Updated on 2022/05/17

写真a

 
IGETA, Takako
 
Affiliation
Affiliated organization, Center for Japanese Language
Job title
Associate Professor(without tenure)

Concurrent Post

  • Faculty of Science and Engineering   Global Center for Science and Engineering

Education

  •  
     
     

    Sophia University   Graduate School of Science and Technology   doctoral program  

  •  
     
     

    Waseda University   Graduate School of Japanese Applied Linguistics   master's course  

Degree

  • Sophia University   Ph.D.

Professional Memberships

  •  
     
     

    早稲田大学日本語教育学会

  •  
     
     

    Acoustic Society of Japan

  •  
     
     

    Phonetic Society of Japan

 

Research Areas

  • Japanese language education

Research Interests

  • 日本語音声学、音声生成、音声知覚、第二言語習得、社会言語学

Papers

▼display all

Misc

  • Non-native speakers perform poorer than native speakers in Japanese speech recognition in reverberation

    E. Osawa, T. Arai, N. Hodoshima, T. Igeta

    Journal of the Acoustical Society of America   140 ( 4 ) 3333 - 3333  2016.12

    Research paper, summary (international conference)  

  • 韓国人学習者の外来語表記における日本語化ストラテジーと、意識に関す る一考察

    井下田 貴子

    日本語教育学会,研究集会    2009.10

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

Presentations

  • 若年層韓国語ソウル方言話者に見られる後舌母音/o/ の孤立発話時の音響特徴

    井下田 貴子

    東京音声研究会 

    Presentation date: 2015.11

  • Importance of emergency announcement for non-native Japanese listeners

    Takako Igeta  [Invited]

    The Japan Association for Language Teaching 

    Presentation date: 2015.05

Specific Research

  • 中国人日本語学習者における半母音と拗音の音声生成

    2021  

     View Summary

    中国語を母語とする日本語学習者は、日本語半母音/ju/と/jo/において混同が見られることが報告されている。本研究では、中国人日本語学習者の発話する日本語半母音/ju/と/jo/に関して、昨年度に続き、録音音声を用いて音響分析を行い、特に日中両言語の比較をした。分析の結果、中国語の子音部の第2フォルマントの遷移部の値の平均が日本語の半母音として成立するための値に及ばないケースが多く観察された。日本語母音/u/を中国語母音/ou/で代用することにより混同が生じていることが報告されているが、子音部の変化や、より大きな音声単位の中での調音結合の影響も考慮していると考えられる。

  • 中国人日本語学習者における半母音の音響特徴と知覚の傾向

    2020  

     View Summary

    本研究では、中国人日本語学習者の発話する日本語半母音「ゆ」と「よ」に関して、聴取実験を前提に生成調査を行った。生成調査には、日本語と中国語の両言語で用いられている2字の漢字語を用いた。日本語では「優等」などの4モーラ語でアクセント型は平板型、中国語では一声となる語彙を選択し、6語を対象とした。調査協力者は中国語母語話者で日本語レベルは超級の東北方言を母方言とする30代女性である。調査の結果、日本語と中国語の両言語において、子音部の第2フォルマントの傾きに特徴が見られたことから、今後、持続時間や傾きの角度などを段階的に変化させた刺激を用いて実験を行う必要性がある。 

 

Syllabus

▼display all

 

Committee Memberships

  • 2022.04
    -
    Now

    Phonetic Society of Japan  Planning Committee

  • 2022.04
    -
    Now

    Phonetic Society of Japan  International Exchange Committee