KATSURAGAWA, Taisuke

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Associate Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Faculty of Human Sciences   School of Human Sciences (Online Degree Program)

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2013.01

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  •  
    -
    2007.03

    早稲田大学大学院   人間科学研究科(修士課程)   臨床心理学研究領域・学校カウンセリング学研究室  

  •  
    -
    2005.03

    Waseda University   School of Human Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2015.04
    -
     

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2014.04
    -
    2015.03

    Okayama University   Student Support Center

  • 2013.06
    -
    2014.03

    Okayama University   Student Support Center

  • 2011.04
    -
    2013.05

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Educational psychology

  • Special needs education

  • Clinical psychology

Research Interests 【 display / non-display

  • Clinical Psychology, Developmental Disorders, Educational Counseling, Parenting Support, School Counseling, Counseling Process

Papers 【 display / non-display

  • Development of the Japanese version of the inventory of statements about self-injury and classification of nonsuicidal self-injury in adolescents based on its functions

    Iijima Yuya, Uemura Midori, Katsuragwa Taisuke, Shimada Hironori

    Journal of Health Psychology Research   33 ( 2 ) 103 - 114  2021  [Refereed]

     View Summary

    <p>This study (1) developed the Japanese version of the Inventory of Statements About Self-injury (ISAS), a tool for assessing the functions of nonsuicidal self-injury (NSSI), and (2) classified NSSI in adolescents based on its functions. We administered a questionnaire to a community sample and gathered 592 responses, including those of 267 undergraduates who had experienced NSSI. The results of factor analysis indicated that the Japanese version of the ISAS was different from the original and was composed of three factors: "Distress coping functions," "Interpersonal influence functions," and "Identity maintenance functions." Cluster analysis of the Japanese version of the ISAS scores indicated four clusters: "Habitual cluster," "Distress coping cluster," "Overlapped identity maintenance cluster," and "Overlapped interpersonal influence cluster." Each cluster's clinical features indicated that the more the functions overlapped, the more severe were risks of suicide, anxiety, and depression. These results indicated that the significance of NSSI functions' assessment was related to their overlap. These results suggested the usefulness of the functional approach to treatment.</p>

    DOI CiNii

  • 不登校当事者の主観的観点から見た回復過程における記述的検討‐ソーシャルサポートと家族機能に焦点をあてて‐

    新川瑶子, 杉山智風, 熊谷真人, 桂川泰典, 熊野宏昭, 小関俊祐

    ストレスマネジメント研究   16 ( 2 ) 3 - 11  2020.09  [Refereed]

  • Increasing Teachers' Praise for Their Students Increases Students' Enjoyment of School and Teachers' Work Engagement

    Iijima Yuya, Yamada Tatsuto, Katsuragawa Taisuke

    The Japanese Journal of Educational Psychology   68 ( 4 ) 388 - 400  2020  [Refereed]

     View Summary

    <p>  The present study examined the processes and effects of teachers' praise on their students' enjoyment of school and teachers' engagement in their work. The research was done with 4 teachers (2 men, 2 women) at 1 junior high school. The duration of baseline differed across teachers. The intervention at the end of the baseline period consisted of a lecture given to the teachers regarding the nature of praise and how to deliver praise to their students, plus training in self-recording. After that, the teachers recorded the praise that they gave to their students during 1 class period daily for 4 weeks. The teachers completed questionnaires once a week from the beginning of the baseline period to the end of the intervention. In addition, each teacher participated in a 30-minute semi-structured interview. Their students (N=267: 96 in 7th grade, 111 in 8th grade, and 60 in 9th grade) completed questionnaires at the beginning and end of the intervention period. The results suggested that the students' enjoyment of school increased in classes in which teachers' use of praise increased. Analysis of the data from the teachers suggested that their work engagement increased with an increase in their use of praise. Experiencing the effects of using praise was directly related to teachers' increased work engagement and to changes in the teachers' perception of their students. The teachers' praise for the students appeared to contribute to increased adjustment to school for both the students and the teachers. The discussion deals with the importance of interaction and correspondence between the teachers' praise and the students' experience of being praised.</p>

    DOI CiNii

  • Development of the Appraisal of Self-Injury Scale and Evaluation of Its Reliability and Validity.

    Iijima, Y., Katsuragawa, T.

