長崎 潤一 (ナガサキ ジュンイチ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    早稲田大学   教育学部   社会科地理歴史専修  

  •  
     
     

    早稲田大学   文学研究科   史学(考古学)専攻  

  •  
     
     

    早稲田大学   文学研究科   史学(考古学)専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   文学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本学術振興会特別研究員(PD)

  •  
     
     

    札幌国際大学教授

  •  
     
     

    校名変更により札幌国際大学助教授

  •  
     
     

    静修女子大学助教授

  •  
     
     

    日本学術振興会特別研究員(PD)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本考古学協会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 考古学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 北方考古学、旧石器考古学

論文 【 表示 / 非表示

  • 茨城県常陸大宮市山方遺跡第2次調査概報

    長﨑潤一

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   64   659 - 684  2019年03月

  • 茨城県常陸大宮市山方遺跡第1次発掘調査概報

    長﨑潤一

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   62   485 - 508  2017年03月

     概要を見る

    2015年に実施した久慈川右岸に位置する旧石器遺跡、山方遺跡の第1次調査の概報。AT下位に位置づけられている石刃石器群が検出されていた遺跡で、遺跡の広がりや他時期の遺物の有無について調査。縄文土器・剥片などを検出。

  • 栃木県栃木市岡之内遺跡A地点第2次発掘調査概報

    長﨑潤一

    早稲田大学大学院文学研究科紀要.第4分冊   61   37 - 58  2016年02月

     概要を見る

    2014年に実施した岡之内遺跡A地点の第2次調査の概報。今次調査によって遺跡形成の実態が明らかとなった。鹿沼軽石(Ag-KP)堆積後、後期旧石器時代に山崩れがあり、それによって形成された平坦面に縄文時代、古墳時代に遺構が構築された。弘仁年間に群馬県で起こった地震の痕跡も確認された。

  • 埋蔵文化財と大学の教育体制

    長﨑潤一

    月刊 考古学ジャーナル 10月臨時増刊号   676  2015年10月

  • 栃木県栃木市岡之内遺跡A地点第1次発掘調査概報

    長﨑潤一

    早稲田大学大学院文学研究科紀要.第4分冊   60   31 - 55  2015年03月

     概要を見る

    2013年に実施された永野川左岸に位置する岡之内A遺跡の第1次調査の概略。有舌尖頭器や縄文土器が表面採集されたので、発掘調査を実施。石鏃・彫器・縄文土器・縄文遺構を確認。

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 現代考古学事典 縮刷版

    安斎正人( 担当: 分担執筆)

    同成社  2006年07月

     概要を見る

    リダクション、火山灰考古学、発掘調査報告書 を担当

  • 現代考古学事典

    安斎正人( 担当: 分担執筆)

    同成社  2004年06月

  • 総進不動坂遺跡調査・検証報告書

    長﨑潤一( 担当: 編集)

    札幌国際大学  2003年08月

  • 現代の考古学6 村落と社会の考古学

    高橋龍三郎( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2001年10月

     概要を見る

    2「旧石器時代の社会と集団 -遺跡間接合の景観考古学-」を分担

  • 東京都練馬区比丘尼橋遺跡B地点調査報告書

    長﨑潤一( 担当: 編集)

