酒井 智宏 (サカイ トモヒロ)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

ホームページ

http://www.tomohirosakai.com/

プロフィール

Academia.edu: https://waseda.academia.edu/TomohiroSakai

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年11月
    -
    2004年01月

    フランス・パリ第8大学博士課程   言語学専攻  

  • 2001年10月
    -
    2002年10月

    フランス・パリ第8大学DEA(博士準備)課程   言語学専攻  

  • 1999年04月
    -
    2003年10月

    東京大学大学院博士課程   総合文化研究科   言語情報科学専攻  

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京大学大学院修士課程   総合文化研究科   言語情報科学専攻  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学   文学部   文学科英米文学専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2004年01月   パリ第8大学   2004年1月26日: Docteur en Sciences du Langage [PARVIII 4585257]

  • 2003年10月   東京大学   2003年10月23日: 博士(学術)[博総合第451号]

  • 2002年10月   パリ第8大学   2002年10月16日: D.E.A. (言語学)

  • 1999年03月   東京大学   1999年3月: 修士 (学術)

  • 1997年03月   慶應義塾大学   1997年3月: 学士 (文学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年11月
    -
    継続中

    放送大学   客員教授

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   教授

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学文学学術院准教授   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    跡見学園女子大学文学部人文学科助教   Faculty of Letters, Department of Humanities

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    東京大学大学院総合文化研究科学術研究員   Graduate School of Arts and Sciences

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本語用論学会

  •  
     
     

    日本フランス語学会

  •  
     
     

    日本言語学会

  •  
     
     

    日本フランス語フランス文学会

  •  
     
     

    日本認知言語学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 認知言語学

  • 言語哲学

  • 語用論

  • 言語学

  • 意味論

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • On Japanese generic names: are they part of the language?

    SAKAI, Tomohiro

    Namn i skrift. Names in Writing. Handlingar från NORNAs 48:e symposium i Göteborg den 29–30 november 2018 (Meijerbergs institut för svensk etymologisk forskning Göteborgs universitet)     307 - 324  2020年12月  [査読有り]

  • To Commit, Not to Commit, or to Commit to Not Committing: Review Article of Nayuta MIKI (2019) Psychological and Public Aspects of Speaker Meaning: Toward a Philosophy of Communication, Tokyo: Keisoshobo, 285pp, in Japanese.

    SAKAI, Tomohiro, KINOSHITA, Soichiro

    Tokyo University Linguistic Papers (TULIP)   ( 42 ) 195 - 222  2020年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Between Performatives and Constatives: Construal in Speech Acts

    SAKAI, Tomohiro

    Tokyo University Linguistic Papers (TULIP)   ( 41 ) 259 - 277  2019年09月  [査読有り]

  • Singular Thought in Non-Singular Propositions: A Cognitive Linguistic Perspective

    SAKAI, Tomohiro

    Tokyo University Linguistic Papers (TULIP)   ( 40 ) 211 - 227  2018年09月  [査読有り]

  • On Frege's Sinn and Langacker's Construal: A Preliminary Survey of Their Compatibility

    SAKAI, Tomohiro

    Tokyo University Linguistic Papers (TULIP)   ( 38 ) 247 - 270  2017年09月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 英文法用語事典

    畠山雄二( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第3章「名詞・代名詞」の全部(pp. 91-138))

    朝倉書店  2019年09月

  • 理論言語学史

    畠山雄二( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第III部「認知言語学」の全部(pp.115-165))

    開拓社  2017年09月

  • 最新理論言語学用語事典

    畠山雄二( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第8章「言語哲学」の全部(pp.295-335))

    朝倉書店  2017年08月

  • トートロジーの意味を構築する―「意味」のない日常言語の意味論―

    くろしお出版  2012年12月 ISBN: 9784874245651

     概要を見る

    初版第二刷発行2016年4月

  • フランス語学小事典

    駿河台出版社  2011年04月 ISBN: 9784411021267

その他 【 表示 / 非表示

  • 辻幸夫 (編集主幹)/楠見孝 ・菅井三実 ・野村益寛 ・堀江薫 ・吉村公宏 (編)『認知言語学大事典』(朝倉書店)

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    コラム「トートロジーと言語理解」「言語と論理: 認知言語学的視点から」「意味論と語用論の狭間」を執筆

  • 斎藤純男・田口喜久・西村義樹(編)『明解言語学辞典』(三省堂)

    2015年08月
     
     

     概要を見る

    「固有名詞」「トートロジー」の項を執筆

  • Truth-Conditional Pragmatics By François Recanati, Oxford University Press, Oxford, 2010, vii+324pp.

