HASUIKE, Takashi

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Homepage URL

https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50557949.ja.html

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  • 2006.10
    -
    2009.03

    大阪大学   大学院 情報科学研究科   情報数理学専攻  

    博士課程

  • 2005.04
    -
    2006.09

    Osaka University   大学院 情報科学研究科   情報数理学専攻  

    修士課程

  • 2001.04
    -
    2005.03

    Osaka University   工学部   応用自然科学科  

Degree 【 display / non-display

  • 大阪大学   博士(情報科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2015.04
    -
    Now

    Waseda University   School of Creative Science and Engineering   准教授

  • 2020.04
    -
    Now

    The University of Tokyo   非常勤講師

  • 2016.04
    -
    Now

    神奈川大学   工学部   非常勤講師

  • 2019.09
    -
    2020.03

    青山学院大学   理工学部   非常勤講師

  • 2012.04
    -
    2015.03

    甲南大学   知能情報学部   非常勤講師

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    THE INSTITUTE OF SYSTEMS

  •  
     
     

    JAPAN SOCIETY FOR FUZZY THEORY AND INTELLIGENT INFORMATICS

  •  
     
     

    INFORMATION PROCESSING SOCIETY OF JAPAN

  •  
     
     

    JAPAN ASSOCIATION FOR MANAGEMENT SYSTEMS

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Soft computing

  • Kansei informatics

  • Soft computing

  • Safety engineering

  • Social systems engineering

Research Interests 【 display / non-display

  • ファジィ理論

  • 資産配分問題

  • リスクマネジメント

  • サプライチェーンマネジメント

  • ソフトコンピューティング

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • A New MIP Approach on the Least Distance Problem in DEA

    Xu Wang, Kuan Lu, Jianming Shi, Takashi Hasuike

    Asia-Pacific Journal of Operational Research    2020.05  [Refereed]

    DOI

  • Emotion Prediction and Cause Analysis Considering Spatio-Temporal Distribution

    Saki Kitaoka, Takashi Hasuike

    JOURNAL OF ADVANCED COMPUTATIONAL INTELLIGENCE AND INTELLIGENT INFORMATICS   23 ( 3 ) 512 - 518  2019.05  [Refereed]

     View Summary

    This paper proposes an analytical model that clarifies the relationship between specific place and human emotions as well as the cause of the emotions using tweet data with location information. In addition, Twitter data with location information are analyzed to show the effectiveness of our proposed model. First, geotags are provided to collect Twitter data and increase the number of data for analysis. Second, training data with emotion labels based on the emotion expression dictionary are created and used, and supervised learning is done using fastText to obtain the emotion estimates. Finally, by using the result, topic extraction is performed to estimate the causes of the emotions. As a result, the transition of emotion in time and space as well as its cause is obtained.

    DOI

  • Development of application that considers communication design connecting producer and consumer

    加島智子, 松本慎平, 蓮池隆

    情報処理学会研究報告(Web)   2019 ( ICS-193 ) Vol.2019‐ICS‐193,No.3,1‐5 (WEB ONLY)  2019.02

    J-GLOBAL

  • Improvement of Calculation Method of Heat Value of General Waste Using Two-stage Multiple Regression Analysis:—Case Study of Chiba Prefecture—

    KAMIKAWA Taketo, HASUIKE Takashi

    Journal of Japan Industrial Management Association   70 ( 3 ) 166 - 177  2019  [Refereed]

     View Summary

    <p>General waste disposal is closely related to the lives of local residents, so the effective use of thermal energy generated at the time of incineration helps to prevent global warming and becomes a major return for local residents. In this research, to effectively utilize the thermal energy generated by burning general waste, we propose a method for predicting the heat value from occurrence factors using two-stage multiple regression analysis for a case study using Chiba Prefecture. In this two-stage multiple regression analysis, the objective variables of the first stage are used for the explanatory variables of the second stage. In the first stage, regression analysis is performed separately for household and business units, and in the second stage, regression analysis is performed for each facility unit. Pooled OLS and a random effects model were used for the analysis since fixed effects were not significant. To verify the validity of the prediction method, we calculated the correlation coefficient and performed the paired t test to compare the heat value obtained from the prediction method with the actual heat value measured. As a result, the correlation coefficient was 0.4216, which exceeds that which was considered to be correlated, 0.4. The results of the paired t test showed that the null hypothesis revealed no difference in mean at a significance level of 5%, and was therefore not rejected since the P-value was 0.5548. Therefore, our research verified the effectiveness of the method proposed for predicting the heat value from occurrence factors.</p>

    DOI CiNii

  • Solution Method of News Vendor Problem with Price Elasticity of Demand by Parametric Stochastic Programming.

