TANABE, Shunsuke

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Degree 【 display / non-display

  • 東京都立大学   社会学(博士)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2013.04
    -
    2017.03

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2009
    -
    2013

    The University of Tokyo   Institute of Social Science, Center for Social Research and Data Archives

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    数理社会学会

  •  
     
     

    日本社会学会

  •  
     
     

    International Sociological Association

  •  
     
     

    American Sociological Association

  •  
     
     

    早稲田社会学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Sociology

Research Interests 【 display / non-display

  • 政治社会学

  • Political Behavior

  • Xenophobia

  • 計量社会学

  • Nationalism

Papers 【 display / non-display

  • “National” Identities in Okinawa: Empirical Analysis of its Bearers and Relationship with Political Attitudes

    Shunsuke Tanabe

    WASEDA RILAS JOURNAL   9   123 - 136  2021.10  [Refereed]

  • Sociological studies on nationalism in Japan

    Shunsuke Tanabe

    International Sociology     026858092110053 - 026858092110053  2021.04

     View Summary

    Issues regarding nationalism have been increasing since the 1990s on an international scale. This article reviews and summarizes the current state of sociological studies concerning Japanese nationalism and the changes therein, as many sociologists in Japan have focused on nationalism and its related problems. The first half of the article examines historical sociological studies about the emergence and development of nationalism in Japan, which demystify the fictions concerning Japan’s ethnic and cultural homogeneity and describe the specific historical roots of this myth. The latter half of the article reviews various aspects of modern sociological works on Japanese nationalism. While some studies empirically show various forms of nationalism, others demonstrate political components of Japanese nationalism or inquire about this recent phenomenon and related issues that have arisen since the 2010s.

    DOI

  • Types of Japanese Nationalism and those supporters: Time-series analysis

    Shunsuke Tanabe

    The Annuals of Sociology   62   127 - 142  2021.03  [Invited]

  • 「差別」の計量分析 ――日本の排外主義を事例にして

    田辺 俊介

    社会学年報   48   45 - 61  2019.09  [Invited]

  • 「嫌韓」の担い手と要因──2009年と2013年の2時点のデータ分析による解明

    田辺 俊介

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   63   67 - 82  2018.03

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • ネット社会と民主主義

    ( Part: Contributor, 第4章 ネットは自民党支持を固定化させるのか――3時点にわたる追跡ウェブ調査データからの検証)

    有斐閣  2021.11 ISBN: 4641174725

    ASIN

  • 人生中期の階層構造

    渡邊, 勉, 吉川, 徹, 佐藤, 嘉倫( Part: Contributor, 社会階層は政党支持といかに関わっているのか?)

    東京大学出版会  2021.10 ISBN: 9784130551427

  • 人生の歩みを追跡する : 東大社研パネル調査でみる現代日本社会

    石田, 浩, 有田, 伸, 藤原, 翔, 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター( Part: Contributor, 希望と満足は政治を動かしたか?――社会・政治意識と政治状況の相互作用の解明)

    勁草書房  2020.01 ISBN: 9784326603268

  • 日本人は右傾化したのか : データ分析で実像を読み解く

    田辺 俊介( Part: Edit)

    勁草書房  2019.09 ISBN: 9784326351794

  • 排外主義の国際比較――先進諸国における外国人移民の実態

    田辺 俊介( Part: Contributor, 現代日本社会における排外主義の現状―計量分析による整理と規定要因の検討)

    ミネルヴァ書房  2018.09 ISBN: 9784623083633

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 書評 『移民と日本社会:データで読み 解く実態と将来像』 永吉希久子著

    田辺俊介

    理論と方法   36 ( 1 ) 121 - 122  2021.11  [Invited]

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 社会調査の視点から考える厚生労働省の抗体保有調査の意味と問題点:今後の抗体調査の改善に向けて

    高橋義明, 田辺俊介

       2020.07

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 多文化主義の現在と今後の日本

    田辺 俊介

    寛容社会 多文化共生のために<住>ができること     34 - 40  2017.04  [Invited]

  • アジアからの観光客急増と日本人の意識 (特集 観光客急増と日本社会)

    田辺 俊介

    都市問題   106 ( 6 ) 9 - 13  2015.06

    CiNii

  • 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ

    石田 浩, 有田 伸, 田辺 俊介

    中央調査報   ( 667 ) 5867 - 5871  2013.05

    CiNii

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Award for Excellence in Scholarly Research

