2022/01/24 更新

写真a

クラウス マヌエル フィリップ
クラウス マヌエル フィリップ
所属
商学学術院 商学部
職名
准教授
プロフィール

外国語教育とドイツ文化史を研究テーマとします。外国語教育に関しては主に「テキスト意味論」と「冠詞論」という二つの項目に基づいてコーパス分析を行い、日本人ドイツ語学習者の言語獲得過程における困難およびつまずきの石をより明白にします。ドイツ文化史に関しては特に第三帝国前後に刊行されている旅行記・探検記を「エキゾチシズム」「メディア・技術」「オカルト」「自然観」の観点に基づいて調査し国内外で研究発表を行います。

兼担

  • 教育・総合科学学術院   教育学部

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等

  • 2019年
    -
     

    産業経営研究所   兼任研究所員

学歴

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    立教大学   文学部   ドイツ文学専攻博士課程後期課程  

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    立教大学   文学部   ドイツ文学専攻博士課程前期課程  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    東京外国語大学   外国語学部   ドイツ語専攻  

  • 2003年10月
    -
    2007年03月

    テュービンゲン大学   日本文学部・ドイツ文学部   日本語学科・ドイツ文学科  

学位

  • 2015年03月   立教大学   博士(Dr.phil)

  • 2011年03月   立教大学   修士(M.A.)

  • 2009年03月   東京外国語大学   学士(B.A.)

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   商学部   准教授

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   商学部   専任講師

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    帝京大学   外国学部外国語学科ドイツコース   助教

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    学習院大学   ドイツ語圏文化学   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    立教大学   文学部文学科ドイツ文学専修   兼任講師

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    上智大学   言語教育センタ   非常勤講師

  • 2012年10月
    -
    2016年03月

    東京理科大学   学理工学部   非常勤講師

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    大東文化大学   外国語学部英語学科   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    信州大学   文学部教育機構   特任講師

▼全件表示

所属学協会

  • 2020年01月
    -
    継続中

    ケンポフスキー学会

  •  
     
     

    日本オーストリア文学会

  •  
     
     

    日本サルトル学会

  •  
     
     

    日本独文学会

 

研究分野

  • 外国語教育

研究キーワード

  • 第三帝国の文化史

  • 現代文学

  • 近代文化史

  • 外国語としてのドイツ語

論文

  • Integration der Artikelsemantik in den Fremdsprachenunterricht für Japanische Deutschlerner (JDL) in digitalen Bildungsräumen – eine quantitative und qualitative Fehleranalyse

    クラウス・マヌエル

    日本独文学会機関誌   ( 162 ) 105 - 126  2021年07月  [査読有り]

  • Doitsugo ga hiraku chihei 1: Danzetsu no komyunikêshon (Perspektiven der deutschen Sprache 1: Gestörte Kommunikation)

    クラウス マヌエル

    日本独文学会機関誌   ( 161 ) 161 - 166  2021年03月  [査読有り]  [招待有り]

  • Effektive Vermittlung der Artikelsemantik im Fremdsprachenunterricht Deutsch als Fremdsprache für Japanische Deutschlerner (JDL) im ersten Semester - Eine Fehleranalyse im virtuellen Bildungsraum mittels der Lern-Applikation Kahoot.

    クラウス マヌエル

    早稲田大学商学同攻会『文化論集』   ( 59 )  2021年03月

  • Similarities and Differences in Correction Operations - Quantitative and Qualitative Analyses based on a Learner Corpus

    磯部美穂, クラウスマヌエル, 円谷友英

    信州大学人文科学論集   8 ( 2 )  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Herr Sowtschicks feines Gespür für Plankton - Walter Kempowskis Hundstage (1988) und Letzte Grüße (2003) als Wiedervereinigungsplankton der Erinnerung

    クラウス マヌエル

    早稲田大学商学同攻会『文化論集』   ( 58 ) 35 - 90  2020年09月

  • Soft fade out. Alles aus, alles umsonst! – Der Tod von Alexander Sowtschick als poetische Selbstinszenierung des Alltags in Walter Kempowskis Letzte Grüße (2003).

