松本 淳 (マツモト ジュン)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/jmatsumoto/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(理学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本大気化学会

  •  
     
     

    大気環境学会

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    日本分析化学会

  •  
     
     

    室内環境学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 大気環境化学、光化学オキシダント、窒素酸化物

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurements of total ozone reactivity in a suburban forest in Japan

    Jun Matsumoto

    Atmospheric Environment   246   117990 - 117990  2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

    DOI

  • 生物起源揮発性有機化合物とその反応性の測定

    松本淳

    大気化学研究   43   043A01  2020年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 粒子状有機硝酸連続測定装置の開発

    向井 智樹, 松本 淳, 松岡 雅也, 定永 靖宗

    大気環境学会誌   54 ( 6 ) 195 - 201  2019年11月  [査読有り]

  • Ground-based observation of lightning-induced nitrogen oxides at a mountaintop in free troposphere

    Ryuichi Wada, Y. Sadanaga, S. Kato, N. Katsumi, Hiroshi Okochi, Y. Iwamoto, K. Miura, H. Kobayashi, M. Kamogawa, Jun Matsumoto, S. Yonemura, Y. Matsumi, M. Kajino, S. Hatakeyama

    Journal of Atmospheric Chemistry   76 ( 2 ) 133 - 150  2019年05月  [査読有り]

    DOI

  • Ground-based observation of lightning-induced nitrogen oxides at a mountaintop in free troposphere

    Wada R, Sadanaga Y, Kato S, Katsumi N, Okochi H, Iwamoto Y, Miura K, Kobayashi H, Kamogawa M, Matsumoto J, Yonemura S, Matsumi Y, Kajino M, Hatakeyama S

    Journal of Atmospheric Chemistry   75 ( 2 ) 103 - 110  2019年04月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大気環境の事典

    大気環境学会( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2019年09月 ISBN: 9784254180541

  • はじめての大気環境化学

    松本 淳

    コロナ社  2015年04月 ISBN: 9784339066364

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大気環境学会論文賞(学生・若手部門)

    2020年09月   公益社団法人 大気環境学会   粒子状有機硝酸連続測定装置の開発  

    受賞者: 向井 智樹, 松本 淳, 松岡 雅也, 定永 靖宗

  • 早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)

    2018年02月   早稲田大学  

  • 大気環境学会論文賞(原著論文)

    2014年09月   公益社団法人 大気環境学会   レーザー誘起蛍光法に基づく大気中ポテンシャルオゾンの測定  

    受賞者: 松本淳

  • 大気環境学会論文賞(学術部門)

    2011年09月   公益社団法人 大気環境学会   レーザー多光子イオン化法を用いたモード走行中自動車排気に関する個別成分のリアルタイム分析と OH ラジカル反応性の評価  

    受賞者: 松本 淳, 三澤健太郎, 石内俊一, 林 俊一, 藤井正明, 田中光太郎, 山田裕之, 後藤雄一

  • 第69回分析化学討論会若手ポスター賞

    2008年05月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オゾン反応性計測に基づく植物由来揮発性有機化合物の放出特性把握

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    これまで独自に構築してきたオゾン反応性(RO3)測定装置を活用し、新たに枝エンクロージャー法と組み合わせたRO3としてのVOCs放出速度測定システムを実現する。そのうえで、植物から大気に放出される生物由来揮発性有機化合物BVOCsの放出特性を把握する方法論の確立を目指す。さらに、実用試験として実際の森林にある植物を対象とするRO3としてのBVOCs放出測定を試みる。これにより、近い将来に光化学オキシダント・PM2.5・気候変動といった大気環境問題へのBVOCsのインパクトをいっそう詳しく議論できるようになると期待される

  • 森林大気のオゾン反応性計測に基づく植物由来揮発性有機化合物の動態解析への挑戦

    研究期間:

    2017年06月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    これまでに構築したオゾン反応性(RO3)測定装置を改良したうえで、森林にて実大気試料のRO3の測定と解析に挑戦し、生物起源揮発性有機化合物BVOCsの挙動把握を試みた。同時測定した個別成分濃度とRO3値を検証した結果、セスキテルペン類など個別未測定成分のRO3への寄与(missing RO3)を夏季日中に有意に捕捉した。また、RO3値の気温と光量への依存性から周辺樹種の分布状況やBVOCs放出特性を検証できる事例を示した。以上のように、実際の森林大気試料のRO3測定とBVOCs挙動把握の試みに初めて成功し、森林放出BVOCs把握におけるRO3測定や解析手順の有効性が示された。PM2.5や対流圏オゾンO3などの大気汚染問題において、人為発生源の効果的な対策には、自然発生源の把握が前提となる。揮発性有機化合物VOCsに関しては、樹木から放出される生物起源VOCs(BVOCs)が注目されるが、多様なVOCsの濃度と反応特性を個別成分分析により網羅するのは困難である。代表者はBVOCsがO3と反応しやすい点に注目し、オゾン反応性RO3としてBVOCsを包括測定する装置を構築してきた。本研究にてRO3計による森林大気観測とBVOCs挙動把握の試みに成功したことは、大気化学において学術的に有意義であるうえ、効果的な対策につながる第一歩として社会的にも期待される

