山口 勉功 (ヤマグチ カツノリ)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1989年03月

    東北大学大学院   工学研究科   金属工学専攻博士前期2年の課程  

  • 1982年04月
    -
    1986年03月

    岩手大学   工学部   金属工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   創造理工学部   教授

  • 2009年04月
    -
    継続中

    東京大学   生産技術研究所   客員教授

  • 2007年04月
    -
    2017年03月

    岩手大学   工学部   教授

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    東京大学生産技術研究所 研究員

  • 2000年07月
    -
    2007年03月

    岩手大学   工学部   助教授

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dynamics of reactions inhibiting epitaxial growth of Si(100) surfaces via interaction with hydrogen chloride

    Kunioshi Nilson, Fujimura Yoshiki, Fuwa Akio, Yamaguchi Katsunori

    COMPUTATIONAL MATERIALS SCIENCE   155   28 - 35  2018年12月  [査読有り]

    DOI

  • Novel pathways for elimination of chlorine atoms from growing Si(100) surfaces in CVD reactors

    Nílson Kunioshi, Sho Hagino, Akio Fuwa, Katsunori Yamaguchi

    Applied Surface Science   441   773 - 779  2018年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Reactions leading to elimination of chlorine atoms from growing Si(100) surfaces were simulated using clusters of silicon atoms of different sizes and shapes, and at the UB3LYP/6–31 g(d,p) level of theory. The reactions of type SiCl2(s) + 2 H2(g), where (s) indicates an adsorbed species at the surface and (g) a gas-phase species, were found to proceed in two steps: SiCl2(s) + H2(g) → SiHCl(s) + HCl(g) and SiHCl(s) + H2(g) → SiH2(s) + HCl(g), each having activation energies around 55 kcal/mol, a value which is comparable to experimental values published in the literature. In addition, the results suggested that H-passivation of Si(100) surfaces support reactions leading to canonical epitaxial growth, providing a plausible explanation for the convenience of passivating the surfaces prior to silicon deposition. The reactions analyzed here can therefore be seen as important steps in the mechanism of epitaxial growth of Si(100) surfaces.

    DOI

  • 炭素共存下におけるFe-C合金とBi-Cu合金間の銅の分配

    関本 英弘, 恵茂田 大樹, 山口 勉功

    銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies   55 ( 1 ) 262 - 267  2016年  [査読有り]

    CiNii

  • Al2O3-CaO-SiO2-Cu2O 系スラグと溶銅間における白金族金属の分配比に及ぼすスラグ組成および酸素分圧の影響

    西嶋 和貴, 山口 勉功

    日本金属学会誌   78 ( 7 ) 267 - 273  2014年07月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • 酸化ホウ素をフラックスに用いたネオジム磁石のリサイクルプロセス開発

    関本 英弘, 久保 貴寛, 山口 勉功

    Journal of MMIJ : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan   130 ( 10 ) 494 - 500  2014年  [査読有り]

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Comprehensive Handbook of Calorimetry and Thermal Analysis

    John Wiley & Sons  2004年

  • Comprehensive Handbook of Calorimetry and Thermal Analysis

    John Wiley & Sons  2004年

  • 熱分析の基礎と応用(第3版)

    リアライズ社  1994年

  • 熱分析の基礎と応用

    リアライズ社  1989年

Misc 【 表示 / 非表示

  • 講演 平衡論に基づいたリサイクル原料の銅製錬に及ぼす影響 (第37回 リサイクル製錬原料の高品質化技術の開発)

    山口 勉功

    環境資源工学会シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」発表資料集   37  2019年02月

    CiNii

  • 貴金属のリサイクル技術 (特集 貴金属・レアメタルのリサイクル技術や環境技術(上))

    山口 勉功

    金属   87 ( 8 ) 676 - 683  2017年08月

    CiNii

  • 連携記事 金属リサイクルにおける乾式非鉄製錬

    山口 勉功

    ふぇらむ = Bulletin of the Iron and Steel Institute of Japan : (一社)日本鉄鋼協会会報   21 ( 4 ) 156 - 161  2016年

    CiNii

  • ネオジム磁石からの希土類回収技術開発研究の近況 (特集 レアメタルリサイクルの意義とリサイクル技術開発の動向について)

    関本 英弘, 山口 勉功

    まぐね   11 ( 1 ) 21 - 26  2016年

    CiNii

  • レアメタルリサイクルの動向と課題 (特集 グリーンイノベーション)

    山口 勉功

    Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   21 ( 373 ) 441 - 445  2014年11月

    CiNii

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 技術賞

    2017年12月   環境資源工学会   手解体等の省力化を目指した使用済みモーターからのレアアースの回収  

    受賞者: 山口 勉功

  • 第1回 研究部門 優秀者賞

    2015年04月   岩手大学  

    受賞者: 山口 勉功

  • 論文賞

    2014年03月   資源・素材学会   1573KにおけるFeOx-SiO2系スラグの白金の溶解度  

    受賞者: 馬場啓充, 山口勉功

  • ゴールド賞

    2013年03月   TANAKAホールディングス(株)   ルテニウム含有銅合金におけるイリジウムの偏析挙動  

    受賞者: 山口 勉功

  • 資源・素材学会奨励賞

    2002年03月   資源・素材学会   新素材とリサイクルのプロセッシングに関する熱力学に基づいた平衡論的研究  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 非鉄製錬スラグの再資源化技術

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • Slag Cleaning

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>