SATO, Shohei

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Associate Professor

Education 【 display / non-display

  • 2007
    -
    2011

    University of Oxford   Department of Politics and International Relations   D.Phil. in International Relations  

  • 2005
    -
    2007

    University of Oxford   Department of Politics and International Relations   M.Phil. in International Relations  

  • 2003
    -
    2008

    The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology   M.Litt. in Asian Studies  

  • 2003
    -
    2004

    University of Durham   Institute of Middle Eastern and Islamic Studies   M.A. in Middle Eastern Studies  

  • 1999
    -
    2003

    The University of Tokyo   Faculty of Letters   Department of History  

Degree 【 display / non-display

  • University of Oxford   PhD (DPhil)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University Faculty of Letters, Arts and Sciences   Associate Professor (tenured)

  • 2013
    -
    2017

    Kanazawa University   Faculty of Law, Institute of Human and Social Sciences   Associate Professor (tenured)

  • 2013
    -
    2015

    Waseda University   Organization for Islamic Area Studies   Adjunct Researcher

  • 2013
     
     

    The University of Tokyo   Institute for Advanced Studies on Asia   SPD特別研究員(日本学術振興会)

  • 2013
     
     

    Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tokyo   JSPS SPD Fellow

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Historical studies in general

  • International relations

Research Interests 【 display / non-display

  • 国際関係史

  • British Empire

  • Arabian Peninsula

  • Persian Gulf

  • イギリス

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • 破棄された文書に光を当てる:イギリス帝国による植民地文書の隠蔽

    佐藤尚平

    『歴史学研究』   985   11 - 21および44  2019  [Invited]

  • 西アジア・北アフリカ(近現代)

    佐藤尚平

    史学雑誌(2017年の歴史学界:回顧と展望)   127 ( 5 ) 305 - 310  2018.05

  • "Operation Legacy': Britain's Destruction and Concealment of Colonial Records Worldwide

    Shohei Sato

    JOURNAL OF IMPERIAL AND COMMONWEALTH HISTORY ( ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD )  45 ( 4 ) 697 - 719  2017  [Refereed]

     View Summary

    The end of the British Empire in the mid-twentieth century was accompanied by a large-scale rearrangement of sensitive colonial records worldwide. A great number of these records were destroyed and a sizeable portion sent to Britain to be kept secret. This article advances studies of this policy, eventually code-named Operation Legacy', by reading the migrated archives' that have been newly discovered and declassified in the Foreign and Commonwealth Office (FCO) 141 series. It asks where the policy was decided, for what reason and how it was carried out. Sources suggest that the policy was not planned in the Colonial Office in London and delivered to the colonies in a hierarchical fashion, but, rather, significant elements of the policy were developed in the colonial governments overseas in response to each local context. The general idea was to save Britain's honour and to protect its collaborators. However, the limitations in terms of time and manpower often prevented the officers from putting sufficient thought into the actual screening of the documents. At the same time, some officers demonstrated a level of historical awareness regarding their actions. The episode reminds us that the official mind as it relates to decolonisation is to be understood not only by reference to the highest levels of strategic planning but also in terms of how it worked at the lower levels, in the colonial administrations on the ground.

    DOI

  • Britain and the Secret Agreement: The Week that Made the Emirates

    Shohei Sato

    Proceedings of the Seventh Anglo-Japanese Conference of Historians     285 - 301  2015.07  [Refereed]

  • 国家と集合的記憶:UAE建国40周年記念ロゴの謎

    佐藤尚平

    『UAE』   55   7 - 10  2014.03  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • The Routledge Handbook of the Global Sixties: Between Protest and Nation-Building

    Chen Jian, Martin Klimke, Masha Kirasirova, Mary Nolan, Marilyn Young, Joanna Waley-Cohen( Part: Contributor, pp. 469-479)

    Routledge  2018

  • 『スポーツの世界史』

    坂上康博, 中房敏郎, 石井昌幸, 嶋航( Part: Contributor)

    一色出版  2018

  • Britain and the Formation of the Gulf States: Embers of Empire

    Shohei Sato( Part: Sole author)

