下川 哲 (シモカワ サトル)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

准教授

ホームページ

http://www.waseda.jp/prj-foodecon/

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年

    コーネル大学   応用経済学研究科   博士課程修了  

  •  
    -
    2003年

    コーネル大学   応用経済学研究科   修士課程修了  

  •  
    -
    2000年

    北海道大学   農学部   農業経済学科 卒業  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学部   准教授

  • 2015年07月
    -
    2016年03月

    アジア経済研究所   研究員

  • 2007年07月
    -
    2015年06月

    香港科技大学   社会科学部   助教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 食料農業経済

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 農業経済

  • 開発経済

  • 食料政策

論文 【 表示 / 非表示

  • The Urban-Rural Gap in the Demand for Food Safety in China: the Role of Food Label Knowledge

    Shimokawa, Satoru, Dezhuang Hu, Dandan Li, Hong Cheng

    Agricultural Economics   forthcoming  2020年

  • Promoting Dietary Guidelines and Environmental Sustainability in China

    Lei, Lei, Satoru Shimokawa

    China Economic Review   59 ( February ) 101087  2020年

    DOI

  • The Effect of Health Information on Smoking Intensity: Does Addiction Matter?

    Zeng, Sen, Satoru Shimokawa

    Applied Economics   52 ( 22 ) 2408 - 2426  2020年

    DOI

  • Partial Smoking Ban and Secondhand Smoke Exposure in Japan

    Zeng, Sen, Haruko Noguchi, Satoru Shimokawa

    International Journal of Environmental Research and Public Health   16 ( 15 ) 2804  2019年08月

    DOI

  • Emerging Markets for US Pork in China: Experimental Evidence from Mainland and Hong Kong Consumers

    David L. Ortega, Maolong Chen, Satoru Shimokawa, H. Holly Wang

    JOURNAL OF AGRICULTURAL AND RESOURCE ECONOMICS   42 ( 2 ) 275 - 290  2017年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A major concern for international marketers is how products will be received by foreign consumers in other markets. This study uses choice modeling to assess Chinese consumer preferences for pork and evaluate the potential demand for U.S. pork in the cities of Guangzhou and Hong Kong. We find that differences in preferences for domestic versus imported pork can be explained, in part, by consumers' level of patriotism. Marketing pork with a food safety claim can increase market demand for U.S. products, and accounting for differences in nationalistic attitudes can aid marketing efforts.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • The Rising Cost of a Healthy Diet: Changing Relative Prices of Foods in High-income and Emerging Economies

    Steve Wiggins, Sharada Keats, Euna Han, Satoru Shimokawa, Joel Alberto Vargas Hernandez, Rafael Moreira Claro( 担当: 分担執筆)

    Overseas Development Institute  2015年

  • Rural Infrastructure and Agricultural Development.

    Pinstrup-Andersen, Per, Satoru Shimokawa. (Eds, F. Bourguignon, B. Pleskovic

    Rethinking Infrastructure for Development, The World Bank.  2007年

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 食品選択、食事内容構成の意思決定と健康リスクコミュニケーションの要件

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    (1)科学情報の提供によっても食品選択行動が変わらない拒絶反応の心理的原因を究明し、情報提供の改善方法を探求する。行動経済学、社会心理学の理論を導入し、提供情報内容の構成・量に対する消費者の反応を、情報の視認、段階的提供の効果等から検証する。(2)食事構成の意思決定を認知的なプロセスとして分析し、潜在的な健康リスクが懸念される食事パターンとその影響要因(生活要因、内的な食習慣・食事規範、健康イメージ等)を抽出する。その結果をもとに、市民の双方向健康リスクコミュニケーションを実施し、また、市民の食生活と健康に寄与する食品・食事提供のあり方を吟味する専門職業者の議論の場を設ける

  • 持続可能な風評対策と放射性物質検査体制に関する実証的研究ー行動経済学による接近

    基盤研究B(代表)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 食品安全のためのリスクコミュニケーションモデルの開発とプロフェッションの要件

    基盤研究A (分担)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    主に以下の分析を行い、成果を公表した。食品を介した放射性物質の健康影響について、(1)市民のリスク知覚構造の日・仏・韓の比較、(2)リスクイメージとその源泉に関する日仏比較、(3)福島産農産物に対する態度と支払い意思額、科学情報受容、(4)パネルデータによるリスク認知の変化、科学情報の提供によるニューメラシーがリスク認知に及ぼす影響。潜在的な健康リスクに関して、(5)食事組み合わせパターン、(6)食事内容構成の決定と食事規範。(7)食品安全の高等専門教育体系のフランス調査とプロフェッションの要件

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • Impact of Cultivated Land Conversion on Food Security in China

    2016年  

     概要を見る

    In China, the steep rise in cultivated land conversion, accompanied by a population increase, has provoked the debate about its impact on food security. Accordingly, the Chinese government emphasizes the importance of retaining cultivated land. However, it is still controversial if cultivated land conversion really threatens China’s food security. Thus, this study investigates the causal impact of cultivated land conversion on grain output in China by employing the instrumental variables estimation. Our estimation strategy exploits the facts that tax reform (a change in the enterprise tax-sharing scheme) and administrative decentralization in 2002 unintentionally influenced farmland conversion and that the magnitude of the unintended influences varied across local governments depending on how much their tax revenues had depended on the enterprise tax before the reform. Using data from 1999 to 2005, we found that land conveyance area significantly increased as local governments’ fiscal revenue decreased, and a decrease in farmland area caused by the land conveyance decreased grain output. Even after controlling for potential endogeneity bias, a 1% decrease in local government’s fiscal revenue increased land conveyance areas by 3.4%, and it decreased grain output by 0.10%. The findings may moderately support China’s recently imposed “redline” of 120 million hectares of cultivated land.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>