiveness of this scheme is evaluated by simulation. The simulation results demonstrate that the proposed scheme has superior performance for some characteristic values, such as the hit rate and the number of mean hops to the target servent, compared with other schemes. Finally, the influence of departure rate is discussed.

    DOI

  • 複数レイヤでの部分測定を用いたP2Pファイル共有アプリケーションの規模推定

    亀井 聡, 内田 真人, 森 達哉, 高橋 豊

    電子情報通信学会論文誌   J88-B ( 11 ) 2171-2180  2005年  [査読有り]

  • Traffic data analysis based on extreme value theory and its applications to predicting unknown serious deterioration

    M Uchida

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E87D ( 12 ) 2654 - 2664  2004年12月  [査読有り]

     概要を見る

    It is important to predict serious deterioration of telecommunication quality. This paper investigates predicting such serious events by analyzing only a "short" period (i.e., a "small" amount) of teletraffic data. To achieve this end, this paper presents a method for analyzing the tail distributions of teletraffic state variables, because tail distributions are suitable for representing serious events. This method is based on Extreme Value Theory (EVT), which provides a firm theoretical foundation for the analysis. To be more precise, in this paper, we use throughput data measured on an actual network during daily busy hours for 15 minutes, and use its first 10 seconds (known data) to analyze the tail distribution. Then, we evaluate how well the obtained tail distribution can predict the tail distribution of the remaining 890 seconds (unknown data). The results indicate that the obtained tail distribution based on EVT by analyzing the small amount of known data can predict the tail distribution of unknown data much better than methods based on empirical or log-normal distributions. Furthermore, we apply the obtained tail distribution to predict the peak throughput in unknown data. The results of this paper enable us to predict serious deterioration events with lower measurement cost.

  • Identifying elephant flows through periodically sampled packets.

    Tatsuya Mori, Masato Uchida, Ryoichi Kawahara, Jianping P, Shigeki Goto

    Proceedings of the 4th ACM SIGCOMM Internet Measurement Conference, IMC 2004, Taormina, Sicily, Italy, October 25-27, 2004     115 - 120  2004年  [査読有り]

    DOI

  • 不定性を用いた分布間情報量の拡張形式に関する検討

    内田 真人, 塩谷 浩之

    電子情報通信学会論文誌   J87-A ( 4 ) 546-553  2004年  [査読有り]

  • インターネットトラヒックのフロー分析:Web と P2P の特性比較

    森 達哉, 内田 真人, 後藤 滋樹

    電子情報通信学会論文誌   J87-D-I ( 5 ) 561-571  2004年  [査読有り]

  • アンサンブル学習モデルにおける重み付けに関する考察

    内田 真人, 塩谷 浩之

    電子情報通信学会論文誌   J86-D-II ( 7 ) 1131-1134  2003年  [査読有り]

  • アンサンブル学習の解析と拡張

    内田 真人, 塩谷 浩之, 伊達 惇

    電子情報通信学会論文誌   J84-D-II ( 7 ) 1537-1542  2001年  [査読有り]

  • 非ベイズ的付加項を用いた多層パーセプトロンの学習

    内田 真人, 塩谷 浩之, 伊達 惇

    電子情報通信学会論文誌   J83-DII ( 6 ) 1572-1576  2000年  [査読有り]

▼全件表示

Misc

  • BS-3-38 INFERRING ORIGIN-DESTINATION TRAFFIC MATRIX WITH PARTIAL OBSERVATION ON OPENFLOW NETWORKS(BS-3. Advanced Technologies in the Design, Management and Control for Future Innovative Communication Network)

    Yamashita Shota, Uchida Masato, Tsuru Masato

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 ) "S - 80"-"S-81"  2015年02月

    CiNii

  • B-6-98 ネットワークトモグラフィによるODトラヒック行列推定の実用化(B-6.ネットワークシステム)

    古閑 健一, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 ) 98 - 98  2013年03月

    CiNii

  • 時間周期的パケットサンプリングの統計的性質とその異常トラヒック検知への応用

    内田 真人, 縄田 秀一, Gu Yu, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   110 ( 448 ) 651 - 656  2011年02月

     概要を見る

    正常時のトラヒックパターンを表す基準モデルを,正常/異常パケットの分類がなされてないトラヒックデータを用いて学習することを特徴とした異常トラヒック検出手法を提案する.学習された基準モデルは,監視対象ネットワークにおいて計測されたトラヒックデータとの比較のために用いられる.本論文では,提案手法を実現するために,時間周期的パケットサンプリングにおける偏りや散らばりといった統計的性質を応用する.さらに,独立にサンプリングされたトラヒックデータを個別に学習した複数の基準モデルを用いることで,サンプリング時間間隔を確率的に決定することに伴う異常トラヒック検出性能の統計的変動を緩和する手法や,逆に,その統計的変動を利用して異常トラヒック検出の感度を調整することで,異常トラヒック検出結果におけるFalse PositiveとFalse Negativeとの間のトレードオフを調整することのできる手法を提案する.実トラヒックデータを用いた実験の結果,提案手法はバースト性を伴う異常トラヒックの検知に有効であることが示された.

    CiNii

  • 大規模ネットワークにおける負荷分散のためのノード次数を利用した経路選択指標に関する検討

    田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   110 ( 448 ) 433 - 437  2011年02月

     概要を見る

    インターネットにおいて,従来の最小コスト経路選択に起因する輻輳,および,通信品質の劣化に対応するため,Traffic Engineering(TE)に代表される負荷分散経路制御が多く提案されている.しかし,そこではトポロジと適切な利用経路の関係について充分に議論されていない.本稿では,大規模ネットワークの特徴であるスケールフリー性を有するインターネットにおいて,ノード次数を利用した経路選択指標を定義し,負荷分散経路制御における経路選択指標として適切なノード次数の利用方法について議論する.評価結果から,提案したp次ノルムに基づく経路決定により,最も輻輳しやすいリンクに集中する負荷を大幅に減少できることを示し,さらに,最も負荷分散効果を発揮するために適切なpについて明らかにした.

    CiNii

  • 時間周期的パケットサンプリングによる教師無しアンサンブル異常検出手法

    縄田 秀一, 内田 真人, Gu Yu, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   109 ( 449 ) 325 - 330  2010年02月

     概要を見る

    本研究では,正常時のトラヒックパターンを表す基準モデルを,正常/異常パケットの分類がなされてないトラヒックデータ(教師無しデータ)を用いて学習することを特徴とした異常トラヒック検出手法を提案する.学習された基準モデルは,監視対象ネットワークにおいて計測されたトラヒックデータとの比較のために用いられる.これを実現するために,提案手法ではパケットサンプリングを本来とは異なる目的で用いる.すなわち,パケットサンプリングの欠点である情報損失特性を利用して,教師無しデータに含まれる正常パケットを効率良く抽出する,また,サンプルされたトラヒックデータの確率的変動が検出性能へ与える影響を軽減するために,複数の基準モデルを統合して用いるというアンサンブル異常検出手法を提案する.実トラヒックデータを用いた実験の結果,提案手法を用いることで,異常検出性能を犠牲にすることなく,上記の分類作業に伴う負担を削減可能であることが示された.

    CiNii

  • 第四世代移動体通信網におけるTCP通信のスループット評価

    角田 邦真, 飯塚 秀明, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   109 ( 448 ) 223 - 228  2010年02月

     概要を見る

    次世代の移動体通信としてIMT-Advancedが注目を集めている.本研究では,IMT-Advancedの無線リンク上でユーザ毎に時間とともに変動する無線状態だけでなく,周波数ブロック単位での無線状態も考慮する,時間/周波数分割スケジューリングを用いる場合の,基本性能および様々なパラメタによる性能への影響を評価する.具体的には,最も基本的なスケジューリング方式であるMaxCIRおよびProportional Fairを用いて,無限長ファイルの転送におけるTCPスループットの性能をシミュレーションにより調査し,無線基地局のバッファ長および有線ネットワークの遅延時間の変化によるTCPスループットへの影響を分析する.

    CiNii

  • 断続的接続環境におけるフローレベルの待ちが可能なパス選択手法

    山田 裕也, 田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   109 ( 448 ) 37 - 42  2010年02月

     概要を見る

    無線通信技術の発展と普及に伴い,パケットロス,リンク遅延,接続性等のリンク状態が大きく時間変動する劣通信環境においても信頼性のある通信を実現するための技術が必要となってきた.本研究では,伝送帯域の異なる異種無線アクセスネットワークを通してインターネットへ接続可能な断続的接続性を含む通信環境において,受信先ノードまでの複数のパスのうち,ある性能目標に適した通信パスを選択する問題を取り扱う.これまでに,あるパスの切断時に到着したフローについて,パスの回復を固定の許容時間だけ待機可能なパス選択手法の有効性を示したが,パスや転送トラヒックの特性に応じた待機時間の調整が必要であるという問題も明らかとなった.そこで本研究では,明示的な待機時間を与えるのではなく,パスや転送トラヒックに関する情報を利用したパス選択メトリックを定義することで,暗にパス状態の回復を待機するようなパス選択手法を提案する.また,フローの転送遅延を最小化するような通信パスを選択するためのパス状態やトラヒックに関する情報を明らかにする.

