篠原 靖明 (シノハラ ヤスアキ)

写真a

所属

商学学術院 商学部

職名

准教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/y.shinohara/

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2014年03月

    University College London,   PHD Speech, Hearing and Phonetic Sciences  

  • 2008年09月
    -
    2009年09月

    University College London,   MA Phonetics  

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   教育学部   英語英文学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2014年03月   University College London (United Kingdom)   博士

  • University College London (United Kingdom)   修士

  • 早稲田大学   学士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学商学学術院商学部   Faculty of Commerce   准教授

  • 2018年09月
    -
    継続中

    University of Delaware   Department of Linguistics and Cognitive Sciences   Affiliated Associate Professor

  • 2017年04月
    -
    2020年08月

    早稲田大学商学学術院商学部   講師(専任)

  • 2017年09月
    -
    2018年08月

    University of Delaware   Department of Linguistics and Cognitive Sciences   Affiliated Assistant Professor

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学理工学術院創造理工学部   英語教育センター   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
    -
    継続中

    日本言語学会

  • 2018年05月
    -
    継続中

    Institute of Language and Speech Science, Waseda University

  • 2017年01月
    -
    継続中

    Acoustical Society of America

  • 2012年03月
    -
    継続中

    British Association of Academic Phoneticians

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

  • 英語学

  • 外国語教育

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音声学、音韻論

論文 【 表示 / 非表示

  • Audiovisual English /r/−/l/ Identification Training for Japanese-Speaking Adults and Children

    Yasuaki Shinohara

    Journal of Speech, Language, and Hearing Research   64 ( 7 ) 2529 - 2538  2021年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

     概要を見る

    <sec>
    <title>Purpose</title>
    This study tested the hypothesis that audiovisual training benefits children more than it does adults and that it improves Japanese-speaking children's English /r/−/l/ perception to a native-like level.


    </sec>
    <sec>
    <title>Method</title>
    Ten sessions of audiovisual English /r/−/l/ identification training were conducted for Japanese-speaking adults and children. Assessments were made of age effects on the increase in identification accuracy in three testing conditions (audiovisual, visual only, and audio only) and auditory discrimination of the primary acoustic cue (F3 frequency).


    </sec>
    <sec>
    <title>Results</title>
    The results showed that both adults and children increased their identification accuracy in the audiovisual condition more than in the single-modality conditions (visual only and audio only). Their improvement in the visual-only condition was larger than that in the audio-only condition. Japanese-speaking adults and children improved their primary acoustic cue (F3) sensitivity to a similar extent. In addition, their identification improvement in the audiovisual condition was positively correlated with those in the audio-only and visual-only conditions. The improvement in the audio-only condition was also positively correlated with that in the visual-only condition and with primary acoustic cue sensitivity.


    </sec>
    <sec>
    <title>Conclusion</title>
    It was unclear whether children had an advantage over adults in improving their identification accuracy, but both age groups improved their auditory and visual perception of the English /r/−/l/ contrast and showed additive effects in the multisensory (i.e., audiovisual) condition.


    </sec>

    DOI

  • Abstractness of human speech sound representations

    Arild Hestvik, Yasuaki Shinohara, Karthik Durvasula, Rinus G. Verdonschot, Hiromu Sakai

    Brain Research   1732   146664 - 146664  2020年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Effects of perceptual assimilation: The perception of English /æ/, /ʌ/, and /ɑ/ by Japanese speakers

    Yasuaki Shinohara, Chao Han, Arild Hestvik

    Proc. the 19th International Congress of Phonetic Sciences     2344 - 2348  2019年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • High variability identification and discrimination training for Japanese speakers learning English /r/–/l/

    Yasuaki Shinohara, Paul Iverson

    Journal of Phonetics   66   242 - 251  2018年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Audiovisual Training Effects for Japanese Children Learning English /r/-/l/

    Yasuaki Shinohara

    Proc. Interspeech 2016     204 - 207  2016年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Communication Strategies 2 (4th ed.)

