高橋 利枝 (タカハシ トシエ)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

ホームページ

http://blogs.harvard.edu/toshietakahashijp/

プロフィール

早稲田大学文学学術院教授。専門はメディア・コミュニケーション研究。人工知能やロボット、スマートフォン、SNSなどを人文・社会科学の立場から分析。2019年「チューリング賞」受賞者ヨシュア・ベンジオ氏らとAI Impact Allianceエキスパート・アドバイザーに就任。人工知能の社会的インパクトやロボットの利活用などについて、ハーバード大学やケンブリッジ大学と国際共同研究を行っている。

お茶の水女子大学理学部数学科卒業(理学士:数学)。東京大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士:社会情報学)。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。英国ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)大学院博士課程修了Ph.D.取得 (社会科学博士:メディア・コミュニケーション学)。現在、早稲田大学文学学術院教授。

2010年オックスフォード大学教育学部客員リサーチ・フェロー、2010-2011年ハーバード大学バークマン研究所ファカルティ・フェローとして招聘され、「若者とデジタルメディア」に関する国際共同研究を行う。この研究成果をもとに出版された『デジタル・ウィズダムの時代へ :若者とデジタルメディアのエンゲージメント』(新曜社, 2016年) は、2016年度テレコム社会科学賞入賞を受賞した。

2018-19年ケンブリッジ大学、コロンビア大学客員研究員。2018-19年ハーバード大学バークマンクライン研究所ファカルティ・アソシエイトとして招聘され、「人工知能(AI)の社会的インパクト」に関する国際共同研究を行う。

主な著書は単著書として『デジタル・ウィズダムの時代へ :若者とデジタルメディアのエンゲージメント』(新曜社, 2016, テレコム社会科学賞入賞), “Audience Studies”(Routledge, 2009)。単著論文として「人工知能(AI)とロボットがもたらす社会的インパクト:「ヒューマン・ファースト・イノベーション」に向けて」(情報システム学会誌, Vol.14, No.2, 2019.3). 「デジタル・ウィズダム−AI社会に向けて」(社会情報学, 第6巻3号 pp.1-18, 2018年)。分担執筆として“The Language of Social Media: Community and Identity on the Internet”. (Palgrave, 2014),”Deconstructing Digital Natives”(Routledge, 2011)、”International Handbook of Children, Media and Culture”(Sage, 2008)他多数。

AI Impact Allianceエキスパート・アドバイザー。オックスフォード大学ケロッグカレッジコモンルームメンバー。米学術雑誌”Television and New Media” (Sage) 編集委員。英学術雑誌”Global Media and Communication” (Sage) インターナショナル・アドバイザリーボード。情報通信白書アドバイザリーボード。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ロンドンスクール・オブ・エコノミクス大学   メディア・アンド・コミュニケーションズ  

  •  
     
     

    東京大学   人文社会系研究科   社会文化研究  

  •  
     
     

    東京大学   社会学研究科   社会情報学  

  •  
     
     

    お茶の水女子大学   理学部   数学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学   理学士

  • 東京大学   修士号

  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス大学   博士号

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   教授

  • 2019年05月
    -
    2019年09月

    ハーバード大学   バークマン・クライン研究所   ファカルティ・アソシエイト

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    コロンビア大学   客員研究員

  • 2018年09月
    -
    2019年08月

    ケンブリッジ大学   客員研究員

  • 2006年04月
    -
    2012年04月

    立教大学 社会学部 メディア社会学科 、 准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    国際コミュニケーション学会

  •  
     
     

    情報通信学会

  •  
     
     

    日本マス・コミュニケーション学会

  •  
     
     

    国際メディア・コミュニケーション学会

  •  
     
     

    オックスフォード大学ケロッグカレッジコモンルームメンバー

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • メディア・コミュニケーション

  • スマートフォン

  • ソーシャルメディア

  • ロボット

  • 人工知能

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • The Digital Good Life in Asia’s 21st Century

    高橋 利枝( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Creating the Self in the Digital Age: Young People and Mobile Social Media)

    Digital Asia Hub  2016年

  • デジタルウィズダムの時代へ : 若者とデジタルメディアのエンゲージメント

    高橋 利枝

    新曜社  2016年 ISBN: 9784788514959

  • The Language of Social Media: Community and Identity on the Internet

    高橋 利枝( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Youth, Social Media and Connectivity in Japan.)

    Palgrave Macmillan  2014年

  • Deconstructing Digital Natives: Young People, Technology and the New Literacies.

