ENDO, Mina

写真a

Affiliation

Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

  • Faculty of Political Science and Economics   School of Political Science and Economics

  • Faculty of Law   Waseda Law School

Education 【 display / non-display

  • 1994.04
    -
    1999.03

    Waseda University   Graduate School of Political Science  

  • 1992.04
    -
    1994.03

    Waseda University   Graduate School of Political Science  

  • 1983.04
    -
    1987.03

    Waseda University   School of Political Science and Economics  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学大学院政治学研究科   政治学修士

Research Experience 【 display / non-display

  • 2013.04
    -
     

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences

  • 2009.10
    -
    2013.03

    Seinan Gakuin University   Department of Law

  • 2007.04
    -
    2009.09

    Seinan Gakuin University   Department of Law

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Seinan Gakuin University   Department of Law

  • 2004.04
    -
    2005.03

    Setsunan University   Faculty of Law

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    全国憲法研究会

  •  
     
     

    ジェンダー法学会

  •  
     
     

    政治経済学会

  •  
     
     

    日本社会保障法学会

  •  
     
     

    日本比較政治学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Public law

Research Interests 【 display / non-display

  • 憲法

Papers 【 display / non-display

  • 支援・被支援の関係性と自律に関する覚書

    遠藤美奈

    同志社法学   72 ( 4 ) 79 - 106  2020.10  [Refereed]

  • 【憲法】から見る:暴力団排除条項の合憲性(最判平成27・3・27)──西宮市営住宅条例事件

    遠藤 美奈

    法学教室   ( 472 ) 25 - 29  2019.12

  • 遺族基礎年金支給対象からの父子家庭の除外と憲法14条・25条

    遠藤 美奈

    新・判例解説 Watch   ( 25 ) 21 - 24  2019.09

  • 外国人労働者の受け入れ拡大と人権保障

    遠藤 美奈

    法学セミナー   64 ( 5 ) 14 - 17  2019.04

  • 憲法上の権利とケア

    ジェンダーと法   ( 12 ) 24 - 36  2015.07

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 雇用の階層化と市民社会

    憲法理論研究会編『市民社会の現在と憲法』

    敬文堂  2021.10

  • 人権と社会的排除──排除過程の法的分析

    遠藤美奈, 植木淳, 杉山有沙( Part: Edit, 遠藤美奈「生存権と不平等──社会的排除からみえてくるもの」)

    成文堂  2021.08

  • 第1部第2章第2節 憲法

    『社会福祉学習双書』編集委員会編『社会福祉学習双書 第13巻 権利擁護を支える法制度・刑事司法と福祉』( Part: Sole author)

    全国社会福祉協議会  2020.12

  • 所得税の課税最低限と生存権──総評サラリーマン税金訴訟

    長谷部恭男・石川健治・宍戸常寿編『憲法判例百選II』〔第7版〕, 別冊ジュリスト

    有斐閣  2019.11 ISBN: 9784641115460

  • 希望のかなた

    村井誠人・大島美穂・佐藤睦朗・吉武信彦編著『映画の中の北欧』

    小鳥遊書房  2019.11

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 2015年安保関連法強行採決事件・私の意見(9)──憲法破毀の立憲的運用をめぐって

    判例時報   ( 2292 ) 146  2016.06

  • コメント──憲法学の視点から(日本法社会学会2015年度学術大会・企画関連ミニシンポジウムⅠ「平等のジェンダー法理論」)

    法社会学   ( 82 ) 123 - 127  2016.03

  • (解題)「『人間の尊厳についての三つのアプローチ』講師 遠藤比呂通先生」

    西南学院大学法学論集   41 ( 1・2合併 ) 115 - 118  2008.11

  • Law and Abortion in japan : Crime or Right?

    3rd Japanese Law Seminar, "human Life and Law in Japan : Health Law Aspect",Law school,The University of Alberta, Canada    2003

  • Oikeusvertailu Japanissa

    Markku Suksi(red), Jämförande Juridik vad, varför, hur? Oikeusvertailu : mitä, miksi, miten? (Åbo Akademi)     67 - 72  1996

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 生存権の実現における「関係性」──自律を促進する構造転換の可能性

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    遠藤 美奈

  • 地域の再生を通した持続可能な社会保障制度の再構築

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    菊池 馨実, 清水 晶紀, 西村 淳, 岡田 正則, 遠藤 美奈, 長谷川 珠子, 棟居 徳子, 池谷 秀登, 鈴木 典夫, 猪飼 周平, 川久保 寛, 秋元 美世, 上山 泰, 尾形 健, 大部 令絵

