YAMABE, Nobuyoshi

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of International Research and Education   School of International Liberal Studies

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1999.05

    Yale University Graduate School   Religious Studies  

  •  
    -
    1993

    Osaka University   文学研究科   哲学哲学史  

  •  
    -
    1985

    Otani University   Faculty of Letters   仏教学  

  •  
    -
    1983

    Osaka University   School of Law   Department of Law  

Degree 【 display / non-display

  • 1999   Yale University   Doctor of Philosophy

  • 1994   Yale University   Master of Philosophy

  • 1993   Yale University   Master of Arts

  • 1987   Osaka University   Master of Arts

Research Experience 【 display / non-display

  • 2015.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Professor

  • 2003.04
    -
    2015.03

    Tokyo University of Agriculture   Faculty of Agriculture   Professor

  • 2002.04
    -
    2003.03

    Kyushu Ryukoku Junior College   Department of Human Community   Professor

  • 2001
    -
     

    Kyushu Ryukoku Junior College   The Institute of Buddhist Culture   Director

  • 2000.04
    -
    2001.03

    Kyushu Ryukoku Junior College   Department of Buddhist Studies   Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本宗教学会

  •  
     
     

    東方学会

  •  
     
     

    アメリカ宗教学会(American Academy of Religion)

  •  
     
     

    大谷大学仏教学会

  •  
     
     

    日本仏教学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Chinese philosophy, Indian philosophy and Buddhist philosophy

  • History of arts

Papers 【 display / non-display

  • The Position of Conceptualization in the Context of the Yogācāra Bīja Theory

    Nobuyoshi Yamabe

    Illuminating the Dharma: Buddhist Studies in Honour of Venerable Professor KL Dhammajoti     463 - 486  2021

  • 『成唯識論』における種子の継時的因果説・ 同時的因果説の問題について

    山部能宜

    駒澤大學禪硏究所年報   ( 特別号 ) 349 - 377  2020.12  [Invited]

    Authorship:Lead author

  • Ālayavijñāna in a Meditative Context

    Nobuyoshi Yamabe

    Mārga: Paths to Liberation in South Asian Buddhist Traditions     249 - 275  2020  [Invited]

  • 《成唯識論》“糅譯”的假設性再探

    山部能宜

    從長安到那爛陀:玄奘 (602?-664) 的生平與遺產     24 - 68  2020  [Invited]

  • A Hypothetical Reconsideration of the “Compilation” of Cheng Weishi Lun

    Nobuyoshi Yamabe

    From Chang’an to Nālandā: The Life and Legacy of the Chinese Buddhist Monk Xuanzang (602?–664)     6 - 78  2020  [Invited]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • The Oxford Handbook of Meditation

    ( Part: Contributor, Concentration and Visualization Techniques in Buddhist Meditation)

    Oxford University Press  2021

  • The Sutra on the Concentration of Sitting Meditation: Translated from the Chinese of Kumārajīva

    Nobuyoshi Yamabe, Fumihiko Sueki( Part: Joint translator)

    Numata Center for Buddhist Translation and Research  2009

  • Iwanami Buddhist Dictionary, 2nd ed.

    ( Part: Contributor)

    Iwanami Shoten  2002

  • History of Chinese;Buddhist Thoughts from the Northern Dynasties to the;Sui-Tang Periods

    山部能宜( Part: Contributor, A Study of Visionary Elements in the Brahma Net Sutra In Conjunction with Medidation Manuals and Visualization Sutras)

    2000

  • The Sutra on the Ocean-Like Samadhi of the Visualization of the Buddha : The Interfusion of the Chinese and Indian Cultures in Central Asia as Reflected in a Fifth Century Apocryphal Sūtra

    Nobuyoshi Yamabe

    UMI Dissertation Services  1999

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • Notes on Eastern studies at home and abroad : A report on the 18th Congress of the International Association of Buddhist Studies

    山部 能宜

    東方學 ( 東方學會 )  136   101 - 111  2018.07

    CiNii

  • 崔恩英氏の発表論文に対するコメント (第6回学術大会テーマ 東アジアにおける禅仏教の思想と意義)

    山部 能宜

    東アジア仏教学術論集 = Proceedings of the International Conference on East Asian Buddhism : 韓・中・日国際仏教学術大会論文集 ( 東洋大学国際哲学研究センター )  ( 6 ) 32 - 35  2018.01