    クラウス マヌエル

    早稲田大学商学同攻会『文化論集』   ( 58 ) 91 - 123  2020年09月

  • Erzähltes Erinnern als Lust am Text - Felix Hubys Lehrjahre (2016) als subjektive Geschichtsschreibung des Nachkriegsdeutschlands

    Kraus Manuel

    早稲田大学『文化論集』   ( 57 )  2020年03月

  • Qualverwandtschaften - Zwischen Wahn und Sinn an der Klippe des Ichs im Denken von Gerhard Roth

    Kraus Manuel

    早稲田大学『文化論集』   ( 56 ) 81 - 115  2019年09月

  • Quantitative und qualitative Fehleranalyse Japanischer Deutschlerner (JDL) bei Aufsatzübungen in deutscher Sprache mit Schwerpunkt auf dem Artikelgebrauch

    Kraus Manuel

    早稲田大学『文化論集』   ( 56 ) 55 - 81  2019年09月

  • Modusgebrauch öffentlicher Texte bei der indirekten Rede - eine Korpusanalyse

    クラウス マヌエル

    帝京大学外国語外国文学論集    2019年03月  [査読有り]

  • Semantischer Funktionsbereich der Determination im Deutschen - Kritische Reflexion anhand einer korpuslinguistischen Analyse

    クラウス マヌエル

    帝京大学外国語外国文化論集   ( 10 ) 101 - 127  2019年03月  [査読有り]

  • Von der Didaktik zur Praxis - Lernstrategien zum Artikelgebrauch im Unterricht Deutsch als Fremdsprache für japanische Deutschlerner

    クラウス マヌエル

    Teikyo Journal of Center for Active Engagement and Student Learning March 2019   ( 10 ) 59 - 85  2019年03月  [査読有り]

  • Kanshi no shisou. Sekiguchi Tsugio Cho 'Kanshi' to imi Keitai ron he no Shoutai

    クラウス マヌエル

    日本独文学会機関誌   17 ( 157 ) 185 - 193  2018年10月  [査読有り]  [招待有り]

  • Text und Welt(-wissen) - Referenz- und Wissensrepräsentationen formaler Definitheit und Indefinitheit in Texten

    クラウス マヌエル

    帝京大学外国語外国文学論集   ( 24 ) 107 - 135  2018年03月  [査読有り]

  • Zur semantischen Funktion von Relativsätzen im Zusammenhang mit der Textsemantik des Antezedenten

    クラウス マヌエル

    Wortbildung und Pragmatik im Deutschen. Beiträge zum 44. Linguisten-Seminar (Tokyo 2016), Japanische Gesellschaft für Germanistik (Hrsg.) Iudicum, ISBN: 978-3862053346     88 - 106  2018年02月  [査読有り]

  • Die Korrekturen

    クラウス マヌエル

    立教大学ドイツ文学論集『ASPEKT』   ( 50 ) 251 - 257  2017年03月  [査読有り]

  • Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

    クラウス マヌエル

    帝京大学外国語外国文化   ( 9 ) 63 - 105  2017年03月  [査読有り]

  • Substitution von W-Wort-Anschlüssen und subordinierenden Nebensätzen mit dass

    クラウス マヌエル

    帝京大学外国語外国文学論集   ( 23 ) 67 - 113  2017年03月  [査読有り]

  • Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

    クラウス マヌエル

    立教大学    2015年  [査読有り]

  • 先行詞の指示機能と関係文

    クラウス マヌエル

    高橋輝曉先生停年退職記念論文   1   435 - 449  2014年12月  [査読有り]

  • Restriktivität und Nicht-Restriktivität von Relativsatzkonstruktionen

    クラウス マヌエル

    立教大学大学院ドイツ文学専攻文集『WORT』   ( 34 ) 41 - 93  2013年03月

  • 「入門文法」よく説明・理解できていないこと テキスト理解を助ける中・上級文法の試み

    クラウス マヌエル

    日本独文学会研究叢   ( 83 ) 35 - 47  2012年12月  [査読有り]

