平山 邦明 (ヒラヤマ クニアキ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2011年

    早稲田大学   大学院スポーツ科学研究科  

  • 2002年
    -
    2006年

    早稲田大学   人間科学部   スポーツ科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(スポーツ科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   准教授

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   准教授(任期付)

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   講師(任期付)

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター   スポーツ科学研究部   契約研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本臨床スポーツ医学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

  •  
     
     

    日本トレーニング科学会

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

  •  
     
     

    日本体育学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アスレティックパフォーマンス

  • ストレングス&コンディショニング

  • トレーニング科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of the Power Output Between the Hang Power Clean and Hang High Pull Across a Wide Range of Loads in Weightlifters

    Seiichiro Takei, Kuniaki Hirayama, Junichi Okada

    Journal of Strength and Conditioning Research   35 ( 1 ) S84 - S88  2021年02月  [査読有り]  [国際誌]

    DOI PubMed

  • Is the Optimal Load for Maximal Power Output During Hang Power Cleans Submaximal?

    Seiichiro Takei, Kuniaki Hirayama, Junichi Okada

    International Journal of Sports Physiology and Performance   15 ( 1 ) 18 - 24  2020年01月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Purpose: The optimal load for maximal power output during hang power cleans (HPCs) from a mechanical perspective is the 1-repetition-maximum (1RM) load: however, previous research has reported otherwise. The present study thus aimed to investigate the underlying factors that determine optimal load during HPCs. Methods: Eight competitive Olympic weight lifters performed HPCs at 40%, 60%, 70%, 80%, 90%, 95%, and 100% of their 1RM while the ground-reaction force and bar/body kinematics were simultaneously recorded. The success criterion during HPC was set above parallel squat at the receiving position. Results: Both peak power and relative peak power were maximized at 80% 1RM (3975.7 [439.1] W, 50.4 [6.6] W/kg, respectively). Peak force, force at peak power, and relative values tended to increase with heavier loads (P < .001), while peak system velocity and system velocity at peak power decreased significantly above 80% 1RM (P= .005 and .011, respectively). There were also significant decreases in peak bar velocity (P < .001) and bar displacement (P < .001) toward heavier loads. There was a strong positive correlation between peak bar velocity and bar displacement in 7 of 8 subjects (r> .90, P < .01). The knee joint angle at the receiving position fell below the quarter-squat position above 70% 1RM. Conclusions: Submaximal loads were indeed optimal for maximal power output for HPC when the success criterion was set above the parallel-squat position. However, when the success criterion was defined as the quarter-squat position, the optimal load became the 1RM load.

    DOI

  • Influence of Different Loads on Force-Time Characteristics during Back Squats

    Takafumi Kubo, Kuniaki Hirayama, Nobuhiro Nakamura, Mitsuru Higuchi

    Journal of Sports Science and Medicine   17 ( 4 ) 617 - 622  2018年11月  [査読有り]  [国際誌]

  • Transversus abdominis elasticity during various exercises: a shear wave ultrasound elastography study

    Kuniaki Hirayama, Ryota Akagi, Yuki Moniwa, Junichi Okada, Hideyuki Takahashi

    International Journal of Sports Physical Therapy   12 ( 4 ) 601 - 606  2017年08月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    PubMed

  • Plyometric training favors optimizing muscle–tendon behavior during depth jumping

    Kuniaki Hirayama, Soichiro Iwanuma, Naoki Ikeda, Ayumi, Yoshikawa, Ryoichi Ema, Yasuo Kawakami

    Frontiers in Physiology   8 ( 16 ) 1 - 9  2017年01月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    © 2017 Hirayama, Iwanuma, Ikeda, Yoshikawa, Ema and Kawakami.The purpose of the present study was to elucidate how plyometric training improves stretch-shortening cycle (SSC) exercise performance in terms of muscle strength, tendon stiffness, and muscle-tendon behavior during SSC exercise. Eleven men were assigned to a training group and ten to a control group. Subjects in the training group performed depth jumps (DJ) using only the ankle joint for 12 weeks. Before and after the period, we observed reaction forces at foot, muscle-tendon behavior of the gastrocnemius, and electromyographic activities of the triceps surae and tibialis anterior during DJ. Maximal static plantar flexion strength and Achilles tendon stiffness were also determined. In the training group, maximal strength remained unchanged while tendon stiffness increased. The force impulse of DJ increased, with a shorter contact time and larger reaction force over the latter half of braking and initial half of propulsion phases. In the latter half of braking phase, the average electromyographic activity (mEMG) increased in the triceps surae and decreased in tibialis anterior, while fascicle behavior of the gastrocnemius remained unchanged. In the initial half of propulsion, mEMG of triceps surae and shortening velocity of gastrocnemius fascicle decreased, while shortening velocity of the tendon increased. These results suggest that the following mechanisms play an important role in improving SSC exercise performance through plyometric training: (1) optimization of muscle-tendon behavior of the agonists, associated with alteration in the neuromuscular activity during SSC exercise and increase in tendon stiffness and (2) decrease in the neuromuscular activity of antagonists during a counter movement.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • NSCA高校生のための体力トレーニングマニュアル(第8章 測定と評価)

