METOKI, Takehiro

写真a

Affiliation

Faculty of Commerce, Graduate School of Accountancy

Job title

Associate Professor

Education 【 display / non-display

  • 2008.04
    -
    2011.03

    Waseda University   Graduate School of Commerce   Doctoral program  

  • 2006.04
    -
    2008.03

    Waseda University   Graduate School of Commerce   Master's Program  

Degree 【 display / non-display

  • 2020.02   Waseda University   Doctor of Commerce

  • 2008.02   Waseda University   M.A. in Commerce

Research Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Accountancy   Associate Professor

  • 2014.04
    -
    2020.03

    Musashi University   Faculty of Economics   Associate Professor

  • 2014.04
    -
    2015.03

    The University of Sydney   Besiness School   Visiting Scholar

  • 2011.04
    -
    2013.03

    Musashi University   Faculty of Economics   a full‐time lecturer

  • 2009.04
    -
    2011.03

    Waseda University   Faculty of Commerce   Research Associate

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 2019
    -
    Now

    日本経営会計専門家研究学会

  • 2015
    -
    Now

    American Accounting Association

  • 2014
    -
    Now

    European Accounting Association

  • 2012
    -
    Now

    Japan Accouting Association

  • 2008
    -
    Now

    The Japanese Association of Management Accounting

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Accounting   Management Accounting, Cost Accounting

Research Interests 【 display / non-display

  • Management Accounting

  • Cost Management

  • Cost Accounting

  • Public Management

Papers 【 display / non-display

  • The Impediments to Cost Accounting System Change

    Satoshi Horii, Takehiro Metoki

    The Journal of Cost Accounting Research   45 ( 1 ) 62 - 74  2021.08  [Refereed]

  • 統合思考を醸成するマネジメント・コントロール

    横田絵理, 目時壮浩

    産業経理   81 ( 1 ) 4 - 13  2021.04

  • 行政組織における業績管理システムのデザインと利用に関する研究

    目時壮浩

    博士号学位申請論文     1 - 274  2020.02

    Authorship:Lead author

  • 統合報告とマネジメントの融合:X社の事例からの考察

    横田絵理, 目時壮浩

    慶應義塾大学Discussion Paper Series, FY19, No.2.    2020

  • Impact of Co-Developing Performance Measures with Employees on Organization Performance: A Survey of Local Governments in Japan

    Takehiro Metoki

    Chapter6, In Management Control Systems for Strategic Changes: Applying to Open Business and Innovations. Japanese Management and International Studies (JMIS) – Vol.17.     87 - 104  2020

    Authorship:Lead author

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 異論・正論管理会計

    伊藤嘉博, 目時壮浩( Part: Joint author)

    中央経済社  2021.09

Works 【 display / non-display

  • VE実践に関するフィールドリサーチ

    2008
    -
     

Awards 【 display / non-display

  • Waseda University Teaching Award

    2020.09   Waseda University   Management AccountingⅠ(1)

    Winner: Takehiro Metoki

  • 2019年度学生が選ぶベストティーチャー賞

    2019.03   武蔵大学  

  • Highly commended academic paper award of the 11th conference of the Performance Measurement Association

    2018.09   Performance Measurement and Management in a Globally Networked World   The moderating effects of management accounting capabilities on the relationship between contemporary performance measurement systems and organizational performance

    Winner: Kazunori Fukushima, Takehiro Metoki

  • 日本原価計算研究学会学会賞(論文賞)

    2018.08   日本原価計算研究学会   業績指標の質が行政組織のパフォーマンスに与える影響-質問票調査による定量的分析-

  • 2012年推薦論文

    2012.10   日本原価計算研究学会   公会計・行政評価情報の活用の効果と課題-混合研究法による分析-

    Winner: 目時壮浩, 妹尾剛好

Research Projects 【 display / non-display

  • 政府におけるリソース・マネジメントの研究

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    小林 麻理, 大森 明, 柴 健次, 山本 清, 松尾 貴巳, 金子 良太, 目時 壮浩

  • 行政組織における業績管理システムの活用に向けた管理会計能力に関する探索的研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    目時 壮浩