    CiNii

  • Unsupervised ensemble anomaly detection through time-periodical packet sampling

    Shuichi Nawata, Masato Uchida, Yu Gu, Masato Tsuru, Yuji Oie

    Proceedings - IEEE INFOCOM     1 - 6  2010年

     概要を見る

    We propose an anomaly detection method that trains a baseline model describing the normal behavior of network traffic without using manually labeled traffic data. The trained baseline model is used as the basis for comparison with the audit network traffic. The proposed method can be carried out in an unsupervised manner through the use of time-periodical packet sampling for a different purpose from which it was intended. That is, we take advantage of the lossy nature of packet sampling for the purpose of extracting normal packets from the unlabeled original traffic data. By using real traffic traces, we show that the proposed method is comparable in terms of false positive and false negative rates on detecting anomalies regarding TCP SYN packets to the conventional method that requires manually labeled traffic data to train the baseline model. In addition, in order to mitigate the possible performance variation due to probabilistic nature of sampled traffic data, we devise an ensemble anomaly detection method that exploits multiple baseline models in parallel. Experimental results show that the proposed ensemble anomaly detection performs well and is not affected by the variability of time-periodical packet sampling. ©2010 IEEE.

    DOI

  • A generalized file replication scheme with diffusion-based storage load balancing function in unstructured P2P file-sharing networks

    Masanori Takaoka, Masato Uchida, Yuji Oie

    Proceedings - 2nd International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems, INCOS 2010     350 - 355  2010年

     概要を見る

    In this paper, we provide a generalized file replication scheme with a storage load balancing function in unstructured P2P file-sharing networks. The generalized file replication scheme is expressed as a weighted mixture of the concepts introduced in existing schemes. A mathematical analysis shows that the system behavior realized by the generalized file replication scheme can be described by a thermal diffusion equation composed of heat, reaction and diffusion terms, the weights of which are controlled by a parameter of the mixing rate. Here, the heat term represents a function to enhance file search performance by making replicas on specific peers. The reaction term represents a function to avoid concentrations of storage loads on specific peers. The diffusion term represents a function to uniform the storage loads among peers. The simulation results show that the generalized file replication scheme enables us to control the trade-off between search and storage load balancing performances extensively and intuitively by controlling the parameter of the mixing rate. In addition, the simulation results show that the generalized file replication scheme can adapt to dynamic P2P file-sharing environments. © 2010 IEEE.

    DOI

  • B-16-7 省電力ネットワークの実現に向けたピークトラヒックの推定(B-16.インターネットアーキテクチャ,一般セッション)

    金光 宏明, 田村 瞳, 内田 真人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2009 ( 2 ) 359 - 359  2009年09月

    CiNii

  • 複数の劣品質通信路を活用したデータ転送方式に関する一検討

    永田 晃, 山村 新也, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   108 ( 457 ) 189 - 194  2009年02月

     概要を見る

    劣通信環境(通信切断が頻発,遅延が極めて大きい,ロスや帯域変動が激しい等)では,従来の安定したインターネットを前提として設計されているTCP/IP技術をそのまま利用するだけでは転送性能が極端に低下する.著者らは,特性の異なる複数の通信回線(通信媒体)が利用可能ではあるが個々の通信回線単独では十分な通信能力が得られない環境において,これらを通信特性を考慮して組み合わせて併用することで効率的なデータ転送を行うアーキテクチャを提案している.本稿では,本手法に関する検討内容について報告する.

    CiNii

  • Performance Evaluation of Power Saving Scheme with Dynamic Transmission Capacity Control

    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Kenji Kawahara, Yuji Oie

    2nd International Workshop on Green Communications In conjunction with the IEEE Global Communications Conference (IEEE GLOBECOM 2009)    2009年

  • Dynamic Link Control with Changing Traffic for Power Saving

    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Kenji Kawahara, Yuji Oie

    The 34th IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN)    2009年

  • Path Selection Scheme for Traffic Load Distribution Considering the Characteristics of Network Topology

    Jun'ichi Shimada, Nobumasa Natsui, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie

    Consumer Electronics, 2009. ISCE '09. IEEE 13th International Symposium on     876 - 880  2009年

    DOI

  • Overlay Routing with Acceptable Waiting Time for Unstably Fluctuated Network Environments

    Yuya Yamada, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    The International Conference on Information Networking 2009 (ICOIN 2009)    2009年

  • 断続的接続環境における許容待機時間付きオーバーレイルーティング

    山田 裕也, 田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ   108 ( 287 ) 27 - 32  2008年11月

     概要を見る

    ネットワーク資源の有効利用や負荷分散を実現するトラヒックエンジニアリング(TE)のひとつとしてオーバレイルーティングがある.一般的なオーバレイルーティングでは,トラヒック到着時に,その使用経路としてデフォルト経路と迂回経路のうち品質が良いものを即座に選択する.しかし,無線通信技術の普及により,アンダーレイネットワークにおいて,接続性が断続的であったりパケットロスが頻繁に発生するといった不安定な環境が増加してきた.このように不安定な環境において従来のオーバレイルーティングを適用する場合,迂回経路を過剰に利用することにより,迂回経路上のトラヒックへ悪影響が生じる可能性がある.また,ISPのコスト構造を無視したトラヒックが発生するといった悪影響も懸念される.そこで本論文では,デフォルト経路の品質劣化時は,トラヒック到着時に利用経路を即座に選択せずに,経路決定までの許容待機時間(Acceptable Waiting Time,AWT)を有する新しいオーバレイルーティング手法を提案する.シミュレーション評価により,不安定な通信環境における提案手法の有効性を示した.

    CiNii

  • 劣通信環境における複数通信路を活用したデータ転送方式

    永田 晃, 山村 新也, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   108 ( 258 ) 99 - 104  2008年10月

     概要を見る

    劣通信環境(通信切断が頻発,遅延が極めて大きい,ロスや帯域変動が激しい等)では,従来の安定したインターネットを前提として設計されているTCP/IP技術を利用すると転送性能が極端に低下する.本稿では,特性の異なる複数の通信回線(通信媒体)が利用可能ではあるが個々の通信回線単独では十分な通信能力が得られない環境において,これらを通信特性を考慮して組み合わせて併用することで効率的なデータ転送を行うアーキテクチャを提案する.試作システムで技術実験衛星きく8号を利用した実証実験を行っており,その実験結果も示す.

    CiNii

  • 教師なしアンサンブル学習に関する検討 : 集合知の情報論的モデル化

    内田 真人, 前原 洋祐, 塩谷 浩之

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107 ( 413 ) 25 - 30  2008年01月

     概要を見る

    個々に学習された複数の予測器の重み付き混合を最終的な予測器として用いる学習方法はアンサンブル学習と総称される.著者らはこれまでの研究の中で,教師付き学習データが与えられていないという条件下におけるアンサンブル学習のための重みパラメータ推定法を提案している.本稿では,この重みパラメータ推定法が,集合知と呼ばれる事例と関連があることを明らかにする.また,簡易な重みパラメータ推定法を新たに導出し,その有効性を計算機実験を通して評価する.さらに,こうした重みパラメータ推定法の拡張形式についても議論する.

    CiNii

  • TCP Performance over Evolved UTRA and UTRAN with Time-Frequency Scheduling

    Masaru Hirose, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    International Conference on the Latest Advances in Networks (ICLAN 2008)    2008年

  • Thermal Diffusion-based Access Load Balancing for P2P File Sharing Networks

    Masanori Takaoka, Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie

    ComP2P 2008    2008年

    DOI

  • Scaling Properties of Complex Networks: Towards Wilsonian Renormalization for Complex Networks

    Kento Ichikawa, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    PHYSCOMNET'08    2008年

    DOI

  • QoSオーバーレイルーティングの性能評価と様々なQoSメトリックへの適用

    川原 亮一, ルア エンキョン, 内田 真人, 亀井 聡, 吉野 秀明

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   107 ( 222 ) 7 - 12  2007年09月

     概要を見る

    IPレイヤを変更せずにend-to-end QoSを向上させる技術として,オーバーレイネットワークによる経路制御が着目されている.本制御では,オーバーレイネットワークを用いてIPネットワークにおける輻輳箇所を迂回する経路を構築することにより,QoS向上を図る.著者らはこれまでに,遅延時間に関して,多くの通信ペアに最適な迂回経路を提供するオーバーレイノードが一部に偏っているという特性を利用して,迂回経路探索数を制限しつつ最適中継ノードを学習して全経路探索時とほぼ同等のQoS向上を実現する経路選択アルゴリズムを提案した.本稿では,提案方式の有効性を解析モデルと実測データを用いて分析する.また,提案方式の様々なQoSへの適用可能性についても論じる.