    Journal of school mental health   23 ( 1 ) 55 - 65  2020  [Refereed]

  • The Relationships between teachers’ praising and their own mental health: A Study of elementary and junior high school teachers using the Teacher Praise Inventory.

    Iijima, Y, Katsuragawa, T

    Journal of school mental health   23 ( 1 ) 45 - 54  2020  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • スクールカウンセリングの「困った」を解決するヒント48

    桂川泰典( Part: Contributor)

    大修館書店  2019.02 ISBN: 9784469268553

  • いちばんよくわかる図解臨床心理学

    桂川泰典( Part: Contributor)

    成美堂出版  2018 ISBN: 9784415324951

  • <心の基礎>リサーチ第3号

    桂川 泰典( Part: Sole author)

    実務教育出版〈心の基礎〉教育を学ぶ会  2014.02

  • KJQマトリックスをフル活用!児童生徒理解に心理検査を生かす

    藤井 靖, 桂川 泰典( Part: Joint author)

    実務教育出版  2014

  • しんりけんさ会報No.41

    桂川 泰典( Part: Sole author)

    日本心理検査振興協会  2014

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 最優秀論文賞(理事長賞),中島一憲記念賞

    2021.02   日本学校メンタルヘルス学会   教師の賞賛行動と教師自身のメンタルヘルスの関連性 -小学校・中学校教師を対象とした教師用賞賛行動測定尺度による研究から-

    Winner: 飯島 有哉, 桂川 泰典

  • 第四回奨励研究賞(冨永良喜賞)

    2020.02   日本ストレスマネジメント学会   不登校当事者の主観的観点から見た回復過程における記述的検討‐ソーシャルサポートと家族機能に焦点をあてて‐

    Winner: 新川瑶子, 杉山智風, 熊谷真人, 桂川泰典, 熊野宏昭, 小関俊祐

  • 児童生徒への賞賛行動が教師自身のメンタルヘルスに与える効果-単一事例実験による検討-

    2018.09   日本学校メンタルヘルス学会   児童生徒への賞賛行動が教師自身のメンタルヘルスに与える効果-単一事例実験による検討-

    Winner: 飯島 有哉, 桂川 泰典

Research Projects 【 display / non-display

  • 原発事故被災者の移住・帰還・避難継続における新たな居住福祉に関する人間科学的研究

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

     View Summary

    本研究は、「帰還か移住か避難継続か」の選択を迫られる原発事故被災者が、今後数年間で安心して生活できる新たな居住環境をどのように構築していくのか、現状と問題点を明らかにし、「居住福祉」に資する心理社会的ケアの戦略を人間科学的学融合研究にて提言していくことにある。「居住は基本的人権である」と言われるように、被災者が安心・安全に生活できる基盤を構築するためには、内科学・心身医学・公衆衛生学・臨床心理学・発達行動学・社会学・社会福祉学・平和学・建築学・環境科学といった学融合的な調査研究が欠かせない。応募者らは2011年発災当時から被災者支援を目指した研究を継続させており、本課題にてさらに発展を目指す

  • Development and Application of an Educational Clinical Psychology Scale from the Perspective of Clinical Importance

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • 自閉症スペクトラム障害児の胎児期から乳幼児期の行動特徴-早期発見と育児支援-

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    <最終年度> 開業助産師と保育士を対象とする反構造化面接面接によう研究は遂行不可能であったので、自閉スペクトラムに関わる可能性のある発達障害を持つ看護系の学生を対象キャリア教育に関する文献的検討を行った。その結果、本人や家族が障害に気づかない、個に応じた自尊感情の支援、障害の理解が不適切、セルフアドボカシーの養育、支援範囲が広くて不十分となる、本人の自己理解と実習における援助的支援の必要性という6カテゴリーが得られた。<期間全体> 自閉スペクトラム症をもつ子どもは現状では早くとも確定診断は1歳以降である。その母親たちは半構造化面接によると乳幼児期に育てにくさを感じ、それは感覚障害によると考えられた。胎児期においても特有な胎動などの問題がみられた。そのために母親たちは養育困難、育児ストレス、精神的不安定などを抱えている。そこで、まずASD児の胎生期と乳幼児期の行動特徴をは空き出来るチェックリストが必要である。そこで、母親に対する適切な養育行動を生じすることが必要である。さらに、母親にたいする精神的サポートとケアとが重要である。これらのことは社会的な意義が重要である。反構造化面接によって、母親対象のチェックリストの作詞を行った。しかし、開業助産師と保育士を対象とした反構造化面接面接は担当研究者の所属する研究機関の倫理委員会において、科研申請時に研究計画に学会ポスターの印刷費とネイティブチェックの項目がなかったという理由で認められなかったため、研究計画を大幅に変更せざるを得なかった

  • Development of a self-assessment-style career support program for teachers.