    2020.11   The Japanese Association for Social Research (JASR)  

  • JGSS公募論文優秀論文賞

    2003  

Research Projects 【 display / non-display

  • 偏見の顕在化にもとづく排外意識高揚メカニズムの検証

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    永吉 希久子, 田辺 俊介, 瀧川 裕貴

  • 情報環境の構造転換にともなう世論の〈極性化〉―― その実態とプロセスの解明

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

    辻 大介, 田辺 俊介, 三浦 麻子, 小笠原 盛浩

     View Summary

    本年度は、2019年4月から6月にかけて、全国18~69歳を対象とした質問紙調査(以下、本調査)の調査票確定作業および住民基本台帳にもとづく調査対象者の層化2段無作為抽出作業を進め、7月の参議院選挙後から9月にかけて実査を行なった。計画標本数2160ケース(120地点×各18人)に対して回収数は1098ケース、データクリーニング後の有効回収数としては1094ケース(有効回収率50.6%)を得た。
    また、ウェブ質問紙による同一対象者へのパネル調査の3回目(第3波)を12月3日~15日にかけて実施し、フレッシュサンプル含めて3695ケースを回収、データクリーニング後の有効回収数としては3558ケースを得た。
    対面会合としては、本調査実施のための最終打合せと昨年度のウェブ調査データにもとづく日本社会学会での報告準備の打合せを兼ねた第4回研究会を6月22日に開催。11月3日と2020年3月7日には、共同研究メンバーが本調査データおよび3回分のウェブパネル調査データを各自で分析した結果を持ち寄り、研究成果の公刊に向けた第5回・第6回の研究会を行なった。それをもとに3月中に出版企画書を作成し、出版社と交渉に入った(コロナ問題のため出版社側での検討が長引いており、現在も交渉継続中)。
    研究成果の公表としては、10月6日に日本社会学会で共同研究メンバーとともに6名で連携報告を、11月10日には日本社会心理学会で共同研究メンバーとともに3名でポスター発表を行ない、また、11月30日には情報通信学会で研究代表者の辻が単独報告を行なった。その他、研究成果の一部は朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、テレビ朝日CS、ウェブメディア(SYNODOS)などで取材記事・論説として報道され、大阪府の職員研修や東大阪市・豊中市などでの市民講座でも、ポイントを紹介した。

  • The Variability and Invariability of Nationalism: Empirical Assesment Based on Repeated Cross-sectional National Survey

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2021.03
     

  • Measuring Social Status in Contemporary Japan

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    GENJI Keiko, WAKITA Aya, SAITOH Tomohiro

     View Summary

    The aims of this research project are to update occupational prestige scores and to construct a new scale of social status by using data of the 2016 Social Status Survey. The main findings are as follows: (1) There are considerably high correlations in the occupational hierarchy by subsamples, (2) The robustness and reliability of the occupational prestige scores are reinforced, (3) Some occupational prestige scores with gender, employment status or company size were different from original occupational prestige scores. The construction of new scale (multi-dimensional social status scale) for prestige and socioeconomic status is urgent matter.

  • Empirical research of Attitudes toward Brazilians by Japanese Population in the Region with High Density of Brazilian Residents

    Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

    Hamada Kunisuke, TANABE Shunsuke, SHINDO Kei

     View Summary

    After Lehman's fall in 2008, the number of Brazilians who stay in Japan has declined gradually. However, images of brazil and attitudes toward Brazilians by Japanese people have not necessarily been improved.
    Anti-foreign attitudes for Brazilians are related to evaluation of residential area and frequency of interacting with neighbors. These results suggest that Social inclusion of not only foreign residents but also Japanese residents for local community are important to improve attitudes toward Brazilians and other foreign residents.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • データ(量的調査)から語る『日本人』――人々の抱く『日本人』像の検討

    田辺俊介  [Invited]

    第94回日本社会学会シンポジウム2 

    Presentation date: 2021.11

  • An Intertemporal Comparative Analysis of Japanese xenophobia between 2009 and 2013

    田辺 俊介

    International Sociological Association (ISA) 18th Meeting 

    Presentation date: 2014.07

  • 본의 혐한(嫌韓)과 외국인 혐오(嫌惡)의 공통점과 차이점

    TANABE Shunsuke  [Invited]

    OCIOLOGICAL CONFERENCE FOR THE KOREAN SOCIOLOGICAL ASSOCIATION 2019 

    Presentation date: 2019.12

  • 政党支持の安定性と情報行動─政治・社会意識と情報行動に関する共同実証研究(4)

    田辺 俊介

    第92回日本社会学会大会 

    Presentation date: 2019.10

  • 日本におけるナショナリズムの時点間比較─『国際化と市民の政治参加に関する世論調査2017』の分析(1)

    田辺 俊介

    第91回日本社会学会大会 

    Presentation date: 2018.09

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2020.09
    -
    Now

    社会調査協会  編集委員会委員

  • 2018.09
    -
    2020.09

    早稲田社会学会  編集委員会委員長

  • 2016.09
    -
    2018.09

    早稲田社会学会  研究活動委員会委員長

  • 2015.04
    -
    2017.03

    数理社会学会  研究活動委員会委員