2022/05/17 更新

写真a

オオワン ヒデオ
大湾 秀雄
所属
政治経済学術院 政治経済学部
職名
教授

兼担

  • 社会科学総合学術院   社会科学部

学内研究所等

  • 2019年
    -
    2023年

    組織経済実証研究所   プロジェクト研究所所長

学歴

  •  
     
     

    東京大学   理学部   数学科  

  •  
     
     

    スタンフォード大学ビジネススクール   博士プログラム   (経済学専攻)修了  

  •  
     
     

    コロンビア大学   大学院   経済学専攻経済学修士取得後中途退学  

  •  
     
     

    東京大学  

学位

  • スタンフォード大学   Ph.D.(経済学)

経歴

  • 2018年04月
    -
     

    早稲田大学   政治経済学術院   教授

  • 2010年04月
    -
    2018年03月

    東京大学   社会科学研究所   教授

  • 2013年05月
    -
     

    (独)経済産業研究所   ファティカル・フェロー

  • 2011年03月
    -
    2012年03月

    スタンフォード大学   経営大学院   客員研究員

  • 2008年05月
    -
    2011年03月

    一橋大学   イノベーション研究センター   非常勤研究員

  • 2009年09月
    -
    2010年03月

    東京大学   社会科学研究所   准教授

  • 2006年04月
    -
    2009年08月

    青山学院大学   国際マネジメント研究科   教授

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    一橋大学   経済研究所   客員教授

  • 2007年
    -
    2008年

    一橋大学経済研究所   客員教授

  • 1997年07月
    -
    2006年03月

    ワシントン大学   John M. Olin 経営大学院   助教授

  • 1986年04月
    -
    1993年06月

    野村総合研究所   研究員、エコノミスト

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    組織学会

  •  
     
     

    Informs(Institute for Operations Research and the Management Sciences)

  •  
     
     

    Econometric Society

  •  
     
     

    Society of Labor Economists

  •  
     
     

    American Economic Association

  •  
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     

    Informs(Institute for Operations Research and the Management Sciences)

  •  
     
     

    Econometric Society

  •  
     
     

    Society of Labor Economists

  •  
     
     

    American Economic Association

▼全件表示

 

研究分野

  • 経営学   人的資源管理論

  • 経済政策   労働経済学

  • 経済政策   労働経済学

論文

  • 「ソフトウェア開発における早期すり合わせの効果と働き方改革への示唆」

    水上祐治, 大湾秀雄

    経済研究    2018年01月  [査読有り]

  • “Incentives and Gaming in a Nonlinear Compensation Scheme: Evidence from North American Auto Dealership Transaction Data“

    Evidence-based HRM: a global forum for empirical scholarship   3 ( 3 ) 222 - 243  2015年12月  [査読有り]

    DOI

  • “The Impact of Group Contract and Governance Structure on Performance—Evidence from College Classrooms”

    Zeynep Hansen, Hideo Owan, Jie Pan, Shinya Sugawara

    Journal of Law, Economics, and Organization   30 ( 3 ) 463 - 492  2014年08月  [査読有り]

    DOI

  • "Front-Loading Development and Market Defect Density Decrease by Concurrent Software Development Methodology into In-vehicle Embedded Software Development Project"

    Yuji Mizukami, Masayuki Ida, Hideo Owan

    Journal of Japan Society of Directories    2014年03月  [査読有り]

  • 「店長は重要か? —大手自動車販売会社の人事・製品取引データによる計量的事例研究—」

    上原克仁, 大湾秀雄, 高橋新, 都留康

    経済研究    2013年06月  [査読有り]

  • “Authority, Conformity, and Organizational Learning”

    Nobuyuki Hanaki, Hideo Owan

    Administrative Sciences    2013年05月  [査読有り]

  • "Diversity and Productivity in Production Teams"

    Advances in the Economic Analysis of Participatory and Labor-Managed Firms    2012年12月  [査読有り]

    DOI

  • “Seller-Buyer Ethnic Matches : The Case of Car Transactions at Two North American Auto Dealerships”

    Hideo Owan, Tsuyoshi Tsuru, Katsuhito Uehara

    Hitotsubashi Journal of Economics    2012年06月  [査読有り]

  • Market characteristics, intra-firm coordination, and the choice of human resource management systems: Theory and evidence

