SATO, Masayuki

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/satomasayuki/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2004

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Engineering  

  •  
    -
    2004

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Engineering  

  •  
     
     

    Niigata University   Faculty of Engineering   Department of Civil Engineering and Architecture  

Degree 【 display / non-display

  • 東京大学   博士(工学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2011.04
    -
     

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2010.04
    -
    2011.03

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2008.04
    -
    2010.03

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2007.04
    -
    2008.03

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2006.04
    -
    2008.03

    Shohoku College

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Association for children's environment

  •  
     
     

    Man-Environment Research Association (MERA)

  •  
     
     

    日本建築学会

 

Research Interests 【 display / non-display

  • 環境行動、環境心理、建築計画、こども環境、学校、保育施設、都市環境、

Papers 【 display / non-display

  • 特別養護老人ホームにおける入居者の重度化対応に伴う直接介護と共用空間との関係

    谷本裕香子, 佐藤将之

    日本建築学会計画系論文集   第84巻 ( 第755号 ) 23-32  2019.01  [Refereed]

  • 幼児の行動様態からみた保育空間の断面計画に関する考察

    稲葉直樹

    日本建築学会計画系論文集   第83巻 ( 第754号 ) 2283 - 2290  2018.12  [Refereed]

  • THE STUDY ABOUT THE DISTANCE FEELING THAT MOTHER AND CHILD FEELS THE STUDY ABEOAUCTHTOHTEHDEIRSTIANNSCEECTFIEOENLAINLGSPTAHCAETOMFOHTOHUESRIANNGD. CHILD FEELS EACH OTHER IN SECTIONAL SPACE OF HOUSING

    Naoki INABA

      第83巻 ( 第743号 ) 1 - 9  2018.01  [Refereed]

  • A STUDY OF "A TEMPORARY PLACE", FOCUSING ON FORMATIVE PROCESSES OF SOCIETY

    IKUTA Hisashi, SATO Masayuki

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   81 ( 第721号 ) 655 - 665  2016.03  [Refereed]

     View Summary

    This study focuses on "a temporary place" which is set up in outdoor public spaces routinely to generate a start of interaction among various people. We try to analyze how to put "a temporary place" into practice and what element there are. We make clear that people in this place tend to spend our time on our own. This tendency should arise from a few spatial limitation of outside space. In addition, you want to set up "a temporary place", you should form relationships with the government and neighborhood associations to get approval for your action from them.

    CiNii

  • 社会形成からみた「仮設的な場」に関する考察

    生田尚志, 佐藤将之

    日本建築学会計画系論文集   ( 第721号 )  2016.03  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 建築論壇:地域と繋がる保育施設,新建築4月号(特集「共に育つ場のデザイン」)

    竹原義二, 佐藤将之, 難波元實

    新建築社  2013.04

  • 特集:0,1,2歳児保育環境の再考

    編集:(社)全国私立保育園連盟  2013.03

  • 第2特集 園内環境を見直す7つのポイントと工夫 書名:これからの幼児教育

    発行:ベネッセ次世代研究所  2013.01

  • 題名:幼保一体の環境ギャップー大人と子どもが育ちあう保育建築をーリレー連載,建築の争点 書名:建築雑誌

    発行:日本建築学会  2012.12

  • 連載タイトル:子どもが社会性を獲得できる保育環境デザイン 書名:保育通信4月号-9月号

    (社)全国私立保育園連盟  2012.04

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 幼児の指示代名詞による領域分節に関する実験的研究

    早川亜希, 橋本雅好, 佐藤将之

    日本建築学会計画系論文集   76 ( 第669号 ) 2101 - 2107  2011.11  [Refereed]

     View Summary

    This study sought to clarify the reference domains of demonstrative pronouns in young children. Japanese uses three different demonstrative pronouns: KORE, SORE, and ARE. Subjects (aged 3 to 6) were presented with a referent and were then asked to use KORE, SORE, or ARE.Results showed:1) Young children distinguish between KORE and ARE.2) The area covered by KORE depended on whether the subject was sitting or standing. When standing, KORE covers an area in front and diagonally to the right; whereas when sitting, it covers an area in front and laterally to the right.3) The KORE area shape was the same for males and females.

