小峯 秀雄 (コミネ ヒデオ)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/hkomine/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    早稲田大学大学院   理工学研究科   建設工学専攻  

  •  
    -
    1985年

    早稲田大学   理工学部   土木工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月   早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
     

    早稲田大学 理工学術院 創造理工学部 社会環境工学科(現在)

  • 2006年05月
    -
    2014年03月

    茨城大学 地球変動適応科学研究機関(ICAS)兼務教員

  • 2001年04月
    -
    2014年03月

    茨城大学 工学部 都市システム工学科

  • 1987年04月
    -
    2001年03月

    財団法人電力中央研究所

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    応用地質学会

  •  
     
     

    日本原子力学会

  •  
     
     

    日本粘土学会

  •  
     
     

    土木学会

  •  
     
     

    地盤工学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エネルギー土木工学

  • 防災地盤工学

  • 環境地盤工学

論文 【 表示 / 非表示

  • 土の可能性を感じられる技術者の育成

    小峯秀雄

    土木学会誌   106 ( 11 )  2021年11月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Experimental study to elucidate cementation effect on swelling pressure and montmorillonite basal spacing of bentonite ore

    Daichi Ito, Hideo Komine

    Proceedings of the 20th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Sydney 2021    2021年08月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 医学との比較に基づく土木の未来

    小峯秀雄

    電力土木   ( 413 ) 1 - 6  2021年05月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Cation Filtration of Montmorillonite on Hydraulic Conductivities of Some Bentonites in Artificial Seawater

    Hideo Komine

    Journal of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering   147 ( 5 ) 06021002 - 06021002  2021年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • 不飽和ベントナイトの水分移動特性に及ぼす温度履歴の影響評価

    白河部匠, 王海龍, 後藤茂, 山本修一, 小峯秀雄

    土木学会論文集C(地圏工学)   77 ( 2 ) 103 - 117  2021年04月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 震災後に考える 東日本大震災と向きあう92の分析と提言 14原子力発電所事故に起因する地盤汚染の技術的対策と社会的受容性

    小峯秀雄

    早稲田大学出版部  2015年03月 ISBN: 9784657150035

  • ポスト震災社会とサステイナビリティ学ー地域と大学の新たな協働をめざして

    小峯秀雄, 木村競, 横木裕宗

    国際文献社  2014年03月

  • サステイナビリティ学をつくる(サステイナブルな仲間を作ろう,p. vii-ix, 第III部7章エミッションコントロールと対応策,pp. 97-107.)

    小峯秀雄

    新曜社  2008年06月 ISBN: 9784788511101

  • 地盤環境工学ハンドブック(3.地盤の基礎知識3.4地盤中の流れと物質移動を執筆)

    小峯秀雄

    朝倉書店  2007年09月 ISBN: 9784254261523

  • 岩の試験・調査方法の基準・解説書(平成18年度版)(岩のスレーキング試験法を執筆担当)

    社団法人地盤工学会

    社団法人地盤工学会  2006年07月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Monitoring System for Slope Stability under Rainfall by using MEMS Acceleration Sensor IC tags

    S. Murakami, A. Dairaku, H. Komine, N. Sakai, T. Isizawa, O. Saito, I. Maruyama

    4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENERGY AND ENVIRONMENT 2013 (ICEE 2013)   16  2013年

     概要を見る

    Real-time warning system for slope failure under rainfall is available to disaster prevention and mitigation. Monitoring of multi-point and wireless measurements is effective because it is difficult to conclude the most dangerous part in a slope. The purpose of this study is to propose a method of monitoring system with multi-point and wireless measurements for a slope stability using MEMS acceleration sensor IC tags. MEMS acceleration sensor IC tag is an acceleration sensor microminiaturized by a technology of Micro Electro Mechanical Systems on board IC tag. Especially, low cost of the sensor will yield to the realization of the system. In order to investigate the applicability of the proposed system, a large-scale model test of artificial slope subjected to rainfall has been performed. MEMS acceleration sensor IC tags has been located on the slope and ground acceleration caused by forced vibration has been measured until the model slope collapses. The experimental results show that the MEMS acceleration sensor IC tag is comfortably available under rainfall, the characteristics of ground accelerations varies with changing the condition of the slope subjected to rainfall, and the proposed method can be applied to a real-time monitoring system for slope failure under rainfall.

