松岡 宏高 (マツオカ ヒロタカ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    オハイオ州立大学   教育学部 身体活動・教育サービス学科   スポーツマネジメント  

  •  
    -
    1995年

    大阪体育大学   体育学研究科   生涯スポーツ学  

  •  
    -
    1993年

    京都教育大学   教育学部   体育学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • オハイオ州立大学   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    早稲田大学

  • 2009年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学

  • 2003年04月
    -
    2009年03月

    びわこ成蹊スポーツ大学

  • 2001年
    -
    2002年

    オハイオ州立大学教育学部身体活動・教育サービス学科 客員研究員

  • 1995年
    -
    1996年

    大阪体育大学スポーツ産業特別講座 研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学   スポーツマネジメント、スポーツマーケティング

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツ消費者行動

論文 【 表示 / 非表示

  • The Association Between Facial Width-to-Height Ratio (fWHR) and Sporting Performances: Evidence From Professional Basketball Players in Japan

    Shintaro Sato, Keita Kinoshita, Koichi Sekino, Haruka Amano, Yoshifumi Bizen, Hirotaka Matsuoka

    Frontiers in Psychology   12  2021年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Previous research in evolutionary psychology has highlighted the potential role of facial structures in explaining human behavior. The facial width-to-height ratio (fWHR) was found to be associated with testosterone-driven behavioral tendencies like achievement drive, aggression, and sporting success. The current study aimed to replicate such relationships using real-world data (i.e., professional basketball players; <italic>N</italic> = 482). Achievement drive, aggression, and sporting success were operationalized as field-goal attempts (FGA), the number of fouls committed (Foul), and player performance rating (EFF), respectively. The results indicated that fWHR was significantly associated with FGA and EFF, controlling for minutes of play and body-mass-index. The same results were obtained for separate analyses focusing on outsider players. However, analyses of inside players demonstrated that fWHR was associated only with EFF. The current research further provides empirical evidence supporting the effects of fWHR on achievement drive and sporting successes, although the effect sizes are notably small.

    DOI

  • The effect of sponsorship purpose articulation on fit: moderating role of mission overlap

    Tae-Ahn Kang, Hirotaka Matsuoka

    International Journal of Sports Marketing and Sponsorship   22 ( 3 ) 550 - 565  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    <sec><title content-type="abstract-subheading">Purpose</title>This study aimed to examine the effects of two sponsorship purpose articulations (commercially oriented vs noncommercially oriented) on attitude toward the sponsor via sponsor–property fit and the moderating effect of the overlapped mission between the sponsor and the property.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Design/methodology/approach</title>A 2 (purpose articulation type: commercially oriented vs noncommercially oriented) × 2 (mission overlap articulation condition: present vs absent) between-subjects experimental design with a control condition was employed with student sample (<italic>n</italic> = 171). The moderated mediation model was tested using Hayes' PROCESS macro model 8.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Findings</title>The commercially oriented purpose articulation did not improve sponsor–property fit as much as the noncommercially oriented purpose articulation, resulting in less favorable attitudes toward the sponsor. When the mission overlap was simultaneously articulated, the less positive effects of the commercially oriented purpose articulation were weaker.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Practical implications</title>The findings provided incongruent sponsors with insights on mixed articulation strategies with sponsorship purposes and the overlapped mission.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Originality/value</title>This study extends previous research by presenting the first understanding of the different processes in which two sponsorship purpose articulations developed attitudes toward the sponsor via sponsor–property fit and by investigating the moderating effect of the simultaneously articulated mission overlap on the processes.

    </sec>

    DOI

  • Gender differences in statistical interaction effects of perceived well-being and structural constraints on the intention to attend a game

    Rei Yamashita, Tae-Ahn Kang, Hirotaka Matsuoka

    Managing Sport and Leisure     1 - 14  2021年06月  [査読有り]

    DOI

  • Graduate employability and higher education’s contributions to human resource development in sport business before and after COVID-19

    Shintaro Sato, Tae-Ahn Kang, Ebe Daigo, Hirotaka Matsuoka, Munehiko Harada

    Journal of Hospitality, Leisure, Sport & Tourism Education   28   100306 - 100306  2021年06月  [査読有り]

    DOI

  • Understanding the Relationship between Past Experience of a Sports Mega-Event and Current Spectatorship: The Mediating Role of Nostalgia

    Jeongbeom Hahm, Tae-Ahn Kang, Hirotaka Matsuoka

    Sustainability   13 ( 6 ) 3504 - 3504  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

