三宅 丈雄 (ミヤケ タケオ)

写真a

所属

理工学術院 大学院情報生産システム研究科

職名

教授

ホームページ

http://www.waseda.jp/sem-miyake/index.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   基幹理工学部

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   大学院   理工学研究科ナノ理工学専攻博士課程  

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    早稲田大学   大学院   理工学研究科ナノ理工学専攻修士課程  

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    早稲田大学   理工学部   電子情報通信学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学理工学部電子・情報通信学科   学士

  • 早稲田大学理工学研究科ナノ理工学専攻修士課程   修士

  • 早稲田大学理工学研究科ナノ理工学専攻博士課程   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院情報生産システム研究科   教授

  • 2016年03月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   大学院情報生産システム研究科   准教授

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    ワシントン大学   材料科学・工学   講師

  • 2008年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   ナノテクノロジー研究所   客員研究員

  • 2015年10月
    -
    2016年02月

    カリフォルニア大学サンタクルーズ校   電子工学   研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    米国MRS

  •  
     
     

    日本表面科学会

  •  
     
     

    応用物理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • バイオイオントロニクス

  • 無線給電

  • バイオ電池

  • バイオプロト二クス

  • バイオエレクトロニクス

論文 【 表示 / 非表示

  • Fiber-crafted biofuel cell bracelet for wearable electronics

    Sijie Yin, Xiaohan Liu, Tatsuya Kaji, Yuta Nishina, Takeo Miyake

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   179  2021年05月

     概要を見る

    Wearable devices that generate power using sweat have garnered much attention in the field of skin electronics. These devices require high performance with a small volume and low production rate of sweat by living or-ganisms. Here we demonstrate a high-power biofuel cell bracelet based on the lactate in human sweat. The biofuel cell was developed by using a lactate oxidase/osmium-based mediator/carbon nanotube fiber for lactate oxidation and a bilirubin oxidase/carbon nanotube fiber for oxygen reduction; the fibers were woven into a hydrophilic supportive textile for sweat storage. The storage textile was sandwiched between a hydrophobic textile for sweat absorption from the skin and a hydrophilic textile for water evaporation to improve sweat collection. The performance of the layered cell was 74 ?W at 0.39 V in 20 mM artificial sweat lactate, and its performance was maintained at over 80% for 12 h. Furthermore, we demonstrated a series-connection between anode/cathode fibers by tying them up to wrap the bracelet-type biofuel cell on the wrist. The booster six-cell bracelet generated power at 2.0 V that is sufficient for operating digital wrist watches.

    DOI

  • A needle-type biofuel cell using enzyme/mediator/carbon nanotube composite fibers for wearable electronics

    Sijie Yin, Xiaohan Liu, Yuka Kobayashi, Yuta Nishina, Ryo Nakagawa, Ryoji Yanai, Kazuhiro Kimura, Takeo Miyake

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   165  2020年10月

     概要を見る

    To realize direct power generation from biofuels in natural organisms, we demonstrate a needle-type biofuel cell (BFC) using enzyme/mediator/carbon nanotube (CNT) composite fibers with the structure Osmium-based polymer/CNT/glucose oxidase/Os-based polymer/CNT. The composite fibers performed a high current density (10 mA/cm(2)) in 5 mM artificial blood glucose. Owing to their hydrophilicity, they also provided sufficient ionic conductivity between the needle-type anode and the gas-diffusion cathode. When the tip of the anodic needle was inserted into natural specimens of grape, kiwifruit, and apple, the assembled BFC generated powers of 55, 44, and 33 mu W from glucose, respectively. In addition, the power generated from the blood glucose in mouse heart was 16.3 mu W at 0.29 V. The lifetime of the BFC was improved by coating an anti-fouling polymer 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) on the anodic electrode, and sealing the cathodic hydrogel chamber with medical tape to minimize the water evaporation without compromising the oxygen permeability.

    DOI

  • Multifunctional High-Power Sources for Smart Contact Lenses

    Taiki Takamatsu, Yin Sijie, Fang Shujie, Liu Xiaohan, Takeo Miyake

    ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS   30 ( 29 )  2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Powering an electrical contact lens is a significant challenge for wearable applications such as augmented reality displays and iontophoretic drug delivery to the eye. Here a hybrid power generation device is developed comprising a wireless power transfer system and a bioabsorbable metal-air primary battery, which provides a multifunctional direct current (DC) and/or alternating current (AC) output. The DC power is generated by Zn loop anode and a bilirubin oxidase (BOD) biocathode in an artificial tear. The Zn-based loop anode is also used as the antenna of a wireless power transfer system that results in high power transfer efficiency of 17.6% at 13.56 MHz. The wireless-powered AC voltage is boosted from 1.5 to 1.5 V + 0.5 V-pp by a DC offset, enabling red light-emitting diode (LED) emission. Furthermore, the hybrid AC and DC offset voltages are boosted to 2.3 V + 0.5 V-pp by a capacitive booster circuit that provides blue LED emission. No hydrogen evolution or pH change is observed in the tear electrolyte. The present hybrid power source can potentially power wearable electronics in body fluids.