    CiNii

  • B-7-13 複数QoS metricを考慮したQoSオーバーレイ経路制御の性能評価(B-7.情報ネットワーク,一般講演)

    川原 亮一, 亀井 聡, Lua Eng Keong, 内田 真人, 吉野 秀明

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2007 ( 2 ) 73 - 73  2007年08月

    CiNii

  • QoSオーバーレイ経路選択アルゴリズムのトラヒック変動への追従性評価

    川原 亮一, 内田 真人, 亀井 聡

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   106 ( 237 ) 37 - 42  2006年09月

     概要を見る

    IPレイヤを変更せずにend-to-end QoSを向上させる技術として,オーバーレイネットワークによる経路制御が着目されている.本制御では,オーバーレイネットワークを用いてIPネットワークにおける輻輳箇所を迂回する経路を構築することにより,QoS向上を図る.著者らはこれまでに,多くの通信ペアに最適な迂回経路を提供するオーバーレイノードが一部に偏っているという特性を利用して,迂回経路探索数を制限しつつ最適中継ノードを学習して全経路探索時とほぼ同等のQoS向上を実現する経路選択アルゴリズムを提案した.本稿では,IPレイヤでのトラヒック条件の変動に伴う最適中継ノードの変化に追従可能なように提案方式を修正し,様々なトラヒック変動パターンに対して提案方式が有効に動作することをシミュレーション評価により示す.また,オーバーレイネットワークにより迂回されるトラヒックが新たな輻輳をIPレイヤに引き起こす場合への対応可能性についても評価する.

    CiNii

  • ピアによるファイル提供の局所制御に基づくストレージ負荷分散

    大西 圭, 市川 憲人, 山本 寛, 内田 真人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ   106 ( 62 ) 49 - 54  2006年05月

     概要を見る

    ファイル共有を目的とした非構造型Peer-to-peer(P2P)ネットワークのための従来のストレージ負荷分散手法は,主にファイルの複製をピアに生成する際に発生する負荷(ファイル書込み負荷)に注目してきた.本論文は,検索要求ファイルを持つピアがそのファイルをストレージから読み出し提供する際に発生する負荷(ファイル読込み負荷)に注目し,そのような負荷をピア間で分散する手法を提案する.提案手法は,要求ファイルを持つ注目ピアとその隣接ピアの間で過去のファイル提供回数を比較し,その比較に基づいて注目ピアがファイル提供を行うか否かを決定する.しかしながら,検索要求ファイルを持つピアがそのファイルの提供を拒むことは,ファイル検索ホップ数の増加を引き起こす可能性がある.そこで,ファイル検索ホップ数に関する制約の下で,出来る限り読込み負荷を分散させる手法パラメータ値の調整を遺伝的アルゴリズムを用いて行う.実験の結果は,調整されたパラメータ値を持つ提案手法とファイル書込み負荷分散に優れたファイル複製配置手法を組み合わせた手法が,優れた大局的ストレージ負荷分散を達成することを示す.

    CiNii

  • B-7-132 迂回経路候補数に制限がある場合のQoSオーバーレイ経路選択アルゴリズム(B-7.情報ネットワーク,一般講演)

    川原 亮一, 亀井 聡, 内田 真人, 阿部 威郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006 ( 2 ) 228 - 228  2006年03月

    CiNii

  • P2Pファイル共有アプリケーションにおける負荷分散を実現する複製配置手法 : 熱拡散現象とのアナロジー

    市川 憲人, 大西 圭, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   105 ( 628 ) 125 - 130  2006年03月

     概要を見る

    ファイル共有を目的とした非構造型Peer-to-Peer(P2P)アプリケーションにおいて,複製の配置は検索効率を高めるための有効な方法であるが,既存の複製配置手法には,一部のピアに負荷を集中させてしまうという欠点がある.そこで本研究では検索効率と両立しながら負荷分散を達成するために,熱拡散現象に着想を得た複製配置手法を提案した.理論解析の結果,提案手法は統計的に熱拡散現象と類似の挙動を示すことを明らかにした.また,シミュレーション評価の結果,提案手法は検索性能と負荷分散をうまく両立させる能力に加え,検索効率と負荷分散の多様なトレードオフ関係を開拓する能力を有することが分かった.

    CiNii

  • 迂回経路候補数に制限がある場合のQoSオーバーレイ経路選択アルゴリズムとその評価

    川原 亮一, 亀井 聡, 内田 真人, 阿部 威郎

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   105 ( 628 ) 231 - 236  2006年03月

     概要を見る

    IPレイヤを変更せずにend-to-end QoSを向上させる技術として,オーバーレイネットワークによる経路制御が着目されている.本制御では,オーバーレイネットワークを用いてIPネットワークにおける輻輳箇所を迂回する経路を構築することにより,QoS向上を図る.著者らはこれまでに,各通信ペアに最適な迂回経路を提供するオーバーレイノードは少数に偏っていることを実データを用いて示した.本稿では,この最適ノードの非均一性を利用した経路選択アルゴリズムを提案する.提案方式は,迂回経路候補数を制限して経路計算に伴うコストを削減しつつ,全経路探索時とほぼ同等のQoS向上を実現する.

    CiNii

  • Dynamic Storage Load Balancing with Analogy to Thermal Diffusion for P2P File Sharing

    内田真人, 大西圭, 市川憲人, 鶴正人, 尾家祐二

    Workshop on interdisciplinary systems approach in performance evaluation and design of computer & communications systems (Inter-Perf 2006)    2006年

    DOI

  • Network Topologies Emerging in An Evolutionary Optimization Process

    大西圭, 内田真人, 尾家祐二

    Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International ymposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006)     401 - 406  2006年

  • Storage Load Balancing via Local Interactions Among Peers in Unstructured P2P Networks

    大西圭, 山本寛, 市川憲人, 内田真人, 尾家祐二

    International Workshop on Peer-to-Peer Infromation Management (P2PIM2006), 8 pages, CD-ROM    2006年

  • B-7-64 オーバーレイルーチングの効率化に関する評価(B-7.情報ネットワーク, 通信2)

    内田 真人, 亀井 聡, 川原 亮一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2005 ( 2 ) 191 - 191  2005年09月

    CiNii

  • B-7-10 大規模分散環境における品質把握に向けたクラスタ化手法の検討(B-7.情報ネットワーク, 通信2)

    亀井 聡, 内田 真人, 川原 亮一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2005 ( 2 ) 137 - 137  2005年09月

    CiNii

  • オーバーレイルーティングへのP2P技術の応用

    亀井 聡, 内田 真人, 川原 亮一, 阿部 威郎

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   105 ( 178 ) 55 - 60  2005年07月

     概要を見る

    IPネットワークの広範な普及に伴い, インターネットのend-to-end環境は複雑化を増しており, 様々な箇所で発生する品質劣化や輻輳を回避してend-to-endでの品質を向上させるためには大域的なトラヒックエンジニアリングが必要となっている.一方, インターネットへのアクセス環境と端末機能の向上は著しく, P2Pに代表されるエンドホストベースのオーバーレイネットワークがその影響力を増している.本稿ではエンドホストベースのオーバーレイネットワークによるトラヒックエンジニアリング方式を提案し, 実インターネットの測定結果からその実現可能性について考察する.

    CiNii

  • オーバーレイネットワークによるQoSルーチング制御に関する評価

    内田 真人, 亀井 聡, 川原 亮一

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   105 ( 178 ) 13 - 18  2005年07月

     概要を見る

    下位のネットワークレイヤを変更せずにエンド・ツー・エンドのQoSの向上を可能とする技術として, オーバーレイネットワークによる経路制御が注目されている.これは, オーバーレイネットワークを用いることで, 輻輳箇所を回避するような経路にトラヒックを迂回させるという技術である.本技術を実現する上では, このような迂回経路を発見するための計算コストを考慮した評価が重要となる.そこで, 本稿では特に, 迂回経路の候補を制限した場合に, 本技術の効果がどの程度得られるかということに関する評価をISP間の計測データに基づいて行った.この結果, 迂回経路候補を適切に制限することで, 本技術の効果が充分に得られることが分かった.

    CiNii

  • オーバレイネットワークによるトラヒック制御の提案

    木村 卓巳, 内田 真人, 川原 亮一, 亀井 聡, 森 達哉, 能上 慎也, 阿部 威郎

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   104 ( 182 ) 7 - 12  2004年07月

     概要を見る

    本稿では,IPネットワークの上位の論理ネットワーク(オーバーレイネットワーク)を利用したインターネットスケールのトラヒック制御を提案する.そのキー技術は,リアルタイム測定にもとづくIPレイヤの状態推定,その情報にもとづく動的トポロジ制御とQoS(Quality of Service)ルーチングである.本制御により,複数ISP(Internet Service Provider)をまたがるエンド・ツー・エンドでのユーザ間通信の高品質化やIPトラヒックの負荷分散が可能になると期待できる.

