Updated on 2022/05/18

写真a

 
KIMIZUKA, Hiroyasu
 
Affiliation
Faculty of Social Sciences, School of Social Sciences
Job title
Associate Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Social Sciences   Graduate School of Social Sciences

Education

  •  
    -
    2014.03

    University of South Brittany   Arts and Social Sciences   History  

Degree

  • University of South Brittany(France)   Ph.D.

Research Experience

  • 2017
    -
     

    Waseda University   Faculty of Social Sciences

  • 2015
    -
    2016

    Waseda University, Assistant Professor

  • 2014
    -
    2015

    Kyoto University, Sessional Instructor

  • 2011
    -
    2012

    University of South Brittany, Sessional Instructor

Professional Memberships

  • 2006.04
    -
    Now

    日仏歴史学会

  •  
     
     

    The Japanese Sodiety of Western History

  •  
     
     

    The Historical Society of Japan

  •  
     
     

    The Society of Historical Research

  •  
     
     

    The Historical Science Society of Japan

 

Research Areas

  • History of Europe and America   国際商業史、社会経済史

Research Interests

  • Early Modern France, Merchant, Commerce, Consumption, Communication

Papers

  • Lorient, grand port de dimension mondiale de la façade atlantique française (1783-1787) ?

    Kimizuka Hiroyasu, Gerard Le Bouedec

    Annales de Bretagne et des Pays de l'Ouest   126 ( 1 ) 103 - 125  2019  [Refereed]

  • Shipmasters of the Cabotage in Eighteenth-century France

    KIMIZUKA, Hiroyasu

    The Shirin or the journal of history   100 ( 1 ) 3 - 39  2017.01  [Refereed]  [Invited]

  • Le commerce du vin d’Aquitaine en Bretagne au XVIIIe siècle

    Hiroyasu KIMIZUKA

    Revue d’Histoire Maritime   No 18   257 - 266  2014  [Refereed]

  • Le commerce du vin d'Aquitaine en Bretagne au XVIIIe siècle (thèse de doctorat)

    Kimizuka, Hiroyasu

       2013.12  [Refereed]

     View Summary

    Thèse de doctorat en histoire rédigée sous la direction de G. Le Bouëdec, Université de Bretagne-Sud, 2013 (Mention très honorable avec félicitations du jury)

  • Le commerce du vin dans l’évêché de Vannes au XVIIIe siècle

    Hiroyasu KIMIZUKA

    Bulletin et Mémoires de la Société Polymathique du Morbihan   Tome CXXXVII   65 - 83  2011

  • 18世紀初頭フランスの商業会議所と商人社会—ボルドーの事例を中心に

    君塚弘恭

    史学雑誌   118-12   64 - 88  2009

  • ギュイエンヌ商業会議所の活動とフランス王国経済政策

    君塚弘恭

    史林   87-6   63 - 93  2004

▼display all

Books and Other Publications

  • Les activités portuaires de Concarneau au XVIIIe siècle

    Philippe JARNOUX, Michael-W. SERRUYS, Toshiaki TAMAKI( Part: Contributor)

    Association Les Amis du CRBC  2021.12

  • Social History through the relationship between the wine and the health

    Osone Hiroshi, Morita Shinjiro, Kanagawa Megumi, Konishi Takafumi( Part: Contributor)

    Seibundo  2019 ISBN: 9784792333867

  • Les maitres au cabotage entre Bordeaux et la Bretagne au XVIIIe siècle

    Gilbert Buti, Luca Lo Basso, Olivier Raveux( Part: Contributor)

    Riveneuve  2017.07 ISBN: 9782360134540

  • The French military ports (From 17th to 20th century) (Military port city studies, vol. VII, chapter 5)

    Gerard Le Bouëdec( Part: Sole translator)

    Seibundou  2017.05

  • The sardine fishing and the coastal trade in the early modern France

    Keiko KAWAWAKE, Toshiaki TAMAKI( Part: Contributor)

    Yoshida Shyoten  2017

  • The literacy of the sea

    Kikuyo TANAKA, Yujiro AGA, Shusaku KANAZAWA( Part: Contributor)

    Sogenshya  2016 ISBN: 9784422202914

  • Bordeaux et la Bretagne au XVIIIe siècle. Les routes du vin

    Hiroyasu KIMIZUKA

    PUR  2015

  • Wine Consumption in Eighteenth-Century Brittany (Moving Around: People, Things and Practices in Consumer Culture, p. 131-136)

    Conference Proceedings

    Forum for History of Consumer Culture  2015 ISBN: 9784990820213

  • Bordeaux et la Bretagne au XVIIIe siècle. Les routes du vin

    Hiroyasu KIMIZUKA

    PUR  2015

  • 「葡萄酒の消費と商業圏の拡大–18世紀フランス・ブルターニュ地方と大西洋世界–」(『つながりと権力の世界史』159-182頁)

