SUZUKI, Kazunori

写真a

Affiliation

Faculty of Commerce, Graduate School of Business and Finance

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.icko.jp/

Research Institute 【 display / non-display

  • 2019
    -
     

    産業経営研究所   兼任研究所員

Degree 【 display / non-display

  • University of London (London Business School)   Ph.D. in Finance

  • INSEAD   MBA (Master of Business Administration) with Distinction

  • University of Tokyo   BA in Laws

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    American Economic Association

  •  
     
     

    Financial Management Association

  •  
     
     

    American Finance Association

  •  
     
     

    European Corporate Governance Institute (ECGI)

  •  
     
     

    Japan Finance Association

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Public economics and labor economics

Research Interests 【 display / non-display

  • Corporate Finance, Mergers and Acquisitions, Corporate Valuation, Activist Shareholders

  • Corporate Finance, Mergers and Acquisitions, Corporate Valuation

Papers 【 display / non-display

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Valuation: A Primer

    Kazunori Suzuki( Part: Sole author)

    Diamond Inc.  2018.10 ISBN: 9784478028629

  • 企業価値経営

    マッキンゼー・アンド・カンパニー, ティム・コラー, リチャード・ドッブス, ビル・ヒューイット, 鈴木 一功, 本田 桂

    ダイヤモンド社  2012.08

  • 検​証​ 日​本​の​敵​対​的​買​収​ ​—​M​&​A​市​場​の​歪​み​を​問​う​—​ ​第​5​章​「​敵​対​的&

    新井 富雄

    日本経済新聞出版社  2007.07

  • ビ​ジ​ネ​ス​統​計​学​【​上​】​・​【​下​】

    アミール・アクゼル, ソウンデルパンディアン・ジャヤベル, 鈴木 一功

    ダイヤモンド社  2007.03

  • 行​動​フ​ァ​イ​ナ​ン​ス​と​投​資​の​心​理​学​ ​—​ケ​ー​ス​で​考​え​る​欲​望​と​恐​怖​の​市​場&#8203

    Hersh Shefrin, 鈴木 一功

    東洋経済新報社  2005.03

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Corporate Governance Reforms and their Consequences: Engagement, Alignment and Distribution of Authorities

    Project Year :

    2019.04
    -
    2024.03
     

  • 企業統治と企業成長:変容する日本の企業統治の理解とその改革に向けて

    Project Year :

