MORIYAMA, Takuro

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1985

    Osaka University   Graduate School, Division of Letters   国文学  

  •  
    -
    1985

    Osaka University   文学研究科   国文学  

  •  
    -
    1982

    Kyoto University of Education   Faculty of Education  

  •  
    -
    1982

    Kyoto University of Education   Faculty of Education  

Degree 【 display / non-display

  • 博士

Research Experience 【 display / non-display

  • 1985
    -
    1990

    Osaka University   School of Letters

  •  
     
     

    Kyoto University of Education Faculty of Education, Japanese, Japanese   Professor

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本語文法学会

  •  
     
     

    国語学会

  •  
     
     

    日本語用論学会

  •  
     
     

    日本言語学会

  •  
     
     

    International Pragmatics Association

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Education on school subjects and primary/secondary education

  • Japanese linguistics

  • Japanese language education

Research Interests 【 display / non-display

  • 日本語学

  • Japanese linguistics

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 国語教育の新常識 ― これだけは教えたい国語力 ―

    明治図書  2010 ISBN: 9784183011152

  • 現代日本語文法 第7巻 第12部 談話・第13部 待遇表現

    くろしお出版  2009

  • 基礎基本から活用力まで新国語力ワーク 高学年

    明治図書  2009

  • 基礎基本から活用力まで 新国語力ワーク

    明治図書  2009 ISBN: 9784183841100

  • 基礎基本から活用力まで 新国語力ワーク 中学年

    明治図書  2009 ISBN: 9784183842145

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 美術鑑賞の言語活動をめぐって

    石川 誠, 森山 卓郎, 江藤 愛美

    京都教育大学紀要   No.120,pp.91-108  2012

  • 国語教育と日本語学

    森山 卓郎

    日本語学   29-4 pp52-58  2010

  • 文法研究の舞台裏

    森山 卓郎

    日本語学   2010-2  2010

  • 「幼児のけんかやいざこざ」にどう関わるか―学生、保護者、幼稚園教員、保育園保育士の場合―

    森山 卓郎, 鍋島惠美, 齋藤真由美, 村田眞里子, 櫨山ゆかり, 小川陽子, 高野史朗, 光村智香子, 田中琢也

    京都教育大学紀要   115 pp. 27-45  2009

  • 外国語活動に向けて

    森山 卓郎, 梅原大輔ほか

    京都教育大学紀要   115  2009

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 小学校における総合的な文章記述力育成に関する基礎的研究, 基盤研究(B)

    2009
    -
     

  • 国語科の文法教育と英語科の文法教育の連携に向けての基礎的研究, 基盤研究(C)

    2007
    -
     

  • 国語科の文法教育と英語科の文法教育の連携に向けての基礎的研究, 基盤研究(C)

    2006
    -
     

  • 国語科の文法教育と英語科の文法教育の連携に向けての基礎的研究, 基盤研究(C)

    2005
    -
     

  • 日本語教科教育文法の改善に関する基礎研究, 基盤研究(B)(1)

    2004
    -
     

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 新村財団研究助成金

    1989  

Research Projects 【 display / non-display

  • 日本語動名詞と日中同形語に関する研究

    Project Year :