    DOI

  • Simplified prediction of changes in shear strength in geotechnical use of drinking water sludge

    Watanabe, Y, Komine, H

    Proceedings of the 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Paris 2013, 2013.09.    2013年

  • Thermal influences on swelling-pressure and swelling-deformation of bentonites and investigation on its factors

    Komine, H

    Proceedings of the 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Paris 2013, 2013.09.    2013年

  • Monitoring System for Slope Stability under Rainfall by using MEMS Acceleration Sensor IC tags

    S. Murakami, A. Dairaku, H. Komine, N. Sakai, T. Isizawa, O. Saito, I. Maruyama

    4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENERGY AND ENVIRONMENT 2013 (ICEE 2013)   16  2013年

     概要を見る

    Real-time warning system for slope failure under rainfall is available to disaster prevention and mitigation. Monitoring of multi-point and wireless measurements is effective because it is difficult to conclude the most dangerous part in a slope. The purpose of this study is to propose a method of monitoring system with multi-point and wireless measurements for a slope stability using MEMS acceleration sensor IC tags. MEMS acceleration sensor IC tag is an acceleration sensor microminiaturized by a technology of Micro Electro Mechanical Systems on board IC tag. Especially, low cost of the sensor will yield to the realization of the system. In order to investigate the applicability of the proposed system, a large-scale model test of artificial slope subjected to rainfall has been performed. MEMS acceleration sensor IC tags has been located on the slope and ground acceleration caused by forced vibration has been measured until the model slope collapses. The experimental results show that the MEMS acceleration sensor IC tag is comfortably available under rainfall, the characteristics of ground accelerations varies with changing the condition of the slope subjected to rainfall, and the proposed method can be applied to a real-time monitoring system for slope failure under rainfall.

    DOI

  • Simplified prediction of changes in shear strength in geotechnical use of drinking water sludge

    Watanabe, Y, Komine, H

    Proceedings of the 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Paris 2013, 2013.09.    2013年

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 地下空洞対策薬液注入に関する研究

    2011年04月
    -
    2012年03月

  • 放射性廃棄物処分に伴う岩盤およびベントナイトの挙動に関する研究

    2003年
    -
     

  • 緩衝材の自己シール性試験

  • 放射性廃棄物地下処分施設における環境負荷低減型の新しいバッファ材の開発

  • 石炭灰の洗浄によるホウ素除去の可能性検討

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度「地盤工学会誌」年間最優秀賞

    2020年06月   (公社)地盤工学会   福島第一原子力発電所の廃止措置に貢献する地盤工学」/2019年10月号掲載(総説)」  

    受賞者: 小峯秀雄

  • 平成29年度(公社)地盤工学会・論文賞(和文部門)

    2018年06月   (公社)地盤工学会   道路維持管理に伴い発生する放射性物質含有土への土壌洗浄工法の適用性評価  

    受賞者: 高畑修, 熊田正次郎, 安藤淳也, 宮口新治, 石山宏二, 保高徹生, 小峯秀雄

  • 平成28年度土木学会環境賞

    2017年06月   土木学会  

    受賞者: 福島県, 応用地質, 西松建設, 佐藤工業, 産業総合研究所

  • 平成27年度「地盤工学会誌」年間優秀賞

    2016年06月   公益社団法人 地盤工学会   「放射性廃棄物処分に対する地盤工学の役割」/平成27 年6 月号掲載(総説)  

  • 平成26年度地盤工学会・地盤環境賞

    2015年06月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ICT⼟⽊技術に適⽤できる画像解析や 加速度応答による締固め⼟⼯に関する 簡略化についての技術研究開発

    競争的資金

    研究期間:

