北野 尚宏 (キタノ ナオヒロ)

写真a

所属

理工学術院 国際理工学センター(理工学術院)

職名

教授(任期付)

プロフィール

2018年- 早稲田大学理工学術院国際理工学センター 教授
2016年-2018年 JICA研究所 研究所長
2012年-2016年 JICA研究所 副所長
2008年-2012年 国際協力機構(JICA)東・中央アジア部 部長
2005年-2008年 国際協力銀行開発第2部 次長、部長
2003年-2005年 京都大学大学院経済学研究科 助教授
1999年-2003年 国際協力銀行開発金融研究所 主任研究員、開発第2部 課長
1983年-1999年 海外経済協力基金採用、北京駐在員、総務部 参事、開発援助研究所 主任研究員等
2018年- JICA研究所 客員研究員
2014年-2017年 早稲田大学理工学術院 非常勤講師
2010年- 京都大学大学院経済学研究科付属プロジェクトセンター シニアリサーチフェロー
2010年- 創価大学理工学部 非常勤講師

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    コーネル大学   都市・地域計画学科 終了  

  •  
    -
    1983年

    早稲田大学   理工学部   土木工学科 卒業  

学位 【 表示 / 非表示

  • コーネル大学   Ph.D.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    土木学会

  •  
     
     

    日本都市計画学会

  •  
     
     

    国際開発学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 土木計画学、交通工学   都市地域計画

  • 国際関係論   国際協力 中国の対外援助

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 都市計画

  • 地域計画

  • 国際協力

  • 中国

論文 【 表示 / 非表示

  • Estimating China’s foreign aid using new data

    Naohiro Kitano

    IDS Bulletin   49   49 - 72  2018年07月

     概要を見る

    This article presents updated estimates of China’s foreign aid between 2001 and 2014 as a proxy for China’s official development assistance (ODA) as defined by the OECD-DAC, and to compare this with the ODA of other DAC members. China’s net foreign aid increased from US$5.2bn in 2012 to US$5.4bn in 2013, but dropped to US$4.9bn in 2014. Since 2013, China has ranked at number nine. Its bilateral foreign aid has ranked at number six, alongside Japan and France, since 2012, while multilateral foreign aid has been relatively less significant. It is estimated that net disbursements of preferential export buyer’s credits decreased from US$4.9bn in 2012 to US$4.7bn in 2013, increasing to US$6.1bn in 2014. China has increased the volume of its foreign aid, improved the quality of it, and diversified the fields of aid activity. It is important for the international community to carefully examine the magnitude of China’s foreign aid.

    DOI

  • China’s foreign aid: Entering a new stage

    Naohiro Kitano

    Asia-Pacific Review   25   90 - 111  2018年01月

     概要を見る

    As part of the institutional reform plan of the State Council approved by the 13th National People’s Congress, a new aid agency, China International Development Cooperation Agency was inaugurated in April 2018. As the first such agency in the country’s history, its establishment will bring about a major change in the implementation structure of China’s foreign aid. It is important to follow and understand how China will improve and increase its foreign aid. This article reviews the current status of China’s foreign aid: forms and implementation structure, aid policies, volume of aid, and future challenges.

    DOI

  • Estimating China's foreign aid 2001–2013

    Naohiro Kitano, Yukinori Harada

    Journal of International Development   28 ( 7 ) 1050 - 1074  2016年10月

     概要を見る

    This paper aims to estimate China's net foreign aid from 2001 to 2013 as compared with net official development assistance (ODA) figures, which the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) Development Assistance Committee (DAC) customarily uses. First, a practical definition to capture China's foreign aid activities as a proxy for China's ODA was proposed. Second, both net and gross disbursements of China's foreign aid were estimated. Third, the results were compared with DAC members' ODA; China's donor ranking has moved up from 16th in 2001 to 6th in 2012 and 2013. Copyright © 2015 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI

  • China's Foreign Aid at a Transitional Stage

    Naohiro Kitano

    ASIAN ECONOMIC POLICY REVIEW   9 ( 2 ) 301 - 317  2014年07月

     概要を見る

    By estimating China's foreign aid as a proxy for China's bilateral Official Development Assistance and by analyzing its implementation structure and policy, this paper sheds some light on China's foreign aid activities, which have been at a transitional stage. Based on our estimates, the level of foreign aid in terms of net disbursement has increased sharply since 2004, reaching around US$7.1 billion in 2013. Some measures to strengthen the implementation structure to deal with this expansion have been introduced by the central government; however, this transition process needs more time. To facilitate this process, China is attempting to absorb knowhow on development assistance from multilateral institutions and Organisation for Economic Cooperation and Development's Development Assistance Committee countries that are eager to share their knowledge, with the expectation that China will eventually play a major role in international development.

