ゲイル カーティス アンダーソン (ゲイル カーティス アンダーソン)

写真a

所属

社会科学総合学術院 社会科学部

職名

教授

プロフィール

日本近現代史を研究しています。世界の視点から戦後日本の社会、文化及び歴史を横断的に取り上げています。2017年、日本女子大学から早稲田大学社会科学部に移り、これから明治百年記念事業及び1960年代日本について研究しています。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年

    オーストラリア国立大学アジア太平洋研究所   アジア太平洋史学科   日本近現代史  

  •  
    -
    2005年

    Australian National University, Research School of Pacific and Asian Studies   Division of Pacific and Asian History   Modern Japanese History  

  •  
    -
    1999年

    総合人間学部   人間環境研究科   人間社会発展  

  •  
    -
    1999年

    Faculty of Human and Environmental Sciences   Faculty of Human and Environmental Sciences  

  •  
    -
    1994年

    上智大学   比較文化研究科   比較文化論・日本文化論  

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 上智大学   修士(比較文化)

  • オーストラリア国立大学 アジア太平洋研究所   歴史学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    2008年

    Leiden University, The Netherlands, Department of Korean and Japanese Studies, Postdoctoral Research Fellow (2005-2008)

  •  
     
     

    早稲田大学 社会科学部   准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    The Association for Asian Studies (米国アジア学会)

  •  
     
     

    Japanese Studies Association of Australia (豪州日本研究学会)

  •  
     
     

    British Association of Japanese Studies(英国日本研究協会)

  •  
     
     

    European Association of Japanese Studies (ヨーロッパ日本研究協会)

  •  
     
     

    Nederlands-Japanse Vereniging (蘭日協会)

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • アジア史、アフリカ史

  • 思想史

  • ジェンダー

  • 日本史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 東アジア近現代史

  • ジェンダー研究

  • 日本思想史

  • 日本近現代史

  • Modern East Asian History

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 汎アジア主義ー史料集

    2011年

  • Pan-Asianism: A Documentary History, Vol.2

    Lanham, MD: Roman & Littlefield  2011年

  • Women’s History and Local Community in Postwar Japan (『戦後日本における地域女性史』)

    Routledge  2010年 ISBN: 9780415559393

  • Women’s History and Local Community in Postwar Japan

    Routledge  2010年 ISBN: 9780415559393

  • Marxist History and Postwar Japanese Nationalism(『マルクス主義歴史学と戦後日本のナショナリズム』

    Routledge  2003年 ISBN: 0415297397

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 「『新女性』誌に見る戦後分水嶺としての1950年」

    カーティス・アンダーソン・ゲイル

    『社会文学』   ( 33 ) 105 - 117  2011年

  • 1950 as a Historical Turning Point Seen through the Journal ""Shin Josei[The New Woman]""

       2011年

  • 大正期における『プロレタリア文化』概念の出現と『批判的な文化想像力』の展開

    カーティス アンダーソン ゲイル

    日本女子大学 紀要 人間社会学部   20   1 - 21  2010年

     概要を見る

    2010

  • Proletarian Culture in Taisho Japan: the Development of a ""critical imagination""

       2010年

     概要を見る

    2010

  • China in the Japanese Radical Gaze, 1945-1955

    Curtis Anderson Gayle

    MODERN ASIAN STUDIES   43 ( 5 ) 1255 - 1286  2009年09月

     概要を見る

    Japanese images of China have much to tell us about the way Japan sees its own modernisation and its place in the international system. Contrary to popular belief Japan did not turn unabashedly toward the USA after 1945. During the first decade after World War II, a number of important Japanese radical historians and thinkers decided that modernisation could be accomplished without the help Of the West. Just when many in japan were looking to America and Europe as exemplars of modernisation, others looked instead to revolutionary China and its past struggles against Japanese colonialism in the construction of a very different historical position from that ordinarily associated with the earl), post-war),cars. Certain Japanese historians, inspired by the push toward decolonisation in Asia, set about writing the history Of the present in ways that aligned. Japan with modern Chinese history. E wen though China had just been liberated from Japanese colonial rule Japanese Marxists saw their own position-under American imperialism-as historically and politically congruous with China's past war of resistance against,japan (1937-45). Through campaigns to develop a kind Of Cultural Marxism on the margins of Japanese society, they sought to bring about post-war Japanese 'national liberation' from American hegemony in ways that consciously simulated past Chinese resistance to Imperial Japan. Replacing Japan's own Cultural Marxist traditions from the pre-war era with the more palpable and acceptable example of China, they also hoped a new form of Asian internationalism Could remedy the problem of Japan's wartime past:. The historical irony associated with this discursive twist deferred to future generations the problem of how the Left would conic to terms with the past.

    DOI

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 東アジア近現代史

  • ジェンダー研究

  • 日本思想史

  • 日本近現代史

  • Modern East Asian History

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 1950年代日本における歴史運動ー中央から地域へ

    東京大学社会科学研究所  

    発表年月: 2011年

  • History-writing in 1950s Japan: from center to periphery

    発表年月: 2011年

  • Writing History and Contesting Memory: Ehime and the Emergence of Chi’iki Josei-shi

    Asian Studies Conference Japan  

    発表年月: 2006年

  • Culture against Nationalism and Imperialism in the Taish? Era

    Japanese Studies Association of Southeast Asia (Singapore)  

    発表年月: 2006年

  • The Emergence of Proletarian Culture in Taisho Japan

    Proletarian Culture and Resistance in Pre-war East Asia (Leiden University, The Netherlands)  

    発表年月: 2006年

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>