伊藤 秀史 (イトウ ヒデシ)

写真a

所属

商学学術院 大学院経営管理研究科

職名

教授

ホームページ

https://go2hitoh.github.io/

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年09月
    -
    1988年03月

    スタンフォード大学   ビジネス・スクール   (Decision Sciences)  

  • 1982年04月
    -
    1984年03月

    一橋大学   大学院商学研究科  

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    一橋大学   商学部   経営学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • スタンフォード大学   博士 (Ph.D.)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院経営管理研究科   教授

  • 2000年04月
    -
    2017年03月

    一橋大学   大学院商学研究科   教授

  • 2004年03月
    -
    2004年06月

    ミュンヘン大学   経済研究センター   客員研究員

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    大阪大学   社会経済研究所   助教授

  • 1998年01月
    -
    1998年12月

    コロンビア大学   経済学部   客員准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    Econometric Society

  •  
     
     

    Society for Institutional & Organizational Economics (SIOE)

  •  
     
     

    法と経済学会

  •  
     
     

    European Economic Association

  •  
     
     

    日本経済学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経営学

  • 経済政策

  • 理論経済学

  • 公共経済、労働経済

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 行動経済学

  • 組織の経済学

  • 契約理論

  • インセンティブ

  • organization

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Formal Contracts, Relational Contracts, and the Threat-Point Effect

    Hideshi Itoh, Hodaka Morita

    AMERICAN ECONOMIC JOURNAL-MICROECONOMICS   7 ( 3 ) 318 - 346  2015年08月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigate whether formal contracts can help in resolving the holdup problem by studying repeated transactions between a seller and a buyer. Contrary to previous findings, we demonstrate that a simple fixed-price contract based on product delivery is of value even when relation-specific investment is purely cooperative. Furthermore, we show that focusing our attention on fixed-price contracts as a form of formal contracts is without loss of generality. The key driving force is a possibility that the relation-specific investment decreases the surplus under no trade. This possibility, although very plausible, has been largely ignored in previous analyses of the holdup problem.

    DOI

  • Moral hazard and other-regarding preferences

    H Itoh

    JAPANESE ECONOMIC REVIEW   55 ( 1 ) 18 - 45  2004年03月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    The paper aims at obtaining new theoretical insights by combining the standard moral hazard models of principal-agent relationships with theories of other-regarding preferences, in particular inequity aversion theory. The principal is in general worse off, as the agent cares more about the wellbeing of the principal. When there are multiple symmetric agents who care about each other's wellbeing, the principal can optimally exploit their other-regarding nature by designing an appropriate interdependent contract such as a "fair" team contract or a relative performance contract. The approach taken in this paper can shed light on issues on endogenous preferences within organizations.

    DOI CiNii J-GLOBAL

  • Moral hazard and renegotiation with multiple agents

    S Ishiguro, H Itoh

    REVIEW OF ECONOMIC STUDIES   68 ( 1 ) 1 - 20  2001年01月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigate the effects of contract renegotiation in multi-agent situations where risk-averse agents negotiate a contract offer to the principal after the agents observe a common, unverifiable perfect signal about their actions. We show that renegotiation with multiple agents reduces the cost of implementing any implementable action profile down to the first best level, even though the principal cannot observe the agents' actions. Moreover, it is sufficient for the principal to use a "simple" initial contract, in the sense that it consists of no more than a single sharing scheme for each agent and the total payments to the agents are the same regardless of the realised state. An important implication is that decentralization, in the sense of delegated negotiation and proposals from the agents, can be as effective as centralized schemes that utilize revelation mechanisms in unrestricted ways.

    DOI CiNii

  • JOB DESIGN, DELEGATION AND COOPERATION - A PRINCIPAL-AGENT ANALYSIS

    H ITOH

    EUROPEAN ECONOMIC REVIEW   38 ( 3-4 ) 691 - 700  1994年04月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    This paper analyzes how tasks are assigned in organizations. Tasks can be allocated vertically between a principal and an agent, or laterally among agents. The resulting organizational job design determines how many tasks are delegated to agents, and how the agents' tasks are divided among them. In the framework of the standard principal-agent relationship with moral hazard, it is shown that (i) an incentive consideration causes the principal to group a broad range of tasks into an agent's job rather than hire multiple agents and make each of them specialize in just one task; and (ii) the principal may choose to delegate all the tasks in order to mitigate a conflicting incentive problem with agents.