    DOI

  • Wearable high-powered biofuel cells using enzyme/carbon nanotube composite fibers on textile cloth

    Sijie Yin, Zewen Jin, Takeo Miyake

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   141  2019年09月  [査読有り]

     概要を見る

    Wearable biofuel cells with flexible enzyme/carbon nanotube (CNT) fibers were designed on a cotton textile cloth by integrating two components: bioanode fibers for glucose oxidation and O-2-diffusion biocathode fibers for oxygen reduction. The anode and cathode fibers were prepared through modification with glucose dehydrogenase and bilirubin oxidase, respectively, on multi-walled carbon nanotube-coated carbon fibers. Both biofibers woven on the cloth generated a power density of 48 mu W/cm(2) at 0.24 V from 0.1 mM glucose (human sweat amount), and of 216 mu W/cm(2) at 0.36 V, when glucose was supplied from a hydrogel tank containing 200 mM glucose. Our fiber-based biofuel cell deformed to an S-shape without a significant loss in cell performance. Furthermore, we demonstrated a series-connection involving the tying of biofibers on a cloth with batik-based ionic isolation. The booster four cells generate power at 1.9 V that illuminated an LED on the cloth.

    DOI

  • Nanostraw membrane stamping for direct delivery of molecules into adhesive cells

    Bowen Zhang, Yiming Shi, Daisuke Miyamoto, Koji Nakazawa, Takeo Miyake

    SCIENTIFIC REPORTS   9  2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Delivering ions and molecules into living cells has become an important challenge in medical and biological fields. Conventional molecular delivery, however, has several issues such as physical and chemical damage to biological cells. Here, we present a method of directly delivering molecules into adhesive cells with an Au-based nanostraw membrane stamp that can physically inject a target molecule into the cytoplasm through a nanostraw duct. We successfully delivered calcein target molecules into adhesive cells with high efficiency (85%) and viability (90%). Furthermore, we modeled the molecular flow through Au nanostraws and then demonstrated the control of calcein flow by changing the concentration and geometry of Au nanostraws. Our Au membrane stamping provides a new way of accessing the cytoplasm to modulate cellular functions via injected molecules.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ソフト酵素電極によるオール有機バイオ発電パッチ

    吉田昭太郎, 西澤松彦, 三宅丈雄( 担当: 共著)

    シーエムシー出版、「酵素トランスデューサーと酵素技術展開」pp.1-10,2020  2020年

  • Grotthuss Mechanism: From Proton Transport in Ion Channels to Bioprotonic Devices(ch. 8), in Green Materials for Electronics

    Miyake, T, Rolandi, M

    Wiley-VCH, Weinheim, Germany  2017年

  • “柔らかい酵素電池”表面科学会誌

    三宅丈雄, 小川雄大, 西澤松彦

    表面科学会  2014年

  • ”酵素反応で発電する無害・安全なバイオ電池”「スマート・ヒューマンセンシング ~健康ビッグデータ時代のためのセンサ・情報・エネルギー技術~」

    三宅丈雄, 西澤松彦

    シーエムシー出版  2014年

  • Miniature Enzymatic Fuel Cells(ch. 17) in Enzymatic Fuel Cells From Fundamentals to Applications

    Miyake, T, Nishizawa, M

    Wiley-VCH, Weinheim, Germany  2014年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Device technologies for electrical power generation from biochemical resources

    Takeo Miyake, Matsuhiko Nishizawa

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   133 ( 9 ) 242 - 247  2013年

    書評論文,書評,文献紹介等  

     概要を見る

    Electrical power generation from carbohydrates produced by living systems is one of attractive green energy technologies, and has motivated for decades the development of enzymatic biofuel cells (eBFC) that can directly generate electricity without purification of the biofluids. In this review, we explain resent progress of enzymatic power generation in-vitro and in-vivo, and then describe the perspective of eBFC system with particular emphasis on the performance and stability requirements toward medical applications.