  • 森林大気のオゾン反応性計測に基づく植物由来揮発性有機化合物の動態解析への挑戦

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • 大気質診断のための有機硝酸生成能の計測

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    二次有機エアロゾルや光化学オキシダントの大気質診断には、揮発性有機化合物 VOC と大気ラジカルの反応に伴う有機硝酸 ONs 生成の把握が必要となる。本研究では、ONs 計と化学的摂動法を組み合わせた ONs 生成能計測に挑戦した。数種の VOC について ONs 生成能を比較したうえ、ONs 生成分岐比の定量を実現した。今後は、ONs 生成特性が未報告の VOC への応用が期待される

  • 二次有機エアロゾル生成評価のための有機硝酸全量の計測

    新学術領域研究(公募研究)

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    揮発性有機化合物 VOCを前駆体とする大気中での二次有機エアロゾル粒子SOAの生成過程において、その中間生成物として有機硝酸類ANsが注目されている。本研究では、LIF-NO2を用いたANs全量計測装置を構築し、SOA生成過程におけるANsの挙動解明への貢献を目指す。前年度は、(1)TD-LIF法によるガス状有機硝酸全量計の構築、(2)フィルタ法やデニューダー法を組み合わせた粒子状ANs全量計測、(3)テフロンバッグを用いた初期的な反応実験におけるSOA中ANs全量の検出、を実現した。本年度は以下を実施した:(4)複数LIF装置による多試料同時計測法により、NO2やANsの同時またはモード切替による測定法を確立した。また、熱分解装置TDの温度設定に対する成分検出特性等を詳細に調べ、設定温度が妥当であることを確認した。(5)ピネン以外のVOC成分についても、反応実験と粒子状有機硝酸全量を測定し、実験例を蓄積した。有機硝酸全量の検出特性を成分ごとのラジカル反応特性と比較検証して、SOA生成について検討した。その結果、リモネン、α-ピネンはSOA(粒子状ANs)を多く生成したが、イソプレン・スチレン・シクロヘキサンは粒子状ANs生成量は小さかった。成分や濃度などの条件ごとに、粒子状ANs生成量を直接把握し、SOA生成を議論できるようにした。さらに、有機硝酸類ANs、ペルオキシアセチルナイトレート類PANs、NO2、などの窒素酸化物の内訳、およびそのガス-粒子分配比の定量にも成功し、ANsほかのSOA生成過程における内訳・分配比を知ることができるようになった。また、レーザーパーティクルカウンターによる生成SOA粒子数測定とも比較した結果、二次生成するANsがSOAの「成長」に寄与する場合があることを捕捉した。24年度が最終年度であるため、記入しない。24年度が最終年度であるため、記入しない

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • オゾン反応性全量計の実大気観測試験とテルペン-オゾン反応研究への応用

    松本淳

    地球大気化学国際会議2018   (高松市) 

    発表年月: 2018年09月

  • 生物起源揮発性有機化合物のオゾン反応性全量としての測定装置の改良と気相反応研究への応用

    松本 淳

    IGAC2016   (Breckenridge, Colorado) 

    発表年月: 2016年09月

  • 大気中OxとNOxの秒単位での連続同時観測に基づく個々のNOx放出イベントでのNO2/NOx比の測定

    Jun Matsumoto

    13th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality (ASAAQ13)   (神戸) 

    発表年月: 2015年11月

  • 生物起源揮発性有機化合物BVOCsのオゾン反応性計測

    Jun Matsumoto  [招待有り]

    1st OH Reactivity Specialists Uniting Meeting (ORSUM), Mainz, Germany   (Mainz) 

    発表年月: 2014年10月

  • 実大気中のOxとNOxの同時リアルタイム測定に基づく東京郊外でのNOx放出特性の把握

    Jun Matsumoto

    AGU Fall Meeting 2013   (San Francisco) 

    発表年月: 2013年12月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 植物起源揮発性有機化合物のオゾン反応性としての包括把握のための装置汎用化の試み