    平山邦明, NSCAジャパン編著, 福永哲夫監( 担当: 共著)

    ベースボールマガジン社  2018年12月 ISBN: 9784583111155

  • 早稲田アスリートプログラム 大学でスポーツをするということ(Section6 アスリートの生活管理, コンディショニング・トレーニングの実際)

    平山邦明, 早稲田大学競技スポーツセンター編( 担当: 共著)

    ブックウェイ  2016年05月 ISBN: 9784865840803

  • アスレティックケア―リハビリテーションとコンディショニング―(第2章コンディショニングの基礎知識)

    平山邦明, 広瀬統一( 担当: 共著)

    NAP  2016年05月 ISBN: 9784905168430

  • Sports Performance (Chapter 16 Jump Performance Enhancement Induced by Countermovement)

    Kuniaki Hirayama, Kanosue Kazuyuki, Nagami Tomoyuki, Tsuchiya Jun( 担当: 共著)

    Springer Japan  2015年08月

  • 競技種目特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング—リスクマネジメントに基づいたアプローチ(Ⅰ.総説2.種目特性のとらえ方①筋力・体力からみた競技特性)

    平山邦明, 福林徹, 小林寛和, 監修, 山本利春

    文光堂  2014年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 運動再開に向けて指導者が注意すべきこと(実践編)

    平山邦明, 金子香織, 松浦由生子

    コーチング・クリニック   34 ( 8 ) 43 - 45  2020年05月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • レジスタンストレーニングはケガのリスクマネジメントに有効か?

    平山邦明

    コーチング・クリニック   31 ( 313 ) 62 - 65  2016年12月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • レジスタンストレーニング

    平山邦明

    コーチング・クリニック   29 ( 6 ) 64 - 67  2015年05月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第27回日本トレーニング科学会大会実行委員会特別賞

    2014年11月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オリンピックリフティングは脚伸展動作の力-速度関係をどう変えるか?

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    平山 邦明

     概要を見る

    本研究では、スナッチやクリーン、さらにはそれらのプル系エクササイズに代表されるオリンピックリフティングが、脚伸展動作の力-速度関係にどのような影響を与えるか明らかにすることを目的としている。
    スクワットやバンドを付加したスクワットでは、オリンピックリフティングを行った際に期待されるトレーニング効果が得られないことが、本研究の前提にある。この前提について間違いがないか確認した。その結果、スクワットを素早く行うようにすればするほど筋に負荷がかかる相対的時間が減ることやバンドを付加してもこの問題を劇的に解決できないことがわかった。
    オリンピックリフティングではこういった問題が解決されることも確認した上で、最もパワーが発揮される負荷(至適負荷)が、最大挙上重量の何%にあたるか明らかにした。通常トレーニング現場や指導書などではクォータースクワット姿勢でバーベルをキャッチするように指導されているのに対し、ほとんどの先行研究ではキャッチ姿勢をパラレルスクワット姿勢を成功の基準としていた。多くの被験者は、負荷重量が軽い時はクォータースクワット姿勢でキャッチしていたものの、負荷重量が重くなるとともにキャッチ姿勢が低くなっていくことがわかった。先行研究では、最大挙上重量の60~80%が至適負荷とされていたが、これはキャッチ姿勢が低くなることをトレーニング現場や指導書よりも許容した場合の値であり、実際に現場で行われるクォーター姿勢でのキャッチを基準した場合は、最大挙上重量が至適負荷となることがわかった。これらの結果から、トレーニング指導現場でクォータースクワット姿勢でキャッチするという条件にもかかわらず、その60~80%に負荷を設定すると至適負荷でのトレーニングにならないことが判明した。
    これらの結果については、国際学会および国際誌にて発表した。

