日野 愛郎 (ヒノ アイロウ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

教授

ホームページ

http://researchers.waseda.jp/profile/ja.2f059a55bd26ef17cec044182f40ef29.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2020年

    ソーシャルメディアデータ研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月
    -
    2006年06月

    エセックス大学   政治学部  

  • 2000年04月
    -
     

    早稲田大学大学院   政治学研究科   博士後期課程  

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    早稲田大学大学院   政治学研究科   修士課程  

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    早稲田大学   政治経済学部   政治学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   学士(政治学)

  • 早稲田大学   修士(政治学)

  • エセックス大学   Ph.D (Government)

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本学術振興会特別研究員、 2004年10月~2005年7月 ベルギー王国・フランデレン政府給費留学(カトリックルーヴェン大学社会政治世論調査研究所)、 2006年4月~2007年3月 ベルギー王国カトリック新ルーヴァン大学比較政治センター・ポスドクフェロー、 2007年4月~2010年3月 首都大学東京(東京都立大学)社会科学研究科、ならびに、都市教養学部法学系政治学コース准教授、 2010年4月~2014年3月 早稲田大学政治経済学術院准教授、 2014年4月より早稲田大学政治経済学術院教授.

  •  
     
     

    日本学術振興会特別研究員、 2004年10月~2005年7月 ベルギー王国・フランデレン政府給費留学(カトリックルーヴェン大学社会政治世論調査研究所)、 2006年4月~2007年3月 ベルギー王国カトリック新ルーヴァン大学比較政治センター・ポスドクフェロー、 2007年4月~2010年3月 首都大学東京(東京都立大学)社会科学研究科、ならびに、都市教養学部法学系政治学コース准教授、 2010年4月~2014年3月 早稲田大学政治経済学術院准教授、 2014年4月より早稲田大学政治経済学術院教授.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    政治経済学会

  •  
     
     

    日本政治学会

  •  
     
     

    日本比較政治学会

  •  
     
     

    日本選挙学会

  •  
     
     

    Inter-University Consortium for Political and Social Research

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 選挙、投票行動、世論、政治コミュニケーション、ソーシャルメディア、選挙制度、政党システム、比較政治

論文 【 表示 / 非表示

  • COVID-19, digital privacy, and the social limits on data-focused public health responses

    Fahey, R, Hino, A

    International Journal of Information Management   55  2020年12月

    DOI

  • マルチレベル選挙における動員と投票疲れ-亥年現象の解明に向けて-

    SONG Jaehyun, 日野愛郎

    選挙研究   36 ( 1 ) 23 - 34  2020年07月  [招待有り]

  • Context Impacts on Confirmation Bias: Evidence From the 2017 Japanese Snap Election Compared with American and German Findings

    Knobloch-Westerwick, S, Liu, L, Hino, A, Westerwick, A, Johnson, B. K

    Human Communication Research    2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Much concern exists about individuals’ tendency to favor attitude-consistent messages (confirmation bias) and the consequences for democracy; yet, empirical evidence is predominantly based on U.S. data and may not apply to other cultural contexts. The current three-session online experimental study unobtrusively observed Japanese participants’ (N = 200) selective exposure to political news articles right before the 2017 Japanese snap general election. The research design paralleled an earlier U.S. study and a German study, which allowed direct comparisons of confirmation biases among the three countries. Japanese exhibited a confirmation bias, but it was smaller than the confirmation bias among Americans, though comparable to that of Germans. The extent of the confirmation bias among Japanese participants was influenced by individual media trust, which provides new insight into causes of these cross-country differences. Attitudinal impacts resulted from selective exposure, in line with message stance, and persisted for two days.

    DOI

  • Representing the Twittersphere: Archiving a representative sample of Twitter data under resource constraints

    Hino, A, Fahey, R

    International Journal of Information Management   Vol. 48   175 - 184  2019年04月  [査読有り]

     概要を見る

    The rising popularity of social media posts, most notably Twitter posts, as a data source for social science research poses significant problems with regard to access to representative, high-quality data for analysis. Cheap, publicly available data such as that obtained from Twitter’s public application programming interfaces is often of low quality, while high-quality data is expensive both financially and computationally. Moreover, data is often available only in real-time, making post-hoc analysis difficult or impossible. We propose and test a methodology for inexpensively creating an archive of Twitter data through population sampling, yielding a database that is highly representative of the targeted user population (in this test case, the entire population of Japanese-language Twitter users). Comparing the tweet volume, keywords, and topics found in our sample data set with the ground truth of Twitter’s full data feed confirmed a very high degree of representativeness in the sample. We conclude that this approach yields a data set that is suitable for a wide range of post-hoc analyses, while remaining cost effective and accessible to a wide range of researchers.