    CiNii

  • Guan Wuliangshou jing as a Visualization Sutra : Its Ties to the Silk Road

    YAMABE Nobuyoshi

    Bulletin of the Institute of Shin Buddhist culture ( Kyoto Koka Women's University )  24   1 - 37  2015.03

    CiNii

  • PUBLIC LECTURE Practice of Visualization in Central Asi sakuin

    Yamabe Nobuyoshi

    駒沢大学仏教学部論集 ( 駒澤大学仏教学部研究室 )  0 ( 42 ) 1 - 29  2011.10

    CiNii

  • Turfan Revisited : The First Century of Research into the Arts and Cultures of the Silk Road, September 2002

    松井 太, 山部 能宜

    東方学 ( 東方學會 )  106   168 - 177  2003.07

    CiNii

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 北朝後半期仏教思想史

    1996
    -
    2000

  • Buddhist Thought in the Latter Northern-Dynasties Period

    1996
    -
    2000

  • Silk Road Project

    1996
    -
    1998

  • シルク・ロード・プロジェクト

    1996
    -
    1998

  • The Silk Road Project : Reuniting Turfan's Scattered Treasures (Fieldwork in the Turfan Area)

    1996
    -
     

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • A Comprehensive Research on the Bauddhakosa Project: Constructing a New Model for the Coming Generation

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    本研究は、これまでに確立した方法(XML形式による関連文献・用例の整理)を採用し、およそ300の重要な仏教術語について、定義的あるいは主要な用例を根拠として、国際的な研究協力の下で、現代語(日本語・英語)への基準的な訳語集を構築し、その成果を内外に発信することを目的とする。本研究はとくに、インド瑜伽行派の「五位百法」の英語版を完成させるとともに、この間に培った方法を経・律の両典、ならびに仏教論理学と密教分野の主要術語に適用し、それらの具体的な成果を得て、バウッダコーシャ研究を総括する。とともに、今後の課題と展望を率直に議論・整理した上で、次世代の研究者による発展的な継承に向けた礎を構築する

  • A Study of Alayavijnana from the Point of View of the Mind-Body Interrelationship

    Project Year :

    2017.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    Lambert Schmithausen教授のアーラヤ識起源論を踏まえつつ、その再検討を進め、その成果をJournal of Indian Philosophyおよび『日本仏教学会年報』に発表した。これはアーラヤ識が過去の経験を蓄積し、その結果として我々の認識世界を展開させる、表層心の基盤としての機能をもつのみならず、同時に身体の生命活動を維持する生理的基盤としての機能ももっていることに着目し、禅定の修行を通して身心の双方がそれぞれ麁重の状態から軽安の状態に転換するという行者の体験を通して、身心相関の要として人間の最深層ではたらいているアーラヤ識が見出されたのではないかという仮説を提起するものである。またアーラヤ識説と密接に関係する種子説の発展過程を分析し、瑜伽行派における種子(界・習気)の説が、アーラヤ識説を前提としない異時因果から、アーラヤ識説を前提とする同時因果説へと発展していったのではないかと論ずる論文をSravakabhumi and Buddhist Manuscriptsに発表し、またロンドン大学東洋アフリカ研究学院(School of Oriental and African Studies, University of London)において関係する内容の講演および演習を行なった。さらに、最初期瑜伽行派文献において「種子」と極めて近い概念である「種姓」の記述に現れる重要タームprakrtiおよびdharmataの分析を通して、松本史朗教授の「Dhatu-vada」論の再検討を行なう論文を、Critical Review for Buddhist Studiesに発表した。さらには、『摂大乗論』所知依分の解読作業を進め、長尾雅人『摂大乗論 和訳と注解』上(講談社、1982年)に含まれるサンスクリット還元案の検討を行なった。研究課題と関係した数篇の論文を、Journal of Indian Philosophyを含む海外の複数の媒体に発表することができたことや、上記の通りロンドン大学東洋アフリカ研究学院で講演・演習を行なうことができたこと等からみて、本研究は海外でも一定の評価を得ていると考えてよいであろう。今後とも、アーラヤ識説に関する最初期のまとまった論述を含む『瑜伽師地論』および『摂大乗論』の解読を進め、他の瑜伽行派文献と比較しつつ、実践的な観点から初期アーラヤ識説の背景の解明を試みたい。またそれと併行して、2015年にウィーンで開催されたMarga学会で発表したアーラヤ識起源論に関する論文の刊行準備を進める予定である。さらに本年8月には西安で玄奘に関する学会が予定されているので、玄奘が世親の『唯識三十頌』に対する十師の註釈書を編纂・漢訳したと伝えられる法相宗の根本典籍『成唯識論』の成立問題を、アーラヤ識説を中心として論じてみたいと考えてい

