Updated on 2022/01/25

写真a

 
ENDO, Mina
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

  • Faculty of Political Science and Economics   School of Political Science and Economics

  • Faculty of Law   Waseda Law School

Education

  • 1994.04
    -
    1999.03

    Waseda University   Graduate School of Political Science  

  • 1992.04
    -
    1994.03

    Waseda University   Graduate School of Political Science  

  • 1983.04
    -
    1987.03

    Waseda University   School of Political Science and Economics  

Degree

  • 早稲田大学大学院政治学研究科   政治学修士

Research Experience

  • 2013.04
    -
     

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences

  • 2009.10
    -
    2013.03

    Seinan Gakuin University   Department of Law

  • 2007.04
    -
    2009.09

    Seinan Gakuin University   Department of Law

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Seinan Gakuin University   Department of Law

  • 2004.04
    -
    2005.03

    Setsunan University   Faculty of Law

  • 1999.04
    -
    2004.03

    Setsunan University   Faculty of Law

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    全国憲法研究会

  •  
     
     

    ジェンダー法学会

  •  
     
     

    政治経済学会

  •  
     
     

    日本社会保障法学会

  •  
     
     

    日本比較政治学会

  •  
     
     

    政治思想学会

  •  
     
     

    日本政治学会

  •  
     
     

    比較法学会

  •  
     
     

    日本公法学会

  •  
     
     

    憲法理論研究会

▼display all

 

Research Areas

  • Public law

Research Interests

  • 憲法

Papers

  • 支援・被支援の関係性と自律に関する覚書

    遠藤美奈

    同志社法学   72 ( 4 ) 79 - 106  2020.10  [Refereed]

  • 【憲法】から見る:暴力団排除条項の合憲性(最判平成27・3・27)──西宮市営住宅条例事件

    遠藤 美奈

    法学教室   ( 472 ) 25 - 29  2019.12

  • 遺族基礎年金支給対象からの父子家庭の除外と憲法14条・25条

    遠藤 美奈

    新・判例解説 Watch   ( 25 ) 21 - 24  2019.09

  • 外国人労働者の受け入れ拡大と人権保障

    遠藤 美奈

    法学セミナー   64 ( 5 ) 14 - 17  2019.04

  • 憲法上の権利とケア

    ジェンダーと法   ( 12 ) 24 - 36  2015.07

  • 永住外国人と生活保護受給権

    平成26年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1479号)     28 - 29  2015.04

  • 生活保護にとっての「健康で文化的な最低限度の生活」

    自由と正義   65 ( 5 ) 8 - 17  2014.05

  • フィンランドにおける格差への対応──北欧福祉国家のアイディアリズムとリアリズム

    月報司法書士   ( 502 ) 11 - 17  2013.12

  • 住所による個人の把握と人権保障

    公法研究   ( 75 ) 129 - 140  2013.10

  • 社会権:これからの社会を構想するために

    法学セミナー   57 ( 5 ) 15 - 17  2012.05

  • 佐々木惣一の「人間必需ノ生活」権――「幻の」帝国憲法改正案における最低生活保障への権利

    西南学院大学法学論集   43 ( 3・4合併 ) 43 - 72  2011.03

  • 生存と傍観―─私たちと他者

    立命館大学国際言語文化研究所立命館言語文化研究   212 ( 1 ) 115 - 141  2009.08

  • 福祉国家の憲法枠組み――フィンランドにおける社会保障の権利・平等・デモクラシー

    憲法問題   ( 20 ) 67 - 79  2009.05

  • 消費者契約法9条1号と憲法29条

    判例セレクト2007(法学教室330号別冊付録)     9  2008.02

  • (書評)冨江直子著『救貧の中の日本近代――生存の義務』

    季刊社会保障研究   43 ( 3 ) 307 - 311  2007.12

  • 格差社会と“改憲”問題

    法学セミナー   ( 634 ) 23 - 27  2007.09

  • 国民健康保険料と憲法84条

    平成18年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1332号)     10 - 11  2007.04