     View Summary

    2019年度においては,質問票調査設計のための予備的インタビュー調査とパイロットテストを実施する計画であった。研究期間開始後,早速に質問票の作成にとりかかる計画であったが,質問票の作成に先立っていくつかの組織に対して訪問調査を実施したところ,当初想定していた以上に業績管理システムに関わる行政職員の能力は担当業務や階層によって多様であることが明らかとなり,測定概念や測定項目の開発を綿密に行う必要性が認識された。また,質問項目や分析の精度を向上させる必要性があることから,執筆済みであった日本語原稿を英文に翻訳し,質問項目について海外研究者との意見交換を行ったが,測定概念や測定項目の精度,先行研究との関連性を明確にする必要性があるとの指摘を受けた。そこで,いま一度先行研究の整理と測定項目の開発に重きを置き,測定尺度について検討を重ねることとした。結果として,分析フレームワークの検討と測定尺度の開発に多くの時間を費やすこととなったため,当初予定していたパイロットテストの実施を年度末に先送りすることとした。年度末での質問票調査の実施に向けて質問票の作成を行っていたが,新型コロナウイルスの感染拡大に伴って,残念ながらパイロットテストの実施が困難となってしまった。調査票はすでに完成しているため,新型コロナウイルスの感染がある程度落ち着いた段階でパイロットテストを実施し,早急に質問票調査へ移行することとしたい。

  • 統合報告と管理会計の相互的影響に関する多面的研究

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

    伊藤 嘉博, 大森 明, 山本 浩二, 尾畑 裕, 横田 絵理, 伊藤 和憲, 目時 壮浩

     View Summary

    統合報告が管理会計実践ならびに研究に及ぼす影響には、能動的な側面と受動的な側面の2つがある。このうち、昨年度は受動的な影響の分析を中心として調査研究を実施したが、本年度は能動的影響に的を絞って研究活動を行った。この能動的影響とは、統合報告が目的とする企業の長期的な価値創造(プロセス)とその影響の伝達に関連して、管理会計システムに期待される貢献をベースとしている。
    具体的には、バランスト・スコアカード(BSC)ないし戦略マップといった既存の管理会計ツールが統合報告の推進を支援する強力な手段となりうると考え、その可能性と課題について分析・検討を行った。事実、内外を問わず、相当数の統合報告実践企業がBSCないし戦略マップを、自社の戦略を投資家に説明する際の枠組みとして活用している。われわれは、そうした企業に積極的にインタビュー調査を実施してきたが、本来は内部管理、わけても戦略マネジメントのツールであるそれらを外部報告に活用するには自ずと限界がある。なによりも、極秘事項である自社の戦略を外部にさらけ出すことにつながるため、ぼかしやアレンジが多岐にわたって施され、その結果外部からは戦略とその実践プロセスとの有機的なつながりが読みにくくなっているのが現状である。そのことは、内部管理のツールとしてのBSCないし戦略マップそのものに対する評価にも、少なからずマイナスの影響を及ぼしているという事実を、先の調査を通じて確信した次第である。これにより、総合的にみれば、管理会計スステムが統合報告の推進に向けて果たすと期待される能動的な影響は、表見的にはともかく、本質的な意味においては、さほど期待できないとの印象を持つに至った。

  • 業績指標のデザインと運用における現場従業員の関与パターンの類型化:組織のパフォーマンスに与える影響に関する定量的分析

    Project Year :

    2019.04
    -
    2020.03
     

    Authorship: Principal investigator

  • A study of accounting system to support the inbound strategies of Japanese tourism industry

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    Ito Yoshihiro

     View Summary

    In this research project, we examine how to explore a concrete and easy-to-use methodology for constructing an information system to enhance the ability to pull in more inbound customers and to improve the profitability of the tourism industry dramatically . In addition, we examined the way how to collaborate organically between tourism industries.
    <BR>
    Specifically, we presented the base model of the information system and verified these effect through action research. Furthermore, through interviews and experiences surveys, we clarified the promotion and inhibition factors, and also examined new methodology of tourism research.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • The relationship between experiential learning capability related to performance management system and performance in the public sector