    CiNii

  • サンプルしたパケットからエレファントフローを特定する方法

    森 達哉, 内田 真人, 川原 亮一, 後藤 滋樹

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム   104 ( 18 ) 17 - 20  2004年04月

     概要を見る

    比較的流量の多いインターネット回線では,極めて多数のパケットから構成される少数のフロー(エレファントフロー)が全体のトラフィック流量の大部分を占める現象が観測される.エレファントフローを特定し,それを制御対象とすることにより,効率的かつ効果的なトラフィック制御を実現できる.一方,近年のネットワーク回線の高速化にともない,スケーラブルなネットワーク計測・管理技術としてパケットサンプリングが注目されている.本研究は,特にエレファントフローに着目し,サンプルしたパケットからエレファントフローを特定する手法を提案する。また,提案手法を実データを用いて評価した結果を示す.

    CiNii

  • B-7-115 非構造化オーバーレイネットワークの分散トポロジ制御の一提案(B-7. 情報ネットワーク)

    木村 卓巳, 亀井 聡, 森 達哉, 内田 真人, 住田 修一, 阿部 威郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004 ( 2 ) 324 - 324  2004年03月

    CiNii

  • B-7-117 パケットサンプリングを用いたエレファントフローの特定手法(B-7. 情報ネットワーク)

    森 達哉, 内田 真人, 川原 亮一, 後藤 滋樹

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004 ( 2 ) 326 - 326  2004年03月

    CiNii

  • アンサンブル学習の理論的モデル化に関する一検討

    内田 真人, 塩谷 浩之, 伊達 惇

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   100 ( 618 ) 17 - 23  2001年02月

     概要を見る

    アンサンブル学習とは, 汎化性能向上の目的から, 学習済みの複数の学習機械についてそれらの出力の重み付き平均値を予測値とする手法である.本稿では, 負の対数尤度関数を損失関数とするアンサンブル学習を定式化し, その有効性をパラメータ推定の立場から漸近論的に評価する.また, アンサンブル学習の本質がKullbackダイバージェンスに関する3段階の最小化操作にあることから, これをα-ダイバージェンスを用いる場合に拡張する.さらに, 非ベイズ的付加項を用いた学習との関連性についても述べる.

    CiNii

  • MLPの正則化項に関する一検討

    内田 真人, 塩谷 浩之, 伊達 惇

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   99 ( 382 ) 39 - 44  1999年10月

     概要を見る

    多層パーセプトロンの学習において,過学習の回避,汎化能力の向上,あるいは構造化等の目的で,最小化すべき損失関数に正則化項を付け加える学習法が提案されている.本稿では,パラメータ推定の枠組を用い,非ベイズ的正則化項付き学習アルゴリズムを導出した.本稿で設定した確率モデルの特徴は,損失関数を自乗誤差関数とした場合に顕著に現れる.この場合,正則化項をモデルの分散として捉えることが可能になった.

    CiNii

▼全件表示

産業財産権

  • 品質測定方法およびノード装置

    4473199

    特許権

  • オーバーレイネットワークにおける通信経路計算システムと方法およびプログラム

    4437976

    特許権

  • 複数地点測定を用いたネットワーク規模推定システムおよびその方法、ならびにそのプログラムとプログラムを記録した記録媒体

    4390210

    特許権

  • ネットワーク規模推定システムと方法およびプログラム

    3960323

    特許権

  • P2Pネットワークのトラヒック制御方法並びにプログラム及び記録媒体

    3806072

    特許権

受賞

  • MWS論文賞

    2019年10月   情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム   ドメインパーキングを利用するドメイン名の大規模実態調査  

    受賞者: 戸祭隆行, 千葉 大紀, 秋山 満昭, 内田 真人

  • CSS学生論文賞

    2019年10月   情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム   クラウドサービス悪用攻撃の大規模実態調査  

    受賞者: 福士 直翼, 千葉 大紀, 秋山 満昭, 内田 真人

  • FIT論文賞

    2019年09月   情報処理学会 情報科学技術フォーラム   情報理論に基づいた高信頼かつ高効率なハンドサインの設計  

    受賞者: 高橋 時生, 内田 真人

  • 活動功労賞

    2016年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

    受賞者: 内田 真人

  • Best Poster Award

    2014年12月   SCIS & ISIS 2014   Unsupervised Weight Parameter Estimation for Exponential Mixture Distribution based on Symmetric Kullback-Leibler Divergence  

    受賞者: Masato Uchida

  • 功労賞

    2012年07月   電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    受賞者: 内田 真人

  • 通信ソサイエティ マガジン論文賞

    2012年05月   電子情報通信学会   DTN技術の現状と展望  

    受賞者: 鶴 正人, 内田 真人, 滝根 哲哉, 永田 晃, 松田 崇弘, 巳波 弘佳, 山村 新也

  • ネットワークシステム研究賞

    2012年03月   電子情報通信学会ネットワークシステム研究会   時間周期的パケットサンプリングの統計的性質とその異常トラヒック検知への応用  

    受賞者: 内田 真人, 縄田 秀一, Yu Gu, 鶴 正人, 尾家 祐二

  • ベストオーサー賞

    2011年09月   応用数理学会   電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル  

    受賞者: 佐藤 大輔, 内田 真人

  • 電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)

    2010年03月   財団法人電気通信普及財団   Identifying Heavy-Hitter Flows From Sampled Flow Statistics  

    受賞者: 森 達哉, 滝根 哲哉, Jianping Pan, 川原 亮一, 内田 真人, 後藤 滋樹

  • 論文賞

    2009年05月   電子情報通信学会   Identifying Heavy-Hitter Flows From Sampled Flow Statistics  

    受賞者: 森 達哉, 滝根 哲哉, Jianping Pan, 川原 亮一, 内田 真人, 後藤 滋樹

  • 学術奨励賞

    2004年03月   電子情報通信学会   Pure型P2Pの方式評価に向けたトポロジ推定法/Pure型P2Pにおける検索方式の検討  

    受賞者: 内田 真人

  • 奨励賞

    2003年07月   電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会   極値理論に基づくトラヒックデータ分析  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • リアルタイム群集流動制御に関する基盤技術の研究開発

    学振  基盤研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

    内田 真人

  • 観測空間上の情報量を用いた確率モデルの探索・生成・統合に基づくトラヒック行列推定

    学振  基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    内田 真人

  • 人為的過誤と監視コストを低減するマン・マシン協調による異常トラヒック検出システム

    学振  基盤研究(C)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

  • 災害時蓄積搬送型エネルギー流通方式における制御アルゴリズムの設計

    学振  基盤研究(C)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2015年03月
     

  • 劣通信環境におけるノード移動特性を利用した蓄積搬送型中継転送アルゴリズムの設計

    学振  基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

  • ネットワーク上の資源共用における情報の不完全性/非対称性を考慮した需給調整最適化

    学振  基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年
    -
    2013年
     

    内田 真人

  • 正常トラヒック情報の効率的な抽出と統合モデルによるロバスト異常トラヒック検出技術

    学振  若手研究(B)

    研究期間:

    2009年
    -
    2010年
     

    内田 真人

  • 劣通信環境における効率的な情報転送制御アルゴリズムの設計

    学振  基盤研究(C)

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

    内田 真人

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • クラウドサービス悪用攻撃の大規模実態調査

    福士 直翼, 千葉 大紀, 秋山 満昭, 内田 真人

    コンピュータセキュリティシンポジウム2019   (長崎県佐世保市) 

    発表年月: 2019年10月

  • ドメインパーキングを利用するドメイン名の大規模実態調査

    戸祭 隆行, 千葉 大紀, 秋山 満昭, 内田 真人

    コンピュータセキュリティシンポジウム2019   (長崎県佐世保市) 

    発表年月: 2019年10月

  • Ethereumネットワークにおけるスマートコントラクトの経時変化に関する分析

    安冨勝貴, 内田真人

    第18回情報科学技術フォーラム(FIT)   (岡山県岡山市)  情報処理学会  

    発表年月: 2019年09月

  • ユーザーの行動パターンに注目したECサイト上の不正取引検知

    野村和也, 小川翔大, 中野翔, 座間味卓臣, 内田真人

    第18回情報科学技術フォーラム(FIT)   (岡山県岡山市)  情報処理学会  

    発表年月: 2019年09月

  • 通信状況の可視化によるネットワーク障害の早期検出・分析

    桂康洋, 内田真人

    第18回情報科学技術フォーラム(FIT)   (岡山県岡山市)  情報処理学会  

    発表年月: 2019年09月

  • Exploration into Gray Area: Efficient Labeling for Malicious Domain Name Detection