  • (翻訳)クオータ・民主主義・平等――フィンランドにおける普通選挙権・女性参政権100年によせて

    西南学院大学法学論集   39 ( 1 ) 1 - 39  2006.06

  • 憲法に25条がおかれたことの意味――生存権に関する今日的考察

    季刊社会保障研究   41 ( 4 ) 334 - 347  2006.03

  • 在外被爆者の健康管理手当受給権――在外被爆者手当長崎訴訟控訴審判決

    賃金と社会保障   ( 1390 ) 22 - 29  2005.03

  • 被災者自立支援金の支給における世帯主被災要件の違法性――阪神・淡路大震災被災者自立支援金訴訟・大阪高裁判決(平14.7.3)

    賃金と社会保障   ( 1361・1362合併 ) 122 - 128  2004.01

  • 「健康で文化的な最低限度の生活」再考――シティズンシップの視点から

    社会保障法   ( 18 ) 137 - 151  2003.05

  • フィンランドにおける公的扶助――生計援助の原理と制度

    海外社会保障研究   ( 137 ) 72 - 85  2001.12

  • 原爆被爆者医療給付認定における放射線起因性――長崎被爆松谷訴訟・最高裁判決(H12.7.18)

    賃金と社会保障   ( 1303 ) 52 - 58  2001.08

  • 新穀献納行事に対する公金支出の合憲性――近江八幡市献穀祭訴訟控訴審判決

    判例セレクト'99(法学教室234号別冊付録)     8  2000.03

  • 生活保護と自由の制約――憲法学からの検討

    摂南法学   ( 23 ) 33 - 60  2000.03

  • フィンランドの新しい社会権規定と生活費の保障

    北欧史研究   ( 15 ) 59 - 76  1998.05

  • 憲法研究における経験的アプローチ――フィンランド憲法を素材にしたポホヨライネン教授とフサ博士の試論をめぐって(共著)

    比較法学   31 ( 1 ) 419 - 442  1997.07

  • 近年におけるフィンランド基本法体制の変革

    早稲田政治公法研究   ( 45 ) 193 - 217  1994.08

▼display all

Books and Other Publications

  • 雇用の階層化と市民社会

    憲法理論研究会編『市民社会の現在と憲法』

    敬文堂  2021.10

  • 人権と社会的排除──排除過程の法的分析

    遠藤美奈, 植木淳, 杉山有沙( Part: Edit, 遠藤美奈「生存権と不平等──社会的排除からみえてくるもの」)

    成文堂  2021.08

  • 第1部第2章第2節 憲法

    『社会福祉学習双書』編集委員会編『社会福祉学習双書 第13巻 権利擁護を支える法制度・刑事司法と福祉』( Part: Sole author)

    全国社会福祉協議会  2020.12

  • 所得税の課税最低限と生存権──総評サラリーマン税金訴訟

    長谷部恭男・石川健治・宍戸常寿編『憲法判例百選II』〔第7版〕, 別冊ジュリスト

    有斐閣  2019.11 ISBN: 9784641115460

  • 希望のかなた

    村井誠人・大島美穂・佐藤睦朗・吉武信彦編著『映画の中の北欧』

    小鳥遊書房  2019.11

  • トピックからはじめる統治制度:憲法から考える〔第2版〕

    遠藤 美奈( Part: Joint author)

