八木 高伸 (ヤギ タカノブ)

写真a

所属

理工学術院 理工学術院総合研究所

職名

主任研究員(研究院准教授)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

  • 理工学術院   創造理工学部

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月
    -
    2007年09月

    早稲田大学   先進理工学研究科   生命理工学(博士)  

  • 2004年04月
    -
    2007年04月

    豪州国立研究所CSIRO   先端流体計測研究室  

  • 2003年04月
    -
    2004年09月

    早稲田大学   理工学研究科   生命理工学(修士)  

  • 1997年04月
    -
    2002年03月

    早稲田大学   理工学部   機械工学科  

  • 2000年08月
    -
    2001年08月

    米国カリフォルニア州立大学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東京女子医科大学   非常勤講師

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学理工学術院   総合研究所   主任研究員

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学理工学術院   総合研究所   客員准教授

  • 2013年04月
    -
    2017年06月

    イービーエム株式会社   血流解析事業部   部長

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学理工学術院   Faculty of Science and Engineering   客員准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本放射線技術学会

  •  
     
     

    可視化情報学会

  •  
     
     

    日本バイオレオロジー学会

  •  
     
     

    日本機械学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 医療技術評価学

  • 細胞生物学

  • 流体工学

  • 脳神経外科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 血栓

  • 溶血

  • 細胞死

  • バイオメカニクス

  • 細胞間相互作用

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Vascular responses to abrupt blood flow change after bypass surgery for complex intracranial aneurysms.

    Kataoka H, Makino Y, Takanishi K, Kimura Y, Takamura K, Yagi T, Iguchi S, Yamamoto A, Iida H, Ogata S, Nishimura K, Nakamura M, Umezu M, Iihara K, Takahashi JC

    Acta neurochirurgica   160 ( 10 ) 1945 - 1953  2018年10月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Hemodynamic features of offending vessels at neurovascular contact in patients with trigeminal neuralgia and hemifacial spasm.

    Satoh T, Yagi T, Onoda K, Kameda M, Sasaki T, Ichikawa T, Date I

    Journal of neurosurgery     1 - 7  2018年07月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • A computational fluid dynamics (CFD) study of WEB-treated aneurysms: Can CFD predict WEB "compression" during follow-up?

    Jildaz Caroff, Cristian Mihalea, Valerio Da Ros, Takanobu Yagi, Marta Iacobucci, Leon Ikka, Jacques Moret, Laurent Spelle

    JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   44 ( 4 ) 262 - 268  2017年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Background. - Recent reports have revealed a worsening of aneurysm occlusion between WEB treatment baseline and angiographic follow-up due to "compression" of `the device.
    Objective. - We utilized computational fluid dynamics (CFD) in order to determine whether the underlying mechanism of this worsening is flow related.
    Methods. - We included data from all consecutive patients treated in our institution with a WEB for unruptured aneurysms located either at the middle cerebral artery or basilar tip. The CFD study was performed using pre-operative 3D rotational angiography. From digital subtraction follow-up angiographies patients were dichotomized into two groups: one with WEB "compression" and one without. We performed statistical analyses to determine a potential correlation between WEB compression and CFD inflow ratio.
    Results. - Between July 2012 and June 2015, a total of 22 unruptured middle cerebral artery or basilar tip aneurysms were treated with a WEB device in our department. Three patients were excluded from the analysis and the mean follow-up period was 17 months. Eleven WEBs presented "compression" during follow-up. Interestingly, device "compression" was statistically correlated to the CFD inflow ratio (P=0.018), although not to aneurysm volume, aspect ratio or neck size.
    Conclusion. - The mechanisms underlying the worsening of aneurysm occlusion in WEB-treated patients due to device compression are most likely complex as well as multifactorial. However, it is apparent from our pilot study that a high arterial inflow is, at least, partially involved. Further theoretical and animal research studies are needed to increase our understanding of this phenomenon. (C) 2017 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.

    DOI PubMed

  • Fluid mechanical interpretation of changes in cerebral vascular peripheral resistance caused by bypass surgery

    Masanori NAKAMURA, Yuta SUGAWARA, Kiyofumi TAKANISHI, Akihide YAMAMOTO, Satoshi IGUCHI, Takanobu YAGI, Hiroharu KATAOKA

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan   2017 ( 0 ) J0230201  2017年  [査読有り]

    DOI

  • Three-dimensional pathological analysis of cerebral aneurysm initiation

    Xinning Wang, Kenta Suto, Takanobu Yagi, Koichi Kawamura, Mitsuo Umezu

    Communications in Computer and Information Science   761   95 - 103  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    Cerebral aneurysm is known to initiate at the cerebral artery bifurcation. The pathological mechanism of cerebral aneurysm awaits further understanding especially on its initiation. This study sought to elucidate the three-dimensional structure of cerebral vascular bifurcations with and without aneurysms using human cadavers. The two cases had aneurysmal initiations out of total 7 cases. The studied structure was intimal hyperplasia, tunica media and internal elastic lamina, which were recognized by elastica masson staining. The results showed that the non-existence of tunica media and internal elastic lamina was found in the lesion without aneurysm. The non-existence of intimal hyperplasia was only found in the lesion with aneurysm. These data suggest that the formation of intimal hyperplasia may be related with the initiation of aneurysm. We regarded the boundary of existence arteriosclerosis as the position for new arteriosclerosis occurs and thought the direction of new arteriosclerosis grows would influence whether the cerebral aneurysm initiates or not.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 基礎からよくわかる実践的CFD(数値流体力学)入門