     概要を見る

    Mass sport participation has received considerable attention in the recent sport management literature. However, little is known about sport spectatorship as an outcome of sports mega-events (SMEs). This is the first study to use cross-cultural analysis to examine the relationship between the 2002 Fédération Internationale de Football Association (FIFA) World Cup Korea/Japan and current football spectatorship in the host countries. In the context of SMEs, this study uses the psychological construct of nostalgia as a mediator to identify the relationship with spectatorship. Data from 416 and 408 respondents from South Korea and Japan, respectively, were collected through online surveys and analysed cross-culturally using Hayes’ PROCESS macro model 4. We find that the nostalgia evoked by the 2002 World Cup has positively influenced the host nations’ current football spectatorship. While this SME has a strong impact on evoking nostalgia, the effect of nostalgia on spectator behaviour is significant, yet comparatively weak.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • スポーツマーケティング

    原田, 宗彦, 藤本, 淳也, 松岡, 宏高( 担当: 共編者(共編著者))

    大修館書店  2018年05月 ISBN: 9784469268430

  • Sport business in leading economies

    edited by, James Jianhui Zhang, Roger Haiyan Huang, John Nauright( 担当: 分担執筆)

    Emerald Pub.  2018年 ISBN: 9781787435643

     概要を見る

    The Japanese Sport Industry

  • スタジアムとアリーナのマネジメント

    早稲田大学スポーツナレッジ研究会, 石井, 昌幸, 井上, 俊也, 田代, 学, 西崎, 信男, 佐野, 慎輔, 吉田, 智彦, 松岡, 宏高, 武藤, 泰明, 藤本, 淳也, 阿部, 正三, 河路, 健

    創文企画  2017年05月 ISBN: 9784864130936

  • 図とイラストで学ぶ新しいスポーツマネジメント

    山下, 秋二, 中西, 純司, 松岡, 宏高( 担当: 共編者(共編著者))

    大修館書店  2016年11月 ISBN: 9784469268041

  • スポーツ・ファン・マネジメント

    早稲田大学スポーツナレッジ研究会, 町田, 光, 西崎, 信男, 藤井, 翔太, 木村, 正明, 佐野, 慎輔, 伊藤, 直也, 井上, 俊也, 佐藤, 直司, 梶原, 健, 阿部, 正三, 木内, 勝也, 松岡, 宏高, 武藤, 泰明

    創文企画  2016年06月 ISBN: 9784864130837

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スポーツイベントの開催が人々のスポーツ参加に与える影響の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    松岡 宏高

  • オリンピック・パラリンピックが開催地に与える社会的影響の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    松岡 宏高

     概要を見る

    2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップのような大規模国際スポーツイベントには、開催地におけるポジティブな経済効果やその開催地住民のスポーツ関与の高まりなどが期待されるとともに、公的資金の無駄使いになるのではないかとの否定的な見解もある。これは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに対しても同様であり、その社会に与える影響に注目が集まっている。しかしながら、その影響に関する見解の多くについては科学的根拠に基づいたものではない。本研究プロジェクトは、東京オリンピック・パラリンピックを題材に、その社会的影響を学術的根拠に基づく尺度を用いて測定し、科学的な検討を試みる取り組みである。測定においては、その影響を認識する住民を対象とするため、ある程度の代表性の担保が可能なインターネット調査を活用する。尺度には、経済活性化、イメージ向上、地域愛着の向上、スポーツ関与の向上、日常生活の妨害、事故・事件のリスク、行政予算の浪費などの要因を含めて、ポジティブ、ネガティブの両面からの分析を行う。
    スポーツイベントの社会的影響に関する実践的および学術的な最新の取り組みと課題についての把握を継続して行ったうえで、本研究プロジェクトの最終的な目的であるオリンピック・パラリンピックの社会的影響を測定する準備を進めた。研究者自身がこれまでに開発を試みたスポーツイベントの社会的影響を測定する尺度の再検討を行うと同時に、新たに発表された研究のレビューを行った。また、開催前に比較のために測定する事前調査の実施時期の再検討を行い、数カ月前に変更することとした。

  • スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2015年10月
    -
    2019年03月
     

    松岡 宏高

     概要を見る

    本研究の目的では、スポーツイベントが地域社会に与える影響について検討することを試みた。先行研究の検討より抽出した5つのポジティブな影響要因(経済活性、文化的経験、外部へのイメージ向上、地域プライド、スポーツへの関心)と、3つのネガティブな影響要因(交通・日常生活の妨害、安全面のリスク、経済的浪費)を用いて量的データの分析を行った。2017年開催の冬季アジア札幌大会を研究対象として札幌市民より有効な639部のデータを収集した。尺度の検討を試みた結果、収束的妥当性と弁別的妥当性、さらに概ね基準を満たす適合度が確認された。最も強く認識されたのは、外部へのイメージ向上、次いで経済的浪費であった。

  • Fans’ responses to the internationalization of team sports brands: the case of the German football league Bundesliga in Japan