    比丘尼橋遺跡調査団  1993年03月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ホモ・サピエンス躍進の初源史:東アジアにおける海洋進出のはじまりを探る総合的研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    ①海域別調査(津軽・伊豆・対馬・琉球):津軽海峡については、青森の縄文早期遺跡出土黒曜石の原産地分析に着手した結果、従来土器の交流から予測されていたよりもはるかに活発な交流があったことが示唆された。伊豆諸島海域については、神津島などへの渡航を何度か成功させているシーカヤッカーから聞き取り調査を実施した。対馬海峡については、日本側の後期旧石器時代初頭の石器文化の容態と、対馬で縄文早期末に腰岳産黒曜石が搬入されていることを確認した。琉球列島海域については、徳之島(天城)・沖縄島(サキタリ洞)・宮古島(ツヅピスキアブ)の先史時代遺跡について発掘調査または遺物整理を実施し、遺跡形成過程や海産物資源利用について新知見を得た。さらに沖縄県内の遺跡出土品について自然科学分析(顔料分析、材質分析)に着手した。②日本周辺域の調査:日本列島への渡来ルートを検討する一助として、フィリピンの更新世~完新世石器群の調査を実施した。これらは後期旧石器時代初頭の剥片石器群を理解するための比較資料となる。③漂流シミュレーション:琉球列島への移住が偶然か意図的かを区別するための分析を継続した。④人骨研究:縄文時代人の上腕骨について大規模形態解析を実施し、海岸部集団の腕が太く舟漕ぎと関連している可能性をはじめて示した。⑤古代舟研究:先史時代の舟利用解明へ向けて、石斧による丸木舟製作実験とその海上テスト、縄文丸木舟の構造調査、近現代の丸木舟漁に関する聞き取り調査(秋田)、丸木舟の民俗資料調査(秋田・青森)を実施した。⑥石斧の研究:先史時代の舟製作に利用された可能性を追究するための各種調査として、関東南部の凝灰岩製石斧の石材原産地追跡調査、各地出土の石斧の観察と3D形状データ採取、実験使用痕分析を実施した。初年度であった昨年度の最初の目標は、個々の研究を当初計画通りに走らせつつ、出てくる課題を洗い、グループ全体で共有し意見し合って方向修正を加え、全体を軌道に乗せることであった。そのために、キックオフとまとめのための2回の全体会議を行なったが、結果として、残り期間内に挑戦すべき優先課題が明確になった。具体的には、海峡横断の証拠として黒耀石と土器についてのさらなるデータ収集が有効であること、石斧の詳細な研究が高インパクトの成果に結びつきそうであることが、見えてきた。まだ具体的成果を得るには至っていないが、よい指針が得られ、残りの計画期間で興味深い成果を上げられる見通しが立てられたという点において、計画は順調に進んでいる。本年度は以下の事項を中心に進める。①津軽・伊豆・対馬・琉球の4つの海域における海洋進出史を示す基礎データとして特に黒耀石のデータと土器の整備、②東アジアの海を越えた先史集団の移住を検討するための比較分析データとして台湾の旧石器文化についての調査、③島への移住がどの程度の集団サイズであれば成功するかについてのシミュレーションとそれを加味した漂流シミュレーション、④先史時代における黒潮海域の往来についての人骨形態からの吟味、⑤先史時代に利用されたことがわかっている丸木舟の調査と性能テスト、⑥丸木舟製作に必要な道具技術(石斧)の検討。個別研究の効果的推進のためのグループ打合せを随時行うほか参加者全員の意思疎通をはかるための全体会議を実施する

  • 黒曜石の流通と消費からみた環日本海北部地域における更新世人類社会の形成と変容

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    EPMA、hXRF、NAA法を用いて北海道の更新世遺跡出土黒曜石製石器の産地同定分析を行い、さらに既存の産地同定例を集成し出土パターンを解析した。同時に黒曜石生成の地質学的プロセスの実態解明と各産地産黒曜石の標準元素化学成分を確定して、考古学的産地分析研究の標準化を達成した。その上で、環日本海地域における黒曜石の消費と流通の実態を明らかにし、そのパターンに見られる画期から、更新世人類社会の動態を描き出した

  • 文科省科研費基盤A「黒曜石の流通と消費からみた環日本海北部地域における更新世人類社会の形成と変容」研究グループ(研究代表者: 佐藤宏之・東京大学教授)

    研究期間:

    2009年
    -
     
     

  • 旧石器時代における石斧の研究-森林環境への適応と技術進化-

     概要を見る

    本研究では日本列島の旧石器時代を次の3期に区分し,石斧の変遷と列島各地域での消長を明らかにした。1)前期・中期旧石器時代 この時代の石斧は前期旧石器と中期旧石器でその様相を異にする。前期旧石器の石斧は縄文時代のへら状石器に酷似した形状で,小形で片刃,基部が尖る。これを石斧と呼ぶかどうか見解の分かれる所であるが,この時期は間氷期の温暖期であり,植物への依存が大きかったものと判断される。中期旧石器の石斧は両刃が多く,やや大型化し,新しくなる程定形化する。2)後期旧石器時代前半期〜後半期 後期旧石器前半期,局部磨製石斧が完成され定形化した形で出現する。奄美大島でも当該石斧が出土しており,局部磨製石斧の起源が列島の南方に求められる可能性もでてきた。前半期に石斧の平面形は楕円形から撥型へと推移し,局部磨製石斧と打製石斧が形態的に分化してくる。北海道は前半期石器群に局部磨製石斧がないという点で特異である。後半期には研磨面の大きな局部磨製石斧が日本海沿岸〜中部高地地域に多く認められるが,他地域では石斧は石器組成から抜けてしまう。これは日本海沿岸〜中部高地地域が蛇絞岩産地であることと関係するのかもしれない。3)後期旧石器時代終末期〜神子柴長者久保期 旧石器時代終末期の稜柱系細石刃石器群には打製石斧が認められる。本州ではこの後の削片系細石刃石器群にも神子柴長者久保系石器群にも大型の局部磨製石斧が認められ,列島の森林化に適応したことが伺われる。北海道では削片系の細石刃石器群にはほとんど石斧が伴わず,それ以後の忍路子型,広郷型細石刃石器群に石斧が認められ,森林化が本州と較べ遅れたことを伺わせる。こうして長期間の変動をみると,石斧の消長が温暖化・森林化とが連動していることが明らかにされた