    Naoki Fukushi, Daiki Chiba, Mitsuaki Akiyama, Masato Uchida

    IEEE 43rd Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2019)   (米国 ミルウォーキー) 

    発表年月: 2019年07月

  • Optimal Hand Sign Selection Using Information Theory for Custom Sign-Based Communication

    Tokio Takahashi, Masato Uchida

    IEEE 43rd Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2019)   (米国 ミルウォーキー) 

    発表年月: 2019年07月

  • Predicting Network Outages Based on Q-drop in Optical Network

    Yohei Hasegawa, Masato Uchida

    IEEE 43rd Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2019)   (米国 ミルウォーキー) 

    発表年月: 2019年07月

  • Accurate OD Traffic Matrix Estimation Based on Resampling of Observed Flow Data

    Shimon Kase, Masato Tsuru, Masato Uchida

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2018 (APSIPA-ASC 2018)   (Honolulu, HI, USA) 

    発表年月: 2018年11月

  • Active LearningとEnsemble Learningを用いた悪性ドメイン名検知システム

    福士 直翼, 千葉 大紀, 高田 雄太, 秋山 満昭, 内田 真人

    コンピュータセキュリティシンポジウム2018  

    発表年月: 2018年10月

  • Q&Aサイトにおける回答者クラスタリングに基づく質問マッチング

    小川 翔大, 内田 真人

    第17回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2018年09月

  • 論文引用ネットワークを利用した類似研究者検索手法

    中野 翔, 内田 真人

    第17回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2018年09月

  • 光学レイヤ特性に基づく広域光ネットワークの停止予測

    長谷川 陽平, 内田 真人

    第17回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2018年09月

  • 情報理論に基づいた高信頼かつ高効率なハンドサインの設計

    高橋 時生, 内田 真人

    第17回情報科学技術フォーラム  

    発表年月: 2018年09月

  • Verification of charge and discharge system composed of multiple lithium ion batteries

    Nobuo Satoh, Atsushi Kosugi, Hiroshi Arai, Masato Uchida

    The 20th International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS 2018)   (Sydney, Australia) 

    発表年月: 2018年08月

  • 発現量分布の類似性に着目したマイクロアレイ測定データの統合手法の提案

    福士 直翼, 齊藤 秀, 内田 真人

    情報処理学会 バイオ情報学研究会  

    発表年月: 2018年06月

  • 観測データのリサンプリングによる解候補の生成と選別に基づいたODトラヒック行列推定の精度向上

    加瀬 史門, 宮田 高道, 鶴 正人, 内田 真人

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2018年03月

  • ODトラヒック行列推定における逆関数法の一般化

    土井 裕貴, 鶴 正人, 内田 真人

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2018年03月

  • リチウムイオン電池を用いた充放電システムの構築

    小杉 篤司, 伊藤 遼, 藤縄 隼人, 新井 浩志, 内田 真人, 佐藤 宣夫

    平成29年電気学会全国大会  

    発表年月: 2017年03月

  • 観測フローデータのリサンプリングによるODトラヒック行列推定の精度向上

    加瀬 史門, 内田 真人

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2017年03月

  • Wikipediaネットワークの成長過程とBAモデルの類似性について

    大山 拓海, 内田 真人

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2017年03月

  • 太陽光発電システムにおける充放電制御アルゴリズムの提案とシミュレータの実装

    高須 宏樹, 山口 真弥, 石毛 大貴, 佐藤 宣夫, 内田 真人

    平成28年電気学会全国大会  

    発表年月: 2016年03月

  • リチウムイオン電池の充放電特性に関する一考察

    山口 真弥, 高須 宏樹, 佐藤 宣夫, 内田 真人

    平成28年電気学会全国大会  

    発表年月: 2016年03月

  • MDL基準を用いたネットワークフロー流量分布の推定

    加瀬 史門, 内田 真人

    2016年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2016年03月

  • 電気通信事故の発生状況に関する事業者別・発生要因別の統計分析

    石川 優樹, 内田 真人

    2016年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2016年03月

  • 非正常パターン検知型異常トラヒック検知における基準モデルの高精度化

    大石 悟史, 会川 諒太, 内田 真人

    2016年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2016年03月

  • 複数の基準モデルを用いた非正常パターン検知型異常トラヒック検知

    会川 諒太, 大石 悟史, 内田 真人

    2016年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2016年03月

  • 一般化平均を用いた記事類似度による適応的なWikipedia検索

    野口 雄輝, 内田 真人

    2016年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2016年03月

  • Wikipediaネットワークのリンク関係推定に関する一考察

    榎波 早敏, 内田 真人

    2016年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2016年03月

  • Recent Trends and Some Lessons for Serious Network Failures in Japan (Invited Talk)

    Masato Uchida

    The Seventh International Workshop on Information Network Design (WIND 2015)   (Taipei, Taiwan) 

    発表年月: 2015年09月

  • Inferring Origin-Destination Traffic Matrix with Partial Observation on OpenFlow Networks

    山下 翔太, 内田 真人, 鶴 正人

    2015年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2015年03月

  • 重大な電気通信事故の深刻度レベルに関する分析

    高知尾 遼, 岩井 智宏, 内田 真人

    2015年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2015年03月

  • 重大な電気通信事故の発生状況に関する経年変化の分析

    高知尾 遼, 岩井 智宏, 内田 真人

    2015年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2015年03月

  • Wikipediaにおける記事情報量分布に関する分析

    近藤 美紗希, 内田 真人

    2015年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2015年03月

  • サンプルされたWikipediaネットワークにおける記事引用関係

    榎波 早敏, 内田 真人

    2015年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2015年03月

  • Tight Lower Bound of Generalization Error in Ensemble Learning

    Masato Uchida

    Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2014)   (Kitakyushu, Japan) 

    発表年月: 2014年12月

  • Unsupervised Weight Parameter Estimation for Exponential Mixture Distribution based on Symmetric Kullback-Leibler Divergence

    Masato Uchida

    Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2014)   (Kitakyushu, Japan) 

    発表年月: 2014年12月

  • Human Error Tolerant Anomaly Detection using Time-Periodic Packet Sampling

    Masato Uchida

    The Sixth International Workshop on Information Network Design (WIND 2014)   (Salerno, Italy) 

    発表年月: 2014年09月

  • 電気通信サービスの事故発生状況に関する統計分析

    内田 真人

    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2014年09月

  • 非正常パターン検知型異常トラヒック検知におけるヒューマンエラーへの対処に関する研究

    榎波 早敏, 内田 真人

    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2014年09月

  • 非正常パターン検知型異常トラヒック検知における人的作業コスト抑制に関する研究

    石川 優樹, 内田 真人

    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2014年09月

  • 非正常パターン検知型異常トラヒック検知におけるネットワーク監視コストの軽減に関する研究

    野口 雄輝, 内田 真人

    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2014年09月

  • 時間周期的パケットサンプリングを用いたヒューマンエラーに頑健な異常トラヒック検知

    内田 真人

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2014年07月

  • 重大な電気通信事故の発生状況に関する分析

    内田 真人

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2014年03月

  • P2Pデータストレージシステムにおける需給関係の平均モデル

    内田 真人, 飯塚 秀明, 杉野 勲

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2013年11月

  • ネットワークトモグラフィによるODトラヒック行列推定の実用化

    古閑 健一, 内田 真人, 鶴 正人

    2013年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2013年03月

  • 依頼講演:P2Pデータストレージシステムにおける需給関係のマクロモデル

    内田 真人, 飯塚 秀明, 杉野 勲

    2013年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2013年03月

  • 極値理論を用いたトラヒックピークレート推定の誤差低減手法

    下川 尚人, 内田 真人, 鶴 正人

    情報処理学会 火の国シンポジウム2012  

    発表年月: 2012年03月

  • P2Pデータストレージシステムにおけるユーザ行動モデルに関する考察

    内田 真人, 飯塚 秀明, 杉野 勲

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2012年01月

  • Node Degree-Aware Link Cost for Traffic Load-Distribution in Large-Scale Networks

    Hitomi Tamura, Mario Köppen, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    Third International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2011)   (Fukuoka, Japan) 

    発表年月: 2011年12月

  • Routing Metric based on Node Degree for Load-Balancing in a Large-Scale Network

    Hitomi Tamura, Masato Uchida, Jun’ichi Shimada, Masato Tsuru, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie

    The Second Workshop on Heuristic Methods for the Design, Deployment, and Reliability of Networks and Network Applications (HEUNET 2011)   (Munich, Germany) 

    発表年月: 2011年07月

  • ネットワークトモグラフィを用いたODトラヒック行列推定における信頼性向上

    田中 喜明, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2011年03月

  • 時間周期的パケットサンプリングの統計的性質とその異常トラヒック検知への応用

    内田 真人, 縄田 秀一, Yu Gu, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2011年03月

