2024/02/21 更新

写真a

コナガヤ ヒデヨ
小長谷 英代
所属
社会科学総合学術院 社会科学部
職名
教授
学位
博士 ( ペンシルヴァニア大学 )

学歴

  •  
    -
    2007年05月

    ペンシルヴァニア大学大学院   人文科学科   Folklore and Folklife  

所属学協会

  •  
     
     

    アメリカ学会

  •  
     
     

    早稲田文化人類学会

  •  
     
     

    Association for Asian Studies

  •  
     
     

    Society of Americanists

  •  
     
     

    American Folklore Society

  •  
     
     

    American Anthropological Association

▼全件表示

研究分野

  • 文化人類学、民俗学

研究キーワード

  • 文化批判、アートと文化人類学/民俗学、パブリック・カルチャー

  • 文化批判、パブリック・カルチャー

受賞

  • Dean's Scholar Award, Universisty of Pennsylvania

    2005年04月  

  • Richard Reuss Prize, American Folklore Society

    2003年09月  

 

論文

  • Heritage Production in National and Global Policies--Folkloristics, Politics, and Cultural Economy in Ryukyuan/Okinawan Performance

    Hideyo Konagaya

    Asian Ethnology   79 ( 1 ) 45 - 66  2020年07月

  • Art, Folk, and Performance in the Emerging Discourse on Japanese Modernity

    Hideyo Konagaya

    Western Folklore   79 ( 1 ) 59 - 78  2020年01月

  • 「ヴァナキュラー」ー民俗学の超領域的視点ー

    小長谷英代

    日本民俗学   285 ( 285 ) 1 - 30  2016年02月

    CiNii

  • 「フェスティヴァル」におけるアメリカ的「公共文化」の系譜とスミソニアン

    小長谷英代

    東洋文化研究所紀要(東京大学)   162   121 - 152  2012年12月

  • アメリカの「民俗」と「口承性」ーバラッドにおける差異の構築とナショナリズムー

    小長谷英代

    立命館言語文化研究(立命館大学)   23 ( 1 ) 3 - 13  2011年09月

  • ドロシー・ノイズ、伝統のプロセスにおける拘束性と自由(翻訳)

    小長谷英代, 平山美雪, 共訳

    現代民俗学研究   3 ( 3 ) 3 - 13  2011年05月

    CiNii

  • パフォーマンス理論ー「ポスト」領域の民俗学ー

    小長谷英代

    日本民俗学   263   124 - 152  2010年08月

  • 伝統のパフォーマンスー太鼓芸能における民族とジェンダーー

    小長谷英代

    民俗芸能研究   44   22 - 38  2009年03月

  • 川田公子の太鼓ーアイデンティティのパフォーマンスー

    小長谷英代

    藝能   15   26 - 37  2009年03月

  • 「残存」からの脱却ーアメリカ民俗学の試みー

    小長谷英代

    現代民俗学研究   1 ( 1 ) 7 - 17  2009年03月

     概要を見る

    The study of folklore arose from the urgent need to preserve the fast-vanishing remains of folklore in emergent modern societies in the late 18th and early 19th centuries. Once folklore was thus conceptualized as anchoring in the distant past, a principle problem of its researchers was how to resituate the significance and relevance of folklore and its studies within the present-day social and intellectual contexts. Japanese folklorists have kept away from fully engaging in the reexamination of such a conceptual dilemma of folklore. It is long overdue that they take issue and deal with how they could overcome the earlier disciplinary paradigms, and reformulate folklore into a contemporary subject. Calling attention to the need for a discussion within a larger transnational network of folkloristics, this article takes a look at the way their American colleagues have challenged the temporal difficulty of folklore, particularly with regard to the notion of "survivals," which has persistently clung to the term "folklore" in popular English usages. Among various reflexive efforts of postmodern perspectives in American folklore studies, this article places a focus on the critical historiographies of folklore studies, through which American folklorists have argued and sought after a future direction for and possibilities of the discipline.

