SOBUKAWA, Takuya

写真a

Affiliation

Affiliated organization, Global Education Center

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   School of Education

  • Faculty of Political Science and Economics   School of Political Science and Economics

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Fundamental Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1992

    Keio University   Graduate School of Science and Technology   Mathematics  

  •  
    -
    1992

    Keio University   Graduate School, Division of Science and Engineering  

  •  
    -
    1986

    Keio University   Faculty of Science and Technology   Department of Mathematics  

  •  
    -
    1986

    Keio University   Faculty of Science and Engineering  

Degree 【 display / non-display

  • Keio University   Ph. D

  • Keio University   M. SC.

Research Experience 【 display / non-display

  • 2014.04
    -
    Now

    Waseda University   Global Education Center   Professor

  • 2010.04
    -
    2014.03

    Okayama University   Graduate school of Education   Professor

  • 2005.04
    -
    2014.03

    Hyogo University of Teacher Education

  • 1997.04
    -
    2010.03

    Okayama University

  • 2010
    -
     

    - Professor,Graduate School of Education,Okayama University

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    アメリカ数学会(America Mathematical Society)

  •  
     
     

    日本数学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Education on school subjects and primary/secondary education   mathematics education

  • Basic analysis   Theory of function spaces

Research Interests 【 display / non-display

  • mathematics education

  • extrapolation theory

  • interpolation theory

  • 実解析学

  • Real Analysis

Papers 【 display / non-display

  • Complex interpolation of the predual of Morrey spaces over measure spaces

    SOBUKAWA Takuya

    Georgian Mathematical Journal on line    2019.11  [Refereed]

  • Introduction to University Calculus for "Bunkei'' Students in Waseda

    SOBUKAWA Takuya, TAKAGI Satoru, UESU Hiroaki

    Higher Education in Russia   28 ( 2 ) 63 - 68  2019.01  [Refereed]  [Invited]

  • Complex interpolation of -spaces

    Denny Ivanal Hakim, Shohei Nakamura, Yoshihiro Sawano, Takuya Sobukawa

    Complex Variables and Elliptic Equations   63 ( 4 ) 569 - 590  2018.04  [Refereed]

     View Summary

    The upper and lower complex interpolation of Bu W(Lp)-spaces and Bu W(Mp q)-spaces are considered. When u0, u1 and u are finite, we prove that [Bu0 w0(Lp0), Bu1 w1(Lp1)]θ = [Bu0 w0(Lp0), Bu1 W1(Lp1)]θ = Bu W(Lp). Otherwise, the space [Bu0 w0(Lp0), Bu1 w1(Lp1)]θ is a closed subspace of Bu W(Lp). We also establish interpolation results of certain closed subspaces of Bu W(Lp)-spaces and Bu W(Mp q)-spaces, which are the closure of linear subspaces satisfying the lattice condition.

    DOI

  • B-w(u)-function Spaces and Their Interpolation

    Eiichi Nakai, Takuya Sobukawa

    TOKYO JOURNAL OF MATHEMATICS   39 ( 2 ) 483 - 516  2016.12  [Refereed]

     View Summary

    We introduce B-w(u)-function spaces which unify Lebesgue, Morrey-Campanato, Lipschitz, B-P, CMO, local Morrey-type spaces, etc., and investigate the interpolation property of B-w(u)-function spaces. We also apply it to the boundedness of linear and sublinear operators, for example, the Hardy-Littlewood maximal and fractional maximal operators, singular and fractional integral operators with rough kernel, the Littlewood-Paley operator, Marcinkiewicz operator, and so on.

  • 数の概念の捉え方について

    平井安久, 青山陽一, 曽布川 拓也

    京都大学数理解析研究所講究録   1828   86 - 100  2013.03

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 岩波 数学事典

    岩波書店  2007

  • 基本 線形代数

    サイエンス社  2005

  • 基本 微分方程式

    サイエンス社  2004

  • プロフェッショナル英和辞典 スペッド テラ 物質・工学編

    小学館  2004

  • 演習と応用 微分方程式

    サイエンス社  2000

Misc 【 display / non-display

  • eラーニングとファシリテータを活用した個人指導の徹底

    曽布川 拓也

    私立大学情報教育協会 数学教育におけるアクティブラーニングの事例研究    2014.09  [Invited]

    Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)  

  • 算数・数学教育と ICT の不適合性 ―異端者の考え―

    曽布川 拓也

    『コンピュータ&エデュケーション』Vol.33   33   22 - 27  2012.12  [Refereed]  [Invited]

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    DOI

  • 「数学、嫌い」でいいのか

    曽布川 拓也

    「発達」   129   58 - 65  2012.01  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

Research Projects 【 display / non-display

  • 作用素の補間・補外理論

  • Interpolation and Extrapolation theory of operators

Presentations 【 display / non-display

  • Interpolation and extrapolation theory on Morrey spaces

    SOBUKAWA Takuya  [Invited]

    “Harmonic Analysis and the Navier-Stokes Equations” 

    Presentation date: 2018.09

  • Complex interpolation theorem on B^u_w spaces

    SOBUKAWA Takuya  [Invited]

    RUDN University, Moscow 

    Presentation date: 2017.11

  • Complex interpolation theorem on B^u_w spaces

    SOBUKAWA Takuya  [Invited]

    International conference "Operators in Morrey-type Spaces and Applications" 

    Presentation date: 2017.07

  • Complex interpolation theorem on B^u_w spaces

    SOBUKAWA Takuya

    Harmonic analysis and its applications in Beijing 2016 

    Presentation date: 2016.10

  • B^u_w function spaces and their interpolation

    SOBUKAWA Takuya  [Invited]

    Harmonic analysis and its application 2015 in Tokyo 

    Presentation date: 2015.11

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 英語教育における数学教材のあり方について

    2020  

     View Summary

    今年度はコロナ禍の関係で授業形態がオンラインになったことから、それを逆手にとって授業において複数のオンライン翻訳システムの比較検討を行った。自動翻訳システムは文章の意味を理解しているわけではないということは必ずしも知られているわけではない。人文学・社会科学の分野においてはそうした自動翻訳システムの性能を高く評価する意見も聞くが、数学的な文章を機械翻訳のシステムに入れても、その内容が伝わるような訳文を得られるケースが余り多くなかった。このことを通じて、数学教材は語学を学ぶ大きな意義-文章の持つ意味を知り、またそれを伝えること-を学習者に実感させることができることが明らかになった。

  • 英語教材としての数学テキストの研究

    2019  

     View Summary

    数学を題材にした英語学習のための教材はインターネット上にいくつも見られる。しかしそれらは1)単に数学の色々なトピックごとの講義動画を挙げているもの2)大学教育にふさわしいレベルとは言えないもの 3)英語教育に資するとは思えないもの が大半であった。単に数学のトピックを解説するだけでは語学としては興味を持ちにくい。逆に内容として易しすぎるものは数多くあったが、ヒアリング教材として使えそうなものは少ない。ネット上の教材のほか書籍についても検討したが、なかなか良いものには巡り会っていない。

  • 英語教材としての数学のあり方について

    2018  

     View Summary

    英語を話すことが得意でない授業者が英語で数学の授業を提供できるようにするために,Powerpoint のアニメーション機能にフリーの英語読み上げソフトによる音声ファイルを作成して張り込むことで、講義動画を作成した。(約40分×7回×2科目)その際に数学として留意することは、簡単な作図や計算を学習者にたくさん行わせて感覚的に理解させることであり、それを通じて英語の構文や論理構成などになれることが効果を上げることが明らかになった。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • ロジカルシンキング入門

    早稲田大学  

    2014.04
    -
    Now
     

  • 英語と数学の読み方

    早稲田大学  

    2014.04
    -
    Now
     

  • 線形代数

    早稲田大学政治経済学部  

    2015.04
    -
    Now
     

  • 数理と社会

    早稲田大学  

    2014.04
    -
    Now
     

  • ルベーグ積分論

    岡山大学教育学部, 早稲田大学教育学部  

    1996
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2010
    -
    2012

    日本数学会  評議員(実函数論分科会選出)

  • 2009
    -
     

    アメリカ数学会(America Mathematical Society)  Reviewer

  • 2009
    -
     

    日本数学会  年会 実函数論分科会 座長

  • 1994
    -
     

    アメリカ数学会(America Mathematical Society)  交換会員

  • 1988
    -
     

    日本数学会  会員