鍋嶋 郁 (ナベシマ カオル)

写真a

所属

国際学術院 大学院アジア太平洋研究科

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • カリフォルニア大学(デービス)   博士

  • カリフォルニア大学(デービス)   修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

  • 経済政策

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際経済学、開発経済学

論文 【 表示 / 非表示

  • The impacts of export competition on international technology flows

    Kaoru Nabeshima, Mila Kashcheeva, Byeongwoo Kang

    Applied Economics Letters   25 ( 15 ) 1058 - 1061  2018年09月

     概要を見る

    Knowledge flow is a key to building technological capabilities. This article investigates how competition in international trade affects knowledge flow between countries using patent data and trade data for analysis. The main finding is that export competition in the third market (in our study, the US market) seems to have a positive impact on the flow of knowledge. The findings from this study contribute to the debate on ‘learning-by-exporting’.

    DOI

  • Descriptive analysis of the knowledge network formation in East Asia

    Kaoru Nabeshima, Byeongwoo Kang, Mila Kashcheeva

    Technology in Society   47   66 - 100  2016年11月

     概要を見る

    This paper shows descriptively how the knowledge network in East Asia has been formed. In addition, the correlation between the knowledge network and economic growth is also examined. Evidence is provided to show that plugging into the knowledge network of developed economies could be a key for increasing innovativeness in an economy.

    DOI

  • The Source of Sustainable Growth in Costa Rica

    Kaoru Nabeshima, Tadashi Ito, Kiyoyasu Tanaka, Mila Kashcheeva, David Bull, Natalia S, nchez

    IDE Discussion Paper 500    2015年03月

  • Innovation in Eastern Europe: A Case Study of Czech Republic

    Mila Kashcheeva, Kaoru Nabeshima

    IDE Discussion Paper 506    2015年03月

  • Emergence of Asian GAPs and Its Relationship to Global G.A.P.

    Kaoru Nabeshima, Etsuyo Michida, Aya Suzuki, Vu Hoang Nam

    IDE Discussion Paper 507    2015年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • "A Snapshot of the Effects of Product-Related Environmental Regulations on Firms in Vietnam, Malaysia, and Japan." In Regulations and International Trade: New Sustainability Challenges for East Asia, Michida, Etsuyo, Humphrey, John and Nabeshima, Kaoru (eds.)

    Michida, Etsuyo, Yasushi Ueki, Kaoru Nabeshima

    Palgrave Macmillan  2017年09月

  • "Transmission Channels of Requirements for Chemicals in Products to Firms in Vietnam." In Regulations and International Trade: New Sustainability Challenges for East Asia, Michida, Etsuyo, Humphrey, John and Nabeshima, Kaoru (eds.)

    Ueki, Yasushi, Etsuyo Michida, Kaoru Nabeshima

    Palgrave Macmillan  2017年09月 ISBN: 9783319550404

  • "Preliminary Theoretical Model for Standard Promotion from the Perspective of Governments." In Regulations and International Trade: New Sustainability Challenges for East Asia, Michida, Etsuyo, Humphrey, John and Nabeshima, Kaoru (eds.)

    Kaoru Nabeshima

    Palgrave Macmillan  2017年09月 ISBN: 9783319550404

  • "A Snapshot of the Effects of Product-Related Environmental Regulations on Firms in Vietnam, Malaysia, and Japan." In Regulations and International Trade: New Sustainability Challenges for East Asia, Michida, Etsuyo, Humphrey, John and Nabeshima, Kaoru (e

    Michida, Etsuyo, Yasushi Ueki, Kaoru Nabeshima

    Palgrave Macmillan  2017年09月 ISBN: 9783319550404

  • "Diffusion of Private Food Standards from the Europena Union to Asia." In Regulations and International Trade: New Sustainability Challenges for East Asia, Michida, Etsuyo, Humphrey, John and Nabeshima, Kaoru (eds.)

    Michida, Etsuyo, Kaoru Nabeshima

    Palgrave Macmillan  2017年09月 ISBN: 9783319550404

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 製品安全規制の国際生産ネットワークにおける垂直的波及と誘発的技術革新の実証分析

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    本研究の概要は、製品安全規制がグローバルバリューチェーン(GVC)を通して生産者や市場に与える影響やGVC内企業間での規制対応の垂直的波及が発生するメカニズムを企業レベルで解明し、また、規制対応の過程でGVC内の企業間での技術支援を通じて促進されるイノベーションや規制対応に伴い企業自身が行うイノベーションである誘発的技術革新の実証的解明を行う研究である