    CiNii

  • Performing the Okinawan Woman in Taiko: Gender, Folklore, and Identity Politics in Modern Japan

    Hideyo Konagaya

    Dissertation, University of Pennsylvania     1 - 227  2007年05月

  • The Creation of Japanese Myth: Oral Performance and Textualization

    Hideyo Konagaya

    比較生活文化研究   11   1 - 13  2005年03月

  • Yamabito: From Ethnology to Japanese Folklore Studies

    Hideyo Konagaya

    The Folklore Historian   20   47 - 59  2003年12月

  • 太鼓の表象とマスキュリニティの構築ー民俗伝統による日本人と日系アメリカ人の抵抗ー

    小長谷英代

    アメリカ太平洋研究(東京大学)   2   113 - 127  2003年03月

  • Taiko as Performance: Creating Japanese American Traditions

    Hideyo Konagaya

    The Japanese Journal of American Studies   12   105 - 124  2001年06月

    CiNii

  • The Christmas Cake: A Japanese Tradition of American Prosperity

    Hideyo Konagaya

    Journal of Popular Culture   34 ( 4 ) 121 - 136  2001年

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「<ヴァナキュラー の実践>ーアメリカのアーツ・アンド・クラフツ運動」『ヴァナキュラー 文化と現代社会』第3章

    小長谷英代, ウェルズ恵子編( 担当: 単著)

    思文閣出版  2018年04月

  • <フォーク>からの転回ー文化批判と領域史ー

    小長谷英代( 担当: 単著)

    春風社  2017年04月

  • "American Studies in Japan" IN Encyclopedia of Amerian Studies Online

    Hideyo Konagaya(American, Studies Associatio

    Johns Hopkins University(Baltimore, ML)  2013年04月

  • アメリカ民俗学ー歴史と方法の批判的考察—

    小長谷英代, 平山美雪, 編訳

    岩田書院  2012年03月

  • "Taiko Performance" IN Encyclopedia of Asian American Folklore

    Hideyo Konagaya, H.X.Lee &amp, K.Nadeau

    ABC-CLO(Santa Barbara, CA)  2010年12月

  • "Japantown" IN Encyclopedia of American Folklife

    Hideyo Konagaya, S, J.Bronner

    M.E.Sharp(Armonk, NY)  2006年08月

  • "Performing Manliness: Resistance and Harmony in Japanese American Taiko" IN Manly Traditions: The Folk Roots of American Masculinities

    Hideyo Konagaya, S, J.Bronner

    Indiana University Press(Blooington, IN)  2005年11月

  • ジーニアス英和大辞典(部門校閲・執筆・資料作成)

    小長谷英代, 小西友七, 南出康世

    大修館書店  2001年04月

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • The Conceptualization of Folkloristic Performance, Modernity, and the Nation-State in the Early Twentieth Century Japan

    Hideyo Konagaya

    Association for Asian Studies in Asia   (Bangkok)  Association for Asian Studies in Asia  

    発表年月: 2019年07月

  • The Artistic, the Folkloristic, and the Vernacular in the Conceptualization of Performance Genres in Modern Japan

    Hideyo Konagaya

    American Folklore Society Annual Meeting   (Buffalo, NY)  American Folklore Society  

    発表年月: 2018年10月

  • Crossing Genres in Okinawan Performance: Art, Folk, and Power in the Cultural Protection System

    Hideyo Konagaya

    Association for Asian Studies Annual Conference   (Washington, DC)  Association for Asian Studies  

    発表年月: 2018年03月

  • 「アート」への視点ー「フォーク」の文化政策から

    早稲田文化人類学会シンポジウム   (東京) 

    発表年月: 2017年01月

  • The Politics of Performing the Native Other in National and Transnational Cultural Policy

    Asian Studies Conference Japan   (Tokyo) 

    発表年月: 2016年07月

  • Mediating National and Transnational Policy in the Politics of Cultural Heritage in Japan

    Association for Asian Studies in Asia Conference   (Kyoto) 

    発表年月: 2016年06月

  • The Production of Cultural Heritage in Japan: Okinawan Theatre between National and Global Cultural Policy.