    2014年06月
     
     

     概要を見る

    [Review] English Linguistics 31: 1 (2014) 365–375

  • 失われた固有名詞を求めてーフレーゲからルソーまでー

    2013年10月
     
     

     概要を見る

    『ふらんす』(白水社) 2013年10月号~2014年3月号連載

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 認知言語学における「捉え方」概念と言語哲学における「意義」概念の統合に関する研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    酒井 智宏

    担当区分: 研究代表者

  • 意味排除主義に基づく固有名と単称性に関する研究

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

    酒井 智宏

    担当区分: 研究代表者

  • 意味排除主義と自然言語の規範性に関する研究

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    酒井 智宏

    担当区分: 研究代表者

  • 条件節・譲歩節とトートロジーの解釈スキーマ

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2009年03月
     

    酒井 智宏

    担当区分: 研究代表者

  • 認知マッピングとトートロジー

    研究期間:

    2005年04月
    -
    2006年03月
     

    酒井 智宏

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 叙述の非言語学

    酒井 智宏  [招待有り]

    基礎言語学研究会設立シンポジウム「言語(研究)の基礎」  

    発表年月: 2021年03月

  • Toward an Internalist Construal of Semantic Externalism

    SAKAI Tomohiro

    Catégorisation claire vs approximative: À la recherche d'indices de différentiation  

    発表年月: 2019年10月

  • On Japanese Generic Names: Are They Part of the Language?

    SAKAI Tomohiro

    Namn i skrift/Names in Writing, Gothenburg University (Göteborgs Universitet), Gothenburg, Sweden  

    発表年月: 2018年11月

  • 認知言語学(中上級): メンタル・スペースとその周辺

    酒井 智宏  [招待有り]

    日本言語学会2018年度夏期講座講座  

    発表年月: 2018年08月

  • Ontological Change Caused by Negation: The Case of Identity Statements

    SAKAI Tomohiro

    The Pragmatics of Negation - Aspects of Communication, Stockholm University, Stockholm, Sweden  

    発表年月: 2017年06月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 認知言語学における内在主義的意味観と言語哲学における外在主義的意味観の統合

    2017年  

     概要を見る

    WhereasFrege’s impact on modern semantics (and pragmatics) is uncontroversial, it isgenerally assumed that the scope of the Fregean framework is confined to formalsemantics (and pragmatics) as opposed to cognitive semantics, or more broadly,cognitive linguistics. This research explored to what extent Frege’s notion ofsense/thought (Sinn/Gedanke) is compatible with Langacker’s notion ofconstrual. As regards singular terms like “themorning star” / “the evening star”, the compatibility of the two models isindisputable; the sense/construal of a singular term corresponds to aparticular way of thinking or viewing its reference. Even though Frege’s positionon predicates like “horse” / “steed” is not so straightforward, his model canbe construed in such a way as to be no lessfine-grained than Langacker’s. The parallel between sense and construal finallycollapses when grammatical constructions appear on the scene.Although he detects differing meaning in pairs of truth-conditionallyequivalent sentences, Frege relegates it to the realm of the tone, a realmwhich belongs to “what is beautiful in language” or “poetic eloquence”. If,despite Frege’s notorious dichotomy between science/logic and fiction/poetry,the integration of the tone with the sense is feasible, then Frege may count asone of the founders, albeit a marginal one, of cognitive linguistics, in thathe explicitly provided, more than one century ago, detailed descriptions ofthose aspects of meaning that cognitivists are pursuing today.  

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 必修基礎演習10

    早稲田大学、2021  

    2021年04月
    -
    2021年09月
     

  • 修士課程研究指導

    放送大学  

    2020年11月
    -
    継続中
     

  • フランス語学講義1・2

    早稲田大学大学院文学研究科、2019-  

    2019年04月
    -
    継続中
     

  • 言語学概論

    青山学院大学、2019-2020  

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

  • フランス語学特講3

    青山学院大学、2019-2020  

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    公益財団法人 ラボ国際交流センター 東京言語研究所  運営委員

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    日本フランス語学会  事務局委員

  • 2011年05月
    -
    2015年05月

    日本フランス語フランス文学会  渉外委員

  • 2009年05月
    -
    継続中

    日本フランス語学会  編集委員