    Risako Nibe, Takashi Hasuike, Takayuki Shiina

        781 - 784  2019  [Refereed]

    DOI

display all >>

Misc 【 display / non-display

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Honorable Mention Award

    2017   6th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI2017)  

  • Honorable Mention Award

    2016   5th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI2016)  

  • 早稲田大学ティーチングアワード総長賞

    2016   早稲田大学  

  • 早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)

    2015   早稲田大学  

  • 論文奨励賞

    2013   日本経営工学会  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 観光科学のための数理システム基盤整備とその有効性の実証

    基盤研究(A)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2025.03
     

    津田 博史, 安藤 雅和, 片桐 英樹, 西出 勝正, 蓮池 隆, 一藤 裕

  • 混雑の緩和を実現する経路推薦アルゴリズムの開発

    挑戦的研究(萌芽)

    Project Year :

    2018.06
    -
    2021.03
     

    梅谷 俊治, 蓮池 隆

     View Summary

    首都圏における通勤ラッシュや帰省ら亜種など交通網の混雑が社会に与える影響は非常に大きく,これらを緩和することは重要な課題である.現在,スマートフォンを通じた乗換案内や経路案内のサービスなどにより,目的地までの経路に加えて道路や路線の混雑状況も知ることが容易になったにも関わらず,交通網の混雑を解消することはいまだに困難である.
    多くの乗換案内や経路案内のサービスは,個別の利用者に対して最短路問題を解いた結果を用いて経路を推薦するため,しばしば同一の道路や路線に利用者が集中して混雑が引き起こされることが知られている.このように,交通網では個別の利用者に対して経路を最適化しても混雑を緩和できるわけではなく,全ての利用者に対して同時に経路を最適化する必要がある.
    本研究では,時間軸方向に拡張されたネットワーク上において,混雑のピークを最小化するような全ての利用者の経路を同時に求める最適化問題を整数線形計画問題に定式化した.この定式化の下で,仙台,道央,中京,京阪神,東京の主要5都市における朝の通勤時における鉄道利用者を対象とするシミュレーションを実施した.シミュレーションの結果,出発・到着時刻に10分前後の幅を持たせることで混雑のピークを大幅に低減できることを確かめた.

  • 就農者の経営安定化に資する農産物サプライチェーンマネジメントの数理的研究

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2017.04
    -
    2021.03
     

    蓮池 隆, 松本 慎平, 加島 智子

     View Summary

    2018年度においては,農産物サプライチェーンでの意思決定を支援する数理モデル・情報システムの改善のみならず,実際の流通現場での実証実験を実施した.
    具体的には,数理モデルとして,昨年度より検討を始めた,市場流通と直売流通の中間的役割を担う産直流通に関する数理モデルを精緻化し,農産物の集荷場の立地最適化や,輸送コストの分担による利益や農家-小売店の最適マッチングの感度分析等を行い,産直流通モデルの有効性を検証した.結果として,農家の利益およびマッチングが起こらない農家数を減少させつつ,小売店の利益を向上できることが確認された.また,農家と小売店との契約に天候デリバティブのような金融商品を導入することで,金融工学で検証されているリスクの観点から,本研究で構築されている農産物サプライチェーンのリスク評価を行った.
    一方,農家と消費者を結ぶ情報システムの開発として,農産物に貼ったバーコードをタブレット端末で読み取ると生産者や農産物の情報を見ることが可能な「ベジスキャン」を開発した.このシステムでは,生産者や農産物の情報,圃場を紹介し,地方都市においては生産者、消費者は高齢者が多いことから,使いやすさの点にも考慮しつつ,情報という付加価値を付けることで生産者の所得向上や地産地消を促進させることを目的としている.このシステムのプロトタイプを用いて,広島にあるJA広島中央「となりの農家」高屋店にて実証実験を行い,現在収集されたデータ・情報の分析を行っている.

  • Establishment of data driven statistical tourism science and the empirical proof of its effectiveness

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2014.04
    -
    2019.03
     

    Tsuda Hiroshi, SONEHARA noboru, TSUBAKI hiroe

     View Summary

    We developed the method to estimate the daily occupancy rates about individual hotels,areas,hotel types by using daily data on the number of room vacancies for accommodation packages at hotels.Furthermore,we developed natural language processing methods in order to estimate popularity factors about hotel plans and tourist spots.We could obtain meaningful knowledge by empirical analysis using the natural language processing methods.Generally,it is necessary to consider various situations in sightseeing to design appropriate sightseeing routes according to tourist satisfaction.We developed a solution algorithm to obtain the better personal sightseeing route efficiently. Our method has become possible to construct a sightseeing route to match the preferences ofindividual tourists and the situation in sightseeing.The articles mentioned above are our main research results.

