LEE, Jeaho

写真a

Affiliation

Faculty of International Research and Education, Graduate School of Japanese Applied Linguistics

Job title

Professor

Homepage URL

http://gsjal.jp/lee/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Center for Japanese Language

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  • 2002.04
    -
    2005.03

    Kyoto University  

  • 2000.04
    -
    2002.03

    Kyoto University  

Degree 【 display / non-display

  • 2008.07   Kyoto University   Ph.D (Human Environmental Studies)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2016.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Japanese Applied Linguistics

  • 2021.04
    -
    Now

    東北大学大学院文学研究科   非常勤講師(コーパス言語学)

  • 2020.04
    -
    Now

    Gakushuin University   Faculty of Letters

  • 2015.04
    -
    Now

    Seisen University   Faculty of Literature Department of Japanese Language and Literature

  • 2020.02
    -
    2021.03

    Temple University   Dissertation Advisor(Doctoral Programs)

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE

  •  
     
     

    The Mathematical Linguistic Society of Japan

  •  
     
     

    第二言語習得研究会(JASLA)

  •  
     
     

    ASSOCIATION OF JAPANESE LANGUAGE TEACHERS IN EUROPE

  •  
     
     

    Japan Language Testing Association (JLTA)

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Educational technology

  • Japanese language education

  • Japanese linguistics

Research Interests 【 display / non-display

  • Mathematical Linguistics

  • Performance Evaluation

  • Language testing

  • Japanese language education using ICT

  • Text mining

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Quantitative Analysis of the Relationship Between Speech Production and Proficiency: Analysis Using I-JAS Interaction Data

    Jaeho Lee

      56   55 - 64  2021.08  [Invited]

    Authorship:Lead author

  • Evaluation of Japanese Language Difficulty: Using Easy Japanese as Material

    LEE,Jaeho

    Princeton Japanese Pedagogy Forum Proceedings 2021   27  2021.05

  • 韓国語文章リーダビリティ判定システム「kReadability」

    淺尾 仁彦, 林 炫情, 李 在鎬, 須賀井 義教, 斉藤 信浩

    朝鮮語教育―理論と実践―   ( 16 ) 5 - 18  2021.04  [Refereed]

  • New Second Language Education Brought about by Readability Research

    WIAS Discussion Paper   2020 ( 006 ) 1 - 11  2020.12

    Authorship:Last author

  • Quantitative Analysis of JFL Learners' Writing Abilities and the Development of a Computational System to Estimate Writing Proficiency

    Lee, Jae-Ho, Hasebe, Yoichiro

    Learner Corpus Studies in Asia and the World   5   105 - 120  2020.12

    Authorship:Lead author

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 自動詞・他動詞の教え方を考える

    江田すみれ, 堀恵子, 中石ゆうこ, 中俣尚己, 李在鎬, 山崎 誠, 建石 始( Part: Contributor, 第3章 学習者作文と自他の使用頻度(43-56))

    くろしお出版  2020.07

  • 日本語学習者コーパスI-JAS入門 : 研究・教育にどう使うか

    迫田, 久美子, 石川, 慎一郎, 李, 在鎬

    くろしお出版  2020.03 ISBN: 9784874248256

  • 認知言語学Ⅰ(言語研究の革新と継承)

    李在鎬( Part: Joint author, 第6章 用法基盤モデル)

    ひつじ書房  2020.03

  • OPIによる会話能力の評価 ―テスティング、教育、評価に生かす―

    牧野成一, 奥野由紀子, 李在鎬, 鎌田修, 嶋田和子, 三浦謙一( Part: Joint author)

    凡人社  2020.02 ISBN: 4893589709

    ASIN

  • ICT×日本語教育—情報通信技術を利用した日本語教育の理論と実践

    當作靖彦, 李在鎬

    ひつじ書房  2019.03 ISBN: 4894769441

    ASIN

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 書評(新刊自己紹介)『日本語学習者コーパスI-JAS入門-研究・教育にどう使うか』

    李在鎬

    早稲田日本語教育学   ( 29 ) 149 - 150  2020.12

    Authorship:Lead author

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 事典執筆:『認知言語学大事典』「執筆項目,コーパスと認知言語学」

    李 在鎬

    『認知言語学大事典』辻 幸夫 (編集, 監修)     617 - 630  2019.10  [Invited]

  • [Book reviews] SATO Shinji, SAEKI Yutaka (eds.): Kakawaru Kotoba: Sankashi Taiwasuru Kyoiku Kenkyu Eno Izanai

    李 在鎬

    早稲田日本語教育学 = Waseda studies in Japanese language education   ( 24 ) 223 - 226  2018.06  [Invited]

    CiNii

  • 〈Practical Articles〉Report on the Center for Distance Learning of Japanese and Japanese Issues 2014

    Lee Jae-Ho, Imai Shingo, Kai Akiko, Hori Seiji

      ( 30 ) 329 - 338  2015.02

    CiNii

  • Book Review : NAKAMATA Naoki "The Handbook of Collocation of Function Words in Japanese"

    李 在鎬

    計量国語学 = Mathematical linguistics : 計量国語学会機関誌   30 ( 2 ) 98 - 103  2015

    CiNii

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 日本語学習者作文コーパス(http://sakubun.jpn.org/)

    李 在鎬  Web Service 

  • タグ付きKYコーパス(http://jhlee.sakura.ne.jp/kyc/corpus/)

    李 在鎬  Web Service 

  • 日本語教育語彙表(http://jhlee.sakura.ne.jp/JEV.html)

    砂川 有里子, 李 在鎬  Database science 

  • 日本語学習者作文評価システム「jWriter」(https://jreadability.net/jwriter/)

