加藤 麻樹 (カトウ マキ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    早稲田大学   理工学研究科   機械工学  

  •  
    -
    1994年

    早稲田大学   Graduate School, Division of Science and Engineering  

  •  
    -
    1992年

    早稲田大学   人間科学部   人間健康科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

  • 早稲田大学   修士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   教授

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学   人間科学学術院   准教授

  • 2001年
    -
    2004年

    長野県短期大学 専任講師

  • 2004年
    -
     

    長野県短期大学 助教授(2007-准教授)

  • 1998年
    -
    2001年

    九州看護福祉大学 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本経営工学会

  •  
     
     

    日本人間工学会

  •  
     
     

    人類働態学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会システム工学   交通心理学

  • 実験心理学   認知心理学

  • 安全工学

  • 社会システム工学   人間工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 人間工学/経営工学/アクセシビリティ

  • Ergonomics

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of walking ability evaluation method with accelerometer and gyrometer

    Tasuku Ito, Hidetaka Nozawa, Shigeya Okada, Minoru Hatakeyama, Norihiko Shiratori, Akira Ichikawa, Macky Kato

    New Ergonomics Perspective - Selected Papers of the 10th Pan-Pacific Conference on Ergonomics     25 - 30  2015年

     概要を見る

    Fall accident is one of the problems in aged society. And Joint disease is also severe, especially in the field of rehabilitation. They are related to the walking ability. Thus, the evaluation and training of walking ability are important to prevent fall accidents. Conventionally, it needs long term of experiments to evaluate the walking ability by motion capture systems, force plates, and so on. In addition, the conventional methods spend costs expensively. The evaluation should be obtained easily in order to reduce the subjects’ burden. In this study, evaluation by the accelerometer and gyrometer was practiced in place of the conventional methods. Two 8ch acceleration and gyro sensors (RF10, MicroStone Corporation) were installed to a subject’s sacrum and vertebra to measure his spine stick picture motion during his walking. Power spectrum, movement track and RMS were used for comparison with measurements of motion capture system (Vicon). All the results have shown the validity and reliability of the simple measurement method. It was revealed that the stick picture motion has the possibility to be applied to the walking ability indicator.

    DOI

  • Analysis of sleep environment in Japanese young people

    Hiroshi Yasuoka, Shigeka Shioji, Takeshi Sato, Macky Kato, Shoji Igawa

    New Ergonomics Perspective - Selected Papers of the 10th Pan-Pacific Conference on Ergonomics     239 - 242  2015年

     概要を見る

    It is one of the most important to create an optimal sleep environment. People who lived irregular hours, i.e. shift workers, global communication tasks, typically obtain 1–2 hour less sleep than the generally accepted target of 8 hours per day. Shift work has become increasingly common in the modern globalized economy. Many work settings such as factory work, service industries, power plants, internet communication management, health care and emergency services require shift work that includes work at night. Furthermore, not only shift workers but also young smart phone device users often experience an extended period of acute sleep deprivation at the start of a new day. Most sleep deprivation studies using complex cognitive tasks require the participants to complete the tasks alone. It was effected human health care and learning performance in young people. The purpose of the current study was to investigate how sleep environment changes between high school student and university student. Jissen Womenn’s Uiversity Ethics Committee approved this survey. There were 831 students (male: 387, female: 444) participate in this study. It was 16 sleep questionnaire items on our web server, i.e.: depth of sleep, difficulties in waking up, quality and latency of sleep, negative affect in dreams, and sleep irregularity, etc. It was collected data during our course activity. There was no significant difference sleeping pattern in between high school and university student. Additionally it was on roughly the same level sleeping conditions of them. However it was a tendency toward to sleep deprivation onto nocturnal life. In the current report we present results of a prospective study that used objective measures to evaluate sleep, it was consequently sluggishness due to the chronic sleep deprivation, to become a late-night students.