  • 製品・製造過程に関わる環境規制・スタンダードと貿易

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    規制やスタンダードは、貿易を円滑にする効果と制限する効果の双方が観察されており、国や産業、企業規模、グローバル・バリューチェーンの参画等により影響が異なることがわかっている。一方、波及した規制・スタンダードと貿易の相互依存関係はこれまでほとんど研究されておらず、貿易や環境に役立つのか、分配や厚生にどのような影響をもたらすのかを分析し、自国の状況にあわせたスタンダードをどのように策定するべきなのか検討する必要性は高まっている。本研究では、アジアに波及したスタンダードが貿易に与える影響、また南南貿易が拡大するなか貿易がスタンダードの策定に与える影響の双方向について研究を行う。本研究では、製品や製造過程の健康・安全・環境にかかわる規制やスタンダード(基準・認証)の制度と制度の波及について焦点をあてて研究を行っている。特に規制やスタンダードの波及が貿易に与える影響(①)と、貿易がスタンダードの策定に与える影響の双方向について検討する。今年度は、欧米の民間部門が策定したプライベート・スタンダードと貿易の関係、事例としてはパーム油の持続可能性にかかわるプライベート・スタンダード(Roundtable on Sustainable Palm Oil: RSPO)を取り上げて研究を進めた。第一に、プライベート・スタンダードが貿易に与える影響についての研究レビューを実施した。公的な規制が貿易に与える影響について扱う実証研究は多いが、プライベート・スタンダードについてはデータが限られることもあり、実証研究は多くはない。そして先行研究では、規制とプライベート・スタンダードが貿易に与えるメカニズムの違いはきちんと検討されてこなかった。このため今年度は研究レビューを行い、規制とプライべート・スタンダードの相違、そしてそれを受けた貿易に与える影響の相違について検討し論文を執筆した。また、発展途上国で類似のスタンダードが策定される過程に貿易が与える影響(②)について研究レビューを行った。事例としては、RSPOから学んでインドネシア、マレーシアが策定した政府のパーム油スタンダードを取り上げ、政策担当者にヒアリングを実施するなどして政策形成過程、貿易構造が政策形成に与える影響について調査した。この内容は現在作成途中の本の章として執筆している。今年度の研究内容は、代表者が経済産業省資源エネルギー庁が実施するFIT政策に関連するバイオマス持続可能性ワーキンググループに委員として参加していたことから、政策提言として利用した。パーム油の持続可能性認証に関する研究は、課題設定に必要な先行研究レビューなどをすすめた。化学物質規制についても保有するデータセットを用いて研究をすすめている。引き続きパーム油スタンダードについて分析のデータ収集を行い、化学物質に関する研究についても規制情報や文献調査などを継続する

  • NTMsが国際貿易に与える影響に対する実証分析

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    近年、技術的な基準および認証制度をはじめとする規制が国際貿易に与える影響に対する関心が高まっている。国際貿易に影響を与えうる各国内における規制(非関税措置(non-tariff measures; NTMs)に対する政策的関心が高まっており、WTOにおける取り組みのみならず、二国あるいは多数国間の経済連携交渉の場においても重要な協議事項となっている。しかし、学術的には、データ不足のために、NTMsが国際貿易に与える影響についての体系的な検討が十分に行われてこなかった。本研究では、UNCTADが新しく構築したNTMデータベースを活用することで、NTMsの存在が貿易にどのような影響を与えるのかについて、体系的に検討する。UNCTADのNTMデータベースはまだ新しく、NTMsが国際貿易に与える影響を体系的にとらえた研究はまだなく、新規性が高い。また、政策実務の場においてNTMsに対する関心が高まっている中、このような研究が実際の政策立案に対して有益な示唆を提供することが求められている。2019年度はUNCTADが収集したNTMデータがアップデートされたのを受け、データの整理と指標の際作成した。この指標を使用し、規制の差異が貿易に与える影響について分析を開始した。これは学術的にも新規性があるだけなく、昨今の国際貿易に関する関心の高さが示すように政策的にも非常に重要な課題である。また、農業・食品産業においては、各国の食品安全規制やSPS措置が貿易に対して大きな影響を与えていると考えられる。これを踏まえて農業・食品産業におけるNTMsの影響に関しては個別のケースを詳細に分析し、データの収集を行った。UNCTADの収集したデータベースのアップデートを基に指標を作成し、体系的に規制が貿易に及ぼす影響を分析することができた。また食品・農産物に関しては個別ケースでの分析を行うことが可能であった。2019年度は貿易全体における非関税措置の影響を分析したが、2020年度はさらに個別の製品・産業に焦点を当てた分析を行う予定である。また、食品・農産物に関する研究ではデータベースの構築の完了を目指す