    李 在鎬  Web Service 

  • 日本語文章難易度判別システム「jReadability」(https://jreadability.net/ja/)

    李 在鎬  Web Service 

Awards 【 display / non-display

  • 日本語教育学会奨励賞

    2014.05   日本語教育研究への貢献

    Winner: 李在鎬

     View Summary

    李在鎬氏は、認知言語学、コーパス言語学、第二言語教育などを専門領域とし、以下のような複数領域に跨る優れた功績を残されています。まず、単著『認知言語学への誘い―意味と文法の世界―』(2010年、開拓社)、単著『コーパス分析に基づく認知言語学的構文研究』(2011年、ひつじ書房)を出版されています。そして、共著『日本語教育のためのコーパス調査入門』(2012年、くろしお出版)は、日本語教育研究者や教師にワークショップ等を通して広く活用され、コーパスの利用を身近なものとすることに貢献されました。 上記の出版物以外に、単著「大規模テストの読解問題作成過程へのコーパス利用の可能性」(2011 年、『日本語教育』148 号)、共著「学習者コーパスと言語テスト―言語テストの得点と作文のテキスト情報量の関連性―」(2013 年、『言語教育評価研究(AELE)』第 3 号、国際交流基金)など、言語テストへのコーパス利用に関する先駆的な論文を発表しておられ

Research Projects 【 display / non-display

  • 外国語としての日本語学習者のための参照文法の開発

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

    ヨフコバ四位 エレオノラ, 堀恵子, 久保田美子, 李在鎬, 稲葉和栄

    Authorship: Coinvestigator(s)

  • データ駆動型学習を取り入れた文法教育に関する基礎的研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    堀 恵子, 李 在鎬, ヨフコバ四位 エレオノラ, 加藤 恵梨

  • 論理的文章作成を支援するウェブ型自動処理システムの開発と普及に関する研究

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

    李 在鎬, 伊集院 郁子, 長谷部 陽一郎

  • リーダービリティシステムを活用した日本語テスト問題の自動生成に関する研究

    挑戦的研究(萌芽)

    Project Year :

    2019.06
    -
    2022.03
     

    李 在鎬

  • 韓国語リーダビリティを活用した読解学習支援システムの構築

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    林 ひょん情, 淺尾 仁彦, 李 在鎬, 斉藤 信浩, 須賀井 義教

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • kReadabilityを用いた韓国語検定試験の読解文章難易度比較

    斉藤信浩, 林炫情, 淺尾仁彦, 李在鎬, 須賀井義教

    朝鮮語教育学会 第88回 例会 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • 日本語教育における作文の自動評価

    李在鎬  [Invited]

    日本言語テスト学会第24回全国研究大会シンポジウム「日本語教育におけるアフターコロナの評価にむけて」 

    Presentation date: 2021.09

  • 日本語教育とデータ科学の融合

    李在鎬  [Invited]

    日本教育心理学会自主シンポジウム「統計改革は各教育分野にどのように展開していったか」 

    Presentation date: 2021.08

    Event date:
    2021.08
     
     
  • I-JASから考える量的研究としてのコーパス分析が目指すもの

    李在鎬  [Invited]

    シンポジウム「学習者コーパスと第二言語習得研究:量的研究と質的研究の交差点」(中国湖南大学主催) 

    Presentation date: 2021.08

    Event date:
    2021.08
     
     
  • データ科学からみた日本語教育の可能性

    李在鎬  [Invited]

    一橋日本語教育研究会 

    Presentation date: 2021.08

    Event date:
    2021.08
    -
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 計算言語学の手法を用いた小中高における教科書の文章難易度に関する調査研究

    2019  

     View Summary

    小中高における教科書412冊の電子データを,独自に開発したコンピュータシステムでもって文章難易度を調査した。調査の結果を母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会2019年度研究大会でポスター発表した(李在鎬(2019)「教科書に対する読みやすさの評価 ― jReadability と BCCWJ を用いて―」(立命館大学,2019.8.8))。また,「李在鎬(2019)「BCCWJ の学校教科書コーパスの計量的分析 ―日本語教育のためのリーダビリティと語彙レベルの分布を中心に―,『計量国語学』 32(3) 147 - 162 」で論文として公開した。この結果は,今後,日本語教師が,日本の小中高で外国人児童を指導する際,教科書の難しさを判断する指針になりうるもので,大きな波及効果を持つものと考えている。

  • 日本語学習者のための文章難易度の自動推定に関する基礎研究

    2016  

     View Summary

    本研究の目的は、生の日本語テキストを日本語教育の読解教育に活かすため、文章の(日本語学習者にとっての)難易度を自動判定するウェブシステムを開発し、普及のためのワークショップを行うことであった。研究成果は、http://jreadability.net/ において一般公開されている。また、研究成果の普及を目的とするワークショップとして、九州大学において、2016.12.16に実施したほか、第27回第二言語習得研究会全国大会において、「単語n-gramに基づく日本語機能表現リストの構築と学習者の作文にみられる文法項目の定量的分析」というポスター発表を行った。そして、『早稲田日本語教育学』において「日本語教育のための文章難易度研究」という論文を公開した。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2010.04
    -
    Now

    計量国語学会  理事

  • 2020.09
    -
    Now

    日本語プロフィシェンシー研究学会  査読委員

  • 2020.05
    -
    Now

    産業日本語研究会(https://www.tech-jpn.jp/)  運営委員

  • 2020
    -
    Now

    CASTEL/J2021  Excective committee

  • 2019.06
    -
    Now

    日本語教育学会  代議員

display all >>