TAKEDA, Naoko

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Faculty of Human Sciences   School of Human Sciences (Online Degree Program)

Education 【 display / non-display

  •  
     
     

    東京都立大学 大学院   社会科学研究科 社会学専攻 博士課程  

  •  
     
     

    Tokyo Metropolitan University  

Degree 【 display / non-display

  • 博士(社会学)

Research Experience 【 display / non-display

  •  
     
     

    Musashi University Faculty of Sociology Department of Sociology

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    地域社会学会

  •  
     
     

    日本都市社会学会

  •  
     
     

    日本社会学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Sociology

Research Interests 【 display / non-display

  • 社会学(地域社会学、都市社会学)

Papers 【 display / non-display

  • 「アマの領域」のモノグラフ的探究

    武田尚子

    鳥越皓之・金子勇編『現場から創る社会学理論』ミネルヴァ書房     113 - 123  2017

  • 近代漁業のマクロ構造とローカルな新興漁業経営者層の台頭-大正期における播州室津漁民の朝鮮出漁-

    『生活文化史』72     43 - 72  2017

  • 近代新興実業層の経営資源と社会移動プロセス-渋沢栄一「耕牧舎」と芥川龍之介実父の搾乳業経営-

    武田尚子

    『生活文化史』70     3 - 77  2016

  • Utilising Different Research Methods for the Study of a Depressed Fishing Community in the 1960s::TV Documentary and Folkloristic Study

    TAKEDA Naoko

    Japanese Sociological Review   65 ( 4 ) 486 - 503  2015

     View Summary

    This study examines different perspectives demonstrated by two social researches conducted in the same fishing village in the 1960s. One of these was a study based on the folkloristic method and the other was a TV documentary.Fishermen and their families have been living and working in their fishing-boats for generations in Innoshima, Hiroshima Prefecture. At the time of the study and documentary, poverty was widespread and educational opportunities were limited for some children as they were needed to assist in their familys fishing labour.The staffs of NHK made two documentary programmes based on their research. They focused on the problems of poverty and social dilemmas.Moreover, they were particularly interested in the community childrens home by social welfare. Presence of a clear sense of social stratification and economic inequality made the site valuable as a historical record.On the other hand, the folkloristic study did not refer to the population of illiterate children in the village. Though literacy was low in fishermens families, many fishing songs were preserved. The folklorists focused on the traditional lifestyle that was able to maintain a distinctive culture. The folkloristic study highlighted the great significance of oral history.The findings of both studies are vital for a comprehensive understanding of a depressed fishing community in the 1960s.

    CiNii

  • 質的調査データの二次分析-大正期「月島調査」と労働運動

    『日本労働研究雑誌』独立行政法人 労働政策研究・研修機構   665   70 - 80  2015

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 『戦争と福祉:第一次大戦期のイギリス軍需工場と女性労働』

    武田尚子

    晃洋書房  2019

  • 『近代東京の地政学:青山・渋谷・表参道の開発と軍用地』

    武田尚子

    吉川弘文館.  2019

  • 『ミルクと日本人-近代社会の「元気の源」-』

    武田尚子

    中央公論新社  2017

  • 『荷車と立ちん坊 -近代都市東京の物流と労働-』

    武田尚子

    吉川弘文館  2017

  • 『20世紀イギリスの都市労働者と生活-ロウントリーの貧困研究と調査の軌跡』

    武田尚子

    ミネルヴァ書房  2014

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 地域社会学会賞[個人著書の部]

    2011  

  • 日本社会学会奨励賞[著書の部]

    2003  

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on the processes of disparity expansion and their social consequences in Japanese three metropolitan areas

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

  • 近現代都市における貧困の重層化プロセスと社会政策に関する歴史社会学的研究

    Project Year :

    2018.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    本研究では近現代社会において貧困の重層化が生じる要因を考察した。イギリスのヨーク市については次のような知見を得た。ヨークでは、1899~1901年にB.S.ロウントリーが貧困調査を実施し、ハンゲイト地区、ウォルムゲイト地区のスラム2地区について言及している。ハンゲイト、ウォルムゲイトはヨーク市内を流れるフォス川という小河川の両岸に位置する。ハンゲイトは標高が低く、洪水が多いヨーク市になかでも頻繁に浸水する地区であった。当時の下水道設備は排水が悪いうえ、汚水をフォス川に流していたので、浸水するハンゲイト、ウォルムゲイトの衛生状態は悪かった。ヨーク市ではコレラ流行を契機に19世紀後半には下水道の改善が進んだが、腸チフスの流行は止まず、綿密な公衆衛生調査が実施されるようになっていった。ハンゲイト、ウォルムゲイトが社会問題が集積している地区として特定されるようになったが、地形的要因もあり、洪水に起因する不衛生状態は放置されたままだった。ハンゲイトの浸水問題を解決するにはフォス川の水深を改善して、排水を促す工事が必要だったが、ハンゲイトでそのような対策は進まなかった。ハンゲイトにはヨーク市を代表する製粉工場があり、フォス川を運河として利用し、原料を運びこんでおり、水深を保つ必要があったからである。つまり、有力企業が物流の産業基盤として利用していることが優先された。近代都市で都市内の小河川が工業用水・用地として利用されることが優先され、公衆衛生対策と一致せず、貧困地域対策は遅れたのである。以上のように、近代都市形成の過程で、公衆衛生基盤の近代化と産業基盤の近代化は一致せず、そのような公衆衛生政策と産業政策のコンフリクトのはざまで、近代都市貧困地域が形成されてきたプロセスをヨーク市衛生局調査とロウントリー貧困調査の歴史的アーカイブに基づいて明らかにした。上記の研究実績の内容に基づいて、学会報告を7回、単著の著書を1冊、発表・刊行した。さらに編著の著書を1冊刊行予定で、校正作業を校了した。貧困地域の変容過程、重層化の実態を詳細に調査し、国際比較のデータを整える予定である