    有斐閣  2019.09

  • 「生存権論の現況と展開」

    尾形健編著, 福祉権理論の現代的展開

    日本評論社  2018.06

  • 「社会保障からの排除と法──フィンランドにおける議論から」

    浅倉むつ子, 西原博史編著, 平等権と社会的排除, 人権と差別禁止法理の過去, 現在, 未来』

    成文堂  2017.02

  • 「朝日訴訟」「全農林警職法事件」「小選挙区比例代表並立制の合憲性」「ロッキード事件丸紅ルート」

    吉田仁美, 渡辺暁彦編, 憲法判例クロニクル』

    ナカニシヤ出版  2016.05

  • 「国民年金法の国籍要件の合憲性」

    岩村正彦編, 社会保障判例百選, 別冊ジュリス

    有斐閣  2016.05

  • 「24時間365日『全体の奉仕者』?──公務員の不自由」

    阿部昌樹, 和田仁孝編, 新入生のためのリーガルトピック』

    法律文化社  2016.04

  • 『憲法[第4版]』

    川岸令和, 遠藤美奈, 君塚正臣, 藤井樹也, 高橋義人

    青林書院  2016.03

  • 「食糧管理法事件」「朝日訴訟」「堀木訴訟」「中嶋訴訟」「老齢加算事件」「永住外国人生活保護訴訟」

    大沢秀介, 大林啓吾編, 判例アシスト憲法

    成文堂  2016.03

  • 「雇用・社会保障」

    佐々木弘通, 宍戸常寿編著, 現代社会と憲法学

    弘文堂  2015.11

  • 『トピックから始める統治制度:憲法を考える』

    笹田栄司, 原田一明, 山崎友也, 遠藤美奈

    有斐閣  2015.10

  • 「所得税の課税最低限と生存権──総評サラリーマン税金訴訟」

    長谷部恭男, 石川健治, 宍戸常寿編, 憲法判例百選II, 第6版〕, 別冊ジュリスト

    有斐閣  2013.12 ISBN: 9784641115187

  • 「『生存』権を超えて――25条へのひとつの視座」

    憲法理論研究会編著, 危機的状況と憲法, 憲法理論

    弘文堂  2012.11

  • 「北欧」(第1章各国憲法史~第14章手続的権利に所収)

    君塚正臣編著, 比較憲法

    ミネルヴァ書房  2012.10

  • 「『原理論の語り』と人権――フィンランドの無住居者政策」

    石埼学, 遠藤比呂通編, 沈黙する人権

    法律文化社  2012.05

  • 「演習(ゼミ)ってなに?」「市議会を傍聴しよう」

    西南法学基礎教育研究会, 法学部ゼミガイドブック──―ディベートで鍛える論理的思考力

    法律文化社  2012.04

  • 「『健康で文化的な最低限度の生活』とは何か――『生存』権と労働の憲法的再審」

    山森亮編, 労働再審, 労働と生存権

    大月書店  2012.01

  • 『憲法[第3版]』

    川岸令和, 遠藤美奈, 君塚正臣, 藤井樹也, 高橋義人

    青林書院  2011.10

  • 『新版 社会保障・社会福祉判例大系 第1巻 憲法と社会保障制度』

    尾形健, 葛西まゆこ, 遠藤美奈

    旬報社  2009.08

  • 「第10章 フィンランド憲法の歩み――ランド法から『フィンランド基本法』まで」「第11章 フィンランドの地方自治――『住民の共同体』の分権と自立」「第12章 スウェーデン語系住民の地位――二つの『国語』と言語への権利」「第13章 非武装と自治の島々――オーランド諸島」

    百瀬宏, 石野裕子編著, フィンランドを知るための

    明石書店  2008.07

  • 「障害福祉年金と児童扶養手当の併給禁止と違憲性――堀木訴訟」

    西村健一郎, 岩村正彦編, 社会保障判例百選, 別冊ジュリス

    有斐閣  2008.05

  • 「社会権・生存権」

    佐藤進, 小倉襄二監修, 山路克文, 加藤博史編, 現代社会保障, 福祉小事典

    法律文化社  2007.02

  • 『憲法[新版]』

    川岸令和, 遠藤美奈, 君塚正臣, 藤井樹也, 高橋義人

    青林書院  2005.03

  • 「人間はみな平等」「憲法の禁止する差別」「男女は平等」「人間らしい生活をする権利」「生存権」「教育をうける権利」「はたらく権利」「はたらく人の権利」「国民の3つの義務」

    角替晃監修, 日本国憲法

    ポプラ社  2005.03

  • 「健康で文化的な最低限度の生活」の複眼的理解――自律と関係性の観点から」

    齋藤純一編, 講座福祉国家のゆくえ第, 巻 社会的連帯の理由

    ミネルヴァ書房  2004.03

  • 「第3章日本国憲法はどのように運用されてきたか」「第7章家族と憲法」「第8章思想・良心の自由」「第20章憲法解釈とは何か」

    市川正人編著, プリメール憲法

    法律文化社  2004.03

  • 「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」「原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律」「戦傷病者戦没者遺族等援護法」「戦傷病者特別援護法」