    DOI

  • Coalitions, Incentives, and Risk Sharing

    H ITOH

    JOURNAL OF ECONOMIC THEORY   60 ( 2 ) 410 - 427  1993年08月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    This paper analyzes the effects of coalitional behavior in principal–multiagent relationships with moral hazard and identifies cases where the principal prefers agents to form a coalition via side contracting. It is shown that the principal can implement given efforts, via non-individualistic incentive contracts, at a lower cost when the agents can monitor each other′s efforts perfectly and hence coordinate their effort choice than when the agents behave independently. Permitting the principal to utilize more complex communication mechanisms does not alter the result, for there is no coalition-proof revelation mechanism improving the principal′s welfare.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 組織の経済学

    伊藤秀史, 小林創, 宮原泰之( 担当: 共著)

    有斐閣  2019年12月 ISBN: 9784641165502

  • コーポレート・ガバナンス改革の提言――企業価値向上・経済活性化への道筋

    宍戸善一, 後藤元( 担当: 分担執筆)

    商事法務  2016年12月 ISBN: 9784785724832

  • フロンティア実験社会科学4 社会関係資本の機能と創出:効率的な組織と社会

    西條辰義, 清水和巳, 磯辺剛彦( 担当: 分担執筆)

    勁草書房  2015年10月 ISBN: 9784326349142

  • Enterprise Law: Contracts, Markets, and Laws in the US and Japan

    Zenichi Shishido, ed( 担当: 分担執筆)

    Edward Elgar  2014年 ISBN: 9781781004449

  • 日本企業研究のフロンティア 9号

    一橋大学日本企業研究センター( 担当: 分担執筆)

    有斐閣  2013年04月 ISBN: 9784641299559

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 連載 関係的契約の経済学――長期継続的関係が支える自己規律のメカニズム 第6回 レントと後払い報酬

    石原章史, 伊藤秀史

    経済セミナー   ( 721 ) 61 - 72  2021年08月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 連載 関係的契約の経済学――長期継続的関係が支える自己規律のメカニズム 第5回 主観的業績評価

    石原章史, 伊藤秀史

    経済セミナー   ( 719 ) 85 - 94  2021年04月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 連載 関係的契約の経済学――長期継続的関係が支える自己規律のメカニズム 第4回 公式契約と関係的契約の相互作用

    石原章史, 伊藤秀史

    経済セミナー   ( 718 ) 90 - 99  2021年02月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 連載 関係的契約の経済学――長期継続的関係が支える自己規律のメカニズム 第3回 関係的契約下での競争と協調

    石原章史, 伊藤秀史

    経済セミナー   ( 717 ) 115 - 125  2020年12月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 連載 関係的契約の経済学――長期継続的関係が支える自己規律のメカニズム 第2回 関係的契約でのインセンティブの与え方

    石原章史, 伊藤秀史

    経済セミナー   ( 716 ) 99 - 108  2020年10月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 中原賞

    2003年   日本経済学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 契約と組織の先端的経済分析

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

    伊藤 秀史, 水野 敬三, 石田 潤一郎, 石黒 真吾, 花薗 誠, 大湾 秀雄, 大洞 公平, 三浦 慎太郎, 石原 章史, 小佐野 広, 神戸 伸輔, 室岡 健志, 中泉 拓也