    2020年11月
    -
    2023年03月
     

    王海龍,伊藤大知

    担当区分: 研究代表者

  • 地層処分孔内におけるベントナイト系緩衝材の境界条件模擬試験と自己シール性評価

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本年度は,前年度までの成果を組み合わせて,隙間を設けて処分孔内における緩衝材の境界条件を模擬した実験概念を具体化した装置を構築し,緩衝材の自己シール性を定量評価できる手法の構築を試みた.具体的には,膨潤特性試験装置を援用し,キャップと緩衝材供試体部分との間に所定の隙間を設定した一次元の自己シール試験を実施した.供試体には,締固めたベントナイトと超長期の時間経過を経た緩衝材を模擬したベントナイト原鉱石を用い,自己シール性の定量評価とともに,超長期時間経過が自己シール性に及ぼす影響を定量評価した.さらに,処分孔壁と緩衝材の接触部分を模した試験装置を試作し,その接触部に通水し,緩衝材の発生圧力と通水量の変化に関する相関性を定量的に測定することにより,緩衝材の自己シール性の定量評価を試みた.上記の数々の試験では,ベントナイトの種類(モンモリロナイト含有率と乾燥密度の観点から評価)を数種類用い,かつ,乾燥密度を変動させて実験を行うことにより,自己シール性の発揮に及ぼすベントナイトの種類と乾燥密度の影響を調べた.また,試行的な実験として,ベントナイト粒子に対して,隙間部に砂を充填した時の濾過による自己シール性の向上の可能性を調べるためのカラム試験の予備的検討も行い,その試験方法の有効性・可能性を確認した.さらに,その実験手順と実験方法を起点に,次年度に実施する濾過による自己シール性評価のための実験計画と研究方針を考案した.当初の計画通りに進捗している.また,新たな方向性の実験方法の試案も出ていることから,おおむね順調に進展していると判断した.今後は,膨潤変形装置を用いて,自己シール性の評価において極めて重要である膨潤変形特性の調査と,膨潤特性試験装置を援用して,緩衝材供試体部分とピストンとの間や側面との間に隙間を設置した一次元の自己シール性実験を行う.膨潤変形特性において,供試体には締固めたベントナイトと,超長期的な年代効果を受けた緩衝材を模擬した,地質年代の異なる数種類のベントナイト原鉱石を用いることにより,超長期的な時間経過が自己シール性に及ぼす影響を定量的に評価する.締固めたベントナイトについては数種類の交換性陽イオンや最大粒径の異なる粒状体ベントナイトと粉体状ベントナイト,配合率が異なる砂・ベントナイト混合土を用い,緩衝材供試体内の水やイオンの移動を合わせて調査する.具体的には膨潤変形実験後の緩衝材供試体を複数にスライスし,含水比測定やCECを用いた交換性陽イオンの測定を行う.自己シール性実験において,地下水の侵入方向による緩衝材の自己シール性への影響を調査するため,緩衝材供試体に対し上下端面,側面から3通りで通水し,装置上部のロードセルおよび側面の土圧計により圧力を測定する.また,室内実験における緩衝材供試体と処分孔における緩衝材の大きさの違いによる影響を考慮するため,スケールが異なる緩衝材供試体を用いて自己シール性実験を行う

  • 社会啓発と科学コミュニケーター育成を念頭に置いた「地層処分事業」への知的興味を向上させる教育プログラムの研究

    競争的資金

    研究期間:

    2020年06月
    -
    2021年10月
     

    王海龍,伊藤大知,龍原毅

    担当区分: 研究代表者

  • 福島第一原子力発電所構内環境評価・デブリ取出しから廃炉までを想定した地盤工学的新技術開発と人材育成プログラム

    研究期間:

    2015年10月
    -
    2020年03月
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Lavoratory test for Characterizing Permeability and Meachanical Properties of Bentotie-sand Mixture and Small Scale Vemonstrotion of Construction Fechnigne

    Ogata, N, Komine, H

    1991 Joint International Waste Management Conference  

  • Permeability and mechanical properties of bentonite-sand mixture for sealing LLW repositories

    Komine, H, Ogata, N. Horie, Y, Ishii, T, Nishio, S

    Trans. 11th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology, Vol. SD1 pp. 271-276  

  • Swelling characteristics of compacted bentonite

    Komine, H, Ogata, N

    Proceedings of 7th International Conference on Expansive Soils, pp. 216-221  

  • Estimation of chemical grouted void filling by electrical resistivity

    Komine, H

    Grouting, Soil Improvement and Geosynthetics, Proceedings, GT Div/ASCE, pp.25-28.  

  • Permeability changes of bentonite-sand mixture before and after swelling,

    Ogata, N, Komine, H

    Trans. 12th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology, Vol. M pp. 357-362.  

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 地域密着型カーボンキャプチャーのための都市副産物・新素材のCO2固定化性能調査

    2020年   王海龍, 伊藤大知

     概要を見る

    本研究では,申請者が提唱する地域密着型カーボンキャプチャー構想の実現のため,各種素材のCO2固定化データの取得を行い,設計で使用できるデータベースのプロトタイプを構築した.地域密着型カーボンキャプチャー構想とは,各地域で発生する都市副産物や新素材のCO2固定を活用し,SDGs「11:住み続けられるまちづくりを」と「13:気候変動に具体的な対策を」に貢献するプロジェクトである.具体的には,遊離Caを含む石炭灰や製鋼スラグ等の都市副産物やCO2固定に優れた新素材(鹿島建設との共同研究)を選定し,各素材の CO2固定化能力をバッチ式試験とCO2固定化量を定量測定できるカラム型試験を行い,各素材のCO2固定化効率データベースの構築を行った.さらに各素材のX線回折,電子顕微鏡よる観察および炭酸塩含有量試験等の化学分析を行い,遊離Ca による各素材のCO2固定化メカニズムを推察した.