    秋山晋吾, 小沢弘明, 山本明代編

    彩流社  2014 ISBN: 9784779119880

  • Le commerce maritime du Japon aux XVIIe et XVIIIe siècles (L'Asie, la mer, le monde. Au temps des Compagnies des Indes, pp. 55-71)

    rard Le Bou, ec (dir

    PUR  2014 ISBN: 9782753534599

  • 「近世フランス経済と大西洋世界」(『海のイギリス史 闘争と共生の世界史』226-241頁)

    金澤周作編

    昭和堂  2010 ISBN: 9784812213322

  • 「実業家と教養 近世フランス商人の世界」(『知と学びのヨーロッパ史』37-62頁)

    南川高志編

    ミネルヴァ書房  2007 ISBN: 9784623048472

▼display all

Misc

  • Le commerce du vin dans l’évêché de Vannes au XVIIIe siècle

    Hiroyasu KIMIZUKA

    Bulletin et Mémoires de la Société Polymathique du Morbihan   Tome CXXXVII   65 - 83  2011

  • Le commerce du vin dans l’évêché de Vannes au XVIIIe siècle

    Hiroyasu KIMIZUKA

    Bulletin et Mémoires de la Société Polymathique du Morbihan   Tome CXXXVII   65 - 83  2011

  • 18世紀初頭フランスの商業会議所と商人社会―ボルドーの事例を中心に

    君塚弘恭

    史学雑誌   118-12   64 - 88  2009

  • ギュイエンヌ商業会議所の活動とフランス王国経済政策

    君塚弘恭

    史林   87-6   63 - 93  2004

Research Projects

  • Global Circulation of Seafaring People in the 18th and 19th centuries

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2020.03
     

    Kikuyo Tanaka

     View Summary

    This project aims to inquire into the world of the seafaring persons in the 18th and 19th centuries. They were the persons who lived their lives related to the sea and moved around the world by ship and changed human activities and lives in the oceans. This global circulations of them tells us about a different history from our conventional historical view based on continental history, so to speak terra‐centrism history. Their history suggests us comparatively more fluid and diversified societies. By challenging the widely believed historical views and proposing new views based on oceanic history, we found unique examples of various seafaring persons in all levels.

  • Development of the liquor retailing in rural areas of 18th century France - the case of Brittany-

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

    Kimizuka Hiroyasu

     View Summary

    This study examined the development of the liquor retailing in the rural areas of France in the late 18th century, taking Brittany as an example. First, rural taverns were opened in market towns which served as a distribution hub. In addition, in rural taverns, there were ones that were opened throughout the year and ones that were held along with fairs and festivals. Second, alcoholic beverages sold at rural taverns were mainly wine in the eastern and western of the Brittany peninsula and cider in the central peninsula. Third, those who consumed alcohol at taverns were mainly self-growing farmers and agricultural workers who lived in the parish, and merchants who came from outside the parish for fairs.

  • 西洋近代の海域世界と「海民」のグローバル循環

    Project Year :

    2016
    -
     
     

Presentations

  • The evolution of port activities of Concarneau in the eighteenth century

    Hiroyasu KIMIZUKA  [Invited]

    Kyoto International Maritime Online Symposium 

    Presentation date: 2022.03

    Event date:
    2022.03
     
     
  • 18世紀フランスのコーヒー貿易と国際商業ネットワーク

    君塚弘恭  [Invited]

    2021年度歴史学会大会シンポジウム 

    Presentation date: 2021.12

    Event date:
    2021.12
     
     
  • Le commerce du café passant par le port de Lorient au XVIIIe siècle

    Hiroyasu KIMIZUKA  [Invited]

    L'introduction du café en France métropolitaine : acteurs, réseaux, ports XVIIe - XIXe siècles 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Coastal shipping and admiralties of French colonies in the eighteenth century

    Kimizuka Hiroyasu

    Conference 2019 Transport, Traffic and Mobility  (Paris)  International Association for the History of Transport, Traffic and Mobility

    Presentation date: 2019.10

  • The innkeepers of provincial towns in 18th century France

    Hiroyasu KIMIZUKA  [Invited]

    European Historical Economics Society Conference 2017  (University of Tübingen)  European Historical Economics Society

    Presentation date: 2017.09

  • A "Government monopoly" of the wine and eau-de-vie in the eighteenth-century Brittany

    KIMIZUKA, Hiroyasu

    Presentation date: 2016.12

  • Diversity - Why counterfeit wine disappeared?