  • 超音波エラストグラフィ法による筋活動評価に基づく体幹深層筋群強化プログラムの構築

    若手研究(B)

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

    平山 邦明

     概要を見る

    本研究では、超音波エラストグラフィ法を用いて体幹深部筋の筋硬度を測定し筋活動を推定すること、さらに体幹深部筋の強化方法を構築することを目的とした。腹横筋の筋硬度を超音波エラストグラフィ法で定量する際の再現性については、中程度~高い信頼性があることが確認された。また、腹横筋の筋硬度はブレーシング時に特に高くなった。しかし、ブレーシングを用いた介入で運動パフォーマンスの向上は見られなかった。

  • プライオメトリックトレーニングによるパワー発揮能力向上のメカニズムの解明

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2015年03月
     

  • スプリント走の局面に応じたトレーニング方法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    平山 邦明

  • 筋肉痛の発生機序と部位特異性:筋肉痛を抑えながら筋力増強効果を高めるトレーニング

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

     概要を見る

    本研究は、2つの動作速度でカーフレイズ運動を行い、筋疲労の程度と遅発性筋肉痛(DOMS)および筋損傷マーカーの量の変化、筋の機能変化の関係ついて、運動前後および運動後7日間にわたって調査した。その結果、(1)筋疲労の程度は動作速度によって異なり、速い動作ほど疲労が少ないこと、(2)筋疲労の程度と遅発性筋肉痛・筋損傷マーカーの量が関係し、これには筋特異性が存在するが、筋疲労の程度によらず筋の機能は速やかに回復すること、(3)運動中の筋線維動態はこれらの変化と連動して変化する可能性があることが示された。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大胸筋の筋サイズとベンチプレス・スローパフォーマンスの関係

    赤木亮太、藤堂幸宏、平山邦明、小林雄志

    第9回JISSスポーツ科学会議  

  • Is the optimal load for maximal power output during hang power cleans indeed sub-maximal?

    Seiichiro Takei, Kuniaki Hirayama, Junichi Okada

    11th International Conference on Strength Training  

    発表年月: 2018年11月

  • ボート選手の腰部障害と身体特性

    関根千恵、平山邦明、金岡恒治

    第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2018年11月

  • プッシュアップ(Push-up)の運動強度の評価

    鈴木聡一郎、平山邦明、岡田純一

    第31回日本トレーニング科学会大会  

    発表年月: 2018年10月

  • プライオメトリックスの基礎理論

    平山邦明  [招待有り]

    ストレングス&コンディショニングカンファレンス2017   NSCAジャパン  

    発表年月: 2017年12月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 筋活動様式の異なる運動中の力の立ち上がり率

    2020年  

     概要を見る

     骨格筋の収縮様式が異なる状況下での力の立ち上がり率(Rate of ForceDevelopment: RFD)の大きさと関連性について検討することを目的に研究を行った。競技特性の異なる3種目の大学生アスリートに、スクワットジャンプ(短縮性収縮)とカウンタームーブメントジャンプ(伸張性収縮)を行ってもらい、それぞれのRFDを計測した。カウンタームーブメントジャンプにおけるRFDは、スクワットジャンプ中のそれよりも高いことが確認された。また、一方が高い被験者が他方も高いという関係はみられないようである。

  • ジャンプスクワット、クリーン、クリーンプルの力-速度特性

    2020年   武井誠一郎, 岡田純一

     概要を見る

    This study compared the force–velocity (F–V) characteristics between jump squat (JS) and weightlifting [clean (C) and high pull (HP)] to determine F‒V regions in the lower limb that are effectively targeted by weightlifting exercises. Eight weightlifters performed JS at 0%‒ 80% of their one-repetition maximum (1RM) for back squat, and C and HP at 30%‒90% and 30%‒100% of their 1RM for C, respectively. Averaged values of force and velocity at each relative load were plotted to determine the F–V characteristics of JS, C, and HP. Linear regression was applied to each subject’s JS F–V results to obtain individual F–V profiles. Regression equations were used to estimate JS force at a given velocity for each relative load of C and HP. C produced significantly lower force than JS at velocity values for loads of 30%‒50% and 80%‒90% 1RM, respectively. Also, HP produced a lower force at a velocity value for 30% 1RM with a moderate effect size and significantly lower force at velocity values for 80%‒100% 1RM than that produced by JS. C and HP produce comparable force with JS within certain velocity ranges, indicating that weightlifting targets a limited lower limb F–V profile portion.