  • Large-scale multi-target tracking problem to identify massive people flow in urban area

    Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    Umetani Shunji

     View Summary

    Analysis of spatiotemporal people flow in urban area has become increasingly important in many application including marketing and public services.
    Although we can partially monitor people flow by tracking various devices such as mobile phones and IC tickets, it is quite incomplete because some privacy and integration issues still remain.
    To identify massive people flow from fragmentary observed data, we solve large-scale multi-target tracking problem by integer programming approach.

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 地域農家の持続的経営維持を目的とした生産・物流の合意形成過程の構築

    2020  

     View Summary

    地域農家の持続的経営維持は,今後の日本の農産物流通にとって重要課題であり,就農化の減少,天候による影響,流通形態の多様化など多角的に検討していく必要がある.さらに,農産物そのものの生産に関わる情報のみならず,就農者と生産者が直接対話できる情報共有システム構築により,次世代の農産物流通形態を構築する際の課題を分析することが可能となる.本研究課題において,情報共有システムを駆使しながら,農産物流通の数理モデルを構築し,全体最適を考慮することで,就農者・小売・生産者の双方が納得できる合意形成過程の構築を行った.

  • 人の感情変化を考慮した混雑状況の数理モデリングと意思決定

    2019  

     View Summary

    観光行動において,観光客が観光地に必要以上に殺到してしまい,地域住民に負の影響を及ぼしてしまうオーバーツーリズムの解消にむけ,人の感情変化を考慮した行動変化を利用した観光施策をシミュレーション内で適用し,その効果について分析,検証した.その結果,海外で見られる施策の類似施策として,人気観光地の一時入場制限を適用することにより,観光地の経済面のマイナスを極力出すことなく,混雑緩和につながることが示された.

  • 状況に適応した人の迷いや不安に関する高精度数値化手法の開発

    2018   中道上

     View Summary

    人の置かれている状況に応じた不安や,そこから生じる迷い行動に関して,本研究ではペアテスティング手法を用いて,ある目的達成に向けて動く人のGPSデータおよび迷い状態を取得し,一連のデータを部分行動に分解するアルゴリズムを開発することで,人の行動が部分行動の組合せにより表現できることを示した.また,この部分行動の変化を混合マルコフモデルにより表現することで,どういった部分行動が迷いにつながるかを明らかにし,テストデータからその有用性を確認した.

  • 多様な主観性を一つの合意形成案へ集約させる対話型意思決定手法の開発

    2017  

     View Summary

    意思決定者が複数いる場合における合意形成において,各意思決定者の意思決定に対する主観性をメンバシップ関数の拡張系により表現した.さらに,それらを効用関数と見立て,効用の目標レベルを設定することで,意思決定問題を数理計画問題で表現した場合に,目標レベルを対話的に変更することで,意思決定者の満足度を損なうことなく合意形成を実現する基礎手法を開発した.

  • 情報システムと最適化問題の融合による次世代農産物サプライチェーンマネジメント

    2016   松本慎平, 加島智子

     View Summary

    本研究において,就農者・小売店・消費者がWin-Winの関係を築けるような,農産物サプライチェーンの数理モデルを提案した.特に,これまで負担の大きかった就農者の利益を最優先させるために,就農者と小売間での契約関係を明示的にとらえ,その中で最適な契約価格と最適生産量を導出できる数理計画問題を提案した.この問題は確率変数や非線形性が含まれているため,通常の解法では最適解を導くことが困難である.そこで,情報共有システムの利活用も考慮して,シナリオベースの効率的解法を開発し,実社会での応用も視野に入れたシステム構築を行った.

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 情報

    東京大学  

    2020
    -
    Now
     

  • 技術社会システム

    神奈川大学  

    2017
    -
    Now
     

  • 統計的品質管理

    神奈川大学  

    2016
    -
    Now
     

  • サービスマネジメント

    神奈川大学  

    2016
    -
    Now
     

  • 情報処理基礎演習

    早稲田大学  

    2015
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019
    -
    Now

    日本経営工学会 経営システム誌 編集委員

  • 2017
    -
    Now

    日本規格協会  品質管理と標準化セミナー幹事

  • 2017
    -
    Now

    日本経営工学会 研究委員会 委員長

  • 2015
    -
    Now

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 機関誌編集委員

  • 2017
    -
    2019

    日本経営工学会 経営システム誌 編集副委員長

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 不確定な人間心理による意思決定をORの数理的手法で描き出す

    Newspaper, magazine

    Author: Myself  

    読売新聞(YOMIURI ONLINE)  

    https://yab.yomiuri.co.jp/adv/wol/research/kyoso_160628.html  

    2016.06