  • 北海道における細石刃石器群の消滅と縄文文化の発現

     概要を見る

    1. 本州で神子柴・長者久保石器群や縄文時代草創期石器群が展開していた時期に北海道では細石刃石器群が継続していた。本研究では本州と北海道の該期の石器群の比較を試みた。2. 旧石器時代終末期において、北海道内に地域性が認められる。道東には広郷型細石刃核を主体とする石器群が広く分布し、これは置戸産黒曜石の大形石刃を素材としている。大形の有舌尖頭器・白滝型細石刃核を伴う場合もある。石器の素材の補給体制と細石刃石核の型式は深く関連している。3. 一方、道南では、広郷型細石刃核は少なく、有舌尖頭器や忍路子型細石刃核を主体とする石器群が展開している。これらは主として硬質頁岩を原材とする。また大関遺跡のような長者久保型の大形尖頭器を主体とする石器群は本州の該期石器群の影響を色濃く受けており、北海道独自の細石刃石器群との共時的な関係が予想される。つまり示準石器の変遷を想定した単純な編年観は成立しない。4. 道央部には道東・道南両地域の様相が認められるが、石材原産地から遠いことが石器群に大きく影響している。旭川市射的山遺跡、千歳市オサツ18遺跡に見られるように広郷型細石刃核がリダクションで変形しているのは、消費地遺跡の典型例である。細石刃石核の形態が原産地からの距離によって変化することを示しており、単純な形態的比較が困難であり、編年的な枠組の作成を困難にしている。また三角山上層遺跡のように大平山元タイプの刃部磨製石斧を共伴する例もある。5. 北海道における旧石器時代終末期の石器群は本州の神子柴・長者久保文化の影響を受けながら、独自性を堅持している。石材の消費・供給システムが保有する細石刃石核の型式を規制しており、基本的には均一の装備を保有する本州の縄文時代草創期とは異なる。北海道では該期の本州とは違った「地域遊動型の狩猟採集社会」の社会編成を読みとることができる

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 北海道羊蹄山周辺の旧石器遺跡群

    長﨑潤一

    早稲田考古学会 2018年度研究大会   (早稲田大学)  早稲田考古学会  

    発表年月: 2018年04月

  • 初めて井の頭に来たヒトとは?

    長﨑潤一  [招待有り]

    ふかぼり井の頭 講演会 井の頭の歴史を知る   武蔵野市・三鷹市共催事業  

    発表年月: 2017年09月

  • 日本旧石器時代研究と鈴木遺跡

    長﨑潤一  [招待有り]

    第9回 日本考古学協会公開講座~考古学からみえてきたふるさとの歴史~「東京都鈴木遺跡 現在・過去・未来」   (小平市)  日本考古学協会・小平市教育委員会  

    発表年月: 2015年03月

  • 基調講演 旧石器人はなぜ石斧を保有したのか

    長﨑潤一  [招待有り]

    第18回 石器文化研究交流会   (府中市)  石器文化研究会  

    発表年月: 2014年08月

  • 日本旧石器時代の社会と集団 環境・生業・遊動

    長﨑潤一  [招待有り]

    考えよう!旧石器人のライフスタイル~人とモノの移動から探る旧石器時代の生活~ 東京・神奈川・埼玉埋蔵文化財関係財団普及連携事業公開セミナー   (相模原市杜のホールはしもと ホール)  公益財団法人かながわ考古学財団  