    佐藤幸治他編, コンサイス法律学用語辞典

    三省堂  2003.12

  • 「『健康で文化的な最低限度の生活』再考――困窮者のシティズンシップをめぐって」

    飯島昇蔵, 川岸令和編, 憲法と政治思想の対話――デモクラシーの広がりと深まりのために

    新評論  2002.07

  • 『憲法』

    川岸令和, 遠藤美奈, 君塚正臣, 藤井樹也, 高橋義人

    青林書院  2002.04

  • 「カッリオ」「カレヴァラ」「シベリウス」「スネルマン」「タンネル」「パーシキヴィ」「フィンランド大公国」「マンネルヘイム」「リュティ」

    西川正雄他編, 角川世界史辞典

    角川書店  2001.10

  • (翻訳)「永住市民の政治的権利――1945年~1987年」

    トーマス・ハンマー著, 近藤敦監, 永住市民と国民国家

    明石書店  1999.04

  • "Oikeusvertailu Japanissa (valtiossääntöoikeuden tutkimuksen valossa)"

    Markku Suksi, Jämförande Juridik, vad, varför, hur? Oikeusvertailu, mitä, miksi, miten?

    Åbo Akademi  1996

▼display all

Misc

  • 2015年安保関連法強行採決事件・私の意見(9)──憲法破毀の立憲的運用をめぐって

    判例時報   ( 2292 ) 146  2016.06

  • コメント──憲法学の視点から(日本法社会学会2015年度学術大会・企画関連ミニシンポジウムⅠ「平等のジェンダー法理論」)

    法社会学   ( 82 ) 123 - 127  2016.03

  • (解題)「『人間の尊厳についての三つのアプローチ』講師 遠藤比呂通先生」

    西南学院大学法学論集   41 ( 1・2合併 ) 115 - 118  2008.11

  • Law and Abortion in japan : Crime or Right?

    3rd Japanese Law Seminar, "human Life and Law in Japan : Health Law Aspect",Law school,The University of Alberta, Canada    2003

  • Oikeusvertailu Japanissa

    Markku Suksi(red), Jämförande Juridik vad, varför, hur? Oikeusvertailu : mitä, miksi, miten? (Åbo Akademi)     67 - 72  1996

  • Muutama lisäys ”Japanin valtiosääntöjärjestelmään”

    Oikeus   1995 ( 1 ) 75 - 76  1995.03

▼display all

Research Projects

  • 生存権の実現における「関係性」──自律を促進する構造転換の可能性

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    遠藤 美奈

  • 地域の再生を通した持続可能な社会保障制度の再構築

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    菊池 馨実, 清水 晶紀, 西村 淳, 岡田 正則, 遠藤 美奈, 長谷川 珠子, 棟居 徳子, 池谷 秀登, 鈴木 典夫, 猪飼 周平, 川久保 寛, 秋元 美世, 上山 泰, 尾形 健, 大部 令絵

  • Doctrine of Indirect Discrimination and Methodology of Identifying Rights Violation within Social Exclusion

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2016
    -
    2017
     

  • Constitutional and Public Law Analysis about the Public Health Law System in the 21st Century

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

     View Summary

    We have done the research on the Public Health Law System of 21st Century from the standpoint of Constitutional and Public Law Jurisprudence with the practical and comparative analysis between Japan and foreign countries(for example, United states and Taiwan etc.,).
    Through this research, we have acquired the fundamental viewpoint in considering the Public Health Law System of 21st Century seriously, that is, the viewpoint of pursuing simultaneously the effective public health law system and the guarantee of individual's liberty and fundamental human rights under the Constitution of Japan of 1947.
    We have gained lots of good articles about this important research topic in the globalizing Japan.

  • Searching for the bridge between gender and citizenship

    Project Year :

    2008
    -
    2010
     

     View Summary

    This project studies on the relationship between citizenship and gender by highlighting the process of realizing the rights on gender. In this study, with some fieldworks and interviews, it is observed that the relationship of care, support and empowerment needs to be provided with a sort of multi-layered way of intimate sphere, or rather social way of it, not restricted to the traditional way, which overlaps and reinforces this horizontal relationship(of support).