  • 大規模ネットワークにおける負荷分散のためのノード次数を利用した経路選択指標に関する検討

    田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2011年03月

  • A Generalized File Replication Scheme with Diffusion-based Storage Load Balancing Function in Unstructured P2P File-Sharing Networks

    Masanori Takaoka, Masato Uchida, Yuji Oie

    The Third International Workshop on Information Network Design (WIND 2010)   (Thessaloniki, Greece) 

    発表年月: 2010年11月

  • 妥協可能制約付きネットワーク帯域幅割り当て問題のための不動点最適化手法

    飯塚 秀明, 内田 真人

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会  

    発表年月: 2010年11月

  • Unsupervised Ensemble Anomaly Detection through Time-Periodical Packet Sampling

    Shuichi Nawata, Masato Uchida, Yu Gu, Masato Tsuru, Yuji Oie

    13th IEEE Global Internet Symposium 2010   (San Diego, CA, USA) 

    発表年月: 2010年03月

  • HDTV映像を対象としたFR型メディアレイヤ映像品質客観評価法の有効性検証

    岡本 淳, 渡辺 敬志郎, 本田 あおい, 内田 真人, 半谷 精一郎

    2010年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2010年03月

  • FA機器間接続システムの一検討

    飯塚 秀明, 内田 真人, 福寿 康行, 成澤 孝悦, 寺尾 貴明

    2010年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2010年03月

  • FA機器間接続装置の構成法

    福寿 康行, 成澤 孝悦, 寺尾 貴明, 飯塚 秀明, 内田 真人

    2010年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2010年03月

  • 時間周期的パケットサンプリングによる教師無しアンサンブル異常検出手法

    縄田 秀一, 内田 真人, Yu Gu, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • 第四世代移動体通信網におけるTCP通信のスループット評価

    角田 邦真, 飯塚 秀明, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • 集約フロー流量計測からのフロー毎流量統計推定における信頼性向上手法

    田中 喜明, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • 断続的接続環境におけるフローレベルの待ちが可能なパス選択手法

    山田 裕也, 田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • Performance Evaluation of Power Saving Scheme with Dynamic Transmission Capacity Control

    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Kenji Kawahara, Yuji Oie

    2nd International Workshop on Green Communications (GreenComm2)   (Honolulu, HI, USA) 

    発表年月: 2009年12月

  • Dynamic Link Control with Changing Traffic for Power Saving

    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Kenji Kawahara, Yuji Oie

    The 34th IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2009)   (Zurich, Switzerland) 

    発表年月: 2009年10月

  • 距離写像学習ネットワークにおける極大ノイズにロバストなパラメータ推定法に関する検討

    齋藤 拓真, 塩谷 浩之, 内田 真人, 沖井 廣宣

    平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会  

    発表年月: 2009年10月

  • HDTVを対象とした映像品質客観評価法の精度向上に向けた一検討

    内田 真人

    2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2009年09月

  • 省電力ネットワークの実現に向けたピークトラヒックの推定

    内田 真人

    2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2009年09月

  • サービスプラットホームとしてのネットワーク計測の試み ~perfSONARに基づく広域ネットワークの統合的管理を目指して~

    内田 真人

    サービスプラットホームとしてのネットワーク計測の試み ~perfSONARに基づく広域ネットワークの統合的管理を目指して~  

    発表年月: 2009年09月

  • マルチキャリアシステムに関する共役勾配方向を用いたProportional Fairスケジューラ

    飯塚 秀明, 内田 真人, 鶴 正人, 角田 邦真

    第21回RAMP (Research Association of Mathematical Programming) シンポジウム  

    発表年月: 2009年09月

  • HDTV Objective Video Quality Assessment Method Applying Fuzzy Measure

    Jun Okamoto, Keishiro Watanabe, Aoi Honda, Masato Uchida, Seiichiro Hangai

    First International Workshop on Quality of Multimedia Experience (QoMEX 2009)   (San Diego, CA, USA) 

    発表年月: 2009年07月

  • 耐障害性を有するP2P記憶システムに関する記憶容量制御手法について

    飯塚 秀明, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会  

    発表年月: 2009年07月

  • Path Selection Scheme for Traffic Load Distribution Considering the Characteristics of Network Topology

    Jun’ichi Shimada, Nobumasa Natsui, Hitomi Tamura, Takeshi Ikenaga, Masato Uchida, Yuji Oie

    The 13th IEEE International Symposium on Consumer Electronics (ISCE 2009)   (Kyoto, Japan) 

    発表年月: 2009年05月

  • An Information-Theoretic Characterization of Weighted α-Proportional Fairness

    Masato Uchida, Jim Kurose

    The 28th IEEE International Conference on Computer Communications (IEEE Infocom 2009 (main-conference))   (Rio de Janeiro, Brazil) 

    発表年月: 2009年04月

  • On the Quality of Triangle Inequality Violation Aware Routing Overlay Architecture

    Ryoichi Kawahara, Eng Keong Lua, Masato Uchida, Satoshi Kamei, Hideaki Yoshino

    The 28th IEEE International Conference on Computer Communications (IEEE Infocom 2009 (mini-conference))   (Rio de Janeiro, Brazil) 

    発表年月: 2009年04月

  • Locating Causal Segments Along A Performance-Degraded End-to-End Path

    Yuki Sakai, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    The 10th Passive and Active Measurement Conference (PAM 2009)   (Seoul, South Korea) 

    発表年月: 2009年04月

  • 車両による蓄積運搬型通信を用いた新ネットワークインフラの検討

    山村 新也, 永田 晃, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2009年03月

  • 複数の劣品質通信路を活用したデータ転送方式に関する一検討

    永田 晃, 山村 新也, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2009年03月

  • 生存時間解析を用いた打切データからのフロー持続時間分布の推定

    坂井 裕樹, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2009年03月

  • 極値理論による閾値モデル解析と普遍的冪乗則

    藤原 明広, 内田 真人, 巳波 弘佳

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2009年03月

  • 実ネットワークにおける集約フロー流量からのフロー毎流量統計の推定

    田中 喜明, 立花 大祐, 内田 真人, 鶴 正人

    情報処理学会 火の国シンポジウム2009  

    発表年月: 2009年03月

  • ネットワークトポロジの特徴を考慮した負荷分散のための経路選択手法

    夏井 宣匡, 島田 淳一, 田村 瞳, 池永 全志, 内田 真人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2009年03月

  • ネットワークトモグラフィーを用いたトラヒック行列推定手法の実験

    立花 大祐, 田中 喜明, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会(通信方式研究会)  

    発表年月: 2009年01月

  • Overlay Routing with Acceptable Waiting Time for Unstably Fluctuated Network Environments(jointly worked)

    Yuya Yamada, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    The International Conference on Information Networking 2009 (ICOIN 2009)   (Chiang Mai, Thailand) 

    発表年月: 2009年01月

  • Virtual Segment: Segmentation Method for Store-carry-forward Routing Schemes(jointly worked)

    Shinya Yamamura, Akira Nagata, Masato Uchida, Masato Tsuru

    1st Workshop on Wireless Broadband Access for Communities and Rural Developing Regions (WIRELESS4D 2008)   (Karlstad, Sweden) 

    発表年月: 2008年12月

  • 断続的接続環境における許容待機時間付きオーバーレイルーティング

    山田 裕也, 田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会(コミュニケーションクオリティ研究会)  

    発表年月: 2008年11月

  • 劣通信環境における複数通信路を活用したデータ転送方式

    永田 晃, 山村 新也, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2008年10月

  • TCP Performance over Evolved UTRA and UTRAN with Time-Frequency Scheduling(jointly worked)

    Masaru Hirose, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    International Conference on the Latest Advances in Networks (ICLAN 2008)   (Toulouse, France) 

    発表年月: 2008年10月

  • Quality Evaluations of Network Services Using a Non-Additive Set Function(jointly worked)

    Daisuke Mori, Aoi Honda, Masato Uchida, Yoshiaki Okazaki

    Modeling Decisions for Artificial Intelligence (MDAI 2008)   (Catalonia, Spain) 

    発表年月: 2008年10月

  • Proxy Data Transfer System with Stable Control Channel and Dynamically Changing Data Channels(jointly worked)

    Akira Nagata, Shinya Yamamura, Masato Uchida, Masato Tsuru

    ACM Mobicom Workshop on Challenged Networks (CHANTS 2008)   (Francisco, CA, USA) 

    発表年月: 2008年09月

  • Mixture Model based Representation of Information Integration(jointly worked)

    Masato Uchida, Hiroyuki Shioya, Yousuke Maehara

    Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2008)   (Nagoya, Japan) 

    発表年月: 2008年09月

  • Thermal Diffusion-based Access Load Balancing for P2P File Sharing Networks(jointly worked)

    Masanori Takaoka, Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie

    The 1st International Workshop on Computational P2P Networks: Theory & Practice (ComP2P 2008)   (Athens, Greece) 

