マキュワン 麻哉 (マキュワン マヤ)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

准教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   大学院教育学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • Self-determination for all language learners: New applications for formal language education.

    Sugita-McEown, Oga-Baldwin, W. Q

    System   86   102 - 124  2019年

  • The role of parental factors and the self in predicting positive L2 outcomes among Japanese learners of English

    Journal of Multilingual and Multicultural Development    2019年

  • Individual, parental and teacher support factors of self-regulation in Japanese students

    Maya Sugita McEown, Kristopher Scott McEown

    Innovation in Language Learning and Teaching    2018年

  • Foreign Language Learning Motivation in the Japanese Context: Social and Political Influences on Self

    Maya Sugita McEown, Yasuyo Sawaki, Tetsuo Harada

    The Modern Language Journal   101  2017年

  • Students' self-determined and integrative orientations and teachers' motivational support in a Japanese as a foreign language context

    Maya Sugita McEown, Kimberly A. Noels, Kristie D. Saumure

    SYSTEM   45   227 - 241  2014年08月  [査読有り]

     概要を見る

    To support students' motivation to learn a foreign language, teachers should understand the reasons why their students wish to learn the language and incorporate this information in their teaching practice. The survey of 128 Canadian learners of Japanese focused on three questions: What are students' orientations for wanting to learn Japanese, and how are these orientations interrelated? Do orientations differently predict learning engagement and academic outcomes on the one hand, and language community engagement, on the other? What aspects of teachers' support best facilitate students' self-determination and intercultural integrativeness? The results showed that self-determined orientations were the best predictors of learning engagement and academic outcomes, but cultural knowledge development and intercultural interaction best predicted Japanese community engagement. Students who perceived their teacher as supporting competence and relatedness also reported greater self-determination. These results underscore the motivational significance of self-related and integrative orientations for learning a foreign language, even in settings where there is little opportunity for interaction with members of the target language community. These findings emphasize that foreign language teachers can foster students' motivation by supporting their sense of competence, relatedness and cultural understanding, although these supports may differ in their importance depending on the students' level of self-determination. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Culture, autonomy and the self in language learning. in The impact of self-concept on language learning

    K. Csizer, M. Magid( 担当: 分担執筆)

    Multilingual Matters  2014年

  • At the interface of the socio-educational model, self-determination theory, and the L2 motivational self system model in The impact of self-concept on language learning

    K. Csizer, M. Magid( 担当: 分担執筆)

    Multilingual Matters  2014年

  • 外国語教育研究ハンドブック―研究手法のより良い理解のために第7章分散分析入門(2) -独立変数が2つ以上ある場合には

    編著者, 竹内理, 水本篤 著者, 杉田麻哉

    2012年05月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Emotional intelligence as a mediator between positive and negative emotions and neuro-cognitive performance among Japanese EFL learners

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    The research project will explore the interplay between emotional intelligence and neurocognitive performance among language learners using novel questionnaire survey and neuro-cognitive measures

  • 大学英語学習者を対象とした内容言語統合型学習に関する縦断調査

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    今年度は当初の予定通り以下の国際学会発表、特別講演企画、データ分析、出版企画と出版を行っている。(1)国際学会発表:研究代表者、分担者がそれぞれに、クロアチア、韓国、香港(2件)にて発表を行った。しかし2020年3月に予定をしていた国際学会発表の一部は、新型コロナの影響のため延期となったため、次年度以降に発表予定としている。 (2) 特別講演企画:海外から、5月にSarah Mercer氏 (University of Graz), 10月にPeter MacIntyre氏(Cape Breton University)を招待した。 (3)書籍出版:大修館書店:「動機づけ研究の理論と実践:動機づけを仕掛けて(仮題)」と題して、大修館書店から代表者・分担者が執筆を行っており、2020年度に出版予定である。2021年度には、Multilingual Mattersから「The psychological experience of integrating language and content」と題して書籍出版が予定されている。本書では代表者が執筆と編集を行っており、分担者(Stephen Ryan氏)がSeries Editorを務めている。さらにStephen Ryan氏が「Innovation in English Education in Japan」(Palgrave Macmillan)「Palgrave handbook of motivation for language learning」(Palgrave Macmillan)を出版した。(4)調査の状況:調査に関しては、大阪大学・早稲田大学・学習院大学・関西大学にて最終的には約800名の学習者を調査対象とし、データ収集を終了した。大阪大学(約600名)、早稲田大学(約50名)、学習院大学(約100名)、関西大学(約60名)が調査対象者となった。(5)シンポジウム企画:第3回企画シンポジウム(2020年3月3日):大阪大学にて全体研究会を行う予定であったが新型コロナの影響にて延期することとなった。 (6)代表者のネット上のホームページを随時更新し、上記の研究の状況を公開している。本研究が3年目であり、データ収集が終了した。大阪大学・早稲田大学・学習院大学・関西大学にて質問紙調査を実施し、質的データ収集(半構造化面接、自由記述、Motigraph、リフレクションシート)を行い、約800名のデータ収集を行った。大阪大学・早稲田大学・学習院大学・関西大学の一部のデータについては既に分析を開始しており、今後さらに統計分析と質的データ分析を進めている。さらにデータの一部を使用して、研究代表者、分担者がそれぞれに出版を行う、あるいは、出版に向けて執筆を行った。研究代表者、分担者がそれぞれに一部のデータを使用して国際学会発表、国内学会発表にて研究成果を発表しており、今後の研究の在り方や方向性について活発な議論を行っている。2020年3月以降は新型コロナの影響で海外出張ができていないことから、2020年度春夏に予定していた国際学会発表、国内学会発表、シンポジウム企画は、2021年度に延期となった。今年度に入手した質問紙調査と質的データの分析を統計分析・質的データ分析によって分析を行い、結果を公表していく予定である。また、代表者・分担者が国内外学会発表にて成果報告を行う予定であり、年に1度企画されている第3回公開シンポジウムにて議論を行う。更に、質問紙・言語運用能力に関わる分析結果について学術誌を中心として出版を行っていく。さらに大修館書店から「動機づけ研究の理論と実践―教育実践を通した動機づけの仕掛け」(仮題)と題して、書籍刊行に向けて執筆を行い、2020年10月には出版予定である。さらに "The psychological experience of integrating language and content“と題してMultilingual Matters (英国)からの書籍出版も決まっている。国際学会発表、国内学会発表、シンポジウム企画については新型コロナの影響によって延期されることとなったため、2021年度に学会発表を予定している。したがって本研究の研究計画を変更する必要はなく、今後、本研究を遂行するうえでの問題点はない