  • Legal Theory of Aging Society

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2005
    -
    2007
     

    TAKADA Atsushi, TAKAI Hiroyuki, NAKAYAMA Ryuichi, ENDO Mina, OGATA Ken, TSUDA Sayuri

     View Summary

    This joint Research inquires the "Legal Theory" as Meta-theory of jurisprudence, that can reflect on a variety of legal phenomena in the "Aging Society".
    In the first stage of the research we focused our target mainly on legal phenomena in the field of Public Law, and developed the legal theory of Public Law about the Aging Society, which consists of the theory of rights and that of building and application of Law. In the second stage we investigated through discussions with specialists of Private Law, how far these theories can be applied to phenomena in the field of Private Law.
    Through our joint research the comprehensive "Legal Theory of Aging Society' can be developed. In the-theory of rights we build up the typology of rights, which can distinguish forms of rights in the "Aging Society". In the theory of building and application of Law we tried to develop ways of observations, which describe phenomena of building and application of Law in the "Aging Society' as cycle.
    We tried to have many opportunities to show specialists in practice results of our Research. Their reactions were very positive. In the rapid changing to the "Aging Society" they are confused and ask seriously for the "theory", which can reflect on complex and changing problems. This Theory can give the orientation to specialists not only in science but also in practice, who struggle with legal phenomena in the "Aging Society".

  • Legal Theory of Aging Society

    Project Year :

    2005
    -
    2007
     

     View Summary

    This joint Research inquires the "Legal Theory" as Meta-theory of jurisprudence, that can reflect on a variety of legal phenomena in the "Aging Society".
    In the first stage of the research we focused our target mainly on legal phenomena in the field of Public Law, and developed the legal theory of Public Law about the Aging Society, which consists of the theory of rights and that of building and application of Law. In the second stage we investigated through discussions with specialists of Private Law, how far these theories can be applied to phenomena in the field of Private Law.
    Through our joint research the comprehensive "Legal Theory of Aging Society' can be developed. In the-theory of rights we build up the typology of rights, which can distinguish forms of rights in the "Aging Society". In the theory of building and application of Law we tried to develop ways of observations, which describe phenomena of building and application of Law in the "Aging Society' as cycle.
    We tried to have many opportunities to show specialists in practice results of our Research. Their reactions were very positive. In the rapid changing to the "Aging Society" they are confused and ask seriously f

  • 「健康で文化的な最低限度の生活」像に関する憲法学的・実証的研究

    科学研究費助成事業(摂南大学)  科学研究費助成事業(若手研究(B))

    Project Year :

    2002
    -
    2003
     

     View Summary

    本年度は、本研究における2つの課題(〔課題1〕日本国憲法25条1項の規範内容の明確化、〔課題2〕課題1の作業を通じて明らかにされた規範内容に適合的な「セーフティーネット」の構想)につき、前年度に引き続いて具体的作業を行った。
    課題1については、まず、「健康で文化的な最低限度の生活」を憲法解釈として構想する際には、その根底に憲法11条前段における基本的人権の普遍性が組み込まれていなければならないことを確認し、そのうえで内外におけるシティズンシップをめぐる政治理論を参照しつつ、社会へのコミットメント(対国家・公権力、および対他者)と自律の確保をその要素として含む最低生活像の条件抽出を試みた。
    以上の作業によって構築された生活像に照らし、課題2への取り組みとして、セーフティーネットの要素となる現行の社会保障諸制度について批判的な検討を行った。ここでは、失業者のみならず、高齢者、心身障害者、子どもの最低生活実現制度につ

  • フィンランド憲法関連法案を素材にした憲法政策形成モデル構成の試み

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    Project Year :

    1998
     
     
     

    遠藤 美奈

▼display all

Presentations

  • 雇用の階層化と市民社会

    憲法理論研究会春季研究総会 

    Presentation date: 2021.05

  • コメント──憲法学の視点から

    日本法社会学会2015年度学術大会・企画関連ミニシンポジウムⅠ「平等のジェンダー法理論」  (首都大学東京) 

    Presentation date: 2015.05

  • 憲法上の権利とケア

    ジェンダー法学会第12回学術大会 シンポジウムⅠ「ケアとジェンダー」  (奈良女子大学) 

    Presentation date: 2014.12

  • 基調講演:憲法25条と労働の規制緩和

    福岡弁護士会(主催)無料労働相談窓口一周年記念シンポジウム・貧困対策シンポジウム 日本弁護士連合会(共催)第56回人権擁護大会プレシンポジウム「労働の規制緩和が日本を壊す!?」  (福岡・天神ビル) 