    発表年月: 2008年08月

  • Scaling Properties of Complex Networks: Towards Wilsonian Renormalization for Complex Networks(jointly worked)

    Kento Ichikawa, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    PHYSCOMNET 2008   (Berlin, Germany) 

    発表年月: 2008年04月

  • オーバーレイネットワークのための空間・時間領域を考慮したトラヒックエンジニアリングの提案

    山田 裕也, 田村 瞳, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会(テレコミュニケーションマネジメント研究会)  

    発表年月: 2008年03月

  • 教師なしアンサンブル学習に関する検討~集合知の情報論的モデル化~

    内田 真人, 前原 洋祐, 塩谷 浩之

    電子情報通信学会(ニューロコンピューティング研究会)  

    発表年月: 2008年01月

  • Design of an Unsupervised Weight Parameter Estimation Method in Ensemble Learning(jointly worked)

    Masato Uchida, Yousuke Maehara, Hiroyuki Shioya

    ICONIP 2007   (Kitakyushu, Japan) 

    発表年月: 2007年11月

  • 指数型混合モデルに基づくアンサンブル学習に関する一検討

    内田 真人

    平成19年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会  

    発表年月: 2007年10月

  • Information Theoretic Aspects of Fairness Criteria in Network Resource Allocation Problems

    Masato Uchida

    GameComm 2007   (Nantes, France) 

    発表年月: 2007年10月

  • QoSオーバーレイルーティングの性能評価と様々なQoSメトリックへの適用(jointly worked)

    川原 亮一, Eng Keong Lua, 内田 真人, 亀井 聡, 吉野 秀明

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2007年09月

  • P2Pファイル共有ネットワークにおけるファイルのアクセス頻度の変化に適応する複製配置

    高岡 真則, 大西 圭, 内田 真人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2007年09月

  • フロー流量統計推定手法の実環境における評価実験

    立花 大祐, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2007年09月

  • 複数QoS metricを考慮したQoSオーバーレイ経路制御の性能評価

    川原 亮一, 亀井 聡, Eng Keong Lua, 内田 真人, 吉野 秀明

    2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2007年09月

  • TCP Flow Level Performance Evaluation on Packet Combining Hybrid ARQ in Evolved UTRA and UTRAN Network(jointly worked)

    Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    WWC 2007   (San Francisco, CA, USA) 

    発表年月: 2007年05月

  • 教師なしアンサンブル学習の定式化とその評価

    内田 真人, 前原 洋祐, 塩谷 浩之

    電子情報通信学会技術報告(ニューロコンピューティング研究会)  

    発表年月: 2007年03月

  • 劣通信環境における効率的な情報伝達による通信量削減

    森山 敦文, 高橋 正生, 内田 真人, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2007年03月

  • サンプリングに基づくフローサイズ分布推定法

    橋本 英憲, 巳波 弘佳, 内田 真人

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2007年03月

  • Riccati方程式によるソフトウェア信頼度成長モデル

    佐藤 大輔, 内田 真人

    日本オペレーションズリサーチ学会  

    発表年月: 2007年03月

  • Can error rate considered scheduling support TCP performance comparable to packet combining HARQ in evolved UTRA and UTRAN networks?(jointly worked)

    Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    ECUMN 2007   (Toulouse, France) 

    発表年月: 2007年02月

  • ノードの活性・不活性時間パターンを利用したネットワークトポロジ生成

    大西 圭, 内田 真人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2006年12月

  • 遺伝子型分布遷移モデルへのアンサンブル学習の導入

    前原 洋祐, 大場 巨章, 内田 真人, 塩谷 浩之

    平成18年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会  

    発表年月: 2006年10月

  • Dynamic Storage Load Balancing with Analogy to Thermal Diffusion for P2P File Sharing(jointly worked)

    Masato Uchida, Kei Ohnishi, Kento Ichikawa, Masato Tsuru, Yuji Oie

    Inter-Perf 2006   (Pisa, Italy) 

    発表年月: 2006年10月

  • 進化的最適化過程に出現するネットワーク

    大西 圭, 内田 真人, 尾家 祐二

    第22回ファジィシステムシンポジウム  

    発表年月: 2006年09月

  • Unsupervised Weight Parameter Estimation Method for Ensemble Learning(jointly worked)

    Masato Uchida, Yousuke Maehara, Hiroyuki Shioya, Wen-Tao Huang

    SCIS & ISIS 2006   (Tokyo, Japan) 

    発表年月: 2006年09月

  • QoSオーバーレイ経路選択アルゴリズムのトラヒック変動への追従性

    川原 亮一, 内田 真人, 亀井 聡

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2006年09月

  • Network Topologies Emerging in An Evolutionary Optimization Process(jointly worked)

    Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie

    SCIS & ISIS 2006   (Tokyo, Japan) 

    発表年月: 2006年09月

  • Effect of Introducing Predictive CIR on Throughput Performance in HSDPA Networks(jointly worked)

    Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    PIMRC 2006   (Helsinki, Finland) 

    発表年月: 2006年09月

  • Scheduling algorithms with error rate consideration in HSDPA networks(jointly worked)

    Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie

    IWCMC 2006   (Vancouver, Canada) 

    発表年月: 2006年07月

  • ピアによるファイル提供の局所制御に基づくストレージ負荷分散(共著)

    大西 圭, 市川 憲人, 山本 寛, 内田 真人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(インターネットアーキテクチャ研究会)  

    発表年月: 2006年05月

  • Storage Load Balancing via Local Interactions Among Peers in Unstructured P2P Networks(jointly worked)

    Kei Ohnishi, Hiroshi Yamamoto, Kento Ichikawa, Masato Uchida, Yuji Oie

    P2PIM2006   (Hong Kong, China) 

    発表年月: 2006年05月

  • 迂回経路候補数に制限がある場合のQoSオーバーレイ経路選択アルゴリズムとその評価

    川原 亮一, 亀井 聡, 内田 真人, 阿部 威朗

    2006年電子情報通信学会総合大会(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2006年03月

  • P2Pファイル共有アプリケーションにおける負荷分散を実現する複製配置手法~熱拡散現象とのアナロジー~(共著)

    市川 憲人, 大西 圭, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2006年03月

  • 迂回経路候補数に制限がある場合のQoSオーバーレイ経路選択アルゴリズム(共著)

    川原 亮一, 亀井 聡, 内田 真人, 阿部 威朗

    2006年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2006年

  • Performance Evaluation of QoS-aware Routing in Overlay Network(jointly worked)

    Masato Uchida, Satoshi Kamei, Ryoichi Kawahara

    ICOIN2006   (Sendai, Japan) 

    発表年月: 2006年01月

  • Evolved UTRA and UTRANネットワークにおけるパケット合成型Hybrid ARQの性能評価

    山本 篤, 山本 寛, 塚本 和也, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2006年01月

  • 大規模分散環境における品質把握に向けたクラスタ化手法の検討

    亀井 聡, 内田 真人, 川原 亮一

    2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2005年09月

  • オーバーレイルーティングの効率化に関する評価

    内田 真人, 亀井 聡, 川原 亮一

    2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2005年09月

  • オーバーレイルーティングへのP2P技術の応用(共著)

    亀井 聡, 内田 真人, 川原 亮一, 阿部 威郎  [招待有り]

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2005年07月

  • オーバレイネットワークによるQoSルーチング制御に関する評価

    内田 真人, 亀井 聡, 川原 亮一

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2005年07月

  • Replication Scheme for Traffic Load Balancing and Its Parameter Tuning in Pure P2P Communication(jointly worked)

    Shinya Nogami, Masato Uchida, Takeo Abe

    AHSP2005   (Jiuzhaigou, China) 

    発表年月: 2005年04月

  • Modeling Viral Spread by Random Scanning and Its Relationship with the Epidemiological Model

    Masato Uchida

    SSN2005   (Denver, CO, USA) 

    発表年月: 2005年04月

  • オーバーレイQoS制御におけるパス選択の評価

    内田 真人, 亀井 聡, 川原 亮一, 阿部 威郎

    2005年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2005年03月

  • エンドホストオーバーレイネットワークを用いたトラヒックエンジニアリングアーキテクチャの提案

    亀井 聡, 内田 真人, 川原 亮一, 阿部 威郎

    2005年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2005年03月

  • Traffic Data Analysis Based on Extreme Value Theory and Its Applications

    Masato Uchida

    Globecom2004  

    発表年月: 2004年12月

  • アンサンブル学習における指数型混合モデル手法とAdaBoostとの比較

    前原 洋祐, 内田 真人, 塩谷 浩之

    平成16年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会  

    発表年月: 2004年10月

  • Identifying elephant flows through periodically sampled packets(jointly worked)