    発表年月: 2013年02月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 旧石器人の石材採取行動と石器製作-利根川石材の利用-

    2019年  

     概要を見る

     本研究は旧石器人の石器石材採取行動の解明を目的とする研究である。南関東の旧石器遺跡ではしばしば利根川産の安山岩、黒色頁岩で製作された石刃が発見される。しかしながら、原産地近傍の利根川上流域での調査事例は少なく、その解明に支障をきたしている。本研究では利根川産安山岩・黒色頁岩製の石刃を出土する遺跡として知られる、群馬県みなかみ町後田遺跡の発掘調査を行い、新資料の獲得を目指した。調査期間は10月12日から19日である。上層で古代の竪穴住居跡が検出され、鉄斧、椀型鉄屑など製鉄関連遺物が出土した。住居エリア外に旧石器調査区を設定し、AT層下位で大型石刃石核を検出し、旧石器包含層の広がりを確認した。

  • 関東地方における後期旧石器時代前半期の石刃石器群の解明

    2018年  

     概要を見る

     本研究は後期旧石器時代前半期の石刃石器群について、旧石器集団の遊動領域や、その石刃生産技術、石材運用システムの検討を企図したものである。特に前半期後葉(Ⅸ上~Ⅶ層段階)になると、大型の石刃をかなりの量、生産する遺跡が出現する。こうした前半期後葉の石刃生産遺跡の代表的例が、みなかみ町後田遺跡である。 この後田遺跡の未発掘部に、2018年10月4日~10日に4m×4mの範囲を調査した。既調査で石刃生産関連遺物の出土場所に隣接する地点を調査地とした。今回の調査では、旧石器包含層の上位に、縄文時代包含層、古墳時代包含層、古墳時代竪穴住居、古代竪穴住居が出土し、旧石器包含層には達しなかった。

  • 3D考古学の挑戦 -三次元計測による新たな考古学分野の創設―

    2017年  

     概要を見る

     考古学では出土遺物の実測図を描くことに多くの基礎研究の時間が割かれている。実測図がないと遺物の形態を比較できないためである。現在でも実測は方眼紙の上に遺物を置き、三角定規を駆使して輪郭点を落とし、結線して輪郭を描いている。従来2000万円を超える高額だった三次元スキャナーが、かなり安価になってきた。こうした三次元スキャナーによって三次元計測データを取得すれば、実測図を描画する時間は短縮でき、さらに遺物の様々な属性を瞬時に計測できることになる。 本研究では、こうした三次元スキャナーを用いて、遺物の三次元計測データを取得し、どのように研究を展開できるかという新たな研究方法の開発を行った。

  • 石刃石器群の石材採取・消費戦略

    2017年  

     概要を見る

    本研究では、3Dスキャナーを用いて石器や石材の三次元データを取得し、それを元に研究を進めるという、これまでほとんど行われてこなかった石器研究方法の開発と実践を課題とした。近年3Dスキャン―が安価になったこともあり、石器数か所の計測値ではなく石器の3次元データを用いて、直接形態比較を行うことができるようになった。本研究では石刃、石刃石核、河床礫の計測を行い、石材採取箇所の特定、目的石材の質量、石刃技術と石材の関係を分析した。石刃は北海道八雲町に所在するトワルベツ遺跡、大関遺跡の資料を3次元計測した。また八雲町の遊楽部川の河床数か所で石器石材の頁岩礫を採取し3次元計測し、出土石刃、接合資料との比較に用いた。

  • 南関東旧石器集団の遊動領域 ―河床礫と石材消費―

    2014年  

     概要を見る

    本研究は旧石器時代の南関東集団がいかなる領域を有していたか、遺跡出土の石器と現代の河床礫の岩石種、礫形状の比較を行ってアプローチするものである。河床礫としては多摩川と入間川、更に鬼怒川、思川、阿武隈川、利根川も河床礫調査を実施した。Ⅶ~Ⅸ層出土石器群ではお伊勢山遺跡で房総半島嶺岡白滝頁岩が集中して出土し、下総台地集団と結びついた状況が注目された。Ⅳ層石器群については、立川面の遺跡において凝灰岩の使用が多く、黒曜石製の有樋尖頭器の出土が多い点に注目したい。有樋尖頭器は野川流域でも武蔵野面の遺跡や入間川側ではめったに見られず、Ⅳ層段階において武蔵野台地内の小地域区分が顕在化することが判明した。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>