  • Comprehensive Examination of Buddhist Meditation by Means of Digital Image Restoration Technology

    Project Year :

    2016.04
    -
    2020.03
     

     View Summary

    5月にパリのコレージュ・ド・フランスにて,退色が著しいギメ美術館所蔵の観経変相MG. 17669を可視化した上で,その内容をエルミタージュ美術館所蔵の別の観経変相Дх. 316と比較しつつ検討する講演を行なった.また,現地研究者との交流を行なった.8月には北京のM. Woods美術館を訪れ,同館所蔵キジル仏教壁画の断片を調査したほか,現地研究者との交流を行なった.また9月にエルミタージュ美術館を訪問して,同館所蔵の敦煌・中央アジア仏教美術の調査を行ない,現地研究者との交流を行なった.10月末には敦煌研究院で開催された「敦煌石窟研究方法論国際学術研討会 観念・技術 視野・視角」において,新疆亀茲研究院の趙莉副院長との連名で発表し,クムトラ第75窟の画像復原手法を,敦煌莫高窟の第285窟に適用することによって,莫高窟第285窟の用途を明らかにする可能性を提起した.引き続き,敦煌楡林窟および東千仏洞の調査に参加した.さらには11月にナポリで開催された「ヒマラヤ・中央アジア文明研究ヨーロッパ学会」主催のシンポジウム「中央アジア・ヒマラヤにおける儀礼の用具および反映としての聖像」において,ギメ美術館所蔵の地蔵十王図EO. 3580の赤外線写真に基づく分析の結果について発表を行なった.12月にムンバイのソーマイヤ大学で開かれたシンポジウム「慈悲の具現化:仏教美術における観音」に参加し,ギメ美術館所蔵の観音・地蔵十王図EO. 1173の画像処理の成果を踏まえた研究発表を行なった.また引き続きカンヘリー石窟およびチャットラパティ・シヴァージー・マハーラージ博物館の調査に参加した.3月にはニューデリー国立博物館に蔵されるスタインコレクション中数点の撮影を行なった.現在これらの撮影結果については処理と分析を進めている.上記の通り,積極的に調査を進め,その成果を多くの国際学会で発表している.従って,研究は順調に進展していると言ってよいと思われる.今後は,既撮影資料の処理と分析を進め,その成果を随時発表していきたい.また,特にニューデリー国立博物館所蔵資料の撮影を継続し,現地研究者と共同で成果を発表する準備を進めたい

  • Further Development of the Bauddhakosa: The Creation of Standard Japanese-English Glossary of the Important Buddhist Terms with Their Illustrative Sentences

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    The objective of this research project is to take up for consideration the important scriptures and treatises that were composed in India, extract the definitions (or rules about usage) of terms used in those works, and, as well as comparing these, establish standard tranalations in both Japanese and English. The research was executed by the effective use of XML (Extensive Markup Language).The three years' term of this research from 2016 to 2018 has seen its outcome opened to public in five books as well as in the Website (http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~b_kosha/start_index.html). Among those results is The Seventy-five Elements (dharma) of Sarvastivada in the Abhidharmakosabhasya and Related Works which was published in English in 2018

  • A Comprehensive Study of Sthiramati's Thought

    Project Year :

    2013.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    This study was undertaken because discrepancies can be found between traditional accounts of Sthiramati, accepted as conventional wisdom in Buddhist studies, and the information obtained from his Sanskrit commentaries, and it started out from the premise that there may have been more than one Sthiramati. The following points were ascertained. (1) The Sanskrit commentaries on the Madhyantavibhaga, etc., attributed to Sthiramati were written by the same person, who differs, however, from the author of the commentary on the Mahayanasutralamkara surviving in Tibetan translation. (2) Sthiramati’s ideas as presented in traditional doctrine cannot be found in his Sanskrit commentaries. (3) The account of Sthiramati given in modern Buddhist studies represents an erroneous view that arose because the Sthiramati mentioned in copper-plate inscriptions from Valabhi was identified with Jianhui mentioned in the Da Tang xiyuji, but this Sthiramati differs from both of the above commentator