    Sheppard, C, Fujii, M, Manalo, E, Masuda, H, Shinohara, Y, Tanaka-Ellis, N, Ueno, Y

    DTP Publishing  2017年09月 ISBN: 9784862116116

  • Communication Strategies 1 (4th ed.)

    Sheppard, C, Fujii, M, Manalo, E, Masuda, H, Shinohara, Y, Tanaka-Ellis, N, Ueno, Y

    DTP Publishing  2017年03月 ISBN: 9784862116109

その他 【 表示 / 非表示

  • Frontier in Psychology, Review Editor

    2021年02月
    -
    継続中
  • Waseda University (Japan) PhD Thesis Associate Examiner

    2020年
    -
     
  • Waseda University (Japan) MA Thesis Associate Examiner

    2020年
    -
     
  • Language & Speech, Reviewer

    2020年
    -
     
  • Interspeech 2020 Technical Program Committee, Reviewer

    2020年
    -
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 産研アワード

    2021年05月   早稲田大学産業経営研究所  

    受賞者: 篠原 靖明

  • 産研アワード

    2020年05月   早稲田大学産業経営研究所  

    受賞者: 篠原 靖明

  • E-teaching Award (Good Practice賞)

    2020年03月   早稲田大学  

    受賞者: 篠原 靖明

  • 産研アワード

    2018年05月   早稲田大学産業経営研究所  

    受賞者: 篠原 靖明

  • 日本学生支援機構留学生交流支援制度(長期派遣) 奨学生(2010年9月-2013年8月)

    2010年09月   日本学生支援機構  

    受賞者: 篠原 靖明

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自閉スペクトラム症児の「聞き取り」と「読み取り」の困難さの要因を探る実証研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

    松井 智子

  • 音声知覚と音素知覚の境界を探る:ミスマッチ陰性電位(MMN)を手掛かりに

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

    篠原 靖明

    担当区分: 研究代表者

  • 事象関連電位による日本語母語話者の英語母音知覚

    若手研究B

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    篠原 靖明

    担当区分: 研究代表者

  • 児童及び成人のための第二言語視聴覚トレーニング

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2014年08月
    -
    2016年03月
     

    篠原 靖明

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 自閉スペクトラム症児の音韻カテゴリ知覚

    内田真理子, 篠原靖明, 松井智子, 池田一成, 藤野 博, 東條吉邦, 計野浩郎

    日本発達心理学会第31回大会  

    発表年月: 2020年03月

  • Effects of perceptual assimilation and vowel peripherality in perceiving non-native vowels

    Yasuaki Shinohara, Chao Han, Arild Hestvik

    New Sounds 2019  

    発表年月: 2019年09月

  • Effects of perceptual assimilation: The perception of English /æ/, /ʌ/, and /ɑ/ by Japanese speakers

    Yasuaki Shinohara, Chao Han, Arild Hestvik

    The 19th International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS) 2019  

    発表年月: 2019年08月

  • Examination of theoretical models in second-language (L2) speech perception: The Perceptual Assimilation Model (PAM) and the Natural Referent Vowel (NRV) framework

    Yasuaki Shinohara

    Research Workshop of Institute of Language and Speech Science  

    発表年月: 2019年05月

  • Effects of Perceptual Assimilation for Japanese speakers perceiving English vowels

    Shinohara, Y  [招待有り]

    Invited talk given at the Department of Linguistics and Cognitive Sciences  

    発表年月: 2018年12月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 音素認知と音声知覚の関連性調査