  • 貿易自由化と製品安全規制の最適設計-企業・消費者・市場データによる貿易・厚生分析

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    消費者の安全に対する意識は高まっており、貿易と安全の両立は緊切な政策課題である。本研究では、個票及び市場レベルデータの構築、分析手法の開発、政策提言と、分野横断的かつ専門性の高い研究を行い、例えば、日本人消費者の輸入鶏肉の残留動物医薬品や放射能汚染への支払意思額の推定、EUのRoHS指令・REACH規制などの製品安全規制の途上国企業の生産コストや輸出競争力への影響の推定など貴重な研究結果を得た

  • 製品環境規制が貿易とサプライチェーンを通じて企業に与える影響

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    食品安全規制や、消費者の健康や安全、環境保護を目的とする製品規制は、自国企業のみでなく、規制実施国に製品を輸出する企業、及び該当製品の部品や原材料を製造する企業に遵守を求める政策である。経済がグローバル化するなか、製品環境規制は国境を越えてインパクトをもたらすため、貿易を通じて輸出企業、輸出国に与える影響についての分析を行った。本研究では、環境保全のために、製品中の化学物質を規制する製品環境規制、その他の規制に焦点をあて、途上国を含む各国の企業の生産活動や貿易、政策に与える影響について理論的、定性的、定量的に分析を行った。研究成果は、英文学術書籍として出版した。製品環境規制は、国境を越えて企業に安全や健康にかかわるリスク管理、財の生産地における環境課題への対応を求めるもので、貿易を通じて生産国に多大な影響をもたらしているが、これまでアジア各国の政策、また企業に与える影響についてほとんど分析が行われてこなかった。本研究では、政策・企業・貿易に対する影響を実証的、理論的に明らかにし、研究成果を踏まえて、学会だけでなく、対企業や政府への提言も広く行った

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 非関税措置が国際貿易に与える影響

    2017年  

     概要を見る

    The research utilized the non-tariff measures (NTMs) data compiled by United Nations Conference on Trade and Development (UNCTAD), which has become available recently to researchers.  The aim of the research is to assess the differences in the NTMs among countries and how this may impact international trade and regional integration efforts.  In terms of comparing various NTMs applied in different countries, we took the automotive industry as an illustrative industry.  The automotive industry is an important industry for the Japanese economy, especially in terms of exports.  The result suggests that compared to other goods, automotive goods exported from Japan tend to face more regulatory burdens around the world and in East Asia.  In addition to examining NTMs at the industry level, we also looked at the potential costs associated with regional integration efforts currently ongoing in East Asian region: ASEAN economic community (AEC), Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP), and Trans Pacific Partnership (TPP).  The main question we explored is to calculate the degree of difficulties in achieving regulatory harmonization in various regional integration efforts, given the current regulatory regimes in member countries, then identify the base country where the potential cost of adjustment is the lowest.  

  • 食品安全規制が多国間貿易に及ぼす影響分析

    2015年  

     概要を見る

    In recent years, there is a heightened interest in the food safety issue.  This reflects the number of food scares in developed countries as well as globalization where countries are relying more and more on the imported food materials.  Research in this area is still sparse owing to the lack of systematic data gathering efforts. The purpose of this research is to construct an internationally comparable dataset of US port rejection data from 2007-2010 so that quantitative analysis can be conducted.  Of 37,000 cases of the rejections, more than one third of the data (13,000) was processed to be assigned HS codes.  The result indicates that there is a large variations among different types of agriculture and food commodities in terms of their shares in rejections.  In case of the US, the share of aquatic products (HS03) was the largest (18%), followed by edible preparations (HS21) with 14%, preparations of vegetable products (HS20) with 11%,  and bakery products (HS17) with 10%.  Compared to the Japanese data, the compositions of the products with frequent rejections are different reflecting both the differences in imported goods and the focus of the regulatory agencies.  

  • 日本の食品安全規制が貿易に与える影響の実証分析

    2015年  

     概要を見る

    In recent years, there is a heightened interest in the food safety issue.  This reflects the number of food scares in developed countries as well as globalization where countries are relying more and more on the imported food materials.  Research in this area is still sparse owing to the lack of systematic data gathering efforts. Existing research relies on specific commodities but does not cover the entire agriculture and food materials.  The purpose of this research is to construct a dataset of Japanese port rejection data from 2000-2005 so that quantitative analysis can be conducted.  The result indicates that there is a large variations among different types of agriculture and food commodities in terms of their shares in rejections.  In case of Japan, the share of vegetables (HS07) was the largest (17%), followed by preparations of meat and aquatic products (HS16) with 15%, edible preparations (HS21) with 12%, and aquatic products (HS03) with 12%.  Compared to these, cereals accounts for only 2% of the rejections.  Thus, among agriculture and food products, the share of rejections vary widely among different commodity groups.  The future research could explore the link between the frequency of rejections to commodity and/or country characteristics.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示