  • Morphosyntax des deutschen Relativsatzes

    クラウス マヌエル

    立教大学大学院ドイツ文学専攻文集『WORT』   ( 33 ) 21 - 45  2012年03月

  • Der Relativsatz in seiner morphosyntaktischen Struktur

    クラウス マヌエル

    立教大学大学院ドイツ文学専攻文集『WORT』   ( 32 ) 1 - 20  2011年03月

  • 言語脳科学における第二言語習得研究

    クラウス マヌエル

    立教大学大学院ドイツ文学専攻文集『WORT』   ( 31 ) 33 - 46  2010年03月

  • ドイツ言語学における機能的文構成

    クラウス マヌエル

    立教大学ドイツ文学論集『ASPEKT』   ( 42 ) 409 - 421  2009年03月

  • ドイツ文学における協調の原理

    クラウス マヌエル

    立教大学ドイツ文学論集『ASPEKT』   ( 41 ) 103 - 121  2008年03月

  • 古代ギリシャにおける語源学

    クラウス マヌエル

    立教大学ドイツ文学論集『ASPEKT』   ( 40 ) 325 - 336  2007年03月

▼全件表示

書籍等出版物

  • Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

    Kraus Manuel

    P. Lang  2017年02月 ISBN: 9783631718209

     概要を見る

    Der Autor weist in seiner Analyse nach, dass die Textsemantik des Antezedenten die semantische Funktion des Relativsatzes bestimmt und sich erst daraus ableiten lässt, ob ein Relativsatz «identifizierend» oder «prädizierend» ist. Das Buch thematisiert darüber hinaus die Zusammenhänge zwischen der Morphosyntax des Relativsatzes und der semantischen

  • Länderbericht Japan : die Erarbeitung der Zukunft

    Wördemann Raimund, Yamaguchi Karin

    Bundeszentrale für politische Bildung  2014年 ISBN: 9783838905006

Misc

  • Über Fukushima spricht hier keiner

    クラウス マヌエル

    Frankfurter Allgemeine Sonntagszeitung     28  2011年03月  [査読有り]  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

Works(作品等)

  • ゼロからスタート ドイツ語 文法編

    著者:田中雅敏、ナレーション担当:クラウス・マヌエル, 田口ーバイヤー・ディアナ  教材 

    2021年06月
    -
     

  • DVD版 やさしいドイツ語

    クラウス マヌエル  教材 

その他

  • Deutsch lernen mit System. Kompaktkurs und Übungsgrammatik Deutsch als Fremdsprache (Sprachniveau A2.2. und B1)

    2018年
     
     

     概要を見る

    Dieter Klement責任著者刊行の教材による語学監督

  • Deutsch lernen mit System. Kompaktkurs und Übungsgrammatik Deutsch als Fremdsprache (Sprachniveau A1 und A2)

    2018年
     
     

     概要を見る

    Dieter Klement責任著者刊行の教材による語学監督

講演・口頭発表等

  • Hakenkreuz, Kurbelkasten und Drilling. Exotischer Faschismus in Reise- und Abenteuerliteratur vor und während des Nationalsozialismus.

    クラウス・マヌエル

    Exotismen in der Kritik. Kolloquium an der Sophia-Universität Tokyo 2022  

    開催年月:
    2022年06月
     
     
  • Wissenschaftliche Aufsätze auf Deutsch verfassen

    Manuel Philipp Kraus  [招待有り]

    日本独文学会・ドイツ語論文執筆ワークショップ(日本独文学会)  

    発表年月: 2021年11月

    開催年月:
    2021年11月
     
     
  • „‚Außer es ginge ein Weltuntergang voran!‘. Robert Musil in den Werken des japanischen Sprachwissenschaftlers Tsugio Sekiguchi“

    クラウス・マヌエル

    Robert Musil – transkulturelle Lektüren Internationales Kolloquium zur Musil-Rezeption im asiatisch-pazifischen Raum  

    発表年月: 2021年10月

    開催年月:
    2021年10月
     
     
  • Zwischen Kamera und Jagdwaffe. Exotismen und Ethnographie in den Auslandsexpeditionen vor dem Zweiten Weltkrieg nach Südamerika und Tibet von Otto Schulz-Kampfhenkel und Ernst Schäfer

    クラウス マヌエル

    Exotismen in der Kritik. Digitaler internationaler Workshop vom 27. bis 28. März 2021 an der Nihon University (Tokyo)  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • Wie digitalisierte und virtuelle Bildungsräume die grammatischen Fertigkeiten japanischer Deutschlerner (JDL) im DaF-Unterricht steuern