    DOI

  • Japan: Political development and data for 2017

    Hino, Airo, Ogawa, Hiroki

    European Journal of Political Research Political Data Yearbook    2018年08月  [招待有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • New challenger parties in Western Europe: A comparative analysis

    Airo Hino

    New Challenger Parties in Western Europe: A Comparative Analysis     1 - 285  2012年

    その他  

     概要を見る

    This book provides a systematic and comparative account of the rise of 'new challenger parties' across Western Europe. It analyses how parties that challenge the conventional party system by addressing issues neglected by existing parties can succeed and fail. Systematically comparing 229 elections since 1950 across 15 European democracies, including the United Kingdom, France, Germany, Italy, the Benelux and Scandinavian countries, this book questions why new challenger parties are more successful in some countries than others, and analyses the conditions that determine their emergence and subsequent success or failure. As one of the first systematic and comparative examinations of new challenger parties, this book looks at both new politics parties and extreme-right parties, and the structures to aid their emergence at the time of an election. Identifying two distinctive stages of party development, the author adopts a 'double-hurdle' model involving, first, the chances of emergence, and second, sustained success. This framework, in combination with a wide-range of empirical data, provides for an innovative and insightful analysis of a neglected topic. New Challenger Parties in Western Europe will be of interest to students and scholars of government, comparative politics and political parties. © 2012 Airo Hino. All rights reserved.

    DOI

その他 【 表示 / 非表示

  • Refereed j...

     概要を見る

    Refereed journals:
    American Journal of Political Science (x2), Comparative Political Studies, British Journal of Political Science, Public Opinion Quarterly, European Journal of Political Research (x2), Political Science Research and Methods (x3), International Political Science Review (x3), Party Politics (x3), West European Politics, International Journal of Public Opinion Research (x3), Government and Opposition, Environmental Politics, Field Methods, Asian Journal of Public Opinion Research, Statistica Applicata – Italian Journal of Applied Statistics, COMPASSS Working Paper Series, Japanese Journal of Political Science, Social Science Japan Journal, The Annuals of Japanese Association of Political Science (x5), Japanese Political Science Review, Japanese Journal of Electoral Studies (x6), Japanese Journal of Comparative Politics (x2), International Journal of Japanese Sociology, AGLOS Journal of Area-Based Global Studies, Waseda Journal of Political Science and Economics (x2), EU in Japan Working Paper Series, EU Studies, WOJUSS Working Paper Series

受賞 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力部門)

    2016年02月   早稲田大学   早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力部門)  

  • 大隈記念学術褒賞奨励賞

    2015年11月   早稲田大学   大隈記念学術褒賞奨励賞  

  • 日本選挙学会賞(優秀論文賞)

    2015年05月   日本選挙学会   日本選挙学会賞(優秀論文賞)  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ポピュリズム研究のための統合的データベースの構築と国際比較研究への新たな貢献

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2025年03月
     

     概要を見る

    本研究は、ポピュリズムの国際比較研究プロジェクトにおいて空白国となっている日本の基礎データを構築して広く公共財として提供すると同時に、他国と比較してなぜ日本においてポピュリズムが不在(と言われる)かという問いに一定の答えを提示することを試みるものである。ポピュリズム研究の第一人者であるCas Mudde氏と協働しながら、日本型ポピュリズムの独自の視点を提起するとともに、政治家・政党のメッセージの内容分析やソーシャル・メディアのテキスト分析の統合データを国際基準に準拠・発展させて整備することを目指す