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 見るスポーツの社会的価値の測定

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    松岡 宏高

     概要を見る

    本研究プロジェクトでは、見るスポーツの社会的価値を明らかにするために、(1)スポーツ観戦の価値に対する認識を観戦者と非観戦者で比較すること、(2)スポーツ観戦から獲得されるベネフィットを確認すること、(2)プロスポーツ組織が地元住民に与える影響を確認することに取り組んだ。質問紙調査の結果、観戦者と非観戦者との間におけるスポーツ観戦価値の認識の違いが明らかになった。また、スポーツ観戦者の観戦前に期待するベネフィットと観戦後に認識された獲得ベネフィットの違いも確認された。さらにインターネット調査を実施した結果、新規参入のプロサッカークラブの地元住民に対するポジティブな影響が明らかになった。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • スポーツイベントが開催地に与える社会的影響の検討

    2018年  

     概要を見る

    本研究の目的は、スポーツイベントの開催地に生じる地域社会への影響を測定することである(*科研費基盤研究(C)(一般)に関連したもの)。本年度は、すでに開発したスポーツイベントの地域社会への影響を測定する尺度を再度検討し、改めて統計分析を行い、精査することを試みた。 尺度開発に使用したデータは2017年に札幌市民に対して冬季アジア札幌大会の地域社会への影響についての回答を求めたものである。ポジティブな影響要因として、経済活性、文化的経験、イメージ向上、地域プライド、スポーツへの関心、ネガティブ要因として、交通・日常生活の妨害、安全面のリスク、浪費がそれぞれ設定された。再分析の結果、尺度モデルが改善され、収束的妥当性と弁別的妥当性、さらに概ね基準を満たすモデル適合度が確認された。

  • スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

    2016年  

     概要を見る

    本研究は社会的効果に焦点を当て、プロサッカー事業を展開するJリーグの各クラブが存在する地域を対象にその住民のソーシャルキャピタルに関する認識を測定することを試みた。測定尺度には4要因12項目(7件法)を用いた(Lee et al., 2012)。Jリーグのホームタウンに居住し、過去1年間に直接観戦を行った男女516名を対象として、インターネット調査を行い、516サンプルを収集した。分析の結果、尺度の信頼性は確認され(α=.84~.90)、それぞれの平均値はsocialcapitalとcollective identityが3.5、well-beingとhuman capitalが3.7であった。

  • スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

    2015年  

     概要を見る

     本研究は様々あるスポーツ事業の中でも、スポーツイベントに焦点を当て、その社会的影響について検討を試みた。スポーツイベントの地域社会への影響は、経済的効果、スポーツ関連効果(スポーツ実施の向上など)、そして社会的効果という3つに大別されると考えられる。この中ですでに多くの試みが行われている経済効果の推計を除き、その他の2つの影響について検討を試みた。平成27年度科学研究費助成事業:基盤研究(B)(研究課題名:スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討)が追加採択分として平成27年10月末に採択されたため、本研究助成費を使用した研究活動は行っていない。

  • スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

    2015年  

     概要を見る

     本研究は様々あるスポーツ事業の中でも、観戦型スポーツイベントを対象として、その社会的影響に焦点を当てた。スポーツイベントの地域社会への影響は、経済的効果、スポーツ関連効果、そして社会的効果という3つに大別されると考えられる。この中ですでに多くの試みが行われている経済効果の推計を除き、その他の2つの影響について検討を試みた。文献レビューおよび学会大会出席を通した情報収集の結果、スポーツイベントによって開催地や開催地の住民(観戦者)に与える社会的影響の測定と把握においては、ソーシャルキャピタルや地域愛着などの概念が援用されて尺度項目が設定され、各測定項目について個人の認識が測定されていることが確認された。

  • スポーツマネジメントの定義と領域についての検討

    2009年  

     概要を見る

     国内外の文献をレビューし、スポーツマネジメントの概念がどのように捉えられているのかについて理解を深め、概念の再検討を行い、「スポーツマネジメントの概念の再検討」という題目の論文にまとめた。要旨は次のとおりである。 スポーツマネジメントと呼ばれる領域は急速に拡大したため、あまりにも多様なスポーツ産業にかかわる事象を取り込んできた。その結果、この学問領域の概念は研究者およびスポーツビジネス実践者によって多様に解釈されるようになった。「何がスポーツマネジメントで研究され、教えられるのか」ということに対する答えが必要である。本稿は、この領域の科学としての存在意義を明確にするために、スポーツマネジメントの概念の再検討を試みた。まず、マネジメントの対象の「スポーツ」が何を意味しているのかを明確にするために、スポーツ産業の構造について検討した。次に、スポーツプロダクトの特異性について確認した。本稿での議論から、スポーツマネジメントを「するスポーツと見るスポーツの生産と提供に関わるビジネスのマネジメント」と定義することができる。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>