    DOI

受賞 【 表示 / 非表示

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2020年   文部科学省  

    受賞者: 三宅丈雄

  • Poster award

    2018年   Nature Conference on Flexible Electronics -Visions of a Flexible Future-   Wireless-Powered, Biosensing Wearable Smart Soft Contact Lens  

    受賞者: Takeo Miyake

  • 第19回青葉工学研究奨励賞

    2013年11月   青葉工学振興会   Self-Powered Sugar Indicator Using enzyme-CNT Ensemble Film  

  • 第73回応用物理学会、講演奨励賞

    2012年09月   応用物理学会   Direct Power Generation from A Biofuel in Living-Organisms  

  • 第10回ナノ学会、若手優秀ポスター発表賞

    2012年06月   ナノ学会   Enzyme-based biofuel cell and its alpplication to self-powered monitoring of sugar levels in fruits  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 電気化学的pH制御によるミトコンドリア中ATP合成の制御

    研究期間:

    2017年06月
    -
    2019年03月
     

  • 酵素発電による創傷治癒促進デバイスの創出

    研究期間:

    2016年08月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本申請では,バイオ燃料電池の仕組みと柔らかいハイドロゲル表面への電極印刷技術とを組み合わせてヒトと馴染む通電式治療シートを実現し,電気仕掛けで創傷治療をおこなう“電気絆創膏”を創出するチャレンジを試みる.新規デバイスの研究計画は,平成28年度において,各素子の基本性能を向上させ(ハイドロゲル表面上に印刷された導電性高分子配線の電気伝導度および貼るタイプの酵素フィルムのバイオ発電性能),平成29年度には,各素子を有機的に統合させた電気治療デバイスの開発およびその基礎評価をおこなう予定である.電気治療デバイスの設計においては,皮膚への通電を日本工業規格(JIS)が定めた上限(10 mA)以下とし,かつ,皮膚の炎症を引き起こさない電流密度(0.5 mA/cm2)を用いる医療機器特有の規格を設ける予定である.また,研究の進捗状況によっては動物実験による治療効果を確認することで本研究を完成させたいと考えている.本年度は,各素子の性能向上と創傷治癒促進デバイス“電気絆創膏”の開発を完成させた.具体的には,申請者独自の技術であるハイドロゲル表面への導電性高分子配線の印刷および貼るタイプの酵素フィルムの性能改善に取り組んだ.さらに,イオンの絶縁や生体素材の失活抑制などウェット材料特有のパッケージング技術に関しても取り組んだ.さらに,各パーツの接合技術に取り組んだ.ハイドロゲル電極配線と酵素フィルムを導通させるため,電解重合を利用した導電接着技術に取り組み,さらにバイオ燃料を含んだハイドロゲル上で化学エネルギーを電気エネルギーに変換させる燃料一体型発電フィルムを完成させた.2年間で4項目の研究計画を立てたが,本年度にて2項目は達成し,3項目目にも取り掛かることが出来た.実績概要と重複するが,各素子の性能向上と創傷治癒促進デバイス“電気絆創膏”の開発を完成させた.具体的には,申請者独自の技術であるハイドロゲル表面への導電性高分子配線の印刷および貼るタイプの酵素フィルムの性能改善に取り組んだ.さらに,イオンの絶縁や生体素材の失活抑制などウェット材料特有のパッケージング技術に関しても取り組んだ.さらに,各パーツの接合技術に取り組んだ.ハイドロゲル電極配線と酵素フィルムを導通させるため,電解重合を利用した導電接着技術に取り組み,さらにバイオ燃料を含んだハイドロゲル上で化学エネルギーを電気エネルギーに変換させる燃料一体型発電フィルムを完成させた.以上のことから,本研究はおおむね順調に進んでいると考えられ,最終年度の研究課題達成に向け着実に進んでいる.平成29年度には,各素子を有機的に統合させた電気治療デバイスの開発および本デバイスを用いて創傷治癒に関する応用に取り組む.具体的には,皮膚細胞の電気走性を評価する.本電気絆創膏では,デバイス側から皮膚へイオン的導通を伴いながら傷口付近の皮膚細胞の遊走を制御する仕組みであるため,傷口の血糖を用いたバイオ発電によって細胞が電気走性する様子をIn vitroで評価する.細胞ディッシュ上に培養した表皮細胞の単独および集団での遊走を観察し,動物実験に向けたイオン電流値を見積もる予定である.その際,バイオ発電シートとマイクロ流路システムを組み合わせることで,培養液を直接燃料として用いる電気培養皿を開発する予定である.電源が組み込まれた培養ディッシュは,これまで存在しなかったので,細胞培養分野への新たなツールを提供できるのではないかと考えている.さらに,電気絆創膏を用いた動物実験にも取り組む.マウスの皮膚,あるいは,ウサギの角膜など上皮組織の治癒が電気で促進されるかどうかを評価する予定である.実際の皮膚にデバイスを取り付ける際,市販のメディカルテープ(Nexcare 3M)を用いることで,バイオ発電の性能を向上させる大気中酸素の直接利用に加え,ゲルの水分蒸発を抑制する効果が得られると期待している