  • Study on the processes of disparity expansion and their social consequences, in Tokyo Metropolitan Area

    Project Year :

    2015.04
    -
    2019.03
     

  • Historical Research of Urban Development in 20 Centuries Focusing on Military Space and Industries

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    I analysed the relationship between military industries and local communities in Japan. I found the close relationship between the life of the working class people and the military space and industries. As military industries had developed, the number of workers increased. The movement of union had developed there

  • The Changing Prosess of Middle Class and Social Research: the Comparative Analysis on the Polarizing Society

    Project Year :

    2009.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    I analysed the relationship between the conception of the Middle Class and social research in the UK besed on the material of B.S. Rowntree.I also analysed the changing process of the Middle Class life in some local communities in Japan. I found the close relationship between the life of them and the urban space

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 近現代都市における貧困の重層化プロセスと低所得層対策に関する国際比較研究

    2020  

     View Summary

     ヨーク市を調査対象地とし、歴史社会学的視点からヨーク市の近代貧困地域に着目し、貧困地区改善のプロセスについて分析・考察した。スラム地区改善は、マクロレベルの住宅政策の確立と地形的要因による不良条件の克服が連関して進捗していった。 不良条件には、地形的・空間的要因なども関わっていたと考えられ、そのような不良条件は時間が推移したからといって解消するわけではない。現代に中心地区の再開発は進んだが、隣接した「条件不良地区」は取り残され、不良条件が累積する。近代から現代にかけて、不良要因の解消プロセスを分析することは、現代の都市空間構造の特徴について理解を深めることに資する。

  • 近現代都市における貧困の重層化プロセスと社会政策に関する歴史社会学的研究

    2019  

     View Summary

    ヨーク市を調査対象地とし、歴史社会学的視点から貧困の重層化プロセスについて、ヨーク市公文書館所蔵アーカイブを用いて分析した。貧困地域のハンゲイト、ウォルムゲイトはヨーク市内を流れるフォス川という小河川の両岸に位置する。ハンゲイトは標高が低く、頻繁に浸水する地区であった。当時の下水道設備は排水が悪いうえ、汚水をフォス川に流していたので、浸水するハンゲイト、ウォルムゲイトの衛生状態は悪かった。ヨーク市ではコレラ流行を契機に下水道の改善が進んだが、腸チフスの流行は止まず、ウォルムゲイト両地区が社会問題が集積している地区として特定され、綿密な公衆衛生調査が実施されるようになっていった。

  • 近現代都市における貧困の重層化プロセスと社会政策に関する歴史社会学的研究

    2018  

     View Summary

     本研究は、国内では東京都心部、国外ではイギリスのヨーク市の2カ所を調査対象地とし、歴史的アーカイブを用いた質的調査方法によって、貧困の重層化が生じるプロセスを明らかにした。どちらの地域においても近代の都市化の時期に、遷移地帯で貧困層が集積した。そのような地域で貧困対策が実施されたことによって、極貧状況は解消されたが、低所得層の集積は存続した。居住環境の地理的特徴などにより、狭小区画などが存続し、居住人口は流動しているが、低所得層を吸引する要因が持続した。この結果、社会関係、生活様式にも一定の特徴を帯びた地域となり、再開発時代においても再び低所得層が集積しやすい状況にあると考えられる。

  • 近代都市形成と軍用地-戦争アーカイヴ活用による歴史社会学的-

    2017  

     View Summary

     本研究では、歴史的アーカイブを用いた質的調査方法により、軍用地、軍施設と近代東京におけるアンダークラス集積地域の形成要因を探った。明治20年代に東京の三大貧民窟の一つ四谷鮫ケ橋に特徴的だった「残飯屋」の存在に着目し、防衛省防衛研究所所蔵資料、東京市社会局刊行物、明治・大正期の新聞資料などに基づき、明治期の四谷鮫ケ橋東京西部に布置された陸軍施設との関連について明らかにした。

  • 近代の都市形成と軍用地-戦争アーカイヴ活用による歴史社会学的-

    2016  

     View Summary

     本研究では、明治11年(1878)3月、渋沢栄一(第一銀行頭取)、益田孝(三井物産社長)、小松彰(東京株式取引所頭取)の3人が連名で、内務省勧農局にメリノー種の羊500頭の拝借を願い出た件に関して、軍需工業の原料調達がその目的であったことを明らかにし、近代都市の軍用地における軍需工場稼働のプロセスを分析した。 毛織物工業の創業は内務卿大久保利通によってで国策として進められ、渋沢・益田が緬羊事業を計画した明治11年は、千住製絨所の開業が目前で、原料羊毛の調達が内務省の重要な課題だった。利権を獲得し、近代新興実業層が成長するルートの一つになった。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 近現代社会における産業化と都市化に関する国際比較研究

    2018.09
    -
    2019.08

    イギリス   ヨーク大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>