     概要を見る

    1.定例の Contract Theory Workshop (CTW,契約理論ワークショップ) を,8月,9月,12月を除く毎月原則第3土曜日午後に京都大学経済研究所,関西学院大学大阪梅田キャンパス,関西大学梅田キャンパス,立命館大学茨木キャンパスで計9回開催した.詳しい日程,海外からの報告者3名を含む全報告者,および報告内容はCTWホームページを参照されたい.
    2.8月3~5日にサマー・コンファレンス (サマーキャンプ) を釧路公立大学で開催した.研究分担者1名,大学院生2名,国内研究協力者9名,海外大学からの研究協力者1名を含む13名の主に若手研究者が,主要な問題提起と研究プロポーザルを報告し,研究の方向性を集中的に討議した.プログラムはCTWホームページを参照されたい.
    3.9月29日に,Japanese-German Workshop on Contracts and Incentivesを関西大学梅田キャンパスで共催し,研究代表者,研究分担者2名,日本からの研究協力者2名,海外からの研究協力者10名の計15名が研究報告を行い,活発な意見交換が行われた.プログラムはCTWホームページを参照されたい.
    4.12月1日に,第12回 (East Asianと名称変更して最初の) East Asian Contract Theory Conferenceを韓国Korea Universityにて開催した.日本2名,台湾2名,香港2名,韓国1名およびシンガポール1名の合計8名が研究報告を行った.プログラムはコンファレンス・ウェブサイトを参照されたい.
    5.研究代表者,研究分担者が日本経済学会,Econometric Society,Society for Institutional and Organizational Economics (SIOE), European Association for Research in Industrial Economics (EARIE),International Industrial Organization Conference,Asia Pacific Industrial Organization Conference (APIOC),数理経済学会等の学会,University of Hong Kong等の研究セミナーで研究報告を行った.

  • 新たな視点からの産業組織論分析 : 「ヒト」に光をあてる

    国際共同研究加速基金(帰国発展研究)

    研究期間:

    2018年
    -
    2020年
     

    森田 穂高, 神林 龍, 都留 康, 石川 城太, 伊藤 秀史, TANG Cheng-Tao

  • 関係的契約理論の深化と応用

    国際交流(研究者の招聘)

    研究期間:

    2019年07月
     
     
     

    伊藤秀史, Trond E. Olsen

    担当区分: 研究代表者

  • 契約と組織の経済学

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2018年03月
     

    伊藤 秀史, 小佐野 広, 水野 敬三, 石田 潤一郎, 石黒 真吾, 花薗 誠, 大湾 秀雄, 神戸 伸輔, 小嶋 健太, 森谷 文利, 室岡 健志, 河村 耕平, 佐野 隆司, 堀 一三, 大洞 公平, 中村 友哉, 清水 崇, 三浦 慎太郎, 石原 章史

     概要を見る

    以下のワークショップ,コンファレンス,学会報告等を通じて,2016年ノーベル経済学賞受賞対象となった契約理論と組織の経済学分野で,複数大学にまたがる国際水準の研究拠点を形成する成果をあげてきた.(1) 合計40回,16名の海外からの研究者による研究報告を含む定期的ワークショップCTW (2) 各年度8月上旬のサマー・コンファレンス (3) 各年度12月に開催され,台湾から香港,アジア・太平洋に拡大しつつある国際共同コンファレンス (4) 12名の海外からの研究者による研究報告を含む東京地区でのワークショップCTWE (5) 47件の国内外学会等での研究報告・研究交流および31本の学術論文.

  • 実験研究の意義と役割

    特定領域研究

    研究期間:

    2007年
    -
    2012年
     

    巌佐 庸, 青柳 真樹, 伊藤 秀史, 井上 達夫

     概要を見る

    社会科学における実験的手法の意義と役割について、個別領域を超えた広い観点から検討した。まず法や社会規範に関する考え、社会的効率性を実現するための様々な制度、進化生物学での協力の進化の機構、そして他人に対する評価を行う脳科学的基礎などのの関連がより明確になった。とくに人々の間の協力を促進するためのさまざまな仕組みについて、ゲーム理論的な研究がすすんだ。また民主政が試行錯誤を行うことでより望ましい社会を探る社会実験としての側面を明らかにした。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 自己イメージ選好を持つメンバーからなるチームのインセンティブ:理論と応用

    2017年  

     概要を見る

    各メンバーが他の複数のメンバーの「目」を気にするという自己イメージ選好を持つメンバーから成るチームにおけるインセンティブ問題を定式化し,理論的分析を行った.第1に,チームの規模 (人数) とインセンティブとの関係を考察し,チームの平均努力水準がチーム規模の増加関数となるための条件を明らかにした.第2に,自己イメージ選好についてメンバー間の異質性を導入し,誰の「目」を気にするかという問題を考察した.この分析結果を応用して,取締役会に過半数に満たない独立取締役を導入することや,外部から新しい社長を迎える (新しい「血」を組織に導入する) ことがプラスの効果を生み出す条件を明らかにした.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>