    KIMIZUKA, Hiroyasu

    Presentation date: 2016.12

  • The French sardine trade in 18th century

    Presentation date: 2015.07

  • Merchants of Bordeaux in the Chember of Commerce of Guyenne in 18th century

  • The elites merchants of Bordeaux and the Chember of Commerce of Guyenne

  • The wine market and merchant networks of Brittany in the 18th century

    First Finnish-Japanese workshop for doctoral students in history and economics: Publishing your Research Abroad: Possibilities and Challenges 

  • L’organisation des flottes des petits ports entre l’estuaire de la Gironde et la pointe de la Bretagne au XVIIIe siècle

    Colloque international « Le transport maritime et ses acteurs à l’époque moderne, de la mer du Nord à la Méditerranée » 

  • Le commerce du vin d’Aquitaine en Bretagne au XVIIIe siècle

    Journée des doctorants en histoire maritime 

▼display all

Specific Research

  • 18世紀フランスのカリブ海植民地における沿岸貿易に関する調査研究

    2021  

     View Summary

     本研究課題は、18世紀フランスのカリブ海植民地における沿岸貿易の実態について調査することを目的として実施された。申請者は、フランス国立公文書館に所蔵されている植民地関係文書を収集して読み解き、その結果次のようなことが明らかとなった。18世紀初頭において、フランス本国で用いられる「沿岸貿易 cabotage」という文言は植民地においては一般的ではなく、18世紀後半になって定着した。マルティニーク島やグアドループ島、フランス領サン=ドマングでは、島々をつなぐ交易が活発に行われたが、それは、本国との遠隔地貿易のリズムと連動した。18世紀末になると、カリブ海諸島の交易相手として、アメリカ合衆国の重要性が大きくなった。

  • 18世紀フランス内陸部における海産物の流通と消費ーラングドック地方を事例としてー

    2021  

     View Summary

     本研究課題は、18世紀フランス内陸部における海産物の流通と消費について解明することを目的として実施された。申請者は、ブルターニュ産塩漬けイワシの流通に関わった貿易商人について調査し、その結果次のようなことが明らかとなった。18世紀初頭、ラングドック地方の沿岸部においてイワシが減少したが、この地域のイワシ需要は高いままだった。この高い需要を満たすため、ラングドック地方の貿易商人はボルドーとブルターニュ沿岸港に移住してネットワークを形成し、塩漬けイワシの生産と流通全てに関わるようになった。ブルターニュ産塩漬けイワシは、ボルドーからトゥルーズを経由してリヨンや地中海側のセットまで運ばれた。

  • 18世紀フランスにおける海産物の流通構造-大西洋沿岸のイワシ漁を中心に-

    2020  

     View Summary

     本研究課題は、18世紀フランスの大西洋沿岸で行われたイワシ漁と塩漬けイワシの流通構造について解明することを目的として実施された。申請者は、塩漬けイワシの生産と輸送の基地となっていたブルターニュ地方のコンカルノーの港湾活動を調査し、その結果次のようなことが明らかとなった。その結果、18世紀におけるイワシ漁の発展と塩漬けイワシ商業の発展により、船乗りたちの活動がイワシ漁に集中し、輸送業と漁業の分業が進行していたことがわかった。また、塩漬けイワシ生産に必要な食塩の需要が高まり、それによってナントの重要性が高くなっていった。成果は、 « Les activités portuaires de Concarneau au XVIIIe siècle»として、フランス語の論文集の中で出版される予定である。

  • 18世紀フランスの農村における居酒屋業の実態-ブルターニュ地方を例として-

    2018  

     View Summary

     本研究課題は、科学研究費(若手研究(B))の研究課題と関連するものであり、18世紀フランスの農村における居酒屋業の実態について調査し、農村における消費のあり方について考察することを目的とした。  申請者は、ブルターニュ地方において地方三部会の税として徴収されたドゥヴォワール税の徴税記録および都市の入市税記録を収集、分析し、農村の酒類流通について解明した。また、その成果の一部を第116回史学会大会西洋史部会(2018年11月25日)で報告した。  また、2019年3月17日から3月24日にかけてフランスのパリにある国立公文書館Archives Nationalesを訪問し、資料調査を行なった。

  • 18世紀フランスの都市と農村における飲酒習慣の違い-ブルターニュ地方を例として-

    2015  

     View Summary

     本研究は、まず、葡萄酒の流通と18世紀フランス経済の発展との関連について調査した。また、その成果を、2015年7月に行われた帝国史研究会にて、「18世紀フランス領マスカリン諸島における葡萄酒とラム酒」というタイトルで報告した。 次に、酒税記録というこれまで専ら財政史で用いられた史料から得られる数量データによって、都市と農村における消費行動の違いを測定しようと試みた。2015年8月後半から9月上旬の約3週間、フランスへ調査旅行を行い、史料の収集を行った。居酒屋に関する記録によれば、都市と農村で消費行動の違いが見られた。葡萄酒は都市で消費され、農村ではシードルというリンゴ酒が消費された。

 

Syllabus

▼display all