  • Doctrine of Indirect Discrimination and Methodology of Identifying Rights Violation within Social Exclusion

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2016
    -
    2017
     

  • Constitutional and Public Law Analysis about the Public Health Law System in the 21st Century

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

     View Summary

    We have done the research on the Public Health Law System of 21st Century from the standpoint of Constitutional and Public Law Jurisprudence with the practical and comparative analysis between Japan and foreign countries(for example, United states and Taiwan etc.,).
    Through this research, we have acquired the fundamental viewpoint in considering the Public Health Law System of 21st Century seriously, that is, the viewpoint of pursuing simultaneously the effective public health law system and the guarantee of individual's liberty and fundamental human rights under the Constitution of Japan of 1947.
    We have gained lots of good articles about this important research topic in the globalizing Japan.

  • Searching for the bridge between gender and citizenship

    Project Year :

    2008
    -
    2010
     

     View Summary

    This project studies on the relationship between citizenship and gender by highlighting the process of realizing the rights on gender. In this study, with some fieldworks and interviews, it is observed that the relationship of care, support and empowerment needs to be provided with a sort of multi-layered way of intimate sphere, or rather social way of it, not restricted to the traditional way, which overlaps and reinforces this horizontal relationship(of support).

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 雇用の階層化と市民社会

    憲法理論研究会春季研究総会 

    Presentation date: 2021.05

  • コメント──憲法学の視点から

    日本法社会学会2015年度学術大会・企画関連ミニシンポジウムⅠ「平等のジェンダー法理論」  (首都大学東京) 

    Presentation date: 2015.05

  • 憲法上の権利とケア

    ジェンダー法学会第12回学術大会 シンポジウムⅠ「ケアとジェンダー」  (奈良女子大学) 

    Presentation date: 2014.12

  • 基調講演:憲法25条と労働の規制緩和

    福岡弁護士会(主催)無料労働相談窓口一周年記念シンポジウム・貧困対策シンポジウム 日本弁護士連合会(共催)第56回人権擁護大会プレシンポジウム「労働の規制緩和が日本を壊す!?」  (福岡・天神ビル) 

    Presentation date: 2013.08

  • 住所による個人の把握と人権保障

    日本公法学会第77回総会  (法政大学) 

    Presentation date: 2012.10

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 生存権の実現における「関係性」──自律を促進する構造転換の可能性

    2020  

     View Summary

     本研究は、J. ネデルスキーによる、法理論における関係的アプローチを用いて、生存権実現のための制度における関係性を把握し、福祉受給者の自律が促進されるような関係性を各憲法機関について構想しようとするものである。 他者への依存を常態とし、個人と国家の相互依存が個人の自律の促進に資するよう法と権利を構想し直そうとするネデルスキーの企図は、人間の主観的な属性に依拠せず、社会における等しい重要性の承認という間主観的な理念から基本的権利を基礎づける議論とも共鳴する。本課題では、関係性アプローチを念頭に置きつつ平等命題に基づく基本的権利論の分析を行うことで、関係性と生存権の基礎付け論の交錯点が確認された。

  • 憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みに関する比較法的研究

    2019  

     View Summary

     アパルトヘイト後の南アフリカ共和国憲法の運用に関する国際的な研究の進展を契機に、社会的・経済的権利の実現方法に関する議論が諸外国において活発化している。本研究は、これらの議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みを構想することを目指すものである。本課題においてはとくにカナダでの理論的展開に着目し、現代の官僚国家を前提とした法の関係的把握に関する理論と、この理論に依拠しつつ展開された「対話としての裁量」理論の理解に努めた。この作業を通じて、これらの理論が受給者の自律が促進されるような関係性を憲法機関のそれぞれにおいて構想する手掛かりになりうるとの見通しを得た。

  • 憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みに関する比較法的研究

    2019  

     View Summary

     本研究は、活発化している社会的・経済的権利の実現方法に関する国際的な議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みの構想を目指すものである。そのため本年度は、人権の実現において司法部と政治部門の間に「対話的救済プロセス」が見いだされる諸国を対象とした研究文献の読解を進めた。この作業を通じて、たとえば南米の事例から、司法と政治部門が協働して社会正義とデモクラシーの双方が促進されうることを理解した。その一方で、対話的アプローチを機能させるには統治機関「間」の内生的な抑制と均衡にとどまらない、民意による統治権力への外生的統制など、一定の条件がありうるとの見通しを得た。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>