  • ”電気化学的pH制御によるミトコンドリア中ATP合成の制御”

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2017年
    -
    2018年
     

  • “身近な糖を燃料とするバイオ発電デバイスの開発”

    「生体医歯工学共同研究拠点」ネットワーク型共同プロジェクト

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

  • “体液から直接発電するウェアラブル酵素発電デバイスの開発”

    研究期間:

    2018年
    -
     
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • “酵素/カーボンナノ電極を用いたバイオ発電デバイスと生体応用”

    三宅 丈雄

    第78回秋季応用物理学会「フレキシブル環境発電デバイスの新展開」   (福岡)  応用物理学会  

    発表年月: 2017年09月

  • “生体に調和するバイオ発電デバイスの開発と今後の展開”

    三宅 丈雄

    「ウェアラブルデバイス・バイオセンサ応用を目指したバイオ電池の最前線」   (東京)  シーエムシー出版  

    発表年月: 2017年06月

  • “バイオイオントロ二クスへの挑戦”

    三宅 丈雄

    第97回春季年会「未来のヘルスケアを支える革新技術;未来医療を支える生体適合性材料」   (東京)  日本化学会  

    発表年月: 2017年03月

  • “Organic Biotransducer for Interactive Communication with Biology”

    Miyake, T

    Bioelectronics and Biosensors Congress 2016  

    発表年月: 2016年11月

  • “生体素材と電子素子をイオンでつなぐ革新的バイオイオントロ二クスへの挑戦”

    三宅 丈雄

    「生体エレクトロニクス研究の最前線」   (東京)  有機エレクトロニクス材料研究会  

    発表年月: 2016年09月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • プロトン伝導制御技術の構築とバイオデバイス応用

    2018年  

     概要を見る

    本研究課題では,これまでのPdと比してプロトンに対する選択性が高く,かつ,酸化還元電位を下げることのできる導電性高分子(スルホン化ポリアニリン)を開発し,本Protode電極を用いることで溶液中のpHを精密に制御(10mM Tris-HCl緩衝液中でpH変化を0.1単位で制御)することに成功した.さらに,本電極と細胞から単離したミトコンドリアを組み合わせることで,電気化学的にミトコンドリア内ATPの合成を制御することに,世界で初めて実現した.

  • 生体と調和する無線給電型バイオセンシングレンズの開発

    2017年  

     概要を見る

    本研究課題では,水分に影響しない13.56MHzにおける無線給電のためのループアンテナの設計とその電力利得評価に加え,本無線システムとLEDを搭載した電子ソフトコンタクトレンズを実現させた.通常,無線給電はAC電源となるため,直流を必要とするLED用電源には向かない.そこで,AC/DC変換のための整流回路を加えることで,コンタクトレンズ上で負荷なくLEDを点灯させることに成功した.また,眼球の動き(回転)に応じて変化するLED輝度の解析からアイモーションを検出できるシステムも実現した.

  • 電気化学的pH制御による生きたミトコンドリア中ATP合成の制御

    2016年  

     概要を見る

    本研究では,溶液のプロトン(H+)と親和性の高いprotode電極およびカーボンナノチューブによるスーパーキャパシタ電極を組み合わせることで溶液中のpHを制御できる電気化学的トランスデューサの開発を行い,細胞膜イオンチャネルのイオン伝導性を評価した.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年11月
    -
     

    The 9th International Symposium on Surface Science  Biomaterial interfaces, session chair

  • 2021年11月
    -
     

    The 9th International Symposium on Surface Science  Biomaterial interfaces, session chair

  • 2020年12月
    -
     

    第30回日本MRS年次大会  シンポジウムオーガナイザー

  • 2020年11月
    -
     

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference BioMEMS, Lab on a Chip, and Nanobiotechnology  Members

  • 2020年11月
    -
     

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference BioMEMS, Lab on a Chip, and Nanobiotechnology  Members

全件表示 >>