    2018.10
    -
    2021.03
     

     View Summary

    令和元年度に日本語動名詞が連体修飾語になる際の諸相と成立制約について考察した。具体的に下記の言語現象を考察した。1.尊敬{*の/する}人、回転{*の/する}モーター2.倒産{の/する}可能性、新築{の/した}家、配達{の/する}人日本語動名詞は、連体修飾語になる際に「する」と「の」の競合が見られる。しかも、動詞形「する」「した」の方が一般的に成立し、名詞形「の」の成立の方が少ないようである。つまり、日本語動名詞が名詞形で連体修飾語になるためにある種の制約があると思われる。よって、日本語動名詞が連体修飾語になる「動名詞のN」を取り上げ、その成立実態、成立条件/制約、成立要因を考察した。その研究結果を学会で発表し、投稿論文にまとめ、日本語学会の学会誌『日本語の研究』に投稿した。また、動名詞は「動名詞+ダ」という名詞述語文の形式を用いながらも、動詞述語文のように、連用的な成分を受け、格を支配し、ある事態を叙述するケースがある。例えば、「勝手にしろ!杉子とは絶交だ」「俺は来年卒業だからなあ」のようなものである。しかし、動名詞は「ダ」を付ければ全てが動詞のように述語として機能するというわけではない。例えば「*彼は活躍だ」「*城下町は発展だ」は同じ「動名詞+ダ」の形であるが、言えない。つまり、「動名詞+ダ」は常に成立するわけではないということである。「動名詞+ダ」構文はどのような場合に成立するのか、その成立条件や意味用法はどうなっているのか、これに関する研究はほとんどないようである。そこで、令和元年度に、「動名詞+ダ」構文を取り上げ、その類型化を試み、意味用法を考察した上で、その成立要因を検討してみた。その研究結果を日本語学会で発表確定し、現在、投稿論文にまとめているところである。交付申請書に記載した「研究実施計画」に従い、令和元年度に予定された研究内容をほぼ完成させ、「動名詞+だ」の構文をとる条件についてかなりのことが明らかになってきたので、「(2) おおむね順調に進展している」という区分を選んだのである。令和元年に日本語動名詞が連体修飾語になる「動名詞のN」を取り上げ、その成立実態、成立条件/制約、成立要因を考察した。実は、中国語は、語形変化を持たず、連体修飾の場合に名詞であっても動詞であっても、一括して“的”で簡単に片付けている。そのため、中国語の“的”は往々にして日本語の「の」に同一視されがちである。このような母語干渉により、中国人学習者は「の」を多用し「*倒産の会社」「*失敗の婚姻」のような誤用を生み出しやすい。そこで、中国語の場合と対照研究をし、両言語の相違点と共通点について分析を行い、考察した結果を日本語教育関連の雑誌に投稿したいと思う。また、引き続き「動名詞+ダ」構文に関する研究をし、学術論文にまとめ、雑誌に投稿する。最後に、「日本語動名詞と日中同形語に関する研究」という研究課題について、総括的な研究と整理をする予定である

  • Study on spoken Japanese based on situation and its pedagogical application

    Project Year :

    2011.11
    -
    2015.03
     

     View Summary

    This project was undertaken to further research on spoken Japanese (including cadence) which has conspicuously lagged behind in comparison with research on written language. Similar to the analysis of major Japanese language speaker profiles (verbal characters) in our previous research, which emphasized “characters” (Kiban (A) H19-22), this research considers the major “contexts” seen in Japanese speech, and analyses the form of speech based on contexts. It clarifies, under specific contexts, what sort of speaking privileges are possessed by people in certain positions with respect to others in certain positions, and this is then used to generate data

  • Sociolinguistics Research of Educational Usefulness of "HomeLanguage Register" in Classroom Discourse

    Project Year :

    2010.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    In this research, we analyzed "Home Language Register" to find a strategy. We found there is utterance that has indexical functions in home language register.We found that home language register can be more creative if teachers engage in and listen tochildren’s utterances with the understanding of these characteristics

  • Basic Studies on the Awareness of Language by English and Japanese Learners

    Project Year :

    2009.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    This series of studies aimed to investigate how foreign language learners internalize, or gain implicit and/or explicit awareness of, the formal aspects of the target language. The main research project was to conduct a large-scale survey on the awareness of subject/topic distinction by Japanese college EFL learners. The results strongly suggest that learners with lower achievement are prone to be influenced by first language transfer based on a translation strategy

  • Grammar of Spoken Language based on "Characters"

    基盤研究(A)

    Project Year :

    2007
    -
    2010
     

     View Summary

    This project aims at making basic materials for teaching spoken Japanese language, by investigating the ways in which speaking is conducted by the speaker's "characters" in Japanese communication. Based on MRI experiments and natural conversation collection, the materials consist of detailed descriptions of articulatory and communicative aspects of various Japanese speech acts in accordance with the speaker's "character." Also it was demonstrated that the semi-intentional conception of "character" can be utilized to improve traditional teleological speech act theory and grammar.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 日本文学と文法 ―新・文法的修辞学への試み― .4