  • 児童・生徒の居合わせからみた 施設一体型小中一貫教育校の学校環境に関する考察

    三上裕子, 佐藤将之, 西出和彦, 新保幸一, 長澤悟

    日本建築学会計画系論文集第646号,全8頁【査読付論文】    2009.12  [Refereed]

    DOI

  • 就学前保育施設の施設状況とその評価 全国保育施設アンケート調査より

    倉斗綾子, 山田あすか, 佐藤将之, 古賀誉章

    日本建築学会技術報告集第31号 pp.865-【査読付論文】    2009.10  [Refereed]

    DOI

  • 幼保一体型施設における活動の分布と規模変化に関する研究

    山田恵美, 山田あすか, 佐藤将之

    日本建築学会計画系論文集第638号pp.761-770【査読付論文】    2009.04  [Refereed]

    DOI

  • 自由遊びにおける園児の活動規模と遊びの種類およびコーナーの型に関する研究

    山田恵美, 佐藤将之, 山田あすか

    日本建築学会計画系論文集第637号pp.549-557【査読付論文】    2009.03  [Refereed]

    DOI

display all >>

Works 【 display / non-display

  • セミとりだんだん(川越ルンビニ幼稚園園庭遊具)

    Artistic work 

    2012.07
    -
     

  • 飲み家(武蔵野市S邸) 掲載:ディテール(彰国社)、2012年07月号

    Artistic work 

    2012.02
    -
     

  • さくらのもり保育園

    Artistic work 

    2012
    -
     

  • 園庭遊具「間具」(東京都文京区大和郷幼稚園)

    Artistic work 

    2006.05
    -
     

Awards 【 display / non-display

  • 第7回キッズデザイン賞キッズデザイン協議会会長賞

    2013.07  

  • 第7回キッズデザイン賞

    2013.07  

  • 「志津川小アクションリサーチプロジェクト」に対して、2011年度こども環境学会デザイン賞受賞(石原健也代表と共同)

    2012.04  

  • 日本建築学会優秀修士論文賞

    2001.09  

  • 第12回建築環境デザインコンペティション「都市の部屋」選外佳作

    1998.12  

Research Projects 【 display / non-display

  • The creation model of playground environment at preschool through user's evaluation

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

  • Study on the integration process of the nursery and kindergarten

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    I explored the process of nursery and kindergarten are integrated. From the national survey, I was confirmed a long time child care and infant care in kindergarten. They were those that match the characteristics of the municipality. I was investigated added the infant to kindergarten in the "Kodomoen=Preschool that integrates the nursery and kindergarten ". I confirmed it is necessary to prepare the next minimum reference to "shared space".Environment-conscious all at once childcare, has been changing the environment in response to the growth of the individual.I investigated the "use of space" and "behavioral observation" in Denmark. Percentage who are individuals was higher when compared to Japan. In addition, awareness of the importance that everyone gather was born. And I was able to confirm the set scene

Specific Research 【 display / non-display

  • ADHDを中心とした発達障害児のための環境に関する研究

    2019  

     View Summary

    ADHDを中心とした発達障害児のための環境に関する研究と題して研究を進めた。実際のフィールドでの取り組みを確認するために国内数件の発達障害を受け入れている施設に訪問し、子どもの行動様態や家具等の設えに伴う具体的な距離感など、人的物的な実測調査を行った。それによって、発達障害のある子どもを専用室として設けるケースではなく健常児と共存する際の環境が明らかになった。健常児らの集団とある距離を保ちながらも遊具や什器を使いながら触りながら居る状況があり、それら距離を保つケースごとの落ち着きを測ることができれば、設え方や空間配置を提示できる道筋が見えた。

  • ADHDを中心とした発達障害児のための落ち着く環境に関する研究

    2018  

     View Summary

     本研究では、注意欠陥・多動性障害(ADHD)を中心とした発達障害児童に着目し、多動な児童や気になる児童の(1)環境的支援の実践過程や(2)身体の動きと環境要素との関係を明らかにする。特に対象を就学前児童とすることで、早期発見や早期ケアによって、発達障害の悪化を防ぐことを目的としている。 2018年度は、落ち着く環境に着目し、夜間保育園と動きのある環境を用意した保育園での調査を実施した。アンケート調査から延長保育前の夕方の時間帯に最も落ち着きがなくなることがわかった。落ち着きを判断する指標として心拍に着目したところ、午睡や夜間就寝時には心拍数が低く、ばらつきのある活動としてごろ寝、高い範囲で推移する園庭あそび、などが確認できた。 

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 子どもを対象とした建築やまちの居場所に関する研究

    2016.09
    -
    2017.09

    ドイツ   ミュンヘン工科大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2010.07
    -
    2010.12

    所沢市  児童館運営協議会

Social Activities 【 display / non-display

  • 江東ケーブルテレビ

    2007.07
    -
     

  • GINZA RADIO CITY (中央エフエム)

    2005.09
    -