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • On the School Affiliation of Asvagliosa : "Santrāntika" or "Yogācāra" (Presentation)

    Nobuyoshi Yamabe

    The ⅩⅢth Conference of the International Association of Buddhist Studies 

    Presentation date: 2002

    Event date:
    2002
     
     
  • Yogācāra Influence on the Northern School of Chan Buddhism (Presentation)

    Nobuyoshi Yamabe

    Symposium Yogacara Buddhism in China 

    Presentation date: 2000

    Event date:
    2000
     
     
  • The Abridged Essence of Meditation and the Essence of the Meditation Manual Consisting of Five Gates

    山部能宜

    Annual Meeting of Japanese Association of Indian and Buddhist Studies 

    Presentation date: 2000

    Event date:
    2000
     
     
  • An Aspect of the Causality theory in the Yogacārabhūmi

    Nobuyoshi Yamabe

    Annual Meeting of the Nippon Buddhist Research Association 

    Presentation date: 1999

    Event date:
    1999
     
     
  • Self and Other in the Yogācāra Tradition (Presentation)

    Nobuyoshi Yamabe

    Annual Meeting of International Association for Asian Philosophy and Religion 

    Presentation date: 1997

    Event date:
    1997
     
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 『瑜伽師地論』「本地分」と「摂決択分」の文献学的比較研究

    2015  

     View Summary

     今回は『瑜伽師地論』の「本地分」から「摂決択分」に至る形成過程のなかで、どのようにして瑜伽行派固有の概念である「アーラヤ識説」が導入されたかに焦点を絞って研究を進めた。 シュミットハウゼン教授の大著Ālayavijñānaにおいて、教授は『瑜伽師地論』「本地分」の「三摩呬多地」の滅尽定に関する一節を、アーラヤ識説導入の本来の文脈を示す「最初の一節」として重視するのであるが、私は「摂決択分」冒頭のアーラヤ識説存在の八論証、特にその第一、第六、第八論証を重視して、そこで述べられるアーラヤ識による身体維持の問題と身体的感受の問題が、アーラヤ識説導入の背後にあったのではないかと考えている。私見によれば、アーラヤ識説は身心双方の基盤としてそれ等双方の状態と密接な相関関係にあり、従って禅定の実践によって身心が麁重から軽安の状態に転換するとき、その転換はアーラヤ識自体の転換に支えられているのである。

  • デジタル画像復原技術を用いた仏教実践の総合的研究

    2020  

     View Summary

    コロナ禍の関係で新たな調査や対面での学会発表はできなかったため、既撮影の画像資料の処理と分析を進めてオンラインで発表した。従来の私の仏教美術関係の研究は、新彊の禅観僧壁画に関するものと、敦煌の観経変相に関するものが中心であったが、今回は大英博物館所蔵の維摩経変相 Stein painting 57 を検討した。観経変相の場合、特に後期の作品には多くの写し崩れが見られ、そのため図像が経典の内容から大きく乖離していることが少なくない。Stein painting 57 の場合、観経変相のような深刻な経典からの乖離はないが、それでも若干の写し崩れは認められ、やはり類似の製作過程を経ていたことが窺える。

  • 実践的観点からみたアーラヤ識説の総合的研究

    2016  

     View Summary

     本研究の眼目は,禅定実践における身心相関の重要性に着目し,アーラヤ識をその身心相関の要となるものとしてとらえ直すことにある.アーラヤ識は種子説と不可分であるから,その双方に目を配りつつ研究を進めた. アーラヤ識そのものに焦点をあてたものが,9月に日本仏教学会で行った発表であって,禅定の実践における身心の転換がアーラヤ識の転換と連関していることを論じた。 一方,種子説に焦点をあてたのが,5月に大正大学でおこなった発表と,11月にU.C. Berkeleyで行った発表である.前者では,種子をめぐる異時因果と同時因果の問題を考察し,後者では,種子説の発展において概念構想が果たした役割について検討した. 

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 1997
    -
     

    龍谷仏教学会  評議員