    クラウス マヌエル

    Virtuelles Forschungskolloquium DaF in Japan  

    発表年月: 2021年02月

    開催年月:
    2021年02月
     
     
  • Wissenschaftliche Aufsätze auf Deutsch verfassen

    クラウス マヌエル  [招待有り]

    日本独文学会・ドイツ語論文執筆ワークショップ(日本独文学会)  

    発表年月: 2019年12月

    開催年月:
    2019年12月
     
     
  • Quantitative und qualitative Fehleranalyse japanischer Deutschlerner (JDL) bei Aufsatzübungen in deutscher Sprache mit Schwerpunkt auf dem Artikelgebrauch

    クラウス マヌエル

    アジアゲルマ二スト会議(札幌) (日本独文学会・DAAD・Goethe Institut)  

    発表年月: 2019年08月

    開催年月:
    2019年08月
     
     
  • Fehleranalyse bei der Erstellung wissenschaftlicher Abhandlungen in deutscher Sprache

    クラウス マヌエル

    日本独文学会2017年ドイツ語論文執筆ワークショップ  

    発表年月: 2017年12月

  • Klassifizierung der semantischen Funktion formaler Definitheit und Indefinitheit

    クラウス マヌエル

    日本独文学会第45回語学ゼミナール  

    発表年月: 2017年08月

  • Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

    クラウス マヌエル

    アジアゲルマ二スト会議(ソウル)  

    発表年月: 2016年08月

  • 関係代名詞とその形態的・統語的構造について

    クラウス マヌエル

    日本独文学会  

    発表年月: 2011年10月

▼全件表示

特定課題研究

  • The Echolot of Space. Psychogeography and location of the collective consciousness in Walter Kempowski’s late work Hundstage (1988) and Letzte Grüße (2003)

    2020年   Thomas Pekar

     概要を見る

    Startingpoint of the here presented research project was the consideration ofidentifying a spatial analysis of cultural memory and spatial conceptions inthe works Hundstage (1988) and Letzte Grüße (2003) by late WalterKempowski based on the principles of psychogeography as suggested in Guy Debords‘Einführung in eine Kritik der städtischen Geographie (Introduction à unecritique de la géographie urbaine, 1955). However, the examination of bothprimary and secondary literature related to this topic revealed that theproblem of space must be analyzed far more comprehensively and extensive than ithas been done so far. Regarding to the complex (theoretical) structure of spacein modern German literature as well as in postcolonial cultural and media studies,it became obvious that the analysis of space should not be restricted only tothe above named works by Walter Kempowski but far more should be extended tothe analysis of space itself in Western civilization and its representativeliterature, cultural and geopolitical works from the beginning of the early 20thcentury to the present day by then comparing it to the narrative structure ofKempowski and as a final goal, to determine precisely which cultural aspectsWalter Kempowski used as a basis in his work to analyze space as an Echolotof human thoughts, which tracks he leaves in these archived and preserved memoryspaces and how these tracks have to be interpreted by the reader. Asa next step it is necessary to get a far more precise insight into the spatialconception as well in contemporary psychogeographical works as in works whichexamine space from a more anthropological or ethnological/ethnomusicologicalpoint of view. Therefor it will be urgent to continue collecting and examininginterdisciplinary works on their view about spatial concepts and demonstratehow these concepts are applicable to the work of Walter Kempowski. While mostof the published papers on Walter Kempowski deal with political and historicalissues the here presented research project will be a pioneer work by analyzingKempowskis’ late work under new and not reflected aspects up to date.

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2018年03月
    -
    継続中

    日本独文学会  編集委員

  • 2018年03月
    -
    2020年03月

    日本独文学会  実行委員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    公益財団法人ドイツ語学文学振興会  独検実行委員

社会貢献活動

  • ドイツ語を専攻する

    夢ナビライブ2018東京会場  (東京ビックサイト) 

    2018年07月
    -
     

     概要を見る

    ドイツに関する根本的なデータを日本と比較しながらドイツという国を解説し、ドイツ語はどのような文法上の仕組みから成り立つ言語なのか、アルファベットや簡単な会話文から説明します。実際に実践できるように、よりアクティブにドイツ語を紹介します。