福島 淑彦 (フクシマ ヨシヒコ)

写真a

所属

政治経済学術院 大学院政治学研究科

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学術院   大学院公共経営研究科

  • 政治経済学術院   政治経済学部

  • 政治経済学術院   大学院経済学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    慶應義塾大学   経済学研究科 前期博士課程   理論経済学  

  •  
     
     

    慶應義塾大学   経済学部  

  •  
     
     

    スウェーデン王立ストックホルム大学   経済学研究科   Economics  

学位 【 表示 / 非表示

  • スウェーデン王立ストックホルム大学   Ph.D.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    社会政策学会

  •  
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     

    European Association of Labour Economists

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 公共経済、労働経済   社会保障論

  • 経済政策

  • 経済政策

  • 理論経済学   労働経済学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 積極的労働市場政策、障害者雇用 Transparency 正規労働、非正規労働、解雇法制、若年雇用

論文 【 表示 / 非表示

  • スウェーデンの障害者労働市場

    福島 淑彦

    北ヨーロッパ研究   15  2019年07月  [査読有り]

  • スウェーデンにおける再雇用支援

    福島 淑彦

    日本労働研究雑誌   61 ( 5 ) 57 - 69  2019年05月  [招待有り]

  • Employment of Persons with Disabilities in Sweden

    福島 淑彦

    Global Business & Economics Anthology   I   54 - 63  2019年03月  [査読有り]

  • The Size of Government, Bribery and Labour Market

    福島 淑彦

    Global Business & Economics Anthology   I   34 - 44  2018年03月  [査読有り]

  • Public Sector Size and Corruption

    福島 淑彦

    Japanese Journal of European Studies   4   30 - 39  2016年03月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 首都直下地震 被害・損失とリスクマネジメント

    福島 淑彦( 担当: 単著)

    早稲田大学出版会  2019年06月

  • 福祉社会へのアプローチ(下巻)

    福島 淑彦( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 社会の透明性と北欧社会)

    成文堂  2019年06月

  • 日本・スウェーデン交流150年 足跡と今、そしてこれから

    福島 淑彦( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第5章「スウェーデン企業と日本」 第6章「スウェーデンの財政と税制」)

    彩流社  2018年04月

  • 選挙ガバナンスの実態 世界編 ~その多様性と「民主主義」の質への影響~

    福島 淑彦( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第8章「北欧諸国における選挙ガバナンス——なぜ選挙違反が発生しないのか」)

    ミネルヴァ書房  2017年03月

  • スウェーデン・モデル

    福島 淑彦( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第8章「スウェーデンの税制と企業活動」)

    彩流社  2016年01月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スウェーデンとフィンランドの障害者政策から導出する障害者雇用拡大に関する理論研究

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2023年03月
     

    福島 淑彦

    担当区分: 研究代表者

  • スウェーデン社会の透明性の分析から導出する腐敗・汚職と公共部門に関する理論研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    福島 淑彦

    担当区分: 研究代表者

  • 選挙ガバナンスの比較研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

  • 雇用創出と雇用安定のための創業・起業支援政策に関する理論研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    福島 淑彦

    担当区分: 研究代表者

  • 正規・非正規雇用間処遇格差是正のための労働市場政策と労働法制に関する理論研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

    福島 淑彦

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 労働市場の制度と労働市場政策

    発表年月: 2010年10月

  • Self-Employment and Labour Market Outcomes

    発表年月: 2010年08月

  • 創業・起業支援政策と雇用

    発表年月: 2010年06月

  • Employment Protection Legislation and Labour Market Outcomes

    発表年月: 2010年01月

  • 北欧諸国における労働市場政策と労働規制

    発表年月: 2009年05月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • Samhallの障害者雇用促進効果に関する理論研究

    2020年  

     概要を見る

    2020年は、Samhallを通じて働いている障害を持つ労働者のWell-beingについて検証を行う予定であった。しかし、コロナ禍の影響でSwedenを訪問してSamhallで働く障害を持つ労働者に対して直接インタビュー調査等を行うことができなかった。代替策として、Zoom等を利用してStockholmのSamhall本社で障害を持つ労働者の職業斡旋等をサポートしている職員に対して、労働者のWell-beingを中心にインタビュー調査を行った。加えて、Samhallから提供された資料を分析することを中心に研究を進めた。調査の結果、Samhallから一般企業へ就職した労働者のWell-beingの方がSamhall内で働いている労働者よりも高いであろうことが判明した。

  • Samhallの障害者雇用促進効果に関する理論研究

    2019年  

     概要を見る

    2019年度は、2018年度に引き続き、StockholmにあるSamhall本社を訪問しSamhallによる障害者支援の実効性について、担当者及びSamhallで雇用されている労働者に対してインタビュー調査を行った。また、Samhallの労働者がどのように働いているのかを、Samhallからの派遣先に行き、労働者の実際の働きぶりを視察した。加えて、スウェーデンの障害者雇用政策の中でSamhallがどのような位置付けで運営されてきているのかを資料・文献調査をおこなうことによって整理した。

  • スウェーデンの障害者雇用政策から導出する障害者雇用拡大に関する理論研究

    2019年  

     概要を見る

    スウェーデンの障害者労働市場及び労働市場政策の過去及び現在の状況について資料・文献調査を行った。加えて、(i) スウェーデンで障害者の労働市場政策を担っている中心省庁である雇用省 (Arbetsmarknadsdepartementet)、(ii) 実際に障害者に職業訓練や職業紹介の斡旋業務を行っている公共職業安定所(Arbetsförmedlingen)、に対してインタビュー調査を行い、障害者の就業意識や求職活動の状況を明らかにすることを試みた。

  • Samhallの障害者雇用促進効果に関する理論研究

    2018年  

     概要を見る

    本研究は、スウェーデンの障害者雇用政策の中でも特にユニークな取り組みである「Samhall」に着目し、Samhallにおける障害者雇用促進政策がどの程度障害者の就職に有効に機能しているのかを明らかすることを目的としている。2018年度はStockholmにあるSamhall本社を訪問しSamhallによる障害者支援の実効性についてインタビュー調査を行った。加えて、スウェーデンの障害者雇用政策がどのような形でこれまで展開されてきたのかを資料・文献調査をおこなうことによって整理した。

  • Samhallの障害者雇用促進効果に関する理論研究

    2017年  

     概要を見る

    本研究では、スウェーデンの障害者雇用政策の中でも特にユニークな取り組みである「Samhall」に着目し、Samhallにおける障害者雇用促進政策がどの程度障害者の就職に有効に機能しているのかを明らかすることを目的としている。2017年度は、過去10年のAnnualReport(年次報告書)及び関連資料を精査し、Samhallの運営状況、Samhallによる障害者の一般就労への取り組みと実績に関して整理を行った。その上で、Samhallがどのようなメカニズムで、障害者の就労支援の促進を図っているのかを検証した。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • スウェーデン社会の透明性の分析から導出する 腐敗・汚職と公共部門に関する 理論研 究

    2017年03月
    -
    2018年03月

    Swedem   Stockholm University

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>