    Takao Kato, Hideo Owan

    JOURNAL OF ECONOMIC BEHAVIOR & ORGANIZATION   80 ( 3 ) 375 - 396  2011年12月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper begins by constructing a team-theoretical model of organizational adaptation and coordination with three distinct task coordination modes: vertical control, horizontal coordination, and hybrid coordination. The model is then used to provide fresh insights on complementarities involving team work organization, communication channels, training and hiring, and other human resource management practices, and illustrate how such choice of practices is affected by the firm's output market conditions. Our econometric analysis of new data from japan which provide up-to-date information on the adoption of new team-based instruments for a horizontal coordination system (cross-functional problem solving project teams and Self-Managed Teams) yields results that are broadly consistent with the theory. First, new team-based instruments are more likely to be adopted by firms with well-established formal shop-floor-based communication channels (such as shopfloor committees), while they are much less likely to be adopted by firms with well-established information sharing institutions such as joint labor-management committees, which presumably enhance the efficiency of the vertical control system by minimizing labor-management communication errors. Finally, firms in more competitive markets and those with a higher concentration of sales among a small number of customers are more likely to adopt both types of team, whereas firms facing more erratic price movement tend not to adopt Self-Managed Teams. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • “Specialization, Multiskilling and Allocation of Decision Rights”

    大湾 秀雄

    Advances in the Economic Analysis of Participatory and Labor- Managed Firms    2011年12月  [査読有り]

    DOI

  • 「非線形報酬制度のインセンティブ効果とエスニシティの影響―北米自動車販売会社の取引データに基づく実証分析」

    都留康, 大湾秀雄, 上原克仁

    経済研究    2007年04月  [査読有り]

  • Strategic management of R&D pipelines with cospecialized investments and technology markets

    Tat Chan, Jack A. Nickerson, Hideo Owan

    MANAGEMENT SCIENCE   53 ( 4 ) 667 - 682  2007年04月  [査読有り]

     概要を見る

    The theoretical literature on managing R&D pipelines is largely based on real option theory making decisions about undertaking, continuing, or terminating projects. The theory typically assumes that each project or causally related set of projects is independent. However, casual observation suggests that firms expend much effort on managing and balancing their R&D pipelines, where managing appears to be related to the choice of R&D selection thresholds, project risk, and whether to buy or sell projects to fill the pipeline. Not only do these policies appear to differ across firms, they also appear to vary over time for the same firm. Changes in management policies suggest that the choice of R&D selection thresholds is a time-varying strategic decision and there may be some type of vertical interdependency among R&D projects in different stages. In this paper we develop a model using dynamic-programming techniques that explain why firms vary in their R&D project-management policies. The novelty and value of our model derives from the central insight that some firms invest in downstream cospecialized activities that would incur substantial adjustment costs if R&D efforts are unsuccessful whereas other firms have no such investment. If transaction costs in technology markets are positive, which implies that accessing the market for projects is costly, these investments lead to state-contingent project-selection rules that create a dynamic and vertical interdependency among R&D activities and product mix. We describe how choices of R&D selection thresholds, preferences over project risk, and use of technology markets for the buying and selling of projects differ by the state of the firm's pipeline, the magnitude of transaction costs in the adjustment market, and the magnitude of technology costs. These results yield interesting managerial and public policy implications.

    DOI CiNii

  • “Promotion, Turnover, Earnings and Firm-Sponsored Training”

    大湾 秀雄

    Journal of Labor Economics    2004年10月  [査読有り]

    DOI

  • Internal Organization, Bargaining and Human Capital.

    大湾 秀雄

    Stanford University    1999年05月

▼全件表示

書籍等出版物

  • 日本の労働市場

    大湾秀雄, 佐藤香織( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第1章「日本的人事の変容と内部労働市場」)

    有斐閣  2017年11月

  • 日本の人事を科学する―因果推論に基づくデータ活用

    大湾 秀雄( 担当: 単著)

    日本経済新聞出版社  2017年06月

  • 企業統治の法と経済

    大湾 秀雄( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第2章「中間管理職の役割と人事評価システム」)

    有斐閣  2015年03月

  • 企業の経済学

    大湾 秀雄( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第12章「製品市場と職場組織ー理論と実証」)

    有斐閣  2014年09月

  • 企業統治と成長戦略

    大湾秀雄, 加藤隆夫, 宮島英昭( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第3章「従業員持株会は機能するか」)

Works(作品等)

  • 組織と人事諸制度の間の補完性と組織変革(単独)

    2006年
    -
    2007年

  • 組織と人事諸制度の間の補完性と組織変革(単独)

    2006年
    -
    2007年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本企業の研究開発の構造的特徴について―発明者サーベイを使った研究

    研究期間:

    2007年
    -
     
     

  • イノベーションを支える組織―組織内コーディネーションの役割

    研究期間:

    2007年
    -
     
     

  • インセンティブスキームと従業員の行動―米国自動車ディーラーのパーフォーマンスデータを使った分析

    研究期間:

    2007年
    -
     
     

  • 組織と人事制度の構成要素間の補完性に関する研究

    研究期間:

    2006年
    -
     
     

講演・口頭発表等

  • 拡大する人事データを用いた実証分析―企業内男女格差の多面的評価

    大湾 秀雄  [招待有り]