    DOI

  • Analysis of virtual makeup sensory reactions between young men and women

    Takeshi Sato, Hirohi Yasuoka, Shigeka Shioji, Macky Kato

    New Ergonomics Perspective - Selected Papers of the 10th Pan-Pacific Conference on Ergonomics     361 - 365  2015年

     概要を見る

    It was well known to apply makeup to get well daily life for especially dementia person. Then it was very important to makeup, enjoying paint own face beautifully for all women. Recent years there were many opportunities to makeup conditions during recruiting occupational period in Japanese university students. They had a training session about makeup and arrangement of hairstyle to best suited to getting jobs. That’s the way that the purpose of this study was to investigate in difference between a man and a woman about virtual image of recruited makeup and hairstyle. There were over 82% student from preliminary survey (n = 145), to learn important events markup for recruiting. There were 22 students (men: 6, female: 16) participate in this experiments to evaluate the 16 image of virtual markup patterns. It was produced the virtual markup images from jKiwi (GPL, OpenSource, ver0.9.5) to according to result of questionnaire markup materials (eye shadow: 2 colors, cheek color: 2 colors, lip liner: 2 color, and basemake: 1 type). It was applied sensory reactions in both pair comparison method and normalized standings methods. Additionally we tried to data acquisition of point of gaze compare two different images side-by-side by using EMR-9 (Eye Mark Recorder, Nac Image Technology, Japan). There was the most popular image of pair comparison method that not too long hairstyle with elastic viewable ear, eye shadow with light brown color than pink, cheek with orange than pink, lip liner with pink than orange. However, it was finding of normalized standings methods that the most popular image was to markup cheek with pink than orange in a confined change. It was observed the different of gazing pattern between men and female that it was more long period of residence-time distribution at mouth in men. Consequently, it was showed that it was mood shift the ill-loved onto heavy using of orange color makeup. It was indicated that perceive a need to worry about what the other person likes in acceptance wide variety for recruiting makeup.

    DOI

  • Quantitative confirmation of residents’ everyday life behavior by acceleration measurement of facilities in a house

    Macky Kato, Yoshie Shimodaira, Takeshi Sato

    New Ergonomics Perspective - Selected Papers of the 10th Pan-Pacific Conference on Ergonomics     243 - 249  2015年

     概要を見る

    In aged society, decreasing of worker population is one of the most important problems. Especially the farming population has been decreasing in recent years. On the other hand, the elderly people’s families live away from them, because they cannot expect a reasonable profit from farming. In addition, it is hard to find other jobs in a rural area. Thus, the isolated farmers need somebody’s help to take care of themselves. For example, the families can confirm their everyday lives by a remote system with monitor cameras. However, it can violate the residents’ privacy. The appropriate system should have a confirmation function without violating the privacy. In this study, facilities in a house can be thought as sensors of everyday life in place of cameras. The acceleration measurement was held for quantification of the residents’ behavior in a house. The residents in the subject house are 62-year aged husband, 58-year aged wife and 91-year aged father. The accelerometers have been fixed on the refrigerator and the door in the house. Approximately one-year lengths, acceleration of the facilities were recorded through 2013 and 2014. The fluctuation of acceleration of the refrigerator can indicate the resident’s using in a day. It showed that the residents lived well-regulated lives. The refrigerator will be able to indicate the feature of their everyday life. On the other hand, the fluctuation of acceleration of the door can indicate the resident’s movements inside out. The door movements depend on the seasons. The number of the door movements in each season is different. They kept the door open through the daylight in summer, but they close the door after going in winter. These results reveal that the acceleration measurement of facilities in a house can become the quantitative confirmation method of residents’ everyday life stability.