    高橋利枝( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Japanese Youth and Mobile Media)

    Routledge  2011年

  • Audience studies : a Japanese perspective

    高橋 利枝

    Routledge  2010年 ISBN: 9780415800136

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 人工知能(AI) とロボットがもたらす社会的インパクト:「ヒューマン・ファースト・イノベーション」に向けて

    高橋 利枝

    情報システム学会誌   14 ( 2 ) 7 - 17  2019年

     概要を見る

    本論文の目的は,人工知能(AI)やロボットがもたらす社会的インパクトを理論的かつ経験的に捉えることである.まず理論枠組みとして,これまで理論と経験的調査研究との往還運動を通して発展させてきた「コミュニケーションの複雑性モデル」について紹介をする.次に,AIやロボットに関する日本と西欧の差異についてアプローチしていく.両者の差異に関しては,これまで思想や宗教的な観点から主に多く説明されてきた.そのため本稿では,ケンブリッジ大学との共同研究「グローバル・AIナラティブ」プロジェクトから,1920年代以降のAIナラティブについて社会経済的な力学から考察を試みたいと思う.さらに人とAI/ロボットとのエンゲージメントに関する実態について,現在行なっている2つの調査研究—若者とAI調査,高齢者のロボット・エンゲージメントから考察する.最後に今後のAI/ロボット開発において必要な「ヒューマン・ファースト・イノベーション」について提案したいと思う.

    CiNii

  • デジタルウィズダム:AI(人工知能)社会に向けて

    高橋利枝, 吉田純

    社会情報学(Web)   6 ( 3 ) 1‐18(J‐STAGE)  2018年

    DOI J-GLOBAL

  • デジタルウィズダム:AI(人工知能)社会に向けて

    高橋 利枝, 吉田 純

    社会情報学   6 ( 3 ) 1 - 18  2018年

    CiNii

  • パネル・ディスカッション : ビッグデータ研究会presents 情報産業としてのツーリズム (特集 2016年度春季(第34回)情報通信学会大会 国際コミュニケーション・フォーラム)

    市井 三衛, 小野 智弘, 趙 敬, 豊嶋 基暢, 今井 敏行, 高橋 利枝

    情報通信学会誌   34 ( 1 ) 65 - 83  2016年09月

    CiNii

  • デジタルネイティブを越えて

    高橋利枝

    Nextcom   18   50 - 59  2014年06月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • ケンブリッジ大学とのAI国際ワークショップ「Global AI Narratives」大会組織委員長

    2018年09月
     
     

     概要を見る

    ケンブリッジ大学とのAI国際ワークショップ「Global AI Narratives」大会組織委員長、早稲田大学、2018年9月。

  • ハーバード大学とのAI国際シンポジウム「AI in Asia: AI for Social Good」大会組織委員長

    2017年03月
     
     

     概要を見る

    国際シンポジウム「AI in Asia: AI for Social Good」大会組織委員長、早稲田大学、2017年3月。(Digital Asia Hub、 ハーバード大学 、総務省、NICT、NTT、株式会社KDDI総合研究所、公益財団法人情報通信学会、the IEEE Global Initiative for Ethical Considerations in Artificial Intelligence and Autonomous Systemsと共催)

受賞 【 表示 / 非表示

  • テレコム社会科学賞入賞

    2017年03月   電気通信普及財団賞   「デジタルウィズダムの時代へ」  

    受賞者: 高橋 利枝

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Society 5.0: the Future of AI and Robots

    高橋 利枝  [招待有り]

    Italy-Japan Workshop 2019  

    発表年月: 2019年12月

  • AIとロボットの現状と未来

    高橋 利枝  [招待有り]

    IEEEプレスセミナー  

    発表年月: 2019年11月

  • AI and Social Impact

    高橋 利枝  [招待有り]

    IEEE TEMS  

    発表年月: 2019年10月

  • “Youth and AI: a Japanese Context”

    高橋 利枝  [招待有り]

    UN ITU "AI for Good" Global Summit  

    発表年月: 2019年05月

  • “People's Engagement: Key to Understanding AI's Social Impact”

    高橋 利枝  [招待有り]

    An[0]ther {AI} in Art Summit, Columbia University  

    発表年月: 2019年04月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • AI(人工知能)時代における仕事の未来に関する日米国際比較研究

    2020年  

     概要を見る

    本研究の目的は、AI社会において今後生じうる新たな重要な問題に対処するため、若者とAIに関する国際比較調査から実態を把握し、「人間中心のAI社会」を創造するために役立てることである。本研究では、40名の日本人の若者(男性20名、女性20名;15歳〜25歳)を対象とした詳細な半構造化インタビュー調査を行った。AIに関する知識やスキル、認識や嗜好、仕事の未来に関する不安と期待などについて明らかにした。知見から「人間中心のAI社会」を創造するためには、「自己創造」の概念がキーとなると思われた。そのため今後は、この調査結果を参考にして、ハーバード大学バークマンクライン研究所とともに、国際比較サーベイ調査を実施したいと思う。