    日本経済学会秋季大会  

    発表年月: 2017年09月

  • Does Employee Stock Ownership Work? Evidence from publicly-traded firms in Japan

    大湾 秀雄  [招待有り]

    IEA World Congress  

    発表年月: 2017年06月

  • Does Employee Stock Ownership Work? Evidence from publicly-traded firms in Japan

    大湾 秀雄  [招待有り]

    INCAS Annual Conference  

    発表年月: 2017年05月

  • 働き方改革と女性のエンパワメント

    大湾 秀雄  [招待有り]

    日本経済学会秋季大会  

    発表年月: 2016年09月

特定課題研究

  • 企業の健康投資が従業員の健康、生産性、満足度、離職に与える影響の評価

    2021年   黒田祥子, 奥平寛子, 中室牧子, 相澤俊明

     概要を見る

    日本企業5社と研究コンソーシアムを組み、各企業における健康経営施策計画策定を支援し、実験的な手法(ランダム化比較試験)を用いて、従業員の健康、生産性、満足度、離職などに与える影響を測定し、企業業績、社会厚生に与える影響についての知見を蓄積した。具体的には、睡眠改善プログラムや禁煙支援プログラムをランダム化比較試験(RCT)の枠組みで実施し、その効果を検証した。また、健康診断やストレスチェック診断の結果を用いて、どういう属性のどういう働き方をする社員が、高い健康リスクを抱えているかという分析を進め、健康施策の対象とすべき社員グループを特定するプロセスについての知見の共有を図った。

  • 健康経営が生産性に与える効果

    2019年   黒田祥子, 奥平寛子

     概要を見る

    健康経営施策の効果検証を行うプロジェクトである。化学メーカー1社の協力を得て、慶應義塾大学の中室牧子先生と共同で実施した禁煙支援プログラムのフィールド実験は、2019年度12~3月に第1回目の介入実験を行ったが、参加者が50名弱と予定よりも大幅に少なかったため、第2回目を2020年度に行うこととした。第一期のみのデータでは、禁煙は、たばこ休憩時間削減とプレゼンティズム改善により労働時間を減少させ、健康問題を理由とする欠勤日数も有意に減少させた。研究支援体制作りのため、公益財団法人 日本生産性本部、(株)イーウェル社、同志社大学奥平寛子准教授と共に、「健康と生産性」研究会を立ち上げ、参加企業の募集を開始した。

  • 企業内データを活用した組織や人事制度の国際比較研究ネットワークの構築

    2018年  

     概要を見る

    フランクフルト大学のGuido Friebel教授を1月に招聘し、人事経済学に関するセミナーを早稲田大学と東大で行った他、ドイツのアウグスブルグで開かれた人事経済学のコンファレンスに参加し、欧州の研究者との連携を図った。昨年度の主な研究成果としては以下のものがある。4月までの(経済産業研究所)ディスカッションペーパー発行予定・Muroga, Kiho and Hideo Owan, “How Informative Is Three Hundred Sixty Degree Evaluation?”・Nakamuro, Owan and Sato, ”The Effect of Firm-Sponsored Interpersonal Skills Training on Worker’s Performance”・Shangguan, Ruo and Hideo Owan, "How Good Managers Steer Their Projects: Using Value-Added Measures of Manager Quality" 投稿中・Sato, Kaori, Yuki Hashimoto and Hideo Owan “Gender Differences in Career,” accepted conditional on minor revision by Journal of the Japanese and International Economies  ・Sato, Kaori, Sachiko Kuroda, and Hideo Owan, “Mental Health Effects of Long Work Hours, Night and Weekend Work, and Quick Return”, submitted to Social Science and Medicine 国際会議での発表  ・Hideo Owan, "How Good Managers Steer Their Projects: Using Value-Added Measures of Manager Quality", The 12th Annual Organizational Economics Workshop, Australian National University (Australia), November 29, 2018.    ・Hideo Owan, "How Good Managers Steer Their Projects: Using Value-Added Measures of Manager Quality", The 22nd Colloquium on Personnel Economics, University of Augsburg (Germany), March 14, 2019.  

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • Economics of the Organization

    Washington University  

  • Incentives and Compensation

    Washington University  

  • Managerial Statistics

    Washington University  

  • The Economics of \human Resource Management

    Washington University  

  • Individual in a Managerial Environment

    Washington University  

  • 人事システムの設計

    青山学院大学  

  • 産業組織と市場戦略

    青山学院大学  

  • 組織の戦略的設計

    青山学院大学  

  • 組織と人事制度の経済

    東京大学  

  • Designing Organizations and HRM systems Strategically - Economics Approach

    早稲田大学  

  • Personnel Economics

    早稲田大学  

  • Microeconomics A

    早稲田大学  

  • 人事経済学

    早稲田大学  

▼全件表示