    八木 高伸( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 7.3 CFDの論文の書き方ポイント、7.4 数値流体力学を原理から現場へ)

    メディカ出版  2017年

  • 次世代診断治療支援のための血流シミュレーション

    八木 高伸( 担当: 共著,  担当範囲: 第3章 血流シミュレーションの方法、第5章 血流シミュレーションの結果と解釈、第6章 血流シミュレーションの事例)

    日本機械学会  2016年

  • 医療現場のための数値流体力学(全7回)

    八木 高伸( 担当: 単著)

    日本診療放射線技師会誌  2014年

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 血管病の病態再構築に関する方法、疾患モデル及び装置

    八木高伸, 坂口勝久, 亀岡洋一郎

    特許権

  • 漏出検出センサおよび薬液注入システム

    朴栄光, 八木高伸, 小野世一, 川辺朋之, 伊藤達也

    特許権

  • ミキシングデバイス、ミキシングチューブ、薬液注入システム及び薬液の混合方法

    八木高伸, 朴栄光, 梅津光生

    特許権

  • 気管チューブ、膨張性カフ、及び封止部材

    森岡 宣伊, 永井 美玲, 尾崎 眞, 八木 高伸, 石井 裕之, 高西 淳夫, 戸部 泰貴

    特許権

  • 血流性状診断のためのシステム、その方法及びコンピュータソフトウエアプログラム

    八木高伸, 朴栄光

    特許権

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞銅賞

    2018年   日本脳神経血管内治療学会総会   ヒト脳動脈瘤の退行性変化と破裂メカニズムに関する検討  

    受賞者: 吉田浩貴, 八木高伸, 西谷和敏, 岡田義文, 川村公一, 須藤健太, 梅津光生, 北原茂美

  • 優秀講演フェロー賞

    2017年   機械学会バイオフロンティア   ヒト脳動脈瘤破裂因子の特定に向けた病理工学的検討 壁の菲薄化と炎症細胞の関連性  

    受賞者: 須藤健太, 八木高伸, 王心寧, 川村公一, 梅津光生, 吉田浩貴, 西谷和俊, 岡田義文, 北原茂実

  • Best Poster Award

    2016年   ICBME   Proposal of mathematical auto-regulation model for cerebral blood flow rate prediction of cerebral bypass surgery  

    受賞者: Takanishi K, Yagi T, Umezu M

  • YIA

    2013年   ICBME   Relationship between pathology and hemodynamics of human unruptured cerebral aneurysms  

    受賞者: Tobe Y, Yagi T, Kawamura K, Umezu M

  • 若手研究者支援事業アーリーバード(第二期生)

    2012年   早稲田大学   脳血管疾患の診断・治療の新展開:血流診断の実用化に向けた安全性に関する研究  

    受賞者: 八木 高伸

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 非臨床性能評価を深化する超小型血液循環シミュレータの開発

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    梅津 光生

  • SHG光計測による瞬時大変形した赤血球の膜損傷の可視化と損傷度の定量

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    中村 匡徳

  • 新規治療機器を実臨床に導入時に有効な循環シミュレータの開発

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    梅津 光生

  • 数値流体力学による冠動脈機能的狭窄の非侵襲診断ソフトウェアの開発

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    斎藤 成達

  • 数値流体力学による脳動脈瘤血管内治療リスク判定システムの開発

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    坂田 隆史, 八木 高伸

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 数値流体力学(CFD)による冠動脈血流シミュレーション

    八木 高伸  [招待有り]

    FRIENDS  

    発表年月: 2017年

  • 数値流体力学(CFD)による心臓,脳血管障害の診断治療支援:現状と展望

    八木 高伸  [招待有り]

    日本放射線技術学会近畿支部平成29年度秋季勉強会  

    発表年月: 2017年

  • 医工連携による脳動脈瘤の病態解明―次世代診断治療支援技術を目指して―

    八木 高伸  [招待有り]

    第19回中国四国脳卒中研究会  

    発表年月: 2017年

  • Computational Fluid Dynamics for Assisting Neurosurgery: Basic Principles

    八木 高伸  [招待有り]

    第13回国際脳卒中外科学会  

    発表年月: 2017年

  • 数値流体力学による脳動脈瘤の血流解析:15年のレビュー

    八木 高伸  [招待有り]

    第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会  

    発表年月: 2017年

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 医用機械工学研究

    早稲田大学  

  • 臨床医工学概論

    早稲田大学  

  • 臓器工学特論

    早稲田大学  

  • フルーイドダイナミクス

    早稲田大学  

  • メカニカルエンジニアリングラボ

    早稲田大学  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
    継続中

    脳血管CFD解析実用化委員会  事務局

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本放射線技術学会  医用画像標準化委員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本機械学会バイオエンジニアリング  講習会講師

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本機械学会バイオエンジニアリング  運営委員会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本バイオレオロジー学会  企画小委会血管内治療

全件表示 >>