    Tatsuya Mori, Masato Uchida, Ryoichi Kawahara, Jianping Pan, Shigeki Goto

    IMC 2004  

    発表年月: 2004年10月

  • オーバーレイネットワークにおけるQoSルーチング制御に関する考察

    内田 真人, 木村 卓巳, 川原 亮一, 亀井 聡, 森 達哉, 能上 慎也, 阿部 威郎

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2004年09月

  • オーバレイネットワークを用いたトラヒック制御

    木村 卓巳, 内田 真人, 川原 亮一, 亀井 聡, 森 達哉, 能上 慎也, 阿部 威郎

    2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2004年09月

  • 周期的にサンプルしたパケットからエレファントフローを特定する方法

    森 達哉, 内田 真人, 川原 亮一, 後藤 滋樹

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2004年07月

  • メール型コンピュータウィルス拡散モデル

    佐藤 大輔, 内田 真人, 石橋 圭介, 小林 真

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2004年07月

  • オーバレイネットワークによるトラヒック制御の提案

    木村 卓巳, 内田 真人, 川原 亮一, 亀井 聡, 森 達哉, 能上 慎也, 阿部 威郎

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2004年07月

  • サンプルしたパケットからエレファントフローを特定する手法

    森 達哉, 内田 真人, 川原 亮一, 後藤 滋樹

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2004年04月

  • 非構造化オーバレイネットワークの分散トポロジ制御の一提案

    木村 卓巳, 亀井 聡, 森 達哉, 内田 真人, 住田 修一, 阿部 威郎

    2004年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2004年03月

  • メール型コンピュータウィルス拡散過程モデルの提案

    佐藤 大輔, 内田 真人, 石橋 圭介, 小林 真

    日本オペレーションズリサーチ学会, 2004春季研究発表会  

    発表年月: 2004年03月

  • パケットサンプリングを用いたエレファントフローの特定手法

    森 達哉, 内田 真人, 川原 亮一, 後藤 滋樹

    2004年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2004年03月

  • コンピュータウィルス拡散過程の解析

    内田 真人, 佐藤 大輔

    日本オペレーションズリサーチ学会, 2004春季研究発表会  

    発表年月: 2004年03月

  • コンピュータウィルス拡散過程のモデル化に関する検討

    内田 真人, 佐藤 大輔

    2004年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2004年03月

  • Pure型P2Pにおけるファイル検索&レプリケーションについて

    能上 慎也, 内田 真人

    2004年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2004年03月

  • P2Pネットワークの規模推定および測定に関する一考察

    亀井 聡, 内田 真人

    2004年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2004年03月

  • P2Pネットワークの規模推定法

    亀井 聡, 内田 真人

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2004年02月

  • サンプルパケットによって構成されるフロー統計の評価

    森 達哉, 内田 真人, 川原 亮一, 後藤 滋樹

    2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2004年

  • コンピュータウィルス拡散過程の数理モデル化と解析

    内田 真人, 佐藤 大輔

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2004年

  • Hop-value-based Query-packet Forwarding for Pure P2P(jointly worked)

    Masato Uchida, Shinya Nogami

    CQR 2004  

    発表年月: 2004年

  • 極値理論に基づくトラヒックデータ分析の推定精度

    内田 真人

    電子情報通信学会技術報告(情報ネットワーク研究会)  

    発表年月: 2003年12月

  • 極値理論に基づくトラヒックデータ分析における推定手法の比較~最尤法とモーメント法の比較~

    内田 真人

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2003年11月

  • Pure型P2Pにおける検索方式の検討

    内田 真人, 能上 慎也

    2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2003年09月

  • Pure型P2Pの方式評価に向けたトポロジ推定法

    内田 真人, 能上 慎也

    2003年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2003年03月

  • 不定性を利用した分布間情報量の拡張に関する一検討

    内田 真人, 塩谷 浩之

    電子情報通信学会技術報告(ニューロコンピューティング研究会)  

    発表年月: 2003年02月

  • Pure型P2Pにおけるトポロジ推定法, および検索方式について

    内田 真人, 能上 慎也

    電子情報通信学会技術報告(コミュニケーションクオリティ研究会)  

    発表年月: 2003年02月

  • 極値理論を用いたトラヒックデータ分析

    内田 真人

    2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2002年09月

  • 拡張混合表現を用いた学習と遺伝子型分布

    塩谷 浩之, 内田 真人

    情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会  

    発表年月: 2002年09月

  • P2Pにおけるトラヒック制御に関する考察

    能上 慎也, 内田 真人

    2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2002年09月

  • 極値理論に基づくトラヒックデータ分析

    内田 真人

    電子情報通信学会技術報告(コミュニケーションクオリティ研究会)  

    発表年月: 2002年07月

  • ユーザ満足度を考慮した通信品質目標値決定法

    内田 真人, 佐藤 大輔, 阿部 威郎

    電子情報通信学会技術報告(ネットワークシステム研究会)  

    発表年月: 2002年04月

  • SLAに基づく通信品質目標値の決定方法

    内田 真人, 佐藤 大輔, 阿部 威郎

    2002年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2002年03月

  • アンサンブル学習の理論的モデル化に関する一検討

    内田 真人, 塩谷 浩之, 伊達 惇

    電子情報通信学会技術報告(ニューロコンピューティング研究会)  

    発表年月: 1999年10月

  • MLPの正則化項に関する一検討

    内田 真人, 塩谷 浩之, 伊達 惇

    電子情報通信学会技術報告(ニューロコンピューティング研究会)  

    発表年月: 1999年10月

▼全件表示

特定課題研究

  • リサンプリングによる弱解集合の生成とその分布傾向を考慮したトラヒック行列推定

    2017年  

     概要を見る

    直接観測することが困難な対地間フロー流量を,それらが通過するルータにおいて容易に観測できる集約されたフロー流量(集約フロー流量)から推定する問題はトラヒック行列推定問題と呼ばれる.本研究では,トラヒック行列推定の精度を,非観測空間(対地間フロー流量が取り得る状態の集合)上ではなく,観測空間(集約フロー流量が取り得る状態の集合)上において間接評価する手法を提案した.また,集約フロー流量の観測データのリサンプリングにより生成される多様な解候補の分布傾向を考慮した推定手法を提案した.さらに,従来手法における「対地間フロー流量がゼロとなる確率が正である」という仮定を必要としない一般化手法を提案した.

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2018年10月
    -
    継続中

    総務省 情報通信審議会 電気通信事業政策部会 電気通信事業分野における競争ルール等の包括的検証に関する特別委員会  専門委員

  • 2016年08月
    -
    継続中

    日本ネットワークインフォメーションセンター  評議委員(副委員長)

  • 2016年06月
    -
    継続中

    電子情報通信学会 英文論文誌B編集委員会  査読委員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    総務省 情報通信審議会 電気通信事業政策部会 電話網移行円滑化委員会  専門委員

  • 2015年05月
    -
    継続中

    総務省 電気通信事故検証会議  構成員(座長代理)

  • 2014年05月
    -
    継続中

    総務省 情報通信審議会 情報通信技術分科会 IPネットワーク設備委員会  専門委員

  • 2012年04月
    -
    継続中

    総務省 情報通信審議会 情報通信技術分科会 IPネットワーク設備委員会 安全・信頼性検討作業班  構成員

  • 2011年07月
    -
    継続中

    電子情報通信学会 情報ネットワーク科学時限研究専門委員会  専門委員

  • 2017年04月
    -
    2019年04月

    総務省 情報通信行政・郵政行政審議会 電気通信事業部会 ユニバーサルサービス委員会  専門委員

  • 2017年04月
    -
    2019年04月

    総務省 情報通信行政・郵政行政審議会 電気通信事業部会 接続委員会  専門委員

  • 2017年04月
    -
    2019年04月

    総務省 情報通信行政・郵政行政審議会  専門委員

  • 2012年05月
    -
    2018年05月

    電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会  専門委員

  • 2017年01月
    -
    2017年06月

    総務省 将来のネットワークインフラに関する研究会  構成員

  • 2006年05月
    -
    2017年05月

    電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究専門委員会  専門委員

  • 2013年01月
    -
    2017年03月

    三菱総合研究所 ネットワークの安全性・信頼性対策に関する調査検討会  座長

  • 2011年05月
    -
    2016年06月

    電子情報通信学会 英文論文誌B編集委員会  編集委員

  • 2013年12月
    -
    2014年12月

    総務省 0AB-J IP電話の品質要件の在り方に関する検討会  構成員

  • 2013年04月
    -
    2013年10月

    総務省 多様化・複雑化する電気通信事故の防止の在り方に関する検討会  構成員

  • 2012年02月
    -
    2012年03月

    みずほ総合研究所 IPネットワークの高度化に対応した安全・信頼性対策に関する調査検討会  座長

  • 2011年01月
    -
    2011年06月

    三菱総合研究所 アクセス回線の光化等に対応した重要通信の確保等に関する検討会  座長

▼全件表示