    Presentation date: 2013.08

  • 住所による個人の把握と人権保障

    日本公法学会第77回総会  (法政大学) 

    Presentation date: 2012.10

  • 「生存」権を超えて――25条へのひとつの視座

    憲法理論研究会第4回ミニ・シンポジウム  (早稲田大学) 

    Presentation date: 2011.07

  • 佐々木惣一の帝国憲法改正案における「最低生活保障への権利」

    九州法学会第116回学術大会  (宮崎産業経営大学) 

    Presentation date: 2011.06

  • 生存と傍観――「私たち」と他者

    2008年度立命館大学国際言語文化研究所秋季企画 連続講座「国民国家と多文化社会」第19シリーズ 格差拡大社会とグローバリズム  (立命館大学) 

    Presentation date: 2008.11

  • 福祉国家の憲法枠組み――フィンランドにおける社会保障の権利・平等・デモクラシー

    全国憲法研究会秋季研究総会  (國學院大學) 

    Presentation date: 2008.10

  • Law and Abortion in Japan: Crime or Right?

    3rd Japanese Law Seminar, “Human Life and Law in Japan: Health Law Aspect”  (The University of Alberta) 

    Presentation date: 2003.09

  • 「健康で文化的な最低限度の生活」再考――シティズンシップの視点から

    日本社会保障法学会第42回大会  (山口大学) 

    Presentation date: 2002.10

  • Oikeusvertailu Japanissa (valtiossääntöoikeuden tutkimuksen valossa)

    Symposiet i serien 'Offentligrättslig forskning i Finland - Julkisoikeudellinen tutkimus Suomessa'  (Åbo Akademi)  Rättsvetenskapliga institionen, Åbo Akademi

    Presentation date: 1996.06

▼display all

Specific Research

  • 生存権の実現における「関係性」──自律を促進する構造転換の可能性

    2020  

     View Summary

     本研究は、J. ネデルスキーによる、法理論における関係的アプローチを用いて、生存権実現のための制度における関係性を把握し、福祉受給者の自律が促進されるような関係性を各憲法機関について構想しようとするものである。 他者への依存を常態とし、個人と国家の相互依存が個人の自律の促進に資するよう法と権利を構想し直そうとするネデルスキーの企図は、人間の主観的な属性に依拠せず、社会における等しい重要性の承認という間主観的な理念から基本的権利を基礎づける議論とも共鳴する。本課題では、関係性アプローチを念頭に置きつつ平等命題に基づく基本的権利論の分析を行うことで、関係性と生存権の基礎付け論の交錯点が確認された。

  • 憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みに関する比較法的研究

    2019  

     View Summary

     アパルトヘイト後の南アフリカ共和国憲法の運用に関する国際的な研究の進展を契機に、社会的・経済的権利の実現方法に関する議論が諸外国において活発化している。本研究は、これらの議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みを構想することを目指すものである。本課題においてはとくにカナダでの理論的展開に着目し、現代の官僚国家を前提とした法の関係的把握に関する理論と、この理論に依拠しつつ展開された「対話としての裁量」理論の理解に努めた。この作業を通じて、これらの理論が受給者の自律が促進されるような関係性を憲法機関のそれぞれにおいて構想する手掛かりになりうるとの見通しを得た。

  • 憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みに関する比較法的研究

    2019  

     View Summary

     本研究は、活発化している社会的・経済的権利の実現方法に関する国際的な議論を参照し分析することを通じて、憲法機関の協働を通じた生存権の実現枠組みの構想を目指すものである。そのため本年度は、人権の実現において司法部と政治部門の間に「対話的救済プロセス」が見いだされる諸国を対象とした研究文献の読解を進めた。この作業を通じて、たとえば南米の事例から、司法と政治部門が協働して社会正義とデモクラシーの双方が促進されうることを理解した。その一方で、対話的アプローチを機能させるには統治機関「間」の内生的な抑制と均衡にとどまらない、民意による統治権力への外生的統制など、一定の条件がありうるとの見通しを得た。

 

Syllabus

▼display all