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    This research concerns the development of a self-assessment-style career support program aimed at improving the mental health and problem-coping skills of teachers.The results of the program and questionnaire which were conducted targeting teachers active in the Tokyo area suggest that mental energy is improving significantly through individual support and peer career-up-style work aimed at improving mental health and problem-coping skills. Furthermore, it can be conjectured that through self-completed questionnaires and separate interviews, subjective problem-coping skills are improving, and teachers are gaining clarification on their individual issues, and making self-realizations through self-assessment. The above confirms that the program is to a certain degree achieving its intended aims

  • Progress of the communication of infants and the children who are hard to take care of their child

    Project Year :

    2012.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    Preschool children with ASD were idle more than healthy children, and it was indicated that there is little several interpersonal behavior in a playing toys situation and a snack situation. In particular, turn taking was common by two situations, so may be the index most suitable for judging whether a preschool child has tendency of ASD. Joint attention , eye-contact and speaking to a parent were also indexes of a judgment. Attentive observation seems necessary for these behavior to an anxious child by a situation daily.The observation situation adopted by this research is the situation judged by hinkai by daily life. The used machinery was a video camera for domestic use, and parents can correspond sufficiently. Therefore when a parent is anxious for child's behavior, a parent and a child sit down in line and take a picture of an idle situation and a situation of a snack as fixed-point observation by a video camera for domestic use, and consulting a specialist, is recommended

Presentations 【 display / non-display

  • Relationships between self-compassion and attitudinal body image in Japanese women

    Eriko Takahashi, Taisuke Katsuragawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF BEHAVIORAL MEDICINE  SPRINGER

    Presentation date: 2021.06

    Event date:
    2021.06
     
     
  • 一般他者に対する愛着スタイルとメンタライジング能力の関連

    田中 穂乃香, 山本 菜々子, 桂川 泰典

    日本教育心理学会総会発表論文集  一般社団法人 日本教育心理学会

    Presentation date: 2021

    Event date:
    2021
     
     
  • ほめにまつわる経験と顕在的・潜在的自尊感情との関連

    熊谷 鞠月, 山本 菜々子, 桂川 泰典

    日本教育心理学会総会発表論文集  一般社団法人 日本教育心理学会

    Presentation date: 2021

    Event date:
    2021
     
     
  • 「精神的充足・社会的適応力」評価尺度を用いた登校行動の予測

    桂川 泰典

    日本教育心理学会総会発表論文集  一般社団法人 日本教育心理学会

    Presentation date: 2021

    Event date:
    2021
     
     
  • 非自殺的な自傷行為における回復と自傷行為に対する認知的評価の関連性

    飯島有哉, 桂川泰典, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会大会抄録集(CD-ROM) 

    Presentation date: 2020

    Event date:
    2020
     
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 不登校問題における予防的支援の最適化

    2020   上村碧

     View Summary

    本研究の目的は,学校教育と家庭を結びつける汎用的・統合的な不登校予防実践のプラットフォーム構築にある。そのために,子ども/保護者/学校が共通の観点から「不登校関連行動の特徴と機能」を測定できる簡便なツールの開発を行う。1)不登校関連行動の要素抽出を行った。項目の精選は,キャリア5年以上の現職・退職教員,スクールカウンセラー,不登校経験者にその構成概念および設問の検討を依頼しデルファイ法を用いて策定した。2)策定した「不登校関連行動の特徴と機能」を測定できる尺度」(仮)を用いて,先行研究における不登校関連指標,学校生活・家庭生活状況全般を測定する尺度,欠席遅刻状況との基準関連妥当性を調査した。

