井下田 貴子 (イゲタ タカコ)

写真a

所属

附属機関・学校 日本語教育研究センター

職名

准教授(任期付)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   国際理工学センター(理工学術院)

学位 【 表示 / 非表示

  • 上智大学   博士(学術)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • MOOC受講者の学習行動の傾向

    木下直子, 大熊伊宗, 井下田貴子

    第 27 回大学教育研究フォーラム     109 - 109  2021年03月  [査読有り]

  • 「アカデミック・プレゼンテーション」の実践―多様な専攻の学生で構成されたクラスでの取り組み―

    井下田貴子

    早稲田日本語教育実践研究   ( 9 )  2021年

    担当区分:筆頭著者

  • Dominance of lower formants of Korean vowels /o/-/u/ in perceptual identification by Seoul dialect listeners

    井下田 貴子, 荒井隆行

    ACOUSTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   40 ( 1 ) 56 - 58  2019年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Reverberation degrades native listener’s perception of Japanese monosyllables and special morae

    Takayuki Arai, Eri Osawa, Takako Igeta, Nao Hodoshima

    Acoustical Science and Technology   39 ( 3 ) 252 - 255  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, we focused on the speech perception of monosyllables and special morae in Japanese and compared the results under a reverberant condition with those under a non-reverberant condition. From the results of the monosyllables, we confirmed that even native speakers confuse part of the stimuli with relatively long reverberation. Furthermore, for the continua of nonsense words with special morae, we conducted long vs short identification tests. As a result, we found that reverberation affects the listeners’ performance, especially when durational cues are used. Perceiving announcements through a public address system in a large room, such as large halls, subway stations, and airport terminals, is often difficult even for native listeners. For non-native listeners, it is even more difficult. One of the major applications of the present study is providing more intelligible speech signals through such a system in a large room for native and non-native listeners. Testing with a larger set of stimuli and listeners including non-native listeners will be part of our future work.

    DOI

  • 若年層韓国語ソウル方言における/o/と/u/の言語変化の一側面―先行子音種と発話単位の違いが2母音の重なりに与える影響―

    井下田貴子, 廣谷定男, 荒井隆行

    音声研究   21 ( 2 ) 53‐60 - 60  2017年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI CiNii J-GLOBAL

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Non-native speakers perform poorer than native speakers in Japanese speech recognition in reverberation

    E. Osawa, T. Arai, N. Hodoshima, T. Igeta

    Journal of the Acoustical Society of America   140 ( 4 ) 3333 - 3333  2016年12月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 韓国人学習者の外来語表記における日本語化ストラテジーと、意識に関す る一考察

    井下田 貴子

    日本語教育学会,研究集会    2009年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 若年層韓国語ソウル方言話者に見られる後舌母音/o/ の孤立発話時の音響特徴

    井下田 貴子

    東京音声研究会  

    発表年月: 2015年11月

  • 日本語非母語話者のための非常時アナウンス音声の重要性

    井下田 貴子  [招待有り]

    全国語学教育研究会 (JALT)  

    発表年月: 2015年05月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 中国人日本語学習者における半母音の音響特徴と知覚の傾向

    2020年  

     概要を見る

    本研究では、中国人日本語学習者の発話する日本語半母音「ゆ」と「よ」に関して、聴取実験を前提に生成調査を行った。生成調査には、日本語と中国語の両言語で用いられている2字の漢字語を用いた。日本語では「優等」などの4モーラ語でアクセント型は平板型、中国語では一声となる語彙を選択し、6語を対象とした。調査協力者は中国語母語話者で日本語レベルは超級の東北方言を母方言とする30代女性である。調査の結果、日本語と中国語の両言語において、子音部の第2フォルマントの傾きに特徴が見られたことから、今後、持続時間や傾きの角度などを段階的に変化させた刺激を用いて実験を行う必要性がある。 

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>