    2015.04
    -
    2020.03
     

     View Summary

    本研究の目的は、近年の日本企業の統治構造の変容とパフォーマンスの関係を包括的に解明する点にある。具体的な課題は、①株主のコミットメント、取締役会・報酬制度、従業員の関与を捉える新たな変数を開発し、変容する日本企業の統治構造の特性を様式化し、その制度変化の要因を解明する ②リスクを取る経営、事業再組織化などについて新たな指標を開発し、こうした企業行動に対する統治構造の影響を分析する ③企業統治構造がパフォーマンスを決定する面のみでなく、パフォーマンスが統治構造を規定する側面を考慮して両者のダイナミックな相互関係を解明することの3点にあった。本年は、①に関連して、宮島が「企業統治改革の20年」(同編『企業統治と成長戦略』序章)、宮島・蟻川が「メインバンク成立後の企業・銀行間関係」(同第1章)、大湾・宮島が「従業員持株会は機能するか?」(同第3章)を公表した。また、広田は“Price Bubbles sans Dividend Anchors”を公表し、さらに小倉は“The Certification Role of Pre-IPO Banking Relationships”をJERに掲載した。②に関連した成果としては、宮島が「海外機関投資家の企業統治における役割とその帰結」(同第2章)において、機関投資家の企業経営・リスク態度への影響を分析した。また、久保が“Recent development of industrial relations in Japan”をILERA Asian Congress(北京)で報告した。③については、宮島・齋藤が企業統治の有効性に関して、「企業統治制度の変容と経営者の交代」(同第9章)を公表し、同論文の英語版は、NBER-CEPR-TCERコンファランスでも報告された。また、蟻川・齋藤は「日本企業の低パフォーマンスの要因:国際比較による検証」(同第12章)をまとめ、それを拡張した英語版を準備している。これまで早稲田大学に蓄積してきたデータの延長・拡充を図り、本課題実施のための基礎的なデータベースの構築を継続した。また、本資金によるアルバイトの雇用によって幾つかの新たなデータ系列を構築した。労働集約的な作業により、例えば、外部大株主の規模の特定が可能となり、また、自社株買、消却、処分について正確なデータ構築に繋がった。さらに、本資金により、Country DATA online, Global 500、NEED企業ファイナンス関連データを購入し、これらが国内企業の統治構造の変化、およびその国際比較の基礎データとなった。研究手法・変数の開発については、課題①に関連して、機関投資家、従業員持ち株会の特性把握、③に関連した企業統治とパフォーマンスの相互関係については、所期の成果を得た。他方、②のリスクをとる経営、あるいはイノベーションを捉える指標については、幾つかのトライアルを試みたが、最終的に実証可能な変数として、特許・引用件数を利用する方針を定め、データ構築に着手した。研究成果の公表では、これまでDPの形で公表してきた研究成果を、宮島編『企業統治と成長戦略』(東洋経済新報社)として公刊した。また、英文の成果の一部は、宮島がコーディネーターを務めるJSPS研究拠点形成事業(A.先端拠点形成型)の一環として公刊されるWPシリーズにおいて公表した。その他、本年度に新たに着手したテーマとしては、①に関連して、宮島はFranks(LBS)、Mayer (Oxford)とStock repurchase and corporate controlの研究に着手し、第1次稿を得た。また、M&A/事業再組織化について、鈴木が中心となって、日本における機関投資家・アクティビスムファンドの役割についての共同研究に着手した。さらに、久保が専門職層の雇用選択(外部雇用か内部養成か)について、酒向(Oxford)と共同研究を進め、早稲田大学で開催したシンポジウムで報告した。データ面では、引き続き日本企業の統治制度に関する長期データ系列の拡充・整備を進める一方、所有構造、CSR活動の国際比較のためのデ-タ構築にも取り組む。特に、今年度は、従業員持株、機関投資家(生保)、報酬制度、イノベーションに関わる変数の構築を目指す。研究成果の発表としては、第1に、これまで暫定的な結果を得た成果の公刊を目指す。宮島は研究協力者Franks、Mayerと開始した自社株買と所有構造の関係に関する論文を、また、広田は企業パフォーマンスと企業文化に関する分析を国際学会で報告の後、国際学術誌に投稿する。久保は企業統治と専門職員の選択(酒向との共同研究)、企業統治と雇用者の所得の不平等の分析(Jackson (Freie Universitat Berlin)との共同研究)との取り纏め、報告・WPでの公表を目指す。第2に、28年度の成果の一層の展開を図る。宮島・大湾は従業員持株会の分析を拡充し、雇用制度、および機関投資家の銘柄選択行動の関係の分析に着手する。齋藤・宮島は経営者の交代の分析を拡張し、機関投資家が経営者の交代に影響を与える経路の分析を進める。第3に、あらたな課題として、蟻川・宮島は企業統治とイノベーションの関係の分析に着手する。また、鈴木は、前年度着手した機関投資家・アクティビストの役割の国際比較に関する国際共同研究の取り纏めを目指す。なお、本研究の成果は、早稲田大学で定期的に行うセミナーやRIETIなどの機関での報告を進める一方、JSPSの拠点形成事業の一環として開催されるワークショップ(5月(Oxford)、10月(Stanford))で発表し、集中的に議論する。また、メンバーの成果は、同拠点形成事業のHPを通じてWPの公表を継続する。また、宮島は『企業統治と成長戦略』の英語版作成に取り組み、さらに、Franks、Mayerと進めるOwnership mattersの執筆を進め、この英語書籍の中心部分を海外協力者所属機関で可能な限り報告する機会を探る

  • An analysis of cross-border acquisitions by Japanese firms from cross-country comparative analysis

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    In this project, we prepaired four research papers which empirically analyze economics of cross-border acquisitions by Japanese firms. We find that cross-border acquisitions by Japanese acquirers are evaluated positively by Japanese stock market, the stock market positively evaluates growth potential achieved by the oversea acquisitions. We also confirm that the acquisitions are economically rational usage of cash on hand of the acquiring firms. On the other hand, we did not find supporting evidence that Japanese acquirers increase shareholder wealth or improve performance in the post-acquisition period. We also find that Japanese coporate culture of strong uncertainty avoidance results in less cross-border acquisitions and higher premium payment to reduce completion risks. The results properly explains behavior of Japanese acquirers who are categolized in the high uncertainty avoidence group

Presentations 【 display / non-display

  • The power of confidential engagement: Comparison with public activism

    Kazuori Suzuki

    ICGN Annual Conference Tokyo 2019  (Chiyoda-ku, Tokyo, JAPAN)  International Corporate Governance Network (ICGN)

    Presentation date: 2019.07

  • Size Premium and Valuation in Mergers and Acquisitions

    Kazunori Suzuki

    Japan Finance Association 42nd Annual Meeting  Japan Finance Association

    Presentation date: 2018.10

  • From Silent Partner to "Vocal" Shareholder: Selection of Shareholdings of Life Insurance Companies between 1990 and 2015

    Nippon Finance Association 26th Annual Meeting 

    Presentation date: 2018.06

  • The Price of Control in the East Asia and Pac-Rim Regions: Law, Culture and Markets

    Nippon Finance Association, 21st Annual Meeting 

    Presentation date: 2013.06

  • The Price of Control in the East Asia and Pac-Rim Regions: Law, Culture and Markets

    Midwest Finance Association, 62nd Annual Meeting 

    Presentation date: 2013.03

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2020.06
    -
     

    Nippon Finance Association  Board Member

  • 2020.06
    -
     

    日本ファイナンス学会  理事