    DOI

  • 東アジアの環境問題と地域協力 中国の都市化と下水道整備

    北野尚宏

    環境情報科学   34 ( 3 ) 52 - 57  2005年11月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 中国の対外援助

    下村 恭民, 大橋 英夫, 日本国際問題研究所, 渡辺 紫乃, 小林 誉明, 北野 尚宏, 稲田 十一, 辻 一人, 王 平, 大野 泉, 鈴木 隆( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第4章 アジア諸国への経済協力)

    日本経済評論社  2013年01月 ISBN: 9784818822535

  • 中国が変える世界秩序

    関 志雄, 朱 建栄, 日本経済研究センタ, 清華大学国情研究センター, 胡 鞍鋼, 柴田 明夫, 山崎 正樹, 北野 尚宏, 朱 建栄, 大橋 英夫, 村瀬 哲司, 室井 秀太郎, 孟 健軍( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 深化する中央アジアとの関係)

    日本経済評論社  2011年10月 ISBN: 9784818821736

  • 中国の環境政策

    山本 裕美, 森 晶寿, 植田 和弘, 陳 雲, 金 紅実, 張 坤民, 彭 立穎, 山本 浩平, 何 彦旻, 劉 春發, 北野 尚宏, 永禮 英明( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 水環境政策の到達点と課題)

    京都大学学術出版会  2008年08月 ISBN: 9784876987382

  • Facets of globalization: International and local dimensions of development

    Shahid Yusuf, Simon J. Evenett, Weiping Wu, Lawrence J. White, Victor F, S. Sit, Gernot Klepper, Yak-yeow Kueh, Junichi Yamada, Shuqing Guo, Won Bae Kim, Edward L. Glaeser, Jordan Rappaport, Richard Stren, F. Bourguignon, Diana Mitlin, David Satterthwaite, Yue-man Yeung, Rakesh Mohan, Naohiro Kitano( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Analysis of spatial organization and transportation demand in the city of Sendai)

    2001年 ISBN: 9780821347423

  • アジア厠考

    大野 盛雄, 小島 麗逸, 大内 力, 北見 俊夫, 新納 豊, 北野 尚宏, 木崎 翠, 永野 善子, 佐藤 百合, 中村 ゆかり, 末廣 昭, 重富 真一, 竹内 郁雄, 高橋 昭雄, 村山 真弓, 清水 学, 篠田 隆, 岡崎 正孝, 間 寧, 高井清仁( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 中国−一九八〇年代初頭の都市屎尿の農村還元)

    勁草書房  1994年01月 ISBN: 9784326651535

Misc 【 表示 / 非表示

  • 中国の対外援助:現状と課題

    北野 尚宏

    JICA研究所    2018年10月

  • China’s foreign aid: Current status and future challenges

    Naohiro Kitano

    JICA Research Institute    2018年10月

  • Introduction: Beyond aid -The future of development cooperation

    Jing Gu, Naohiro Kitano

    IDS Bulletin   49   1 - 12  2018年07月

     概要を見る

    This introduction explains the rationale behind this issue of the IDS Bulletin, and identifies the key issues and research questions addressed by the contributors. In so doing, it identifies the emerging outlook of future international development cooperation, such as the new model, approaches, and characteristics of international development cooperation embodied by the traditional and emerging donors. This introduction notes the economic, political, and development trajectories of international development cooperation, and explores how the changing dynamics affect the future of these partnerships. It also presents the central argument that runs throughout the studies; namely, that whilst the ‘emerging economies’ have excited worldwide attention, and scholarly and policy interest, there has been an over-concentration on a limited number of ‘emerging donors’, particularly the BRICS economies, a consequential neglect and underestimation of the importance of the wider range of ‘new donors’, and a pressing need for a more holistic approach to analysis and understanding.