  • 感染性蛋白粒子等の微小物質の吸着・濾過機能を持つベントナイト系遮水材の仕様設計

    2019年  

     概要を見る

     狂牛病や鳥インフルエンザなどウィルス性疾患が発生した場合,その根源と考えられる疾患した動物の死骸や卵等は,焼却され管理型廃棄物処分場に処分される.処分場のベントナイト系遮水材の要求性能は水分子の移動抑制のみであり,疾病の源である感染性蛋白粒子(プリオン)等の移動については検討していない状況である.そこで本研究では,申請者が提案したベントナイトの膨潤特性理論評価式や透水係数理論評価式を活用して,その主要粘土鉱物のモンモリロナイトの結晶層間距離の理論値を計算し,文献等で報告されている一般的な感染性蛋白粒子の幾何学的形状に対して濾過による抑制の有無を推論し,濾過機能を発揮する遮水材仕様を提示した.

  • 福島第一原子力発電所の廃止措置に向けた放射線遮蔽性能を有する超重泥水の開発

    2018年   後藤茂, 王海龍, 渡邊保貴, 吉川絵麻, 宮路将人, 氏家伸介

     概要を見る

    福島第一原子力発電所からの燃料デブリ取出し補助のためのガンマ線と中性子線両方の遮蔽性能を有する「超重泥水」の仕様設計に資するため、各材料の仕様に応じて取得した放射線遮蔽データを取得すると共に、データベース化を進めた.さらに各材料仕様に応じた施工性を評価するため,超重泥水の充填施工性評価実験装置と液圧測定のできるタクタイルセンサシステムを用いて超重泥水の充填施工性と安定性を定量評価した.その結果,福島第一原子力発電所のサプレッションチェンバ部の漏水を有効に遮水できる性能を持つ配合の超重泥水の試作などを実施した.

  • ベントナイト系緩衝材の長期経年変化に関するナチュラルアナログ的実験研究

    2018年   王海龍, 伊藤大知, 白河部匠, 市川雄太

     概要を見る

    高レベル放射性廃棄物地層処分では,ベントナイト系緩衝材の長期変質の工学的評価が求められる.著者らは緩衝材が長期的な膠結作用に伴い固結すると考え,ベントナイト原鉱石をナチュラルアナログとして,膨潤による隙間充填性(自己シール性)の年代変化を研究対象としている.本研究では,地質年代の異なる日本産,アメリカ産,中国産のNa型ベントナイト原鉱石を用いて,固結を保持した不攪乱供試体と除去した再構成供試体を作製し,供試体上部に所定の隙間を設けた時の一次元自己シール性を調査した.その結果いずれの原鉱石においても,不攪乱供試体の隙間充填後の発生圧力は再構成供試体の1/2以下に低下したものの,隙間充填性は失われない結果が得られた.

  • 地層処分を想定した温度履歴を受けたベントナイト系緩衝材の水分移動特性の実験的評価

    2017年   伊藤大知, 白河部匠

     概要を見る

    高レベル放射性廃棄物の地層処分における緩衝材の膨潤特性に及ぼす崩壊熱の影響を調査することを目的に,基本的性質の異なる4種類のベントナイトに対し,加熱温度60~130℃,加熱期間28日,120日および365日間の条件で温度履歴を与え,膨潤圧実験と鉛直圧1000kPaおよび500kPa下での膨潤変形実験を行い,温度履歴の影響を実験的に調査した.また,供試体周辺の水溶液の水質分析,メチレンブルー吸着量試験およびX線回折分析を行い,膨潤圧・膨潤変形特性への温度履歴の影響メカニズムについて考察し,ベントナイト中のモンモリロナイトの膨潤挙動への温度履歴の影響に関するメカニズムを模式的に表示した.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
     

    地盤工学会関東支部  副支部長

  • 2020年04月
    -
    継続中

    一般財団法人 日本原子力文化財団  厚生労働省委託厚労省被ばく低減専門家委員会

  • 2015年10月
    -
    2020年10月

    Japan Society of Geotechinical Engineering  Chair

  • 2015年10月
    -
    2020年10月

    地盤工学会・福島第一原子力発電所廃止措置に向けた地盤工学的新技術と人材育成に関する検討委員会  座長

  • 2014年04月
    -
    2020年03月

    東海村「原子力安全対策懇談会」  委員

全件表示 >>