Updated on 2024/05/27

写真a

 
KUBOTA, Yoshiko
 
Affiliation
Affiliated organization, Center for Japanese Language
Job title
Professor(without tenure)

Research Experience

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University   Center for Japanese Language

  • 2016.04
    -
    2020.03

    Mejiro University   Faculty of Foreign Language Studies Department of Japanese Language Studies

  • 2004.10
    -
    2016.03

    National Graduate Institute for Policy Studies

  • 2002.08
    -
    2016.03

    国際交流基金日本語国際センター   日本語教育専門員

  • 2000.08
    -
    2002.08

    国際交流基金ドイツ・ケルン日本文化会館   日本語講座主任・日本語教育アドバイザー

  • 1994.03
    -
    2000.08

    国際交流基金日本語国際センター   日本語教育専門員

▼display all

Education Background

  • 2004.04
    -
    2007.03

    Meikai University  

  • 1991.04
    -
    1993.03

    Ochanomizu University  

  • 1977.04
    -
    1981.03

    Aichi Prefectural University   School of Foreign Studies   Department of British and American Studies  

Research Areas

  • Education / Foreign language education / Japanese language education

Research Interests

  • 教師論

  • 日本語教育

  • ビリーフ

  • 日本語教授法

  • 第二言語習得理論

  • Second Language Acquisition

  • language education

  • beliefs

  • Japanese study

▼display all

 

Papers

▼display all

Research Projects

  • 外国語としての日本語学習者のための参照文法の開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

    ヨフコバ四位 エレオノラ, 李 在鎬, 堀 恵子, 稲葉 和栄, 久保田 美子

     View Summary

    本研究の目的である日本語学習者が自ら読んで理解できる文法書(参照文法)の開発に関して、当該年度に以下の課題を設定し遂行する予定であった:1) 既存の初級日本語文法解説書を分析し、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)の言語能力記述を支える言語材料としての文法項目を整理して参照文法に収録する文法項目を選定し、記述に必要な情報を定める。また、参照文法の中心的な狙いである、似ている文型(類似表現)の提示・記述方法も確定する。2) 参照文法のwebツール制作のための基盤作り。3)国内外報告活動。 1)は予定通り進めることができ、参照文法に収める文法項目を決定し一覧表を作成した。また、個々の文法項目の記述に必要な情報および記述方法も決定した。さらに、文法項目の一覧表からいくつかの文型を選び、研究代表者と分担者で手分けをし、記述をはじめた。2)に関しては、担当予定であった分担者が当該年度の業務ができなくなったため、代わりにwebツール設定について助言をくれる技術者を探し、当初の予定より多少の遅れでwebツールの基盤作りをはじめた。これまでは、webツールに必要なサーバーの設定を行う業者を決め、現在サーバー設定に必要な手続きを進めている(サーバーの設定はまだ行っていない)。また、外部の専門家の助言を得ながら、データ処理に必要なソフトウェアやwebページへの入力方法等について検討しているところである。3)に関しては、サーバー立ち上げの作業が遅れ、十分なデータおよび発表のための材料が揃わなかったため、報告活動は行っていない。

  • Development of new questionnaries on beliefs of teachers and learners of Japanese overseas

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2018.04
    -
    2023.03
     

Misc

 

Syllabus

▼display all

 

Sub-affiliation

  • Affiliated organization   Global Education Center