    Manchester University Press  2016 ISBN: 9780719099687

  • 『グローバル・スポーツの課題と展望』

    早稲田大学スポーツナレッジ研究会編( Part: Contributor)

    創文企画  2014.02

Misc 【 display / non-display

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Japan Consortium for Area Studies Award (Toryu-sho category)

    2016   地域研究コンソーシアム  

    Winner: Shohei Sato

  • Beit Prize

    2009   オックスフォード大学  

    Winner: Shohei Sato

Research Projects 【 display / non-display

  • Britain's Global Destruction of Inconvenient Records: The Role of the Colonial Office

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

    Shohei Sato

    Authorship: Principal investigator

  • Colonial Cover-up: Britain's Destruction and Concealment of Sensitive Records Worldwide

    Project Year :

    2017.04
    -
    2021.03
     

    Shohei Sato

    Authorship: Principal investigator

  • Britain's 'Operation Legacy' and the Migrated Archives

    Project Year :

    2015.05
    -
    2016.04
     

    Shohei Sato

    Authorship: Principal investigator

  • Operation Legacy, the Migrated Archives and the FCO Sepcial Collections

    Project Year :

    2014.10
    -
    2015.09
     

    Shohei Sato

    Authorship: Principal investigator

  • British Empire and the Formation of the Gulf States

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

    Shohei Sato

    Authorship: Principal investigator

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Towards a global comparison of selective amnesia: Britain’s colonial cover-up across Asia

    Shohei Sato

    The 11th International Conference of Asia Scholars 

    Presentation date: 2019.07

  • アラビア半島の国境線

    佐藤尚平  [Invited]

    平成29年度三菱財団研究成果報告会 

    Presentation date: 2017.09

  • Rebellion and Retreat: The Late 1960s in the United Arab Emirates

    Shohei Sato  [Invited]

    Revisiting 1968 and the Global Sixties 

    Presentation date: 2016.09

  • Exploring a revisionist history of decolonization: FCO 141 and the 'Operation Legacy'

    Shohei Sato

    Britain and the World Conference 2016 

    Presentation date: 2016.06

  • Decolonization and the Migrated Archives from Asia and Africa to Britain

    Shohei Sato  [Invited]

    International Conferene on Islam and Multiculturalism 

    Presentation date: 2014.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 20世紀の植民地独立期における文書隠蔽工作:諸帝国の比較研究に向けた基礎的調査

    2018  

     View Summary

     第二次世界大戦後、イギリス帝国は凋落し、世界中の植民地が独立した。この混乱の最中、イギリスが各地で不都合な文書を隠蔽していたということを示す新出史料が、近年発見された。 申請者は、イギリスによるこの世界的な文書隠蔽工作の全容を解明することを目指して、以前から研究を進めている。その一方で、この作業を通じて新たな課題も浮上してきた。すなわち、イギリス帝国の隠蔽工作を、他の事例とも比較しながら、世界史全体の中に位置付けることが必要になってきたのである。そこで、世界史的な検討を行うための第一歩として、本研究計画では、イギリス以外の帝国や国家の事例について基礎的な調査を行った。