    2020年  

     概要を見る

     本研究課題では、事象関連電位(ERP)と呼ばれる脳活動の内、ミスマッチ陰性電位(MMN)という成分を分析することで、音声と音素に対する知覚能力を評価している。2019年度は、日本語話者による音素/t/-/d/に対する知覚を分析し、論文を執筆した。この論文は2020年に国際ジャーナル(Brain Research)から出版された。 その後、コロナウイルス感染拡大の状況に合わせて研究を中断した。再開後は日本語話者や広東語話者に対して、母音や子音の長さに係る知覚実験をオンラインで実施し、母語の音韻体系による知覚能力への影響を調査した。我々はその結果を国際学会論文にまとめ、提出した。

  • 第二言語音声知覚の言語間研究

    2019年   Arild HESTVIK, Chao HAN

     概要を見る

     本研究は、日本語話者が英語の音素を知覚する際、日本語音素の存在がその知覚にどのような影響を及ぼすか、行動実験と脳波計測実験の両面から調査した。研究代表者はPerceptual Assimilation Model (PAM; Best, 1994; 1995)を基に仮説を立て、まずは行動実験によりその仮説を検証した。その結果は、国際学会(ICPhS 2019, New Sounds 2019)で発表し、論文も出版した。同時に脳波計測実験も実施し、事象関連電位(ERP)と呼ばれる脳活動の内、ミスマッチ陰性電位(MMN)という成分を分析した。行動実験では仮説通りの結果が表れたが、MMNの分析では予測と異なる結果が表れた。本研究費を使用して、第二言語音声知覚の分野で著名な研究者を国内にお呼びし、研究結果に関してディスカッションを行った。

  • 言語間における母音知覚

    2018年   Arild Hestvik

     概要を見る

    3年間のプロジェクトである本研究課題は、第二言語音声知覚に関する理論を行動実験及び脳波計測の両面から検証することを目的としている。最終年度にあたる2018年度は、英語話者と日本語話者による母音の知覚能力を調査した。音響の統制された母音の刺激音に対する知覚能力が、第一言語の音韻体系の違いによってどのように異なるか、実験を行った。それらの研究成果は2019年度に開催予定の国際学会(ICPhS2019やNew Sounds2019)での発表を予定している(Accepted)。その他、子音に対する知覚能力の実験結果は、2018年6月に国際学会(MismatchNegativity 2018)で発表した。

  • 事象関連電位による第二言語音声知覚の評価

    2017年   酒井弘

     概要を見る

     本研究課題は3年間のプロジェクトであり、日本語話者と英語話者による音声知覚能力を行動的評価だけでなく、脳科学的アプローチによって比較分析することを目的としている。二年目にあたる2017年度には、主に子音/t/-/d/の知覚を対象した研究を行った。日本語話者を対象に、音声の変化を知覚した際に表れる脳波形の変化 (Mismatch Negativity; MMN)を計測し、先行研究で示された英語話者のものと比較した。我々は本研究成果を国際学会(Society for the Neurobiology of Language 2017)で発表し、また、国際ジャーナルへ投稿した。2018年3月現在、査読を待っている状態である(Under review)。

  • 日本語母語話者による英語音声知覚

    2016年  

     概要を見る

     本研究は、3年間のプロジェクトとして、日本語話者の英語音声に対する知覚能力を計測することで、母語と第二言語音声の知覚能力の違いや母語による音声知覚への影響を検証している。2016年度は、本プロジェクトの初年度として、主に二つの実験を行った。一つは、日本語に含まれない英語音声に対する知覚能力を測定し、視聴覚トレーニング効果を検証した。もう一つは、日本語と英語の両方に存在する音声に対する知覚能力を測定した。日本語話者がそれらの音声を聞いた際の脳反応も測定し、先行研究で得られた他言語話者のものと比較した。

 
 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
    -
    継続中

    日本言語学会  第162回大会実行委員

  • 2017年12月
    -
    2019年09月

    New Sounds 2019  Local Organizer

  • 2015年07月
    -
    2017年07月

    日本英語音声学会  関東支部運営委員

  • 2016年07月
     
     

    Mental Architecture for Processing and Learning of Language (MAPLL) 2016  Local Organizer

社会貢献活動 【 表示 / 非表示