  • 政治的分極化の総合的研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    本研究は、「政党システムの分極化」を、有権者の選好と政治制度に注目して総合的に研究する。そのために、このテーマに関して研究蓄積のあるゲーム論を用いた理論研究、クロスナショナルなデータを用いた計量分析の既存研究の上に研究の発展を目指すと共に、そこでの知見をより深く理解するために、日本を対象とした「分厚い」研究を目指す。なお、研究期間中に実施される参議院選挙を利用し、有権者の選好が制度に媒介されてどのような帰結をもたらすかを体系的に調査研究する。これら分析を踏まえ、日本における分極化のメカニズムの解明とそこでの知見の一般化可能性をアメリカとイタリアとの比較事例分析で検討する

  • ネットワークの多様化が経済と心理に及ぼす影響-計量・行動経済学と理系の融合研究-

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

  • 民主主義の分断と選挙制度の役割

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    2019年度は研究業績の公刊に注力した。学会・研究会での報告としては国内2件、海外8件である。また公刊業績としては査読論文3件, 査読なしの論文1件、book chapter1件(いずれも英語)である。2019年7月には日本選挙学会において、我々が収集したデータについてポスター報告を連名で行った。山田は戦後日本におけるサーヴェイ・データによる政治的イデオロギー研究の蓄積を回顧し、今後の方向性を検討する論文を英語のbook chapterとして執筆した。日本における政治的イデオロギーや党派性についての議論はこれまで、保守対革新の対立軸を中心になされてきた一方で、近年の研究動向は「革新」という言葉自体への認知が特に若年層を中心に低下ないし変容をきたしており、その上でどのような尺度を用いるべきかについて方法論的な検討が進みつつある。前田は政治知識の測定に関する知見を報告している。日野は査読論文2件において選挙調査における確証バイアスやTwitter利用に関する国際的な知見を報告している。例えば日本においては米独に比して、確証バイアスは小さい。また日野のTwitter研究は、国際的な選挙調査方法の多元性を増大するものである。松林はCSES調査データを用いて、高齢化社会の下で60代以上の高齢者による投票参加があまり衰えず、活発であることを示している。これら我々による一連の業績は今後の国際比較選挙調査における方法論の更新に貢献しうる知見を提供しており、研究の発展に寄与するものである。国際的査読誌を含んだ英語による公刊業績を5件得ることができた。また国際的な比較選挙調査を発展させるための人的交流が主に日野によって進められている。このことはさらなる研究の進展を生むだろう。国際的な研究交流を今後も推進し、英語での研究成果報告に注力するとと主に、英語・邦語問わず更なるアウトプットを進めていきたい。データの公開についてはほぼ最終段階に来ており、2020年度の早い時期に国内外の研究者に対して公開する予定である。研究代表者の山田は秋から在外研究の予定であったが、COVID-19の影響により実施が危ぶまれる点が不安材料である。しかし遠隔会議形式での研究会なども可能なので、国内外を問わず研究交流を進め、さらなる研究成果の蓄積に努めたい

