NISHIYAMA, Tatsuya

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2010

    University of Strasbourg   Philosophy  

  •  
    -
    2010

    ストラスブール大学   哲学専攻  

  •  
    -
    2006

    The University of Tokyo   総合文化研究科   地域文化研究  

  •  
    -
    2006

    The University of Tokyo   Graduate School, Division of General Culture   Area Studies  

  •  
    -
    2002

    University of Strasbourg - Marc Bloch (DEA)   Department of Philosophy  

display all >>

Degree 【 display / non-display

  • University of Strasbourg   Doctor (Philosophy)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   教授

  • 2017.04
    -
    2018.03

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   准教授

  • 2013.04
    -
    2017.03

    Seinan Gakuin University Department of International Studies, Division of International Culture, Department of Intercultural Studies Division of Intercultural Studies   Associate Professor

  • 2010
    -
    2012

    :Global COE program UTCP (University of Tokyo Center for Philosophy)

  • 2006
    -
    2009

    :Japan Society for the Promotion of Science:JSPS Research Fellow(PD)

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本フランス語フランス文学会

  •  
     
     

    日仏哲学会

  •  
     
     

    日本哲学会

  •  
     
     

    ハイデガー・フォーラム

 

Research Areas 【 display / non-display

  • European literature

  • Philosophy and ethics

  • History of thought

Research Interests 【 display / non-display

  • 比較思想

  • マルティン・ハイデガー

  • フランス哲学

  • 翻訳の思想

  • 現代思想

Papers 【 display / non-display

  • 翻訳不可能なリズムをめぐって : ハイデガーによるアリストテレス読解の一側面

    西山 達也

    現代思想   46 ( 3 ) 241 - 253  2018.02  [Invited]

  • 「示されているものへと向かう存在」

    西山 達也

    Zuspiel   ( 1 ) 167 - 177  2017.12  [Invited]

  • 生・時間・連続性 : ハイデガーのベルクソン解釈

    西山 達也

    西日本哲学年報   ( 25 ) 95 - 115  2017.10  [Invited]

  • Facticity and Poetics in History: Miki Kiyoshi's Reading of Heidegger

    NISHIYAMA Tatsuya

    Philosophy Today   60 ( 4 ) 893 - 910  2016  [Refereed]  [Invited]

  • 翻訳における〈意味の再現〉について:ブランショ・ベンヤミン・ハイデガー

    西山 達也

    西南学院大学国際文化論集   29 ( 1 ) 47 - 74  2014

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 終わりなき対話III(モーリス・ブランショ)

    西山 達也( Part: Joint translator)

    2017.11

  • 終わりなき対話II (モーリス・ブランショ)

    西山 達也( Part: Joint author)

    筑摩書房  2017.06

  • 『翻訳について』(ジョン・サリス)

    ( Part: Joint author)

    月曜社  2013

  • 『共生の現代哲学(門脇俊介記念論集)』

    ( Part: Joint author)

    UTCPブックレット  2011

  • 『貧しさ』

    藤原書店  2007 ISBN: 9784894345690

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 「細川亮一・齊藤元紀・池田喬編『始まりのハイデガー』」

    西山 達也

    『週刊読書人』   ( 3117 ) 4  2015

  • 「ハイデガーをめぐる対談」ジャック・デリダ、ドミニク・ジャニコー(聞き手)、西山達也訳・解説

    西山 達也

    『現代思想』   43 ( 2 )  2015

  • La recherche de penser : Georges Bataille et Jean-Luc Nancy

    NISHIYAMA TATSUYA

      ( 10 別冊 ) 243 - 258  2013

  • "Tout est rythme" Introduction à la traductologie spéculative."

    NISHIYAMA TATSUYA

    Seinan Journal of Cultures   27 ( 1 ) 183 - 216  2012

  • ベルナール・スティグレール著『技術と時間Ⅰ:エピメテウスの過失』書評

    西山 達也

    読書人   ( 2806 )  2009

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • ハイデガー研究,近現代におけるヨーロッパの思想(特にドイツ・フランス),翻訳をめぐる思想史

Presentations 【 display / non-display

  • 悲劇的なものと歴史の媒介作用

    西山 達也  [Invited]

    シンポジウム「実存の悲劇的根拠」( 2018年度早大哲学会) 

    Presentation date: 2018.07

  • 「示されているものへとむかう存在」

    西山 達也  [Invited]

    ワークショップ「『存在と時間』の射程:意味・解釈・翻訳をめぐって」(ハイデガー『存在と時間』2017) 

    Presentation date: 2017.11

  • 生・時間・連続性:ハイデガーのベルクソン読解

    西山 達也  [Invited]

    シンポジウム「「生の哲学」再考:ハイデガーとベルクソン」(西日本哲学会第67回大会) 

    Presentation date: 2016.12

  • 「汝が在るところのものに成れ」

    西山 達也  [Invited]

    2016年度西南学院大学国際文化学部談話会 

    Presentation date: 2016.03

  • genealogia/chronologia: ピンダロス、ニーチェ、ハイデガー

    MOMENTVM CRITICVM:COLLOQVIVM IN HONOREM PROF. YASVNARI TAKADAE 

    Presentation date: 2015

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 20世紀フランス哲学における「経験」概念の問い直しとその現在的意義

    2017  

     View Summary

    本研究を遂行するにあたって、私自身がこれまで研究してきた「翻訳の思考」という主題を改めて問い直すことから出発した。すなわち、これを自己の帰属する歴史的・言語的地平の限界の「経験」を巡る思考と再規定し、そのうえで「経験」概念に照準をさだめ、20世紀フランスにおいていかなる形で「経験」概念の再構築がなされたかを検討した。本研究がとりわけ注目したのは、20世紀中葉のフランス思想を理解するうえで貴重な資料であるRecherches philosophiques誌における様々な思想家の論攷(レヴィナス、コジェーヴ、バシュラール、カイヨワ、等)であり、ここで展開した諸思想のなかから、「経験」をめぐる新たな思潮がいかにして萌芽したかを追跡することができた。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2012.09
    -
     

    ハイデガー・フォーラム  実行委員