    Association for Asian Studies Conference   (Seattle, WA) 

    発表年月: 2016年03月

  • The Public in Transition: Japanese Folklore between National and Global Cultural Policy

    American Folklor Society Annual Meeting   (Long Beach, CA) 

    発表年月: 2015年10月

  • Producing a Public Sphere in "Okinawan" Festival in Tokyo: Civic Performance, Tourism, and National Policies.

    American Anthropological Society Annual Meeting   (Washington, DC) 

    発表年月: 2013年12月

  • Cultural Heritage and Diaspora in the Emergence of "Okinawan" Public Culture

    American Anthropological Association Annual Meeting   (Chicago, IL) 

    発表年月: 2013年11月

  • The "Protection" of "Japanese Culture" in the National Theatre: Cultural Production in Global Process

    European Association of Japanese Studies Conference in Japan   (Tokyo, Japan) 

    発表年月: 2013年09月

  • Nation State and Diaspora in the Production of Okinawan Cultural Heritage

    American Folklore Society Annual Meeting   (New Orleans, LA) 

    発表年月: 2012年10月

  • The Performativity of the Intangible: The Entextualization of the Otherness in the Cultural Policies of Japan

    American Folklore Society Annual Meeting   (Bloomington, IN) 

    発表年月: 2011年10月

  • アメリカ民俗学者の位置性ー理論、実践、ポリティクスー

    公共民俗学研究会(科学研究費Bー市民社会に対応する「公共民俗学」創成のための基礎研究ー)  

    発表年月: 2011年06月

  • Restoring Masculinity: The Bodily Performativity of the Japanese Ritual Tradition

    American Folklore Society Annual Meeting   (Nashville, TN) 

    発表年月: 2010年10月

  • Necessitiy and Freedom in the Tradition Process

    現代民俗学会研究会  

    発表年月: 2010年01月

  • 失われた「古琉球」ー琉球芸能とパフォーマンスー

    ヴァナキュラー文化研究会研究発表(サントリー文化財団研究助成共同研究ー「語りえない人々の語り」に関する超域的研究)  

    発表年月: 2009年11月

  • The National Imaginary in the Folkloristic Performances of Okinawa

    American Folklore Society Annual Meeting   (Boise, ID) 

    発表年月: 2009年10月

  • アメリカ民俗学における「伝統」ー近代のパラダイムー

    現代民俗学会年次大会シンポジウム  

    発表年月: 2009年05月

  • 「伝統」と文化政策ー太鼓をめぐる制度と教育ー

    日本比較生活文化学会研究発表大会  

    発表年月: 2008年11月

  • 太鼓芸能の構築性ーパフォーマンス研究の視点からー

    藝能学会研究発表大会  

    発表年月: 2007年12月

  • 想像のジャパンタウンー日系人のフォークロアー

    日本比較生活文化学会研究発表大会  

    発表年月: 2004年11月

  • 民俗の表象におけるフォークロリストの役割と課題ー日系アメリカ人の場合ー

    日本比較生活文化学会研究発表大会  

    発表年月: 2003年11月

  • アメリカ多文化主義におけるフォークロア・アプローチ

    アメリカ学会年次大会分科会  

    発表年月: 2001年06月

  • 太鼓パフォーマンスー日米文化会館とパブリックフォークロアー

    アメリカ学会年次大会  

    発表年月: 2000年06月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 「アート」の理論と政策の相互的展開の考察ー研究と実践の批判的協働へのアプローチー

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    小長谷 英代

     概要を見る

    今日、アメリカの文化人類学・民俗学において「アート」は学術研究と社会実践を繋ぐ主要な論点となっている。かつて両領域はアートを歴史遺物と捉え、その集団的伝統性に主眼を置いたが、20世紀後半以降、創造的プロセスや主体的観点を強調し、今日特にアートの実践者と研究者の協働に関心を高めている。注目すべきは、このアート研究における理論的転換が、多様性・公正性の文化政策と連動し、民主的参加のプログラムに実践されてきたことである。本研究はアートの理論と政策の作用、およびアートの定義、表象、言説の変化を考察しながら、研究と実践の相互関係を批判的・歴史的観点から再考し、アート研究への新たな視点を探る試みである