  • カウンセリングプロセスの客観評定における被評定行為の精緻化と実装化

    2020  

     View Summary

    カウンセリング(Co.)プロセスの客観的な測定方法として,カウンセリング後にセラピスト(Th.)またはクライエント(Cl.)がセッションの印象等を評定することで,その後のカウンセリングの進展や症状の改善を予測できるツールの開発が行われている(例えば,session evaluation questionnaire(Stiles, Gordon, &amp; Lani, 2002),working alliance inventory(Horvath, 1992).)。これらの尺度は,Co.の流派によらない汎用性の高いツールである一方,その用いられ方としてはカウンセリング終結後のレトロスペクティブ研究が多い。そこで,心理Co.実施時に,プロセス指標の測定を行い,治療効果およびドロップアウトをプロスペクティブに分析するとともに,要修正指標のTh.へのフィードバックを行うことで,ドロップアウト防止や測定指標の改善がなされるかについて検討を行う。

  • DROスケジュール下の相互依存型集団随伴性の適用が児童の日常行動に及ぼす効果

    2016  

     View Summary

    相互依存型集団随伴性は,集団全体の遂行結果によってグループ全体に結果が呈示される操作であり(Litow &amp; Pumroy, 1975),インクルーシブ教育を目指した支援方法の1つとして期待され,実証的な検討が行われてきた(例えば,Reinhardt et al., 2009)。本特定課題研究は,1)児童の日常行動の変容の度合いを測定する尺度の作成(以下,測定尺度),2)集団随伴性の適用と般化を目的に行われた。その結果,測定尺度は一定の信頼性と妥当性が認められた。しかし,集団随伴性の適用では,場面内での十分な効果が認められず,般化を測定するまでに至らなかった。本研究では,集団随伴性を実施する際に実施者への教示,集団アセスメントを工夫する課題が示唆された。

  • 日本語版セッション評価尺度(J-SEQ)における外部妥当性の検討

    2015  

     View Summary

    セッション評価尺度(TheSession EvaluationQuestionnaire: SEQ; Stiles, Gordon, &amp; Lani, 2002)は,心理療法やカウンセリングにおけるセッションの印象等をカウンセラーやクライエントが評価するSD法による質問紙尺度である。申請者は,カウンセラーを対象として日本語版セッション評価尺度(以下,J-SEQ)を作成し,信頼性と妥当性の検討を行い,論文として刊行した(桂川,2013)。同尺度のクライエントを対象としたデータ収集および分析が本特定課題研究に相当する。本年度は42名分のデータを収集し,因子分析および回答傾向の分析を行い,概ねカウンセラー評定と同等の傾向が認められた。引き続き,データの収集および論文投稿準備を行なう。

  • 調査的インタビュー研究における質的データの理論射程―「語り」の心理背景分析から

    2012  

     View Summary

    本研究は2011年度に採択された特定課題研究(2011A-925)の発展研究である。 研究の目的は,質的インタビュー・データの“ゆらぎ”(個人間での多様性や個人内での不確定性)の原理を踏まえた上で,実証研究としてインタビュー・データを位置づけるための科学的分析方法の整備にある。一連の研究は,インタビューの“ゆらぎ”を解釈するための視座として「インタビュー時メタ思考」(インタビュー中に認識しながらも言葉にすることはない思考,例えば「この話をインタビューアーは理解してるのだろうか」以下,MTI)という構成概念を導入している。 2011年度は,主に概念の理論化,2012年度は,実際に実験的インタビューを実施し,概念の妥当性を検討した。(1)大学生への実験的ライフストーリー・インタビューを行い,MTIの構造を検討した。5因子構造(「ストーリー戦略」「伝達意思」他)が抽出された。(2)クラスター分析を用いて,MTIからみた,インフォーマントのタイプ分類を行った。その結果,インフォーマントは,「関係/構築型」(自己開示への不安が高く,インタビューアーの見解を参照しながら,インタビュー内容を構成していくタイプ)と「自己/再現型」(自己開示の不安が低く,自己の内にある意見を正確に伝達することを重視するタイプ)の2つに分けられた。インタビューデータの“ゆらぎ”要素として対話構築性が指摘されるが,「インタビュー・データの対話構築性とは,インタビュー研究という手法のみならず,MTIからみた,インフォーマントのタイプによって規定される」という,仮説的知見が提示された。(3)インタビュー場面を評価する外的基準を整備するために,英語版セッション評価尺度(SEQ)の翻訳を行い,日本語版セッション評価尺度(J-SEQ)を作成し,その信頼性と妥当性を検証した。探索的因子分析(最尤法,バリマックス回転)および確認的因子分析により,十分な因子的妥当性が確認された。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>