    高麗大学校日本語日本文化講演会 

    Presentation date: 2005

  • 文法研究と文法教育

    日本語学会春季大会シンポジウム 

    Presentation date: 2005

Specific Research 【 display / non-display

  • 山形方言におけるテンスアスペクト

    2012  

     View Summary

    山形方言におけるテンスアスペクト                森山卓郎2012A-8311 はじめに 本研究では、日本語のテンス・アスペクト体系の方言における在り方として、山形方言、および共通語を分析した。特に課題としたのは完了相(パーフェクトperfect)の在り方である。2 完了相に関する研究 共通語には英語の完了相のような表現は存在しない。しかし、意味的には、「時計が壊れた」が「今も壊れている」ことを含意することもあり、これを完了相と捉える見方もある。それは、その否定が「壊れなかった」だけでなく、現在時点に関連する「壊れていない」という「していない」という形があることを根拠にしている。 ただし、肯定形では特定の形式はなく、単純な過去テンスなのか現在テンスにおけるパーフェクト表現なのかの区別は事実上できない。その点で、完了相のような扱いをすべきでないという反論も成立する。3 山形方言における完了相的表現とその現象 そこで注目されるのが、山形県天童市のテンスアスペクト構造である。この方言では、「たっけ」が過去を表すが、「は」を語尾につけることで現在の状態も表す。例えば、  「あの店、去年しまったっけ」は「去年しまった」ということだけを表すが、  「あの店、去年しまったっけは」は、「今もしまっている」ことを表す。そのため、  「*あの店、去年しまったっけは、でも、今開いたよ。」とは言えない。「は」といういわば終助詞相当の形式によって現在の状態も表すという現象は、その意味で現在パーフェクトの表現として位置付けられる余地もある。 しかし、形態的に「は」が文末に付くという点で、一般的な形態出現順序から大きくずれることになるのも事実である。 アスペクト辞+テンス辞+モダリティ辞+終助詞類というのが一般的な形態出現順序だからである。4 モダリティ現象としての余地 そこで、今回の研究の結果、もう一つの可能性について検討すべきことも示唆された。それは、「は」がいわば「現前の事態を観察するというモーダルな意味を持つ認識系の終助詞」であるという可能性である。「は」そのものは音声的にハ行転呼がない点でそもそも独立的な成分が合体したという経緯が想定され、品詞的には感動詞である可能性があると思われる。またその場合、関連があると思われるのが終助詞の「わ」であるが、共通語では、終助詞に あれ?壊れているわ!(女性の発話) こりゃだめだわ。(男性の発話も可能)のように発話時点での認識を表す用法があり、いわば現前性を表すことがある。共通語では話者属性との関連が深く、文体的に使用レジスタは小さいが、現前的な認識を表す用法があることは注目される(なお、「わ」類の終助詞は九州北部方言の終助詞「ばい」などの分析にも連動し、、比較的広範囲の分布に着目した検討が必要である)。 山形方言における完了相的現象をこうした認識的な側面から検討すべき余地があることが明らかになった。5 今後の検討 現段階では山形方言における完了相的現象についていかなるアプローチが最善なのかはまだ検討中である。モダリティとテンスアスペクトがカテゴリー的に相互作用をもっているという可能性も考える必要があるからである。現在、そうした観点から、さらに諸方言の体系を検討すること、ならびに発話状況とも関連した形式の体系化をめざすこと、などを課題として、引き続きその検討を進めているところである。参考文献工藤真由美1995『アスペクト・テンス体系とテクスト』(ひつじ書房)

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2008
    -
     

    - 附属幼稚園長

  • 2005
    -
    2006

    国語学会  常任査読委員

  • 2003
    -
    2004

    日本語学会  編集委員

  •  
     
     

    日本語教育学会  評議員

  •  
     
     

    日本保育学会  一般会員

display all >>