    DOI

  • Developing of evaluation method of motion repeatability by motion capturing

    Macky Kato, Takeshi Sato, Yoshie Shimodaira

    Proceedings of the International Conferences on Interfaces and Human Computer Interaction 2015, IHCI 2015, Game and Entertainment Technologies 2015, GET 2015 and Computer Graphics, Visualization, Computer Vision and Image Processing 2015, CGVCVIP 2015 - Part of the Multi Conference on Computer Science and Information Systems 2015     325 - 327  2015年

     概要を見る

    Motion repeatability is one of the required skills for any sports including tennis. One of the reasons why expert tennis players can accurately serve the ball to another side is their motion repeatability. On the other hand, however the novice players can luckily serve the ball, they are required to practice again and again to repeat the motion. The reliable criterion by the objective numerical indicator is needed for training and evaluation of motion repeatability. In this study, the method of numerical evaluation of motion repeatability would be developed by a motion capture system. The correlation coefficients of each segment angular fluctuation on the serving motions were validated as the criterion for motion repeatability. 17 sensors measure three-dimensional 23 segments and 22 joints angle fluctuations during the two seconds around the ball impact. Three experienced tennis players and three novice players tried to serve ten balls by right arms. The results of the experiments indicated that the repeatability of upper body tends to be stable comparing arms and legs for all the subjects. The correlation coefficients of the fluctuations at the measurement joints that are far from the upper body tend to be low. Comparing the experts and the novices on the motion of the arms and legs, the novices have much variation of correlation coefficients of each motion than the experts. In addition, most of the motion fluctuations of novices are larger than those of the experts. This study revealed that the joint angular fluctuation would be able to be applied as a criterion of motion repeatability.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ケアマネジメント用語辞典

    ミネルヴァ書房  2005年

  • くらしと安全-身近な生活環境における安全とリスク-

    ほおずき書籍  2003年

  • こうして解決!ネット・トラブル,

    日中出版  2001年

  • 豊かな生活をサポートするコンピュータシステム入門

    ムイスリ出版  1999年

  • 介護と福祉システムの転換

    未来社  1998年

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 横断歩道における歩行者の優先性を実質化するトラフィックヒエラルキーにかかる研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    加藤 麻樹

  • フェイルセーフ設計を用いた高齢者の日常生活モニタリングシステム

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2010年
    -
    2012年
     

    加藤 麻樹, 下平 佳江, 前田 亜紀子, 佐藤 健

     概要を見る

    高齢者世帯の生活を見守る住居構造として,建具や家具に取り付けたセンサーが動きを検知して,日常生活が営まれていることをデータとして測定,記録することで,正常な日常生活を定量的に評価できた.正常な値を検出できない状態を突発的な不在や事故として推定できるため,フェイルセーフ設計が可能となることが実験により示された.これをインターネット経由でモニターすることで遠隔から高齢者を見守ることができる.

  • ICTとロボット技術の導入による過疎地域の高齢者の農業活性化と生活支援

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2007年
    -
    2009年
     

    下平 佳江, 加藤 麻樹, 大橋 信夫

     概要を見る

    高齢者を対象としたPC講習会を開催し、ホームページなどのICTが農産物販売や農業活性化に寄与することを明らかにした。
    中山間地域の草刈り作業の安全性向上のために、刈払い機の実態調査を行い、手指のしびれ防止のためのグリップ改良を行なった。また農作業の効率化を目的にロボット技術導入を検討したが、傾斜地の特殊条件を考慮した技術開発が必要であった。代替の、農業支援者(学生ボランティア)の導入は、高齢者の農業を活性化させることが明らかになった。