  • 若者とAI(人口知能)に関する日米国際比較研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究はハーバード大学バークマンクライン研究所との国際共同研究である。本研究の目的は、若者とAIとのエンゲージメントに関する日米国際比較調査から実態を把握し、「人間中心のAI社会」を創造するために役立てることである。今年度は海外研究期間を利用してハーバード大学バークマンクライン研究所にファカルティ・アソシエイトとして所属し、テーマや調査方法などに関して打ち合わせを行った。また国連ITU主催「AI for Good」グローバルサミットにて、同研究所フェローSandra Cortesi氏と共に「若者とAI」に関する招待講演を行った。この研究成果を踏まえて、来年度には国際比較調査を実施したいと思う。

  • Society5.0におけるスマートウィズダムに関する国際比較研究

    2017年  

     概要を見る

    人工知能(AI)やビッグデータ、ロボットやIoT、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)など、革新的な技術が次々と登場し、超スマート社会(Society5.0)の実現が言われている。本研究は、超スマート社会におけるチャンスとリスクを明らかにし、超スマート社会を生きるために必要な「スマートウィズダム」について考察するものである。調査方法は、テクノロジーのアーリーアダプターである若者(14~19歳)計203名に対してアンケート調査を行った。調査結果に関しては、総務省の情報通信審議会IoT新時代の未来づくり検討委員会(産業・地域づくりWG)やロボットに関する"Italy-Japan Workshop"にて発表した。

  • デジタルリテラシーに関する国際比較研究:Global Kids Online調査

    2016年  

     概要を見る

    本研究は、子どもとインターネット利用に関するGlobal kids Online国際プロジェクトに参加し、国際比較からデジタルリテラシーについて考察するものである。このプロジェクトは、英国ロンドンスクール・オブ・エコノミクス大学大学院Sonia Livingstone教授によって、2006年にEU Kids Onlineとして企画され、世界的な関心の高まりから、2015年にGlobal Kids Onlineへと名称が変更され、現在では世界35カ国以上で行われているものである。本調査研究では、スマートフォンやソーシャルメディアに対応したアップデート版の質問項目をすべて日本語に翻訳し、都内の高等学校においてフィールドワークを行った。調査結果に関しては、IAMCR(国際メディアコミュニケーション学会)にて発表した。

  • デジタル時代における「グローバル人材」に関する国際比較研究

    2016年  

     概要を見る

    現在、急速に進むグローバル化やデジタル革命において、人口減少国家としての日本が存続するために、「グローバル人材」の育成が叫ばれている。人々の移動によって個人化や分散化が進んでいる一方で、インターネットでの結びつきによって、絶え間ないコミュニケーションを通じて、重層的なコミュニケーション空間が形成・再形成されている。本調査研究ではこのようなデジタル世界に生まれ育った15歳から25歳までの若者、300名以上に対して、グローバルリテラシーに関する定量調査を行った。調査結果から、6割以上の若者が「現在世界で起きている紛争や難民問題、環境問題について関心がある。」(60.8%)と答えるなど、グローバルリテラシーに関する高いエンゲージメントが観察された。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • AI(人口知能)が及ぼす社会・文化的影響に関する日米国際比較研究

    2018年09月
    -
    2019年08月

    米国   コロンビア大学

    米国   ハーバード大学

    英国   ケンブリッジ大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
    継続中

    AI Impact Alliance  エキスパート・アドバイザー

  • 2018年
    -
    継続中

    英学術雑誌”Global Media and Communication”(Sage)  インターナショナル・アドバイザリーボード

  • 2016年
    -
    継続中

    2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会  テクノロジー諮問委員会委員

  • 2016年
    -
    継続中

    総務省  情報通信白書アドバイザリーボード

  • 2012年
    -
    継続中

    米学術雑誌”Television and New Media”(Sage)  編集委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • AI for All

    インターネットメディア

    MOOC (Professor Cécile Dejoux at Cnam Paris)   AI for All  

    2020年01月

  • Interviews by Stephen Ibaraki

    インターネットメディア

    ACM (Association for Computing Machinery)  

    2019年06月

  • Global AI Narratives

    インターネットメディア

    ケンブリッジ大学   Leverhulme Center for the Future of Intelligence  

    2019年06月

  • AI・IoT時代の教育

    新聞・雑誌

    日本経済新聞社   日経ヴェリタス  

    2019年04月

  • デジタルウィズダムの時代へ

    LIFE MAKERS  

    2017年05月

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • コラム5「人工知能(AI)のもたらす新たなチャンスとリスク -英国ケンブリッジ大学におけるAI研究を通して考えたこと-」

    学術調査

    総務省  

    2019年07月
    -