  • アジアンバロメータ調査第5波の実施と比較政治実験の統合による政治文化研究の革新

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    アジアンバロメータ調査(ABS)第5波(東アジア・東南アジア17カ国) の国際比較調査の日本調査を実施した。第5波はタブレット方式のCAPI(Computer Assisted Personal Interview)調査・実験として実施するため、2018年度末に、CAPI調査のパイロット調査を実施し、この調査方法のフィールドでの問題点、調査票設計上の問題点を洗い出した。2019年度は、その問題点の修正の検討を7月まで行った。CAPI画面は国際標準化されねばならず、その日本語の実装に多大の時間を費やした。参院選直後に全国調査を実施するため、全国100地点からのサンプリングを行い、調査設定数3000サンプルとして調査を実施した。対象者は男女20~79歳の日本人である。調査の実査は、調査員に対する説明会とトレーニングを実施することで開始されたが、盛夏と度重なる災害によってインタビュー自体の実施が難しい日程が多く、またCAPIを対象者が回避したがることが判明し、難渋を極めた。回収数は当初880であり、拒否率は70.1%に上った。やむなく調査地点での回収数に応じて追加のクォータサンプリングを実施し165回収を追加し、最終的に1045の回答を得た。追加分の回答分布は当初予定の回答とずれは小さく、回答に問題がないと判断した。データの質は良好であった。年度の後半は、回収データの整備と国際化に充てられた。サンプルウェイトの付与、国際職業コードの作成、政治学実験の成否のチェック、英語での調査レポートと国際比較用ファイルの作成、他国データとの接合などを進め、予定していた分析も進められた。研究実績の概要に記載の通り、アジアンバロメータ調査5波の日本調査データが取得され、データの整備は予定通り進められた。ただし、概要に記載の通り、調査の実施時期を参院選後かつ消費税増税前と設定したため、真夏の調査となり、重量のあるCAPI調査のセットを調査員が持ち歩くことが難行となってしまい、回収数を予定通り獲得するために、多大の努力と調整を要した。今後の反省点としたい。ただし、データの質はよく、アジアンバロメータ調査第5回目のデータであったので、2003-2019年にわたる日本人の価値観、政治行動、政治意識、対外意識の長期データの取得に成功しており、希有のデータとなることに間違いない。国際比較、国内の時系列比較にともに大いに貢献したいところである。CAPIによる調査にはデータの入力の手間の省略や情報共有の利点はあるものの、調査対象者の忌避の問題など、これまで未知の問対が存在することが判明した。この点は、今後さらに研究を進める必要がある。本プロジェクト最終年の作業は、アジアンバロメータ調査日本調査のデータ整備を継続し、さらに英語版を作成した上で、アジアンバロメータ調査全体の統合バージョンの作成が途上であったものを、各国の協調のもとにさらに遂行することである。これを行った上で、調査の中で行った政治学実験をも含めて、全体の分析を各研究分担者と研究代表者が行い、複数の内外の学会、アジアンバロメータ調査プロジェクトの全体会合で発表を重ねていく予定である。しかしながらコロナウィルスの世界的拡大と日本国内の緊急事態宣言等を背景に、4月末の時点において、当初予定していた国内学会、国際学会、アジアンバロメータ調査全体の研究大会の全てが延期または中止となっている。現在、アジアンバロメータ調査全体のオンラインの論文集と、日本語の著書の出版が企画されているが、年度内にこれらを遂行するために努力を重ねる。コロナ問題もにらみながら、年度全体の計画を弾力的に実施していく

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • European Parliamentary Elections: Its electoral systems in each member state and its consequences of electoral cycles

    Hino, A  [招待有り]

    National Diet Library  

    発表年月: 2020年01月

  • Party competition in voters’ mind: Simulating the role of policy issues - The case of the Japanese Upper House election in 2019

    Camatarri, S, Gallina, M, Hino, A

    計量・数理政治研究会 第3回冬季研究集会  

    発表年月: 2020年01月

  • Populist dynamics: Interplay between parties’ rhetoric & voters’ attitudes in shaping electoral results

    Camatarri, S, Hino, A

    3rd Waseda Brussels Conference  

    発表年月: 2019年12月

  • Populist voters & political trust in Europe & Japan

    Hino, A, Fahey, R, Jungkunz, S

    3rd Waseda Brussels Conference  

    発表年月: 2019年12月

  • Electoral Systems of European Parliamentary Elections

    Hino, A  [招待有り]

    Ministry of Internal Affairs and Telecommunication  

    発表年月: 2019年11月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 視線測定機を用いた政治経済学実験

    2014年   船木由喜彦, 遠藤晶久, 山崎新, 宇都伸之

     概要を見る

     本研究ではアイトラッカー(視線測定機)を用いて、人々の情報収集活動のデータを集め、政治経済学的な仮説を検証することを目的としていた。政治学、経済学の研究者、ならびに大学院生が定期的に研究会を重ね、各自の実験デザインを吟味し、今年度は2014年7月と2015年1月の2つの期間にアイトラッカーを用いた実験を行った。経済学に関する実験研究の成果は、国内における複数の学会で報告されている。政治学研究におけるアイトラッカーの利用は緒に就いたばかりであるが、成果の一部が査読誌に掲載された。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月
    -
    2021年05月

    Japanese Association of Electoral Studies  Referee Committee Chair

  • 2020年06月
    -
    2021年05月

    日本選挙学会  査読委員会委員長

  • 2019年05月
    -
    2020年05月

    Japanese Association of Electoral Studies  Referee Committee Vice-Chair

  • 2019年05月
    -
    2020年05月

    Japanese Association of Electoral Studies  Referee Committee Sub-Chair

  • 2019年05月
    -
    2020年05月

    日本選挙学会  査読委員会副委員長

全件表示 >>