    Takehiro Metoki, Kazunori Fukushima

    43rd Annual Congress of the European Accounting Association in Bucharest 

    Presentation date: 2021.05

  • 行政管理会計研究の行方:システマティックレビューに基づく分析

    目時壮浩  [Invited]

    日本会計研究学会 

    Presentation date: 2019.09

    Event date:
    2019.09
     
     
  • 行政組織の管理会計能力が組織のパフォーマンスに与える影響

    目時壮浩, 福島一矩

    京都大学管理会計研究会 

    Presentation date: 2018.12

  • The moderating effects of management accounting capabilities on the relationship between contemporary performance measurement systems and organizational performance

    Kazunori Fukushima, Takehiro Metoki

    11th Conference of the Performance Measurement Association, Performance Measurement and Management in a Globally Networked World, Warsaw, Poland 

    Presentation date: 2018.09

  • 業績指標のデザインと運用における現場従業員の関与:組織のパフォーマンスに与える影響

    目時壮浩

    日本原価計算研究学会第44回全国大会 

    Presentation date: 2018.08

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 非営利組織における管理会計の意義と可能性に関する研究

    2009  

     View Summary

     その主たる貢献領域を営利組織たる企業としてきた管理会計であるが,近年では,自治体・政府組織などの非営利組織のマネジメントに対する貢献をも期待されるようになっている。バブル崩壊後の90年代後半以降,自治体や政府の抱える財政赤字問題や非効率なマネジメントに対する批判はますます高まりを見せているが,当該問題の解決の一翼を担うものとして,管理会計が注目されるようになった。これをうけて,多くの研究者によって自治体・政府組織などの非営利組織を対象としたABC(Activity-Based Costing)やBSC(Balanced Scorecard)に関する事例研究や導入研究が示されるに至ったのである(たとえば,Brimson and Antos(1994); Kaplan and Norton(1996, 2001); 櫻井(2003); 櫻井=大西(2003); 石原(2004); 稲生(2004); 谷(2004)など)。 たしかに,昨今の自治体財政の悪化を考えれば,営利組織におけるコスト・マネジメントにおいて多大な貢献を果たしてきた管理会計手法に大きな期待が寄せられていることは間違いないであろう。しかしながら,自治体の存在意義に鑑みれば,コストの削減と同等に,またはそれ以上に,住民の生活を支え利用者の満足に合致する公共サービスを提供することが求められる。なぜならば,公共サービスとは住民らが健全かつ円滑に市民生活を営むためのインフラを提供するものであり,コストがかかるからと言って切り捨てられる性質のものではないからである。しかしながら,既往の議論においては,住民らの便益を犠牲にすることなくいかにしてコストの削減を実現するか,いいかえれば住民らの便益とコストの削減との間に存在するトレード・オフをいかにして解消するかといった問題について,十分な議論が展開されているとはいい難い。 そこで本研究では,自治体が提供する公共サービスにおいて,目標原価を制御基準として公共サービスに係るアウトカムの作り込みを行う大分県庁の取組みに注目した。具体的には,大分県庁をリサーチサイトとして実施したフィールドリサーチに基づき,目標原価の設定と当該目標原価を制御基準として展開されるアウトカムの作りこみに係る一連のプロセスを明らかにすることを通じて,公共サービスにおける目標原価管理の意義と今後の研究課題を明らかにした。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • テーマ研究(学位論文)

    早稲田大学  

    2020.04
    -
    Now
     

  • Performance Management Workshop

    Waseda University  

    2020.04
    -
    Now
     

  • Statistics for Management Accounting Research

    Waseda University  

    2020.04
    -
    Now
     

  • Management Accounting in Public Sector

    Waseda University  

    2020.04
    -
    Now
     

  • Management Accounting

    Waseda University  

    2020.04
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019.12
    -
    Now

    株式会社ミロク情報サービス 税経システム研究所 会計システム研究会  客員研究員

  • 2019.06
    -
    Now

    日本経営会計専門家研究学会  理事

  • 2015.09
    -
    Now

    Japan Cost Accounting Assocition  A Member of Editorial Committee

  • 2015.09
    -
    2021.09

    日本原価計算研究学会  幹事

  • 2011.04
    -
    2020.03

    Research Institute of Business Administration  Guest Researcher

display all >>