  • 「野の芸術」論―ヴァナキュラー概念を用いた民俗学的アート研究の視座の構築

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究では、日本の民俗学では十分に取り組まれてこなかった重要な研究ジャンルである芸術=アートを研究対象とする。具体的には、芸術の専門教育を受けておらず、そして自分のことを「芸術家」だと認識していない「芸術家」たちによって制作されるアート、すなわち市井のどこにでもいる、表舞台で脚光を浴びない普通の人びとの、ありきたりな日常生活における創作である「ヴァナキュラー・アート」を題材に、民俗学的アート論の方法や理論を検討することによって、日本の民俗学に欠如しているアート研究の視座を構築する

  • 現代市民社会に対応する公共民俗学創成のための基礎研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    菅 豊, 周 星, 徳丸 亜木, 小長谷 英代, 加藤 幸治, 室井 康成

     概要を見る

    本研究では、海外の民俗学で主流となりつつある公共民俗学というコンセプトを日本の民俗学研究に導入し、日本民俗学が現代市民社会に対応するための転回点を生み出すことに成功した。これにより、従来、アカデミック民俗学者や公共部門民俗学者、アカデミックの外の民俗学者などに分断されていた民俗学の多様なアクターが、協働して社会における実践に携わる際に利用可能な、基礎的方法と理論、テーマを明らかにすることができた

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

他学部・他研究科等兼任情報

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科

特定課題制度(学内資金)

  • 「アート」の理論と実践に関する人類学的研究ー芸能の美学化への視点から

    2018年  

     概要を見る

    本研究は、文化人類学における「アート」の概念と研究の位置を批判的に考察し、アートへの理論的•実践的視座を開いていくことを目的とする。特に20世紀前半まで、「プリミティヴ•アート」や「フォーク•アート」の概念の下、非西欧の伝統的社会に位置づけられてきた文化人類学的アートの意味を、西欧の「アート」とその美学的思考との関係性に問い直し、「アート」を成す階層的構造とその概念化における文化人類学的研究の関わりを考察した。また、今日のフェスティヴァルにおける「芸能」の美学化に焦点をあてながら、アートを実践的に検証することによって、文化人類学における新たなアートへの問題意識とアプローチの可能性を探った。

  • 文化的実践による市民的組織化とネットワーク化―沖縄系アメリカ人の芸能の意義

    2015年  

     概要を見る

    本研究は、市民的な組織化やそのネットワーク化における文化的実践の意義を考察する。現代社会の都市的生活環境でのコミュニティの形成•維持においては、地域的な因襲や義務等、受動的な動機ではなく、個々の市民の自発的、積極的な参加意識の成熟が望まれる。またその自発的コミュニティの発展には、ソーシャル•メディア等による組織化だけではなく、実際の身体的、物理的体験が重要な意味を持つ。本研究では文化的資源としての、伝統芸能や祭り等の意義に注目し、それら文化的実践が市民の参加、身体的体験を媒介するコミュニティの「場」を形成する可能性に注目する。本年度は欧米の文化政策研究における主要な理論・実践を中心に考察を深めた。

  • 「公共文化」をめぐる人類学的研究:アジア太平洋系アメリカ人の越境と文化の実践

    2014年  

     概要を見る

    本研究ではアメリカの民族的文化的カテゴリーにおけるアジア太平洋系という新たな枠組みを沖縄系アメリカ人の市民組織と文化的実践との関係に考察し、沖縄人移民の市民化のプロセスを公共文化の観点から探求する。本年度の研究では沖縄から海外への移民の歴史を辿り、沖縄系アメリカ人が沖縄へのアイデンティフィケーションを維持、継承する一方、移民第一世代からの組織的基盤である県人会をアメリカ的慈善組織へと変容させていることをとらえた。また近年アメリカ社会でアジア太平洋系というアジア系マイノリティのカテゴリーが政治的に存在感を増す中で、彼らが民主主義への意識を高め、市民的参加を進めていることを確認した。