  • 高齢者のPC学習に有効なインターフェイス開発に対する「寛容性」の概念の導入

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2007年
    -
    2009年
     

    加藤 麻樹, 下平 佳江, 前田 亜紀子

     概要を見る

    平成19年度から20年度にかけて実施された入力に関するインターフェイスとして用いる新規デバイスに関する研究の結果、入力方法の簡素化が必要であることがわかったため、インターネット接続用の機器として安価に入手できる携帯型ゲーム機に用いられるインターフェイスによるWEBブラウザ利用を試みた。操作すべき対象の数は減るため、学習に要するユーザの労力は低減する。しかしながら小型のブラウザ機器は画面の大きさが小さく、利用に困難が生じるため、表示機能との間でトレードオフが生じることが明らかとなったことから、表示を拡大する必要があることが明らかとなった。
    また、入力側インターフェイスの構造に対して、平成21年度は、出力インターフェイスを課題とした寛容性の研究を行った。すなわち、前年度までの調査によって、高齢者に対する操作性向上を目的とした機能制限は,インターフェイスレベルにおいて必要であることがわかったため、特にコンピュータによる表示情報についての寛容性を実現するために、専門的に用いられる用語を普通の態様で使用される言葉への置き換えについて検討した。初心者向けに用意された教本から抽出した用語の多くは専門用語を用いているが、これを普通に用いられる言葉に置き換えることで、ユーザの理解を促すことが可能になることがわかった。つまり実装されるインターフェイスとして、ユーザ自身が持つボキャブラリへの変換が行われることが、表示デバイスに求められることがわかった。以上のことから、PCの用途を限定している多くの高齢者ユーザに対してPCの利用促進にあたっては、複雑な学習を要するPCではなく、高齢者のユーザ特性を考慮し、機能が限定された安価な端末を用いる方法が、寛容なPC学習方法として有効であるといえる。

  • 過疎地域へのIT導入による「村役」の改善と高齢化に対応した地域運営システムの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2005年
    -
    2006年
     

    下平 佳江, 加藤 麻樹, 大橋 信夫

     概要を見る

    本研究の目的は、過疎地域における住民組織としての「村役」業務に情報通信技術を導入して、住民の身体的・精神的負担の軽減を図るとともに、高齢者が自宅でインターネットを利用できる環境を整え、趣味活動や農業生産および離れて暮らす家族とのコミュニケーションツールとしての利用促進を図ることである。
    まず、「村役」業務へのIT適用を目的としたPC講習会を開催したが、参加者が少ないことと、地域のインフラ整備が遅れていることが影響して、実際の「村役」業務のIT化については、PCユーザーの拡大が重要であることが分かった。PCの利用目的を「村役」に限定せず、高齢者のPC学習支援を続けることで、将来的には「村役」のIT化が実現すると考えられる。
    PC講習を受講した高齢者が自宅でPCを継続利用するためには、各種のサポート体制が不可欠である。地域の公民館を中心に、隣町PCクラブとの協力体制を作り、高齢者の自宅への派遣指導を可能にした。またPC講習会受講者の情報交換や相互の支援体制作りを目的に「中条パソコンクラブ」を発足するとともに、公民館内に常設PCルームを設置し、PCユーザーの拡大とIT利用を支援した。更に、高齢者のマウス操作特性に着目した実験を行い、高齢者向けマウスに求められる要件を抽出した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Analysis of rotation movement of elderly user's pointing operation by mouse

    WWCS2007 Computing Systems for Human Benefits the 8th International Conference on Work With Computing Systems  

    発表年月: 2007年

  • Case study of inter-woman's collage cooperation in anthropometric teaching

    The 6th Congress of the Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies  

    発表年月: 2006年

  • A study on welfare information service toward the Personal Digital Assistant

    the XVth Triennial Congress of the International Ergonomics Association  

    発表年月: 2003年

  • How elderly people cope with difficulties in their daily life?

    the XVth Triennial Congress of the International Ergonomics Association  

    発表年月: 2003年

  • Structure of In-Home Care Workers' Demands for Welfare Information

    9th International Conference of Human-Computer Interaction International, HCII2001  

    発表年月: 2003年

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 横断歩道における歩行者の優先性を実質化するトラフィックヒエラルキーにかかる研究

    2021年   友野貴之

     概要を見る

    自転車は,自動車に対しては交通弱者であるが,歩行者に対しては交通強者であるため,大学生を実験参加者として自転車シミュレータ運転を行った.特に外部刺激に対する認知能力が低下する高齢者が歩行者や障害物に対して示す挙動を計測するために,高齢者を模した身体機能および認知機能を制限する装具を装着した状態で自転車を運転し,特に安全確認に要する時間が長くなることが明らかになった.また交通法規の法律遵守にかかる国際比較に関連して,歩行者優先を含む各国の道路標識に対する知識の有無について予備的な調査を行い,一定の標識については認識の過誤が認められたことから,改善または教育を要することが明らかになった.