  • ハングパワークリーンにおける最大パワー出現負荷とその要因

    2019年   武井誠一郎, 岡田純一

     概要を見る

    Purpose: The optimal load for maximal power output during hang power cleans (HPCs) from a mechanical perspective is the 1-repetition-maximum (1RM) load; however, previous research has reported otherwise. The present study thus aimed to investigate the underlying factors that determine optimal load during HPCs. Methods: Eight competitive Olympic weight lifters performed HPCs at 40%, 60%, 70%, 80%, 90%, 95%, and 100% of their 1RM while the ground-reaction force and bar/body kinematics were simultaneously recorded. The success criterion during HPC was set above parallel squat at the receiving position. Results: Both peak power and relative peak power were maximized at 80% 1RM (3975.7 [439.1] W, 50.4 [6.6] W/kg, respectively). Peak force, force at peak power, and relative values tended to increase with heavier loads (P &lt; .001), while peak system velocity and system velocity at peak power decreased significantly above 80% 1RM (P = .005 and .011, respectively). There were also significant decreases in peak bar velocity (P &lt; .001) and bar displacement (P &lt; .001) toward heavier loads. There was a strong positive correlation between peak bar velocity and bar displacement in 7 of 8 subjects (r &gt; .90, P &lt; .01). The knee joint angle at the receiving position fell below the quarter-squat position above 70% 1RM. Conclusions: Submaximal loads were indeed optimal for maximal power output for HPC when the success criterion was set above the parallel-squat position. However, when the success criterion was defined as the quarter-squat position, the optimal load became the 1RM load.

  • オリンピックリフティングで発揮されるパワー特性の解明

    2017年  

     概要を見る

     本研究では、バーベルを地面から浮かせた状態から加速させた後、クォータースクワット姿勢でキャッチするハングハイクリーンの特性を明らかにすることを目的とした。この目的を達成するため、1) ハングハイクリーンで最もパワーが発揮される負荷の検討、2) ハングハイクリーンとハングハイプルのパワー発揮特性の比較、3) ハングハイクリーンを開始する高さがパワー発揮に与える影響の検討を行った。 現在までに、1) および2) は8名の被験者について実験を行い、3) については5名について実験を行った。今後、被験者数を増やす共に、より詳細な分析を進め学会および論文にて発表する予定である。

  • 超音波エラストグラフィ法による筋活動評価に基づく体幹深層筋群強化プログラムの構築

    2015年  

     概要を見る

    体幹の深層に位置する腹横筋は、その解剖学的特性などから、脊柱のアライメントコントロールに寄与すると考えられている。我々は、これまでに腹横筋が特に活動すると思われるエクササイズを特定しており、そのエクササイズを用いて連続ホッピングのパフォーマンスがいかに変化するか検討した。その結果、予想に反してパフォーマンスに変化はみられなかった。現在は、その原因について検討している段階であり、結果がまとまり次第、発表を行う予定である。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    継続中

    日本ウエイトリフティング協会  スポーツ医科学委員会トレーナー部会部会員

  • 2015年
    -
    継続中

    NSCAジャパン  指導者育成委員会

  • 2011年
    -
    継続中

    日本ウエイトリフティング協会  スポーツ医科学委員会委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • レジスタンスエクササイズの指導法とその根拠

    NSCAジャパン  地域ディレクターセミナー【南関東】  (千葉県流山市) 

    2019年03月
    -
     

  • 2017 IWF Junior World Championships (Official Medical Team)

    International Weightlifting Federation  (Ota, Tokyo) 

    2017年06月
    -
     

  • 平成26年度第1回スポーツセミナー「スポーツにおけるコンディショニングとトレーニング」

    群馬県生活文化スポーツ部スポーツ振興センター 

    2014年07月
    -
     

  • 模擬講義「筋トレの科学」

    品川女子学院高等学校  (東京都品川区) 

    2014年10月
    -
     

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Review editor for Frontiers in Sports and Active Living

    査読等

    2019年10月
    -
    継続中
  • Review editor for Frontiers in Physiology

    査読等

    2019年10月
    -
    継続中
  • 第5回アスレティックトレーニング学会学術集会実行委員会総務担当委員

    学会・研究会等

    日本アスレティックトレーニング学会  

    2016年02月
    -