    2020年  

     概要を見る

    A unique system that uses the total reactivity with ozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatile organic compounds (BVOCs) emitted from vegetation into the atmosphere. Recently, the RO3 analyzer has been applied to ambient observation in a forest atmosphere and BVOCs emission have been discussed. However, the analyzer is still not versatile due to ozone analyzers in the system. In order to realize field observations in various environments, it is necessary to construct the versatile RO3 monitor. In this study, fundamental experiments were conducted as follows: (1) Instead of highly sensitive ozone analyzers (handmade, chemiluminescence technique), less sensitive O3 monitors (commercial-based, UV absorption technique) were utilized to measure ozone reduction due to VOCs reactions. As a result of preliminary characterization and calibration of the prototype of versatile RO3 analyzer, the limit of detection reached 3 x 10-5 s-1 (S/N=3, 600-s average). (2) Then, as a practical test of the versatile RO3 analyzer, measurements of RO3 in the vapor sample of cryptomeria japonica leaf essential oil were demonstrated. The trace level signal of RO3 was captured. Consequently, it was confirmed experimentally that the versatile system could be promising for capturing BVOCs emission as RO3. 

  • オゾン反応性計測に基づく揮発性有機化合物の放出把握に関する基礎実験

    2019年  

     概要を見る

    Aunique system that uses the total reactivity with ozone (RO3) has beendeveloped for measuring biogenic volatile organic compounds (BVOCs) emittedfrom vegetation into the atmosphere. Recently, the sensitivity of the ozonemonitor in the analyzer has been improved. In this study, fundamentalexperiments were conducted as follows: (1) Enclosureslike Teflon bags were prepared in order to gather BVOCs samples emitted from plants;(2) Preliminary evaluation of the RO3 analyzer equipped with the enclosure wasconducted for standard samples; (3) Practical tests of the system wereconducted for real plants like 'lemonthyme' in the Teflon bag. Consequently, itwas confirmed experimentally that the system couldbe useful for capturing the characteristics of BVOCs emission.

  • 森林大気のオゾン反応性計測に基づく植物由来揮発性有機化合物の動態解析への挑戦

    2019年   加藤俊吾

     概要を見る

    Aunique system that uses the total reactivity with ozone (RO3) has beendeveloped for measuring biogenic volatile organic compounds (BVOCs) emitted fromvegetation into the atmosphere. Recently, the sensitivity of the ozone monitorin the analyzer has been improved. In this study, additional observations and fundamentalexperiments were conducted as follows: (1) In 2019, observations of atmosphericRO3 in the forest were conducted intermittently on Aug. 1, 2, 4, 5, and continuouslyfrom Aug. 6 to 11. (2) Preliminary evaluation of the RO3 analyzer equipped withan enclosure was conducted for standard BVOCs samples like isoprene and simulatedBVOCs samples emitted from a real plant, 'lemonthyme' in the enclosure.Consequently, it was confirmed experimentally that the RO3 system could beuseful for ambient observation in the forest and for capturing the characteristics of BVOCsemission from plants.

  • 燃料蒸発ガス中オレフィン類の挙動をオゾン反応性として包括的に把握する試み

    2018年  

     概要を見る

     Aunique system that uses the total reactivity with ozone (RO3) has beendeveloped for measuring biogenic volatile organic compounds (BVOCs) emittedfrom vegetation into the atmosphere. Recently, the sensitivity of the ozonemonitor in the analyzer has been improved. Additionally, as another applicationof improved RO3 analyzer, measurements of evaporative emissions from gasolinevehicles were explored preliminarily. In this study, (1) gasoline vapor wascaptured as RO3 successfully in the laboratory, (2) breakthrough emissions ofgasoline vapors were simulated by use of charcoal filter and the vapors were significantlycaptured as RO3.

  • オゾン反応性の反応温度依存性計測により植物由来成分の大気放出特性を解明する試み

    2017年  

     概要を見る

    A unique system that uses the total reactivity withozone (RO3) has been developed for measuring biogenic volatile organiccompounds (BVOCs) emitted from vegetation into the atmosphere. Recently, thesensitivity of the ozone monitor in the analyzer has been improved.Additionally, as another application of improved RO3 analyzer, temperaturedependence of rate coefficients, k(T), of the reaction linalool+O3 wasexperimentally determined successfully. In this study, temperature dependenceof ozone reactivity, RO3(T), of real samples emitted from plants wasexperimentally determined. As practical tests, the tangerine peals and the coffeebeans were used as the simulated sources of BVOCs into the air.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    2020年07月

    大気環境学会  AJAE誌編集委員

  • 2015年10月
    -
     

    自動車技術会  大気環境技術・評価部門委員会 委員

  • 2015年09月
     
     

    大気環境学会  第56回年会 実行委員会 企画委員長

  • 2015年04月
    -
     

    日本学術会議  環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会IGAC小委員会 委員

  • 2010年08月
    -
    2012年07月

    大気環境学会  編集実務委員

全件表示 >>