  • イギリス帝国における植民地行政文書の保管と破棄の「現場」

    2019  

     View Summary

    第二次世界大戦後、日本やヨーロッパの諸帝国が世界各地から撤退した時、都合の悪い過去の記録がおそらく大量に処分されただろうということは想像にかたくない。しかし一体いつ、どれほどの規模で、どのように文書の隠蔽が行われたのかについては、謎が多い。そのような中、近年、例外的とも言える隠蔽の証拠が発見された。イギリスが20世紀中葉から後半にかけて世界37植民地で隠蔽したはずの文書群が、2011年にロンドン郊外で発見されたのである。報告者は、この「存在しないはず」の新出史料を使用して、イギリス帝国による文書隠蔽国策を、特に文書管理の作成・管理・利用・破棄の生々しい「現場」を伝える歴史的に稀有な事例として位置付けた。<!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-alt:"MS Mincho"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-536870145 1791491579 134217746 0 131231 0;}@font-face {font-family:"Cambria Math"; panose-1:2 4 5 3 5 4 6 3 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:roman; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1107305727 0 0 415 0;}@font-face {font-family:"\@MS 明朝"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-536870145 1791491579 134217746 0 131231 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-unhide:no; mso-style-qformat:yes; mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:11.0pt; mso-bidi-font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman",serif; mso-fareast-font-family:"MS 明朝"; mso-bidi-font-family:Arial; mso-bidi-theme-font:minor-bidi; mso-font-kerning:1.0pt;}.MsoChpDefault {mso-style-type:export-only; mso-default-props:yes; font-size:11.0pt; mso-ansi-font-size:11.0pt; mso-ascii-font-family:"Times New Roman"; mso-fareast-font-family:"MS 明朝"; mso-hansi-font-family:"Times New Roman"; mso-bidi-font-family:Arial; mso-bidi-theme-font:minor-bidi;}size:595.0pt 842.0pt; margin:99.25pt 30.0mm 30.0mm 30.0mm; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:18.0pt;}div.WordSection1 {page:WordSection1;}

  • イギリス帝国が世界37植民地で行った文書隠蔽工作:初期段階についての基礎的調査

    2017  

     View Summary

     第二次世界大戦後、イギリス帝国から世界各地の植民地が独立した。帝国の崩壊、ナショナリズムの高揚、植民地独立というこの世界史的な混乱の最中、実はイギリスが不都合な文書を必死で隠蔽していたようだということが最近になって分かってきた。 一体誰が、何を隠蔽しなければならなかったのか?植民地支配の歴史をどのように正当化しようとたのか?イギリス帝国が20世紀中頃から後半にかけて世界各地で行った文書隠蔽工作の全容を解明することが、私の研究の全体像だ。 この全体像のうち、本計画では、特に文書隠蔽工作の初期段階に注目した。一体いつ、誰が、何の目的のために文書隠蔽工作を策定したのか?この問いに答えるために、本計画では、まずは二次資料を使用して基礎的な調査を行った。

  • イギリス帝国による世界的な文書隠蔽工作:「現地協力者」についての基礎的調査

    2019  

     View Summary

     第二次世界大戦後、イギリス帝国から世界各地の植民地が独立した。この混乱の最中、実は、イギリスが世界中で不都合な文書を必死に隠蔽していたようだということが、最近になって分かってきた。植民地独立という世界史的な転換点において、イギリスは一体何を隠蔽し、帝国の歴史をどのように正当化しようとしたのか?この文書隠蔽工作において、イギリスの植民地支配に協力してきた現地協力者たちの名誉と安全に関わる文書も隠蔽の対象としていたということが、これまで分かっている。そこで、本研究課題では、イギリスが守ろうとした「現地協力者」とは誰だったのかを検証した。

  • 集合的記憶と集合的忘却:日英両帝国による隠蔽工作の比較に向けた基礎的調査

    2020  

     View Summary

    これまで報告者は、イギリス帝国による集合的忘却について研究してきた。第二次世界大戦後、イギリスが世界中の植民地から撤退した際に、各地で不都合な文書を徹底的に隠蔽したということが、近年発見された新出史料から明らかになりつつある。しかし、帝国の衰退期に隠蔽工作を行ったのはイギリスだけではない。日本もまた、第二次世界大戦の敗戦前後に大規模な隠蔽工作を行ったと伝えられている。本研究は、日英両帝国が行った隠蔽工作を比較することを長期的な目標として掲げ、それに向けた基礎的な文献調査を行った。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 東洋史特論

    埼玉学園大学  

  • 国際政治史(英語による授業)

    金沢大学大学院  

  • 中東の政治 (英語による授業)

    オックスフォード大学  

  • イギリス研究

    金沢大学  

  • 国際関係論 (英語による授業)

    オックスフォード大学  

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2014
    -
    2019

    Sport in History  Editorial Board

  • 2014
    -
    2019

    Sport in History(イギリススポーツ史学会)  編集委員

  • 2010.10
    -
    2013.09

    イスラーム地域研究・若手研究者の会(旧名「イスラム国家論」) 幹事