    DOI

  • Estimating China’s foreign aid using new data: 2015-2016 preliminary figures

    Naohiro Kitano

    JICA Research Institute    2018年05月

  • A note on estimating China’s foreign aid using new data: 2015 preliminary figures

    Naohiro Kitano

    JICA Research Institute    2017年05月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ナイラムダル(友好)勲章

    2012年   モンゴル国  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中国の対外援助・新型国際関係

    北野尚宏

    第1回中国セミナー「中国の国際社会におけるプレゼンス」   21世紀政策研究所  

    発表年月: 2018年10月

  • 対外援助動向へのインパクト

    北野尚宏

    夏期公開講座「「帯一路構想」のインパクトと今後の展望」   アジア経済研究所  

    発表年月: 2018年08月

  • 新たな段階に入った中国の対外援助

    北野尚宏

    ワークショップ「ベンガル湾の政治経済的将来」   財務総合政策研究所・ジョンズ・ホプキンス大学 高等国際問題研究大学院 ライシャワー東アジア研究所  

    発表年月: 2018年06月

  • China’s foreign aid

    北野尚宏

    GIJ Forum "Japanese Development Cooperation as a Political Tool"   German Institute for Japanese Studies (GIJ)  

    発表年月: 2018年04月

  • Estimating China’s foreign aid: New data

    北野尚宏

    CRP Department Lecture Series   City and Regional Planning (CRP) Department, Cornell University  

    発表年月: 2017年11月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 中国の対外援助推計

    2020年  

     概要を見る

    本研究では、成果のひとつとして、中国の対外援助額をOECD開発援助委員会が定めるODAの定義(贈与相当額計上方式)に基づき推計・予想し、JICA緒方貞子平和開発研究所よりKitano. N. and Miyabayashi Y. 2020. Estimating China’s Foreign Aid: 2019-2020 Preliminary Figuresを発刊した。2019年の推計額は59億ドルで2018年と同額だった。、国際⽐較を⾏ったところ、⽶国、ドイツ、イギリス、⽇本、フランス、トルコに次いで7位となった。2020年の予想は54億ドルで、前年比下落する可能性が示された。

  • 国際基準に基づく中国の対外援助推計

    2019年  

     概要を見る

    中国は、近年対外援助実施体制強化に取り組んでいる一方、依然として系統だった情報開示を行っていない。本研究では、成果のひとつとして対外援助額を従来のODAの定義と新たな定義で推計し、JICA研究所よりEstimating China’s Foreign Aid: 2017-2018 Preliminary Figuresを発刊した。従来の定義であるネットベースの貸付実行額では、2017年61億ドル,2018年64億ドルと漸増傾向にあった。新たな定義(借款の新たな計上方法である贈与相当額計上方式を導入)では、2017年53億ドル、2018年57億ドルと従来の定義よりも小さかった。

  • 国際基準に基づく中国の対外援助推計

    2019年  

     概要を見る

    中国は、近年対外援助実施体制強化に取り組んでいる一方、依然として系統だった情報開示を行っていない。本研究では、成果のひとつとして対外援助額を従来のODAの定義と新たな定義で推計し、JICA研究所よりEstimating China’s Foreign Aid: 2017-2018 Preliminary Figuresを発刊した。従来の定義であるネットベースの貸付実行額では、2017年61億ドル,2018年64億ドルと漸増傾向にあった。新たな定義(借款の新たな計上方法である贈与相当額計上方式を導入)では、2017年53億ドル、2018年57億ドルと従来の定義よりも小さかった。

  • 中国の下水道・廃棄物処理整備と国際環境協力

    2018年  

     概要を見る

    本研究では、中国が、改革・開放期に都市下水道・廃棄物処理施設の整備を推進するにあたり、どのように海外の技術や資金を、国際環境協力等を通して導入・活用したのかについて、既存研究や各種報告書のレビューや、中国側政府機関・大学関係者に対するインタビューから一定程度明らかにすることができた。さらに、中国が自国における経験に基づいて、対外援助の一環として開発途上国の下水処理場の整備に参入しはじめている状況も把握することができた。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    継続中

    日本経済団体連合会21世紀政策研究所  「中国情勢に関する研究会」研究委員

  • 2018年
    -
    継続中

    アジア経済研究所  「”一帯一路”構想の展開と日本・中国への影響」研究会委員

  • 2009年
    -
    2018年

    Development Assistance Committee (DAC), Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD)  China-DAC Study Group

  • 2009年
    -
    2018年

    経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)  中国DAC研究グループ委員

  • 1998年
    -
    2002年

    日本都市計画学会  国際委員会委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 小山台教育財団「寺子屋小山台」

    2010年
    -
    継続中

  • 三鷹市「みたか市民プラン21会議」第1分科会(都市基盤整備)

    1999年
    -
    2001年

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 私見卓見「途上国支援、現地の意識変革カギ 」

    新聞・雑誌

    日本経済新聞社   日本経済新聞朝刊  

    2018年06月