  • 「大学英語学習者を対象とした内容言語統合型学習に関する縦断調査

    科学研究費助成事業基盤研究(B)

    研究期間:

    2017年
    -
    2020年
     

  • Language Motivation and Culture beyond Personality Traits

    若手B

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    2019年度は、前の年度に実施した質問紙から得られたデータを分析し、執筆した。具体的な研究内容は、英語以外の外国語学習(スペイン語、フランス語、中国語、ドイツ語)に着目し、その心理的要因と環境的要因の関係性を探った。質問紙の測定項目は、Intrinsic motivation、Introjected regulation、Integrative orientation、L2 anxiety、parental support, teacher autonomy support などであった。分析には分散分析と重回帰分析が用いられ、心理的要因と環境的要因の関係性や、それぞれの要因の影響の度合いを測定した。主な分析結果として2種類の動機づけ(Intrinsic motivation と Integrative Orientation)は、 学習言語の種類(スペイン語、フランス語、中国語、ドイツ語)に関係なく、いくつかの学習者要因を説明しているということが分かった。これら結果は、国際誌 Journal of Multilingual and Multicultural Development, 1-13. に掲載された。この結果をもとに考えられるのは、英語以外の外国語における心理的要因や環境的要因のプロセスには共通点があるということであり、今回応用した理論的枠組みは、研究対象言語の種類によらず応用可能な枠組であるということが言えるだろう

  • Language Motivation and Culture beyond Personality Traits

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    The researcher investigated language learners’ individual differences factors that considered various social influences and educational contexts.In 2018, the researcher conducted data collection and analysis. The main results obtained in this project indicated that articulating others’ dimension in a sense of self is very important in a language learning context in Japan: that is parental expectation and values influenced the development of a sense of self in language learners, which in turn had various effects on students’ motivation to learn a language and language learning outcomes. These results were presented in a conference and research session. In addition, these data were also published in a peer-reviewed international journal.These data were successfully collected and published in 2018. Additional data, especially focusing on languages other than English contexts or other educational contexts, will be collected and analyzed during the remaining period.Additional data, especially focusing on languages other than English contexts or other educational contexts, will be collected and analyzed during the remaining period. Additional qualitative data are required (and will

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Self-regulatory processes among Japanese EFL learners in CLIL course contexts

    Sugita McEown, McEown

    The Third International Conference on Situating Strategy Use   (Japan) 

    発表年月: 2019年10月

  • 大学英語学習者を対象とした内容言語統合型学習に関する縦断調査

    マキュワン麻哉

    基盤研究B シンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

  • Self-determination for all language learners

    Maya Sugita McEown, Quint Oga Baldwin

    Psychology of Language Learning conference (PLL3)  

    発表年月: 2018年06月

  • Incorporating the Inclusive L2 Self into Self-Related Motivations in a Japanese EFL Context

    Maya Sugita McEown, Kristopher Scott McEown

    International Symposium on Education and Social Sciences  

    発表年月: 2018年06月

  • What is 'self" in the Japanese EFL context

    Maya Sugita McEown

    動機づけ研究会(東京)  

    発表年月: 2017年04月

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>