  • 無信号横断歩道の歩行者安全を確保するトラフィックヒエラルキーの導入にかかる研究

    2020年   友野貴之

     概要を見る

    日本自動車連盟が2016年以降実施している、信号機のない横断歩道における歩行者の優先にかかる運転行動調査では、道交法の規定を約9割のドライバーが無視している。交通弱者優先を前提とする交通の強弱関係の曖昧さが背景にあると仮定し、欧米で用いられるトラフィックヒエラルキーの導入を目的とした研究を実施している。歩行者優先の規定について知識を有するドライバーを対象に、信号機のない横断歩道を有する直線道路を模したドライブシミュレータ上の走行実験を行った結果、歩行者の待機位置の運転行動に対する影響が示された。これを踏まえ歩行者に対するドライバーの視線移動と実車乗車時の運転行動の観察を実施するに至っている。

  • 無信号横断歩道の歩行者安全を確保するトラフィックヒエラルキーの導入にかかる研 究

    2020年   友野貴之

     概要を見る

     無信号横断歩道通過時のドライバーの運転行動に着目し,要因をSHEL モデルに当て嵌め,無信号横断歩道における 歩行者優先の原則に対するドライバーの運転行動を定量的に示す研究を実施した.その結果,交差点構􏰀は譲る割合について有意差が示された.また天候条件と時間条件は 運転行動に影響を与えていた一方で,譲る割合に影響がなかった.視認性の低下は構􏰀による影響が大きい.譲る割合に影響がない 一方で,運転行動に影響を与えていた.大学生被験者と教官被験者の間で譲る割合に差が認められた.ブレーキ回数について大学生間では有意差が認められた一方,教官被験者には差がないなど,教官被験者は無信号交差点でも停止行動に一定の安定性があると考えられる.

  • 横断歩道上の歩行者の安全を守るトラフィックヒエラルキーの実効化

    2019年   友野 貴之

     概要を見る

    日本自動車連盟が2016年以降実施している、信号機のない横断歩道における歩行者の優先にかかる運転行動調査では、道交法の規定を約9割のドライバーが無視している。交通弱者優先を前提とする交通の強弱関係の曖昧さが背景にあると仮定し、欧米で用いられるトラフィックヒエラルキーの導入を目的とした研究を実施している。歩行者優先の規定について知識を有するドライバーを対象に、信号機のない横断歩道を有する直線道路を模したドライブシミュレータ上の走行実験を行った結果、歩行者の待機位置の運転行動に対する影響が示された。これを踏まえ歩行者に対するドライバーの視線移動と実車乗車時の運転行動の観察を実施するに至っている。

  • 横断歩道上の歩行者の安全を守るトラフィックヒエラルキーの実効化

    2019年   友野貴之

     概要を見る

    日本自動車連盟が2016年以降実施している、信号機のない横断歩道における歩行者の優先にかかる運転行動調査では、道交法の規定を約9割のドライバーが無視している。交通弱者優先を前提とする交通の強弱関係の曖昧さが背景にあると仮定し、欧米で用いられるトラフィックヒエラルキーの導入を目的とした研究を実施している。歩行者優先の規定について知識を有するドライバーを対象に、信号機のない横断歩道を有する直線道路を模したドライブシミュレータ上の走行実験を行った結果、歩行者の待機位置の運転行動に対する影響が示された。これを踏まえ歩行者に対するドライバーの視線移動と実車乗車時の運転行動の観察を実施するに至っている。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>